今井 倫太

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
今井 倫太
 
イマイ ミチタ
eメール
michitaics.keio.ac.jp
URL
http://www.ayu.ics.keio.ac.jp/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1997年2月
日本電信電話株式会社
 
1994年8月
 - 
1997年2月
日本電信電話株式会社 ヒューマンインタフェース研究所 画像通信研究部 配属
 
1997年3月
 - 
2001年9月
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR 知能映像通信研究所 研究員) 出向
 
2001年10月
 - 
2002年3月
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 メディア情報科学研究所 研究員
 
2002年4月
   
 
慶應義塾大学理工学部情報工学科 ,助手(有期)
 

委員歴

 
2009年8月
 - 
2010年3月
ACM HRI2010  Program Committee
 
2009年4月
 - 
2009年12月
HAI 2009  実行委員
 
2009年3月
 - 
2009年9月
IEEE RO-MAN 2009  IDEA Session Organizer
 
2009年2月
 - 
2009年9月
IEEE RO-MAN 2009  Program Committee
 
2009年1月
 - 
2009年8月
ISCR 2009  Program Committee
 

受賞

 
2014年6月
人工知能学会 2013年度論文賞 エージェントのインタラクション戦略探索のための没入型発見法
 
2012年5月
ACM SIG-CHI Best Note Honorable Mention
 
1999年12月
日本人工知能学会 日本人工知能学会全国大会優秀論文賞
受賞者: 今井 倫太
 

論文

 
Toward Understanding Pedagogical Relationship in Human-Robot Interaction
岡崎 裕文, 金井 祐輔, 尾形 正泰, 長谷川 孔明, 石井 健太郎, 今井 倫太
Journal of Robotics and Mechatronics   28(1) 69-78   2016年2月   [査読有り]
Building Pedagogical Relationships Between Humans and Robots in Natural Interactions
Hirofumi Okazaki, Yusuke Kanai, Masa Ogata, Komei Hasegawa, Kentaro Ishii, IMAI MICHITA
The 3rd International Conference on Human-Agent Interaction 2015 (HAI2015)   115-120   2015年10月   [査読有り]
DECoReS: Degree Expressional Command Reproducing System for Autonomous Wheelchairs
Komei Hasegawa, Seigo Furuya, Yusuke Kanai, IMAI MICHITA
The 3rd International Conference on Human-Agent Interaction 2015 (HAI2015)   149-156   2015年10月
Satoru Satake​, Keita Nakatani, Kotaro Hayashi, Takyuki Kanda, IMAI MICHITA
PeerJ Comput. Sci   1-12   2015年5月   [査読有り]
User-defined gestures for controlling primitive motions of an end effector
今井 倫太
Advanced Robotics   29(4) 225-238   2015年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ロボット情報学ハンドブック
今井 倫太
ナノオプトニクスエナジー   2010年3月   
Web Intelligence and Intelligent Agents
今井 倫太 (担当:共著)
InTech, Publishing   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
Is a Robot a Better Walking Partner If It Associates Utterances with Visual Scenes?
Satoru Satake
the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   2017年3月8日   
An Implementation of Working Memory Using Stacked Half Restricted Boltzmann Machine: Toward to Restricted Boltzmann Machine-Based Cognitive Architecture
Masahiko Osawa
The 23rd International Conference on Neural Information Processing   2016年10月17日   
The Use of The BDI Model As Design Principle for A Migratable Agent
Mamoru Yamanouchi
The 4th International Conference on Human-Agent Interaction   2016年10月5日   
A Study on Controlling Method for an Autonomous Personal Vehicle Based On User’s Heart Rate Variability
Taichi Sono
the IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   2016年8月30日   
A Study on Controlling Method for an Autonomous Personal Vehicle Based On User’s Heart Rate Variability
Taichi Sono
the IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   2016年8月30日