武田 朗子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/15 02:55
 
アバター
研究者氏名
武田 朗子
 
タケダ アキコ
URL
http://www.ism.ac.jp/~atakeda/index.html
所属
統計数理研究所
職名
教授
学位
博士(理学)(東京工業大学), 工学修士(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
統計数理研究所 数理・推論研究系 教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 情報理工学(系)研究科 准教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
慶応義塾大学 理工学部
 
2003年4月
 - 
2008年3月
東京工業大学 情報理工学研究科 助手
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東芝 研究開発センター
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京工業大学 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 管理工学専攻
 

受賞

 
2016年9月
日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究賞 本学会員であること,独創性と将来性に富みORの発展に寄与する研究業績を挙げていること,の条件を満たす個人に贈られる賞
 
受賞形態: 個人、国内外区分: 国内の賞、専門分野: オペレーションズ・リサーチ

論文

 
Gunawardana Y, Fujiwara S, Takeda A, Woo J, Woelk C, Niranjan M
Bioinformatics (Oxford, England)   31(15) 2530-2536   2015年8月   [査読有り]
Dimitris Bertsimas,Akiko Takeda
Comp. Opt. and Appl.   62(3) 613-639   2015年   [査読有り]
Álvaro Barbero Jiménez,Akiko Takeda,Jorge López Lázaro
Journal of Machine Learning Research   16 323-369   2015年   [査読有り]
Satoru Iwata,Yuji Nakatsukasa,Akiko Takeda
SIAM Journal on Optimization   25(4) 2359-2384   2015年   [査読有り]
Yutaro Yamaguchi,Anna Ogawa,Akiko Takeda,Satoru Iwata
IEEE Trans. Smart Grid   6(5) 2189-2199   2015年   [査読有り]

Misc

 
Takafumi Kanamori,Shuhei Fujiwara,Akiko Takeda
CoRR   abs/1409.0934    2014年   [査読有り]
Takafumi Kanamori,Akiko Takeda,Taiji Suzuki
CoRR   abs/1204.6583    2012年   [査読有り]
Akiko Takeda,Hiroyuki Mitsugi,Takafumi Kanamori
CoRR   abs/1206.4599    2012年   [査読有り]
A Multilevel Parallelized Hybrid Branch and Bound Algorithm for Quadratic Optimization
IPSJ Transactions on Advanced Computing Systems   45(SIG 6(ACS 6)) 186-196   2004年

書籍等出版物

 
CVaR Minimizations in Support Vector Machines
Gotoh, Jun-ya Chou University, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics
2016年4月   

講演・口頭発表等

 
A Link between DC Algorithms and Proximal Gradient Methods
Tono, Katsuya (実講演者) The University of Tokyo, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics, Gotoh, Jun-ya Chou University
Fifth International Conference on Continuous Optimization (ICCOPT 2016)   2016年8月8日   
Fast Accelerated Proximal Gradient Method and Its Application to Unified Classification Algorithm
Ito, Naoki (実講演者) The University of Tokyo, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics, Toh, Kim-Chuan National University of Singapore
Fifth International Conference on Continuous Optimization (ICCOPT 2016)   2016年8月9日   
Global Optimization via Eigenvalues
Adachi, Satoru The University of Tokyo, Iwata, Satoru The University of Tokyo, Nakatsukasa, Yuji (実講演者) University of Oxford, Sakaue, Shinsaku The University of Tokyo, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics
Fifth International Conference on Continuous Optimization (ICCOPT 2016)   2016年8月10日   
Exact SDP Relaxations with Truncated Moment Matrix for Binary Polynomial Optimization Problems
Sakaue, Shinsaku (実講演者) The University of Tokyo, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics, Kim, Sunyoung Ewha Womans University, Ito, Naoki The University of Tokyo
Fifth International Conference on Continuous Optimization (ICCOPT 2016)   2016年8月10日   
A Fast Approximation Method for Nonconvex Quadratic Optimizations with Few Constraints
Yamada, Shinji (実講演者) The University of Tokyo, Takeda, Akiko The Institute of Statistical Mathematics
Fifth International Conference on Continuous Optimization (ICCOPT 2016)   2016年8月11日   

Works

 
不確実を考慮した設備投資計画手法
2003年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 武田 朗子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 松川 弘明
本年度はSCDRMの基盤となるSCM見える化システム構築を中心に研究を行った。SCM見える化システムはSCVSと呼ぶことにし、XEADモデラーおよびXEADドライバーを用いて構築した生産管理システムに受発注機能を追加し、企業間取引情報および特定商品の調達BOMを統合することで、大量の製品や部品が流れる複雑な供給ネットワークから特定商品のものの流れを抽出することで、物流の見える化を実現するシステムを構築した。具体的には、企業の生産管理システムとセンターとの間で物流情報に対して同期化を行い、企...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 武田 朗子
本研究では,数理最適化・金融工学・統計的学習の三つの分野の複合領域を開拓することを目的としている.本年度は,主に下記の研究を行った.(1)統計的学習分野では,判別分析のために多くの判別モデルが提案されている.中でも,サポートベクターマシン(SVM)は高い判別能力を持つことが知られている.これまでの申請者による研究において,目的関数として金融リスク尺度であるconditional value-at-risk (CVaR) を用いると、SVMと等価なモデルになることが示された.本年度は,CVa...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 武田 朗子
数理最適化、金融工学、機械学習の3つの異なる分野の知見を活かして、機械学習の判別モデル(主にEν-SVM)に対する理論的な妥当性評価を行った。"判別能力の良さは経験的に知られていたが、理論的に示せたのは初めてである"と評価された研究成果である。また、Eν-SVMの解法を提案した。さらに、機械学習で知られる"正則化"と呼ばれるアイディアを金融工学へ取り入れて、将来へのあてはまりのいいポートフォリオ(資産配分)決定方法の提案を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 小島 政和
理工学のさまざまな分野に多くの応用を持つ重要な最適化問題である半正定値計画問題に対する高速で安定した数値解法(主双対内点法)の研究を行い,それに基づいたソフトウェアSDPAを開発し公開したことが主たる研究成果である.これにより,従来解けなかった大規模な半正定値計画問題を高速に解くことが可能となった.さらに,SDPAを組み込んだ多項式最適化問題の解法ソフトウェアSparsePOP,大規模なセンサーネットワーク位置同定問題の解法ソフトウェアSFSDPを開発・公開している.