瀬田 広明

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/30 08:30
 
アバター
研究者氏名
瀬田 広明
 
セタ ヒロアキ
所属
鳥羽商船高等専門学校
部署
商船学科
職名
准教授
学位
博士(商船学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
2014年3月
イスタンブル工科大学 海事学部 客員教授
 
2007年4月
 - 
現在
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 助教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 講師
 
2002年5月
 - 
2003年2月
神戸商船大学 商船学部 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
神戸大学 自然科学研究科 海上輸送システム科学
 
 
 - 
1998年
神戸商船大学(現神戸大学) 商船学研究科 商船システム学
 
 
 - 
1996年
神戸商船大学(現神戸大学) 商船学部 商船システム学課程(航海コース)
 

委員歴

 
2009年
 - 
現在
伊勢湾海難防止協会  特別専門委員
 
2007年
 - 
現在
日本航海学会  論文査読委員
 

受賞

 
1993年
日本航海学会奨学褒賞、日本造船学会奨学褒賞
 
2009年
日本航海学会論文賞
 

書籍等出版物

 
成山堂書店   2012年5月   ISBN:4425423720
成山堂書店   2007年4月   ISBN:4425423712

論文

 
Maritime Traffic Analysis of Marmara Sea
Tunc ALTAN, Y.Volkan Aydogdu, Hiroaki SETA and Cemil YURTÖREN
Asia Navigation Conference 2013      2013年10月
飯濱 浩平, 外山 茂浩, 池田 富士雄, 瀬田 広明, 江崎 修央
日本機械学会論文集C編   79(801) 1415-1426   2013年   [査読有り]
This paper proposes an evaluation method for operability of pleasure boats in order to develop an electronic control steering system of those boats. Based on usability as addressed by ISO 9241-11, some evaluation criteria such as effectiveness and...
TOYAMA Shigehiro, IKEDA Fujio, SETA Hiroaki
J Syst Des Dyn (Web)   5(5) 1127-1140 (J-STAGE)   2011年   [査読有り]
IKEDA Fujio, TOYAMA Shigehiro, SETA Hiroaki, EZAKI Nobuo
J Syst Des Dyn (Web)   5(5) 1119-1126 (J-STAGE)   2011年   [査読有り]
瀬田 広明, 大木 未来, 臼井 英夫, 酒出 昌寿
日本航海学会論文集   (123) 13-19   2010年9月   [査読有り]
The purpose of this study is to analyze the marine traffic on three major bays -Tokyo-wan, Ise-wan and Osaka-wan- and Kanmon-kaikyo by using AIS. We used the data over four weeks (2010/1/17〜2010/2/13). We used AIS receiver set up in each sea area ...

Misc

 
鈴木 治, 霜田 一将, 三好 敏夫, 尾形 民雄, 鈴木 秀司, 竹本 孝弘, 瀬田 広明
Navigation : 日本航海学会誌   (181) 39-46   2012年6月
鈴木 治, 田中 友規, 川瀬 悠, 瀬田 広明, 濱地 義法, 鈴木 秀司
Navigation : 日本航海学会誌   (173) 65-70   2010年7月
瀬田 広明, 鈴木 治, 鈴木 秀司, 境 善行, 鎌田 功一, 天野 宏
Navigation : 日本航海学会誌   (166) 59-64   2007年6月

講演・口頭発表等

 
Study on Safety Evaluation of the Navigational Environment when passing under the Bridge
Hiroaki SETA
The 7nd Seminar Japan/Korea on Maritime Safety and Management   2008年   
災害時における海上を利用した患者搬送システムの提案 [招待有り]
瀬田 広明
三重県透析研究会主催特別講演会   2008年   
瀬田広明, 坂牧孝規, 鈴木治, 外山茂浩
日本透析医学会雑誌   2008年5月20日   
Supporting Information for Safe Ship Handling based on the Concept of PAW
Hiroaki SETA
The 3nd Seminar Korea/Japan on Maritime Safety Assessment   2004年   
Risk Assessment for Berthing Manoeuvre and Effect of Supporting Information
Hiroaki SETA
The 2nd Seminar Korea/Japan on Maritime Safety Assessment   2003年   

担当経験のある科目

 

Works

 
伊勢湾・三河湾及び周辺海域における内航船舶の航行安全に関する調査研究
伊勢湾海難防止協会   2013年3月
国際バルク戦略港湾施策に伴う北浜ふ頭周辺水域における航行安全に関する調査研究
伊勢湾海難防止協会   2012年3月
衣浦港3号地廃棄物最終処分場整備工事に伴うケーソン(L90m)運搬に係る船舶航行安全に関する調査研究
伊勢湾海難防止協会   2009年8月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 瀬田 広明
鳥羽市定期航路運航ダイヤ編成に関する研究
鳥羽市役所: 受託研究
研究期間: 2010年       代表者: 瀬田 広明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 瀬田 広明
本研究では、海上交通環境に着目し、船橋にいる操船者がどのような情報を必要としているのかをアンケート調査すると共に、船舶運航時に行われている情報通信がどれほど有効なのかを客観的数値指標を用いて評価した。その結果、航行管制は海域の安全を高めると共に、操船者自身も必要としていることがわかった。また、無線電話で相手船の意志を確認することで、操船者はより大胆な操船を行うことがわかった。
海上交通の安全性を基盤とした陸上からの船舶航行管理支援システムの開発
日本科学協会: 笹川研究助成金
研究期間: 2008年       代表者: 瀬田 広明
伊勢湾とその周辺海域における海上交通安全の実態調査及び研究
伊勢三河湾水先区水先人会: 研究助成金
研究期間: 2006年 - 2012年    代表者: 瀬田 広明