高橋 裕史

J-GLOBALへ         更新日: 13/02/13 11:54
 
アバター
研究者氏名
高橋 裕史
 
タカハシ ヒロフミ
eメール
hr16422e.t-komazawa.ac.jp
所属
苫小牧駒澤大学
部署
国際文化学部 国際文化学科
職名
助教授,准教授
その他の所属
苫小牧駒澤大学

研究分野

 
 

論文

 
イエズス会は日本征服を狙っていたのか?
高橋 裕史
歴史読本編集部編『徹底検証 ここまでわかった!本能寺の変』   122-135   2012年5月   [査読有り][招待有り]
近世東アジアにおける武器移転の諸問題:ポルトガル・イエズス会・日本
高橋 裕史
『軍拡と武器移転の世界史』   37-74   2012年3月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
本能寺の変とイエズス会
高橋 裕史
   2011年10月
書評「岡美穂子著『商人と宣教師─南蛮貿易の世界─』
高橋 裕史
『日本歴史』   (761号) 120-122   2011年10月   [査読有り][依頼有り]
イエズス会日本関係規則の基礎的研究-『日本の上長のための規則』の場合-
八千代国際大学紀要『国際研究論集』   9(4) 67-109   1997年
イエズス会による日本の三地区分割とその経営-下と豊後,そして都-
歴史科学協議会編『歴史評論』   (559) 73-89   1996年
イエズス会東インド巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノと『日本の上長のための規則』
北海道基督教学会編『基督教学』   (29) 1-20   1994年

書籍等出版物

 
武器・十字架と戦国日本
高橋 裕史
洋泉社   2012年10月   ISBN:978-4-8003-0016-4
本書は、織豊政権期のイエズス会の軍事活動をめぐる問題を、近世ヨーロッパ兵器産業の実態、正当戦争理論との継受関係、武器移転現象から再検証し、併せて、その時代のポルトガル領東インドにおけるポルトガルの軍事力の実態を検討し、対日軍事征服の実行可能性の有無を再考察したものである。
『日本歴史大事典』第1巻「(共著)」
(株)小学館   2000年   
『日本歴史大事典』第2巻(共著)
小学館   2000年   
『日本歴史大事典』第3巻(共著)
小学館   2001年   
高橋裕史訳・注『東インド巡察記』(平凡社東洋文庫734)
平凡社   2005年   ISBN:978-4-582-80734-9

講演・口頭発表等

 
世界史から読み直す戦国日本 第三回 世界史の中の近世日本
高橋 裕史
朝日カルチャーセンター札幌教室   2012年12月22日   
世界史から読み直す戦国日本 第二回 宣教師の軍事活動をめぐって [招待有り]
高橋 裕史
朝日カルチャーセンター札幌教室   2012年12月1日   
世界史から読み直す戦国日本 第一回 ポルトガル人の漂着をめぐって [招待有り]
高橋 裕史
朝日カルチャーセンター札幌教室   2012年11月24日   
秀吉の南蛮外交 [招待有り]
高橋 裕史
朝日カルチャーセンター札幌教室   2012年7月21日   
イエズス会に見られる近世修道会経済の一側面:イエズス会東インド管区コレジオの財源構造を事例に(平成15~17年度科学研究費補助金:基盤研究(C)(2)の研究成果の一部)
政治経済学・経済史学会秋季学術大会   2003年   
経済的側面から見たイエズス会インド管区の個別主要布教地について:ゴア、サルセッテ、コチン、バサイン、日本を中心に(平成15~17年度科学研究費補助金:基盤研究(C)(2)の研究成果の一部)
政治経済学・経済史学会秋季学術大会   2005年   
イエズス会の経済史研究をめぐる諸問題
政治経済学・経済史学会北海道部会研究会   2006年   
近代ヨーロッパシステムの中のイエズス会 [招待有り]
一橋大学COE:ヨーロッパの革新的研究拠点   2007年   
キリスト教と経済:イエズス会の経済構造研究をめぐる諸問題
東京大学大学院経済学研究科:経済史研究の方法   2007年   
イエズス会による対日軍備活動について:武器の調達・供給・配置を中心に
政治経済学・経済史学会:第16回兵器産業・武器移転史フォーラム   2008年   
教会史料を通してみた16世紀における『武器移転』の諸問題:ポルトガル領東インドと日本を事例として(平成20~23年度科学研究費補助金基盤研究(A)の研究成果の一部)
政治経済学・経済史学会:第20回兵器産業・武器移転史フォーラム   2009年   
教会史料を通してみた16世紀における『武器移転』の諸問題:ポルトガル領東インドと日本を事例として(平成20~23年度科学研究費補助金基盤研究(A)の研究成果の一部)
2009年度政治経済学・経済史学会秋季学術大会(公募パネルディスカッション「武器移転史のフロンティア─人・もの・武器の交流の世界史的意味」の第一報告として発表)   2009年   
一フランシスコ会史料に記された武力行使論:マルティン・デ・ラ・アセンシオンの聖戦論
政治経済学・経済史学会:第25回兵器産業・武器移転史フォーラム   2010年   
紹介と論評 阪口修平・丸畠宏太編『近代ヨーロッパの探求12 軍隊』
政治経済学・経済史学会北海道部会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
ポルトガル領東インドにおけるイエズス会規則類の研究
研究期間: 1990年   
イエズス会日本関係規則の研究
研究期間: 1988年   
ポルトガル領東インドにおけるイエズス会の経済構造
研究期間: 1998年   
16世紀イエズス会インド管区の経済構造に関する研究(「科研費」課題研究)
科学研究費補助金
研究期間: 2003年