松原 幹

J-GLOBALへ         更新日: 02/07/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
松原 幹
 
マツバラ ミキ
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 生物科学専攻 動物学教室
職名
講師(研究機関研究員)
学位
理学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2004年
 日本学術振興会PD特別研究員
 
2002年
 - 
2004年
 ケンブリッジ大学生物人類学部門客員研究員
 
2004年
 - 
2006年
京都大学大学院理学研究科講師(中核的機関機関研究員)
 

学歴

 
 
 - 
2001年
京都大学 理学研究科 生物科学
 
 
 - 
1994年
明治大学 農学部 農学科動物生産学専攻
 

Misc

 
Miki Matsubara, A. Kanyunyi Basabose, Ilambo Omari, Kiswele Kaleme, Byamana Kizungu, Kiyego Sikubwabo, Kahindo Muzusangabo, Juichi Yamagiwa and Osamu Takenaka. Species and sex identification of western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla), easter・・・
Primates,   46(3): 199-202,    2005年
Miki Matsubara, A. Kanyunyi Basabose, Ilambo Omari, Kiswele Kaleme, Byamana Kizungu, Kiyego Sikubwabo, Kahindo Muzusangabo, Juichi Yamagiwa and Osamu Takenaka. Species and sex identification of western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla), e...
Goro Hanya, Miki Matsubara, Hideki Sugiura, Sachiko Hayakawa, Syunji Goto, Toshiaki Tanaka, Joseph Soltis, Naohiko Noma. Mass mortality of Japanese macaques in a western coastal forest of Yakushima
Ecological Research   19(2): 179-188,    2004年
Miki Matsubara, and David S. Sprague, Mating tactics in response to costs incurred by mating with multiple males in wild female Japanese macaques.
International Journal of Primatology,   25(4): 901-917,    2004年
Miki Matsubara. Costs of mate guarding and opportunistic mating among wild Japanese macaques.
International Journal of Primatology,   24(5): 1057-1075,    2003年
Miki Matsubara and Miho Funakoshi. Observation of a wild Japanese macaque mother pacifying her distressed infant with an acorn.
Primates   42: 171-173,    1999年

Works

 
ニホンザルメスにおける発情期の採食行動(1)交尾戦術と採食時間の関連
1995年 - 1996年
ニホンザルオスにおける発情期の採食行動(1)交尾戦術と採食戦術の関連
1998年
ニホンザルメスにおける発情期の採食行動(2)交尾戦術の採食時の社会関係への影響
1995年 - 1996年
コンゴ民主主義共和国カフジ・ビエガ国立公園における東ローランドゴリラの個体数調査
1996年
ニホンザルオスにおける発情期の採食行動(2)交尾戦術の採食時の社会関係への影響
1998年

競争的資金等の研究課題

 
霊長類における長期発情と交尾のコストとその対策
その他の研究制度
研究期間: 1995年 - 2001年
飼育ニホンザルにおけるMHC遺伝子多型
連携開発研究
研究期間: 2004年 - 2006年
GISを用いた野生ヒガシローランドの生息環境評価
国際共同研究
研究期間: 2004年 - 2006年