松田 陽子

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/20 10:27
 
アバター
研究者氏名
松田 陽子
 
マツダ ヨウコ
URL
http://www.nms.ac.jp/nms/patho2/
所属
日本医科大学
部署
医学部 医学科 病理学講座(統御機構・腫瘍学)
職名
講師
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2011年
日本医科大学 医学部 講師
 
1998年4月
 - 
2002年3月
香川医科大学大学院医学系研究科 大学院生
 
2002年4月
 - 
2003年6月
香川医科大学医学部 研究生
 
2003年7月
 - 
2007年3月
 香川大学医学部腫瘍病理学 助手
 
2007年4月
 - 
2010年9月
 日本医科大学病理学講座 (統御機構・腫瘍学) 助教
 

学歴

 
 
 - 
2002年
香川大学 医学系研究科 
 
 
 - 
1998年
香川大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
なし
 

受賞

 
2011年
日本膵臓学会 国際優秀演題賞
 
2011年
財団法人博慈会老人病研究所 優秀論文助成
 
2007年
香川大学医学部医学科同窓会研究奨励金
 
2009年
平成21年度、財団法人金原一郎記念医学医療振興財団、第24回基礎医学医療研究助成授与
 
2009年
平成21年度、財団法人膵臓病研究財団、第17回研究奨励賞授与
 

論文

 
Sato A, Ishiwata T, Matsuda Y, Yamamoto T, Asakura H, Takeshita T, Naito Z
International journal of oncology   41 441-448   2012年8月   [査読有り]
Matsuda Y, Hagio M, Seya T, Ishiwata T
Molecular cancer therapeutics   11(9) 2010-2020   2012年7月   [査読有り]
Kure S, Matsuda Y, Hagio M, Ueda J, Naito Z, Ishiwata T
International journal of oncology      2012年7月   [査読有り]
Yamamoto T, Matsuda Y, Kawahara K, Ishiwata T, Naito Z
Cancer letters   320(1) 31-39   2012年7月   [査読有り]
Yoshida T, Matsuda Y, Naito Z, Ishiwata T
Pathology international   62(7) 463-470   2012年7月   [査読有り]

Misc

 
The effect of combination therapy with interferon and cryofiltration on mesangial proliferative glomerulonephritis originating from mixed cryoglobulinemia in chronic hepatitis C virus infection.
Kiyomoto H, Hitomi H, Hosotani(Matsuda) Y, Hashimoto M, Uchida K, Kurokouchi K, Nagai M, Takahashi N, Fukunaga M, Mizushige K, Matsuo H, Yuasa S.
Ther Apher.   3 329-33   1999年
Hosotani(Matsuda) Y, Takahashi N, Kiyomoto H, Ohmori K, Hitomi H, Fujioka H, Aki Y, Fukunaga M, Yuasa S, Mizushige K, Kohno M.
Hypertens Res.   25(1) 77-83   2002年
The nutcracker phenomenon accompanied by renin-dependent hypertension.
Hosotani(Matsuda) Y, Kiyomoto H, Fujioka H, Takahashi N, Kohno M.
Am J Med.   114 617-8   2003年
Epithelioid malignant peripheral nerve sheath tumor. Report of a case with inflammatory infiltration.
Matsuda Y, Saoo K, Hosokawa K, Yamakawa K, Yokohira M, Zeng Y, Takeuchi H, Iwai J, Shirai T, Obika K, Imaida, K.
Pathol Res Pract.   201 355-360   2005年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 松田陽子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 松田陽子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 松田陽子
Cytochrome P450(CYP)系は生体内で大量に存在するPhase I酵素ファミリーの一つであり、大腸癌においては発癌物質の代謝や抗癌剤に対する効果の面から注目されており、様々なCYPの発現や遺伝子多型と大腸癌リスクとの関連が報告されている。これまでに我々は、ヒトの大腸腺癌及び腺腫において、特異的にCYP2A6が過剰発現していることを報告した。さらに、潰瘍性大腸炎における再生陰窩上皮においてCYP2A6の過剰発現を認めた。また、大腸腺癌組織においては線維芽細胞像増殖因子受容体のF...
膵癌、大腸癌における増殖因子、及び癌幹細胞の検討