坪川 達也

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
坪川 達也
 
ツボカワ タツヤ
eメール
tsuboa8.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
法学部法学部共通
職名
専任講師
学位
医学(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
   
 
大学助手(法学部)
 
2003年4月
   
 
大学助教(法学部)
 

論文

 
自己鏡映像認知への温故知新
草山 太一 , 池田 譲 , 入江 尚子 [他] , 陳 香純 , 坪川 達也 , 武野 純一 , 酒井 麻衣
動物心理学研究   62(1) 111-124   2012年   [査読有り][招待有り]
Pharmacological effects on mirror approaching behavior and neurochemical aspects of the telencephalon in the fish, medaka (Oryzias latipes).
Tsubokawa T, Saito K, Kawano H, Kawamura K, Shinozuka K, Watanabe S.
Social Neuroscience   4(3) 276-286   2009年   [査読有り]
From the olfactory bulb to higher brain centers: genetic visualization of secondary olfactory pathways in zebrafish.
Miyasaka N, Morimoto K, Tsubokawa T, Higashijima S, Okamoto H, Yoshihara Y.
Journal of Neuroscience   29(15) 4756-4767   2009年4月   [査読有り]
意識―無意識から系統発生するものー
坪川 達也 坪川 達也
生物学史研究   78 43-55   2007年   [査読有り]
除草剤によるメダカ鰓細胞での小核誘発
金谷信宏・坪川達也
慶應義塾大学日吉紀要 自然科学   41 1-14   2007年

Misc

 
脊椎動物の眼に潜む不合理性
坪川 達也
教養論叢   135 185-189   2014年
人間の脳ー文系と理系の出会うところー
坪川 達也
三色旗   (636) 9-18   2001年3月

書籍等出版物

 
慶應義塾創立百五十年周年記念 法学部論文集 慶應の教養学 「福澤諭吉の人間観における負の要素―進化生物学的視点からの一考―」
坪川 達也 (担当:共著, 範囲:353-362)
慶應義塾大学出版会   2008年   
身体医文化論Ⅱ 運動と(反)成長 「脳と運動―進化から発達まで」
坪川 達也 (担当:共著, 範囲:69-80)
慶應義塾出版会   2003年   
身体医文化論 感覚と欲望 「感覚と欲求―魚の脳からヒトの脳まで」
坪川 達也 (担当:共著, 範囲:439-460)
慶応義塾出版   2000年5月   

講演・口頭発表等

 
メダカ集合行動に対する抗不安剤の影響の解析
坪川 達也
第74回日本動物学会年次大会   2002年9月24日   
メダカ終脳領域の機能局在性の解剖行動学的解析
坪川 達也
第71回日本動物学会年次大会   2001年10月8日   
メダカ終脳領域の神経線維走行の解析
坪川 達也
第72回日本動物学会年次大会   2000年9月21日   

Works

 
[新しい実習プログラムの開発」における新実習の開発及び結果報告
坪川 達也   その他   2004年9月 - 2004年11月