瀧澤 由美


瀧澤 由美

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/26 08:50
 
アバター
研究者氏名
瀧澤 由美
 
タキザワ ユミ
通称等の別名
TY002835
所属
統計数理研究所
部署
モデリング研究系 複雑構造モデリンググループ
職名
准教授
学位
博士(工学)(1994年)(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1994年5月
東京大学 博士(工学) 
 
 
 - 
1984年3月
信州大学理学部物理学科卒  
 

受賞

 
2012年7月
WSEAS/NAUN, The Best Paper of International Conference on Neurology'12, Activity of a Neuron and Formulation of a Neural Group for Synchronization and Signal Processing
受賞者: Atsushi Fukasawa, Yumi Takizawa
 
2004年3月
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞, Wideband CDMA System for Personal Radio Communications, IEEE Communications Magazine, Oct. 1996.
受賞者: 深澤敦司、佐藤拓朗、瀧澤由美、加藤俊雄、川辺学、Reed E. Fisher
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
統計数理研究所 モデリング研究系 准教授
 
1995年6月
 - 
2008年3月
統計数理研究所 予測制御研究系 助教授
 
1991年4月
 - 
1995年6月
沖電気工業株式会社 通信システム研究所 研究リーダー
 
1984年4月
 - 
1991年3月
沖電気工業株式会社 基盤技術研究所
 

論文

 
Excitation of Paramecium with Membrane Potential Generation for Swimming Direction by Cilia
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa, Hiro-aki Takeuchi
WSEAS TRANSACTIONS on BIOLOGY and BIOMEDICINE   12 62-68   2015年   [査読有り]
Excitation of a Neuron for Characteristic Potential Generation
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa
WSEAS TRANSACTIONS on BIOLOGY and BIOMEDICINE   12 69-78   2015年   [査読有り]
Activity of Bipolar Potential Generation in Paramecium
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa, Hiro-aki Takeuchi
Proc. of International Conference on Cellular and Molecular Biology, Biophysics and Bioengineering (BIO'15)   98-104   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Activity of a Neuron for Characteristic Potential Waveforms of Pulse and Plateau with Positive and Negative Polarities
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa
Proc. of International Conference on Cellular and Molecular Biology, Biophysics and Bioengineering (BIO'15)   20-27   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Activity of a Neuron for Generation of Pulse and Plateau with Positive and Negative Potentials
Atsushi Fukasawa, Yumi Takizawa
Proc. of International Conference on Health Science and Biomedical Systems (HSBS '15)   65-71   2015年8月   [査読有り][招待有り]
Positive and Negative Action Potentials in Paramecium Relating to Neurons
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa, Hiro-aki Takeuchi
Proc. of International Conference on Health Science and Biomedical Systems (HSBS '15)   54-60   2015年8月   [査読有り][招待有り]
Modelling of a Neuron and Point Contact Transistor
Atsushi Fukasawa, Yumi Takizawa
International Journal of Biology and Biomedical Engineering   9 14-21   2015年   [査読有り]
Measurement of Liquid Zones and Boundaries in Active Neuron with Pairs of Micro Glass-Electrodes
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa, Hiro-aki Takeuchi
International Journal of Biology and Biomedical Engineering   9 42-47   2015年   [査読有り]
Activities of Excitatory Cells of Neuron and Unicellular Organism
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa
International Journal of Biology and Biomedical Engineering   9 98-103   2015年   [査読有り]
Electrical Measurement Method of Multiple Boundaries in Liquid Medium
Yumi Takizawa, Atsushi Fukasawa, Masaji Abe
International Journal of Energy and Environment   9 1-5   2015年   [査読有り]

