瀬田 広明

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/10 20:36
 
アバター
研究者氏名
瀬田 広明
 
セタ ヒロアキ
所属
鳥羽商船高等専門学校
部署
商船学科
職名
准教授
学位
博士(商船学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
2014年3月
イスタンブル工科大学 海事学部 客員教授
 
2007年4月
 - 
現在
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 助教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
鳥羽商船高等専門学校 商船学科 講師
 
2002年5月
 - 
2003年2月
神戸商船大学 商船学部 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
神戸大学 自然科学研究科 海上輸送システム科学
 
 
 - 
1998年
神戸商船大学(現神戸大学) 商船学研究科 商船システム学
 
 
 - 
1996年
神戸商船大学(現神戸大学) 商船学部 商船システム学課程(航海コース)
 

委員歴

 
2009年
 - 
現在
伊勢湾海難防止協会  特別専門委員
 
2007年
 - 
現在
日本航海学会  論文査読委員
 

受賞

 
1993年
日本航海学会奨学褒賞、日本造船学会奨学褒賞
 
2009年
日本航海学会論文賞
 

書籍等出版物

 
成山堂書店   2012年5月   ISBN:4425423720
成山堂書店   2007年4月   ISBN:4425423712

論文

 
瀬田 広明, 大田 大, YURTOREN Cemil, AYDOGDU Y. Volkan
日本航海学会論文集   134(0) 81-87   2016年   [査読有り]
VTS centers are established adjacent to high-density marine traffic areas around the world, and operators carry out the safety management of marine traffic. The authors of this paper analyzed and compared the content of VHF radio communication fro...
坂牧 孝規, 土井根 礼音, 瀬田 広明, 小川 伸夫
日本航海学会論文集   134(0) 98-102   2016年   [査読有り]
The purpose of this study was to develop method of evaluating a motion system using motion on standing posture and exercise load. In this paper, we report participants motion on standing posture, participants exercise load during standing on the m...
土井根 礼音, 坂牧 孝規, 瀬田 広明, 伊藤 政光, 本間 章彦, 福井 康裕
ライフサポート   27(2) 45-53   2015年6月   [査読有り]
船舶動揺に対する乗船者の立位姿勢動揺について検討した。船舶の床、乗船者の腰部、頭部に設置された3軸方位角センサの座標系を固定座標系に変換し、加速度・角加速度の実効値を算出比較する解析手法を考案した。被験者20例を対象とし、小型船舶を用いた計測実験を約86時間実施した。船舶内の床に、乗船者に見立てた棒を立て、乗船者の頭部、腰部相当の位置に3軸方位角センサを設置した。乗船者は、船舶の上下揺れ(Heave)に対し、腰部や頭部の回転方向の動きによって姿勢制御を行っていることが判明した。乗船者の頭部...
İzmit Körfezi Deniz Trafik Analizi
Volkan AYDOĞDU, Cemil YURTÖREN, Hiroaki SETA, Y. Emre ŞENOL
I. ULUSAL GEMİ TRAFİK HİZMETLERİ KONGRESİ   145-150   2014年12月   [査読有り]
Maritime Traffic Analysis of Marmara Sea
Tunc ALTAN, Y.Volkan AYDOĞDU, Hiroaki SETA, Cemil YURTÖREN
Proceeding of Asia Navigation Conference   2013 337-346   2013年10月   [査読有り]

Misc

 
瀬田 広明
日本航海学会誌 = Navigation   (198) 45-48   2016年10月
鈴木 治, 霜田 一将, 三好 敏夫, 尾形 民雄, 鈴木 秀司, 竹本 孝弘, 瀬田 広明
Navigation : 日本航海学会誌   (181) 39-46   2012年6月
鈴木 治, 田中 友規, 川瀬 悠, 瀬田 広明, 濱地 義法, 鈴木 秀司
Navigation : 日本航海学会誌   (173) 65-70   2010年7月
瀬田 広明, 鈴木 治, 鈴木 秀司, 境 善行, 鎌田 功一, 天野 宏
Navigation : 日本航海学会誌   (166) 59-64   2007年6月

講演・口頭発表等

 
Study on Safety Evaluation of the Navigational Environment when passing under the Bridge
Hiroaki SETA
The 7nd Seminar Japan/Korea on Maritime Safety and Management   2008年   
災害時における海上を利用した患者搬送システムの提案 [招待有り]
瀬田 広明
三重県透析研究会主催特別講演会   2008年   
瀬田広明, 坂牧孝規, 鈴木治, 外山茂浩
日本透析医学会雑誌   2008年5月20日   
Supporting Information for Safe Ship Handling based on the Concept of PAW
Hiroaki SETA
The 3nd Seminar Korea/Japan on Maritime Safety Assessment   2004年   
Risk Assessment for Berthing Manoeuvre and Effect of Supporting Information
Hiroaki SETA
The 2nd Seminar Korea/Japan on Maritime Safety Assessment   2003年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
A study on Safety Management of Marine Traffic in Japan and Turkey
Istanbul Technical University, Maritime Faculty: Cooperative Research
研究期間: 2014年12月 - 2018年11月    代表者: 瀬田 広明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 瀬田 広明
鳥羽市定期航路運航ダイヤ編成に関する研究
鳥羽市役所: 受託研究
研究期間: 2010年       代表者: 瀬田 広明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 瀬田 広明
本研究では、海上交通環境に着目し、船橋にいる操船者がどのような情報を必要としているのかをアンケート調査すると共に、船舶運航時に行われている情報通信がどれほど有効なのかを客観的数値指標を用いて評価した。その結果、航行管制は海域の安全を高めると共に、操船者自身も必要としていることがわかった。また、無線電話で相手船の意志を確認することで、操船者はより大胆な操船を行うことがわかった。
海上交通の安全性を基盤とした陸上からの船舶航行管理支援システムの開発
日本科学協会: 笹川研究助成金
研究期間: 2008年       代表者: 瀬田 広明

社会貢献活動

 
伊勢湾等における管制一元化等に係る調査研究
【助言・指導】  伊勢湾海難防止協会  2016年11月 - 2017年3月
四日市港霞ヶ浦地区への大型船受入れに係る航行安全に関する調査研究
【助言・指導】  伊勢湾海難防止協会  2016年7月 - 2016年12月
名古屋港港湾計画改訂及び大型客船受入れに係る船舶航行安全に関する調査研究
【助言・指導】  伊勢湾海難防止協会  2015年7月 - 2015年12月
鳥羽市定期船航路事業運営審議会
【助言・指導】  鳥羽市  2014年6月 - 現在
伊勢湾・三河湾及び周辺海域における内航船舶の航行安全に関する調査研究
【助言・指導】  伊勢湾海難防止協会  2013年3月