長谷川 奉延

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:51
 
アバター
研究者氏名
長谷川 奉延
 
ハセガワ トモノブ
eメール
thasega6.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部小児科学
職名
教授(有期・医学部)
学位
博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
20189533

研究分野

 
 

経歴

 
1984年5月
   
 
慶應義塾大学医学部 研修医(小児科)
 
1986年5月
   
 
慶應義塾大学医学部 助手(専修医)(小児科学)
 
1986年8月
 - 
1995年8月
都立清瀬小児病院
 
1990年5月
 - 
1994年4月
慶應義塾大学医学部 助手(小児科学)
 
1992年1月
 - 
1992年7月
スタンフォード大学 小児内分泌科
 

学歴

 
 
 - 
1978年3月
東京学芸大学附属高等学校  
 
1978年4月
 - 
1984年3月
弘前大学 医学部 
 

委員歴

 
2004年4月
   
 
日本生殖分泌学会  評議員
 
2004年4月
   
 
日本内分泌学会  代議員, 専門医認定部会小児科小委員
 
2004年1月
   
 
日本人類遺伝学会  評議員
 
2003年4月
   
 
日本小児遺伝学会  評議員
 
2003年4月
   
 
日本先天代謝異常学会  評議員
 

受賞

 
2015年
平成26年度慶應義塾大学医学部 第10回Best Teacher Award
 
2014年
平成25年度慶應義塾大学医学部 第9回Best Teacher Award
 
2013年
平成24年度慶應義塾大学医学部 第8回Best Teaher Award
 
2012年
平成23年度慶應義塾大学医学部 第7回Best Teacher Award
 
2011年
日本小児内分泌学会第2回(2011年度)藤枝賞
 
国際的活動・教育および指導・基礎または臨床研究のいずれの項目においても顕著な業績を残したことによる

論文

 
Whole exome sequencing identified a novel COL2A1 mutation that causes mild spondylo-epiphyseal dysplasia mimicking autosomal dominat bracholmia.
Takagi M, Shimizu M, Suzuki E, Shinohara H, Narumi S, Hasegawa T, Nishimura G, Hasegawa Y.
Am J Med Genet   170(3) 795-798   2016年3月
Frequencies of spontaneous breast development and spontaneous menarche in Turner syndrome in Japan.
Tanaka T, Igarashi Y, Ozono K, Ohyama K, Ogawa M, Osada H, Onigata K, Kanzaki S, Kohno H, Seino Y, Takahashi H, Tajima T, Tachibana K, Tanaka H, Nishi Y, Hasegawa T, Fujita K, Yorifuji T, Horikawa R, Yokoya S.
Clin Pediatr Endocrinol   24 3167-3173   2015年
Transient congenital hypothyroidism caused by compound heterozygous mutations affecting the NADPH-oxidase domain of DUOX2
Yoshizawa-Ogasawara A, Abe K, Ogikubo S, Narumi S, Hasegawa T, Satoh M
J Pediatr Endocrinol Metab   in press    2015年
Turenr症候群とCAHの合併を認めた副腎偶発腫の一例
岩橋泰幸、福岡秀規、中島進介、井口元三、本間桂子、長谷川奉延、小川渉、高橋裕
日本内分泌学会雑誌   91(Supple) 44-46   2015年
くり返す低血糖後にてんかんを発症した高インスリン血性低血糖症の1例
福間真実、宮井健太郎、高木優樹、後藤正博、鳴海覚志、長谷川奉延、長谷川行洋
小児科診療   78 139-141   2015年

書籍等出版物

 
内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第4版 
長谷川 奉延
診断と治療社   2016年4月   
Cushing症候群
柴田浩憲、長谷川奉延
2015年   
小児慢性特定疾患―診断の手引き
菊池透、長谷川奉延
診断と治療社   2015年   
小児慢性特定疾患―診断の手引き
菊池透、長谷川奉延
診断と治療社   2015年   
小児慢性特定疾患―診断の手引き
菊池透、長谷川奉延
診断と治療社   2015年   

講演・口頭発表等

 
性の分化―最近の話題からトレビアの泉まで―
長谷川奉延
第75回臨床小児研究会   
遺伝カウンセリングロールプレイ 先天性副腎低形成症(X連鎖劣性遺伝病)
長谷川奉延、室谷浩二、井ノ口美香子
第22回小児内分泌専門セミナー   2017年8月25日   
CDC73遺伝子全領域を含む3.4 Mbの欠失を認めた原発性副甲状腺機能亢進症の15歳男児例
山澤一樹、前田 直則、籏生なおみ、香取奈穂、鈴木絵理、込山修 、佐藤武志、石井智弘、長谷川奉延、筒井英光、長尾俊孝
第23回日本家族性腫瘍学会学術集会   2017年8月4日   
多発性内分泌腫瘍症(MEN)2型小児例の診療実態および甲状腺予防摘出術の現状について 
松下理恵、長崎啓祐、綾部匡之、三善陽子、金城さおり、春名英典、井原健二、長谷川奉延、位田忍、緒方勤、南谷幹史
第23回日本家族性腫瘍学会学術集会   2017年8月4日   
小児内分泌代謝疾患の移行期医療 - If you want to go far -  
長谷川 奉延
第430回国際治療談話会例会講演   2017年7月20日   

競争的資金等の研究課題

 
StARノックアウトマウスによるリポイド副腎過形成と神経ステロイドホルモンの解析
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
StARノックアウトマウスによる先天性副腎リポイド過形成症の性腺における病態解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月

その他

 
慶應義塾大学病院副病院長
医療安全対策室長