車谷 典男

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/29 16:56
 
アバター
研究者氏名
車谷 典男
 
クルマタニ ノリオ
所属
奈良県立医科大学
職名
副学長(医学部長)
学位
医学博士(奈良県立医科大学)

プロフィール

第45回近畿産業衛生学会会長(2005年)
全国衛生学公衆衛生学教育協議会第13回社会医学セミナー世話人(2007年)
第68回日本公衆衛生学会学会長(2009年)
第88回日本産業衛生学会企画運営委員長(2015年)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
現在
奈良県立医科大学医学部 地域健康医学講座 教授
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
日本公衆衛生学会  評議員
 
2011年5月
 - 
2014年5月
日本産業衛生学会  理事
 
2011年3月
 - 
2013年3月
日本衛生学会  理事
 
2009年11月
 - 
2014年2月
日本産業衛生学会近畿地方会  地方会長
 

受賞

 
2011年3月
日本衛生学会学会賞
 

論文

 
Nezu S, Iwasaka H, Saeki K, Obayashi K, Ishizuka R, Goma H, Furuichi Y, Kurumatani N
Environmental health and preventive medicine   21(3) 154-163   2016年5月   [査読有り]
Saeki K, Obayashi K, Kurumatani N
BJU international   117(5) 829-835   2016年5月   [査読有り]
Kishimoto Y, Okamoto N, Saeki K, Tomioka K, Obayashi K, Komatsu M, Kurumatani N
Environmental health and preventive medicine      2016年4月   [査読有り]
Tomioka K, Saeki K, Obayashi K, Kurumatani N
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association      2016年3月   [査読有り]
Tomioka K, Kurumatani N, Hosoi H
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association      2016年3月   [査読有り]
Obayashi K, Saeki K, Maegawa T, Iwamoto J, Sakai T, Otaki N, Kataoka H, Kurumatani N
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences      2016年3月   [査読有り]
Obayashi K, Saeki K, Kurumatani N
Clinical journal of the American Society of Nephrology : CJASN      2016年2月   [査読有り]
Miyata K, Obayashi K, Saeki K, Tone N, Tanaka K, Nishi T, Morikawa M, Kurumatani N, Ogata N
Rejuvenation research      2016年2月   [査読有り]
Minematsu A, Hazaki K, Harano A, Okamoto N, Kurumatani N
Obesity research & clinical practice   10(1) 41-48   2016年1月   [査読有り]
Obayashi K, Saeki K, Maegawa T, Sakai T, Kitagawa M, Otaki N, Kataoka H, Kurumatani N
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research      2015年12月   [査読有り]
Saeki K, Obayashi K, Tone N, Kurumatani N
Physiology & behavior   152(Pt A) 300-306   2015年12月   [査読有り]
Okamoto N, Morikawa M, Yanagi M, Amano N, Tomioka K, Hazaki K, Harano A, Kurumatani N
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   70(12) 1548-1554   2015年12月   [査読有り]
Tomioka K, Okamoto N, Morikawa M, Kurumatani N
Journal of the American Geriatrics Society   63(11) 2260-2268   2015年11月   [査読有り]
Saeki K, Obayashi K, Kurumatani N
Journal of hypertension   33(11) 2338-2343   2015年11月   [査読有り]
Obayashi K, Saeki K, Kurumatani N
Neurourology and urodynamics   34(8) 769-773   2015年11月   [査読有り]
McCloskey EV, Odén A, Harvey NC, Leslie WD, Hans D, Johansson H, Barkmann R, Boutroy S, Brown J, Chapurlat R, Elders PJ, Fujita Y, Glüer CC, Goltzman D, Iki M, Karlsson M, Kindmark A, Kotowicz M, Kurumatani N, Kwok T, Lamy O, Leung J, Lippuner K, Ljunggren Ö, Lorentzon M, Mellström D, Merlijn T, Oei L, Ohlsson C, Pasco JA, Rivadeneira F, Rosengren B, Sornay-Rendu E, Szulc P, Tamaki J, Kanis JA
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research      2015年10月   [査読有り]
Saeki K, Obayashi K, Tone N, Kurumatani N
Physiology & behavior   149 29-34   2015年10月   [査読有り]
Obayashi K, Saeki K, Iwamoto J, Tone N, Tanaka K, Kataoka H, Morikawa M, Kurumatani N
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   100(8) 3090-3096   2015年8月   [査読有り]
Tomioka K, Harano A, Hazaki K, Morikawa M, Iwamoto J, Saeki K, Okamoto N, Kurumatani N
Geriatrics & gerontology international   15(6) 745-754   2015年6月   [査読有り]
Nishi T, Saeki K, Obayashi K, Miyata K, Tone N, Tsujinaka H, Yamashita M, Masuda N, Mizusawa Y, Okamoto M, Hasegawa T, Maruoka S, Ueda T, Kojima M, Matsuura T, Kurumatani N, Ogata N
BMJ open   5(5) e007930   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
大原 賢了, 佐伯 圭吾, 鴻池 義純, 岡本 希, 冨岡 公子, 西岡 久之, 車谷 典男
産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health   54(2) 61-70   2012年3月
アスベストの発がん性に関する国際的な知見集積と認識の形成
車谷 典男
日本衛生学雑誌   67 5-20   2012年1月
植村 直子, 山田 全啓, 畑下 博世, 有埜 みや子, 山下 典子, 角野 文彦, 佐伯 圭吾, 車谷 典男
日本公衆衛生雑誌   58(12) 1049-1055   2011年12月
車谷 典男, 熊谷 信二
肺癌   49(1) 63-68   2009年2月   [査読有り][依頼有り]
熊谷信二, 車谷典男
エアロゾル研究   23(1) 5-9   2008年3月
熊谷 信二, 車谷 典男
産業衛生学雑誌   49(3) 77-88   2007年5月
熊谷信二, 車谷典男
労働の科学   62(4) 236-240   2007年4月
熊谷信二, 車谷典男
労働の科学   61(10) 604-607   2006年10月
車谷典男, 熊谷信二
日本呼吸器学会雑誌   44 60   2006年6月