特許

 
瀧澤 由美, 深澤 敦司, 阿部 正治
瀧澤 由美, 小田 啓介, 渡邉 彰彦
瀧澤 由美, 小田 啓介, 渡邉 彰彦, 深澤 敦司
瀧澤 由美, 小田 啓介, 渡邉 彰彦, 深澤 敦司
小田 啓介, 瀧澤 由美, 渡邉 彰彦, 深澤 敦司
瀧澤 由美, 小田 啓介, 渡邉 彰彦
深沢 敦司, 川口 伸二, 瀧澤 由美, 青柳 弘美
深沢 敦司, 川口 伸二, 瀧澤 由美, 青柳 弘美

講演・口頭発表等

 
マイクロ波による液面位置計測方式
瀧澤 由美
イノベーションジャパン2014   2014年9月11日   
Active behaviors of a neural system and its analysis by formulation
Yumi Takizawa
総研大ワークショップ   2012年7月9日   
Research on Neural Systems in Brain – Knowledge on events in physical measures, time, space, and motion
Yumi Takizawa
International Conference on Mathematical Methods, Computational Techniques, and Intelligent Systems   
聴覚による脳内地図の形成
瀧澤 由美
千葉大学大学院工学研究科 特別講演会   2013年10月23日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 瀧澤 由美
本研究は無線通信チャネルの帯域制限条件の下で、通信コストの条件下で画像の伝送品質の指標を与えることを目的とした。高画質の伝送を32Mbit/s、50MHz帯域とし、10MHz~15MHzの範囲内においても実用的な高品質画像の伝送が可能であることを示した。通信コスト(帯域幅、チャネル数、画質)と情報価値の基準では、通信コストが従来と大幅な増加を必要とせずに実用性のある画像品質を適切なチャネル数の確保のもとに実現できることを示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 深澤 敦司
本研究はマッチドフィルタによる広帯域移動無線システムの同期方式に関するものである。移動無線システムの規模が拡大すると、多数のユーザとの同期が困難となり、通信品質の劣化が懸念される。従来の同期方式はディジタル演算型のスライディング相関法のためユーザ数の増加、広帯域化とともに演算速度が高まり、消費電力も急増する。そこで本研究ではアナログ演算を基本とするMOS型半導体を用い、同期演算量の圧縮と性能向上を図った。この演算では従来の乗算が不要であり、ピーク検出を含め正確で簡単な演算回路が実現できた。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 今野 良彦
多変量正規分布の平均ベクトルや分散共分散行列の推定問題において,通常の推定量である標本平均ベクトルや標本分散共分散行列が非許容的であると結果(いわゆるスタイン現象,スタインにより提案された新たな推定法を縮小推定法と呼ぶ)がスタインにより示されて以来,スタイン現象や縮小推定法に関する研究がおおくなされている.本研究期間中に,縮小推定法の議論が十分に展開されていなかった多変量統計モデルにおいて,縮小推定法を考案し,理論的および数値実験比較の観点から縮小推定法の有効性を示した.縮小推定法の適用が...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 深沢 敦司
データ伝送容量の最近の拡大要求に対して、無線での広帯域化は電波許容上困難で、多値変調(信頼度低下)やマルチコード化(実効チャネル数低減)による当該チャネルの高速化が行われている。本研究では、逐次適応的な速度制御を行うことによるシステム全体のデータ伝送の実質的高速化の実現について研究を行った。本研究は、急速に需要が高まりつつある無線情報通信において、そのデータ伝送速度の高速化のため、各無線チャネルの速度を適応的に制御して、必要に応じた無線伝送速度を与える適応伝送速度通信システムを構築する基本...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 尾崎 統
1)fMRI計測データのモデリングとConnectivity昨年度に引き続きNearest Neighbor Autoregressive Model with Exogenous Variables (NN-ARX)モデルと呼ぶ標準的空間時系列モデルの有効性を検討した。特に脳内の離れた部位間の空間的結合性(静的、動的の両方)の問題が脳科学者の間で大きな関心を集めており、データベースの統計的モデリングの立場からこの問題に取り組んだ。視覚刺激に伴う動的結合性に関する結果の一部はNeuroim...