下川 潔

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/21 15:39
 
アバター
研究者氏名
下川 潔
 
シモカワ キヨシ
所属
学習院大学
部署
文学部 哲学科
職名
教授
学位
Ph D(Glasgow University), 京都大学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
-:学習院大学文学部教授
 
 
 - 
2004年
:中部大学人文学部教授
 

委員歴

 
2000年
 - 
現在
日本イギリス哲学会  理事
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本倫理学会  年報編集委員・和辻賞選考委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
: 日本倫理学会 年報編集委員・和辻賞選考委員
 
2000年
 - 
現在
: 日本イギリス哲学会 理事
 

論文

 
A Brief History of Post-Lockean Unilateralism: Barbeyrac, Carmichael, and Hutcheson on Property
下川 潔
人文科学研究:キリスト教と文化   (43) 1-25   2012年3月   [招待有り]
グロティウスの自然法学からヒュームの利益法学へ
下川 潔
『思想』(デイヴィッド・ヒューム生誕300年特集号)   (1052号) 105-126   2011年12月   [招待有り]
ヒュームと近代自然法学の変容
法哲学年報 2007 〈法思想史学にとって近代とは何か〉   40-52   2008年
ヒュームの正義概念と近代自然法学の伝統
学習院大学人文科学研究所編『人文』   (4) 29-52   2005年
ヒューム『道徳原理の探究』における正義と効用
中部大学人文学部研究論集   (10) 177-201   2003年

Misc

 
書評 三浦永光著『ジョン・ロックとアメリカ先住民』(御茶ノ水書房、2009年)
下川 潔, 下川 潔
社会思想史研究   (35) 160-164   2011年
A Book Review: Jon Rokku to Amerika Senjumin [John Locke and the Native Americans], by Nagamitsu Miura
Kiyoshi Shimokawa
Locke Studies   11 181-188   2011年
書評 チャールズ・テイラー著、上野成利訳『近代ー想像された社会の系譜』(岩波書店、2011年)
下川 潔
図書新聞   (3022)    2011年
(特別講演要旨)ジョン・ロック同意理論の再検討
下川潔
関西コールリッジ研究会会報   (17) 1-2   2009年
ヒュームと近代自然法学の変容
下川 潔
法哲学年報 2007 〈法思想史学にとって近代とは何か〉   40-52   2008年

書籍等出版物

 
Peter Anstey (ed.), The Oxford Handbook of British Philosophy in the Seventeenth Century
Oxford University Press   2013年   
古賀敬太編『政治概念の歴史的展開』 第6巻
晃洋書房   2013年   
Charles Taylor (author), Kiyoshi Shimokawa, Tetsu Sakurai, Tomohiko Tanaka (trans.), Jiga no Gensen [a Japanese translation of THe Sources of the Self]
University of Nagoya Press   2010年   ISBN:978-4-8158-0648-4
チャールズ・テイラー箸、下川潔・桜井徹・田中智彦訳『自我の源泉-近代的アイデンティティの形成』
名古屋大学出版会   2010年   ISBN:978-4-8158-0648-4
Iwanami Koza Tetsugaku, vol. 10: Shakai/Kokyosei no Tetsugaku [Iwanami Koza The Philosophy, vol. 10: The Philosophy of Society and Public Affairs]
Tokyo: Iwanami Shoten   2009年   ISBN:978-4-00-011270-3

講演・口頭発表等

 
「ヒュームと近代自然法学の伝統」
第16回ヒューム研究学会、学習院大学   2005年   
「ジョン・ロックと『私だけが所有するもの』」
学習院大学哲学会、学習院大学   2004年   
‘Justice and Property: Natural Jurisprudence and Hume’s Innovations’
The 31st Hume Society Conference, Keio University, Tokyo   2004年   
‘Pactum, Covenant, and Convention in Early Modern Theories of Justice’
第14回ヒューム研究学会、中部大学名古屋キャンパス   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
ジョン・ロック研究
ヒュームと近代自然法学の伝統
所有論
ディヴィッド・ヒューム研究
正義論・権利論