書籍等出版物

 
車谷 典男, 松本 泉美 (担当:編者)
建帛社   2016年4月   ISBN:4767918545
NEW予防医学・公衆衛生学(岸玲子ほか編集)
車谷 典男 (担当:分担執筆)
南江堂   2013年   
産業安全保健ハンドブック(小木和孝総編集)
車谷 典男 (担当:分担執筆)
労働科学研究所出版部   2013年   
Asbestos Disaster Lessons from Japan’s Experience
Kurumatani Norio (担当:分担執筆)
Springer   2011年   
地域医療を立て直す知恵と技
車谷 典男 (担当:編者)
日本公衆衛生協会   2010年   
健康をまもる社会基盤の再構築-その糸口はどこか-
車谷 典男 (担当:編者)
日本公衆衛生協会   2010年   
「人間らしい労働」と「生活の質」の調和―働き方の新しい制度設計を考える―(第81回日本産業衛生学会企画運営委員会企画運営委員長 岸玲子編集)
車谷 典男 (担当:分担執筆)
労働科学研究所出版部   2009年   
応用倫理学事典(加藤尚武ほか編集)
車谷 典男 (担当:分担執筆)
丸善   2008年   
胸膜中皮腫診療ハンドブック(岸本卓巳編集)
車谷 典男・熊谷 信二 (担当:分担執筆)
中外医学社   2007年   
車谷 典男
ミネルヴァ書房   2005年   ISBN:4623043525

講演・口頭発表等

 
近隣ばく露による健康被害の疫学
車谷 典男
第28回日本医学会総会   2011年4月   
アスベスト問題から学ぶ公衆衛生(学会長講演)
車谷 典男
第68回日本公衆衛生学会   2009年10月21日   
生涯現役時代を迎える産業保健の役割(メインシンポジウム)
車谷 典男
第82回日本産業衛生学会   2009年5月   
石綿の近隣曝露により集積したと考えられる中皮腫の記述疫学(緊急シンポジウム)
車谷 典男
第46回日本呼吸器病学会学術講演会   2006年6月2日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 車谷 典男
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 伊木 雅之
地域在住男性高齢者2159人を2011年3月末まで追跡し、骨折のリスク要因を把握すると共に、生存期間への骨折、循環器リスク要因、糖尿病等の影響を評価した。その結果、骨折の予測要因は低骨密度、死亡のそれは加齢、高感度CRP高値、骨折で、中でも骨折は骨折無しを基準に年齢調整ハザード比17.9、多変量調整後も12.9となった。高齢日本人男性では骨折は極めて重要な死亡のリスク要因であった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 小幡 範雄
本研究はアジアにおけるアスベスト災害の救済・補償・予防制度について、学際的・包括的に検証を行ったものであり、その成果は以下の3点に整理できる。第一に中国、台湾、香港、韓国、インド、インドネシア、タイ、ベトナム、バングラデシュ等のアジアの国・地域を中心に調査を行い、アスベスト災害の現状についての把握・整理を進めた。第二に調査活動や学会報告、国際会議の実施を通じて専門家による研究ネットワークを構築した。第三に主に大学紀要や洋書の発刊を通じて国内外に広く研究発信を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 熊谷 信二
過去に石綿製品を製造していた工場3ヵ所について、周辺住民の死亡調査を実施した。1942年から1991年まで茶石綿と白石綿を年間数千トン使用して石綿製品を製造していた工場の周辺住民502家族を解析対象とした15.5年間の追跡調査では、石綿相対濃度が最も高いと推定された群での肺がんによる有意な過剰死亡が認められた。このことは、石綿の近隣曝露が肺がんによる死亡リスクを上昇させる可能性を示唆している。一方、1914年から2001年まで白石綿を年間約500トン使用して石綿製品を製造していた工場の周辺...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 車谷 典男
患者やその関係者による医療従事者の暴力的言動被害を調査し、奈良県内の医師953人、看護師6987人、看護補助者1663人、事務職員2254人から結果を得た。約61%の医師、看護師に被害経験があり、そのうち最も深刻な被害について、IES-R日本語版でPTSDを疑われる者が、被害経験者の医師のうち9.4%、看護師では7.4%、看護補助者では8.6%、事務職員では4.5%みられた。