伊佐 雅子

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/04 14:34
 
アバター
研究者氏名
伊佐 雅子
 
イサ マサコ
所属
沖縄キリスト教学院大学
部署
人文学部 英語コミュニケーション学科
職名
教授
学位
文学博士 (Communication)(オクラホマ大学), 文学修士 (Communication)(ミシガン州立大学)
その他の所属
沖縄キリスト教学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1988年
梅光女学院大学短期大学部 専任講師&梅光女学院大学
 
1988年
 - 
1990年
 梅光女学院大学短期大学部 助教授&梅光女学院大学
 
1992年
 - 
1996年
 オクラホマ大学 助手
 
1997年
 - 
1998年
 関西大学 非常勤講師
 
1997年
 - 
1998年
 立命館大学 非常勤講師
 
1998年
 - 
1999年
 沖縄大学短期大学部 助教授
 
1999年
 - 
2002年
 沖縄大学 助教授
 
2003年
 - 
2004年
 沖縄大学 教授
 
2004年
 - 
現在
-  沖縄キリスト教学院大学 人文学部 英語コミュニケー
 
2008年4月
 - 
現在
沖縄キリスト教学院大学大学院異文化コミュニケーション学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
オクラホマ大学大学院 コミュニケーション学部 異文化コミュニュケーション
 
 
 - 
1975年
北九州市立大学 外国語学部 米英学科
 

委員歴

 
2004年
 - 
現在
国際行動学会  理事
 
2010年
 - 
2014年
日本コミュニケーション学会  論文査読委員
 
2011年10月
 - 
現在
日本コミュニケーション学会  九州支部 支部長
 
2012年
 - 
2013年
異文化コミュニケーション学会(SIETAR JAPAN)  紀要編集委員長
 

受賞

 
2002年
日本コミュニケーション学会 学会特別賞
 

Misc

 
「リスニング(ヒヤリング)における心理・言語学的研究」
英米文学研究(梅光女学院大学英米文学会)   (19) 99-111   1983年
「児童英語教育への効果的指導-言語習得の観点から-」
梅光女学院大学公開講座(小倉)      1986年
講演「言語習得の観点からみた児童英語教育の役割とその指導」
児童英語教育ワークショップ(CALA Workshop)(福岡)      1987年
「望まれるLLスタッフ」
語学ラボラトリー学会(LLA)第27回全国大会      1987年
「アメリカからの帰国児童、生徒の母親の帰国文化ショックと再適応問題についての分析-アンケート調査報告を基に」
異文化間教育学会 第17回大会(上智大学)      1996年

書籍等出版物

 
「児童英語教育への効果的指導」
伊佐雅子 (担当:分担執筆)
「文学における子ども」梅光女学院大学公開講座論集 第20集(笠間書院)   1986年   
『女性の帰国適応問題の研究』
伊佐雅子
多賀出版   2000年2月   
『多文化社会と異文化コミュニュケーション』
伊佐雅子 (担当:分担執筆, 範囲:監修&分担(女性ト異文化適応ー日本人母親の場合ー))
三修社   2002年11月   
Adopting the Caucasian "Look":Reorganizing the Minority Face (jointly worked)
伊佐雅子・Eric Kramer (担当:共著)
The Emerging Monoculture: Assmilation and the "Model Minority"(PRAEGER, U.S)   2003年   
文化摩擦における戸惑い
伊佐 雅子 (担当:分担執筆, 範囲:二度のアメリカ留学で感じたこと)
創元社   2004年8月   
改訂新版 多文化社会と異文化コミュニケーション
伊佐 雅子 (担当:分担執筆, 範囲:監修&分担(女性と異文化適応ー日本人女性の場合ー))
三修社   2007年11月   
人・言葉・社会・文化とコミュニケーション
伊佐 雅子 (担当:分担執筆, 範囲:模合にみる沖縄人(ウチナンチュー)のコミュニケーション)
北樹出版   2008年4月   
異文化コミュニケーション事典
伊佐 雅子 (担当:分担執筆, 範囲:「国際交流」「適応曲線」「恥の文化と罪の文化」「姉妹都市提携」「若者文化と高齢者文化」)
春風社   2013年1月   

競争的資金等の研究課題

 
ストレンジネスの現象学的研究
研究期間: 1995年   
異文化適応に関する研究
研究期間: 1996年   
ジェンダーと異文化コミュニュケーション
研究期間: 1996年   
女性の帰国適応問題の研究ー異文化受容と帰国適応問題の実証的研究ー
日本学術振興会科学研究費補助金「研究成果公開促進費」: 
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 伊佐 雅子
文化の時間性:沖縄人の時間認識について
研究期間: 2002年   
文化とコミュニケーション:「模合(もあい)」研究
研究期間: 2003年   
異文化コミュニケーションの哲学
研究期間: 2005年   
医療不信とコミュニケーション:患者の視点から
研究期間: 2007年 - 2011年
シンガポールの言語政策:シングリッシュに焦点をあてて
研究期間: 2010年   
沖縄の混血児の文化的アイデンティティ
研究期間: 2012年