大河内 泰樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/30 03:02
 
アバター
研究者氏名
大河内 泰樹
eメール
cs00972srv.cc.hit-u.ac.jp
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
教授
学位
社会学修士(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2015年3月
一橋大学 社会学研究科 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
一橋大学 社会学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
早稲田大学 政治経済学部 政治学科
 
 
 - 
2003年3月
一橋大学 社会学研究科 社会学
 

受賞

 
2009年6月
日本ヘーゲル学会 日本ヘーゲル学会研究奨励賞
 

論文

 
『ドイツ観念論』とはなにか?―あるいは「ドイツ観念論」はなぜそう呼ばれるべきではないのか?
大河内 泰樹
ニュクス   2 8-24   2015年12月   [招待有り]
認識批判と経験科学——ヘーゲル『大論理学』、概念論、「認識の理念」章の読解を通じて——
大河内 泰樹
情況   5(3) 254-272   2016年5月   [招待有り]
大河内 泰樹
ヘーゲル哲学研究   17 106-114   2011年12月   [招待有り]
カントとヘーゲルの間 現代批判理論の位置規定をめぐって
大河内 泰樹
情況   8(7) 120-133   2007年6月   [招待有り]
大河内 泰樹
理想   (679) 106-118   2007年4月   [招待有り]

Misc

 
岡本裕一朗『ヘーゲルと現代思想の臨界—ポストモダンのフクロウたち』
大河内 泰樹
図書新聞   (2925)    2009年7月   [依頼有り]
大河内泰樹
POSSE   (9) 131-143   2010年12月   [依頼有り]
Nectarios G. Limnatis (Ed.): The Dimensions of Hegel's Dialectic
Taiju Okochi
Hegel-Studien   46 196-200   2012年11月   [依頼有り]
ジャン=クレ・マルタン著、信友建志『哲学の犯罪計画—ヘーゲル『精神現象学を読む』
大河内 泰樹
図書新聞   (3127) 5-5   2013年9月   [依頼有り]
大河内 泰樹
世界   (859)    2014年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Ontologie und Reflexionsbestimmungen. Zur Genealogie der Wesenslogik Hegels
大河内 泰樹
Konigshausen & Neumann, Wurzburg   2008年4月   ISBN:978-3-826-03854-9
危機に対峙する思考
3. 平子友長・橋本直人・佐山圭司・鈴木宗徳・景井充、筒井淳也、磯直樹、前田泰樹、大河内泰樹、村田憲郎、南孝典、菊谷和宏、杉本隆司、田中秀生、上杉敬子、小谷英生、中村美智太郎、高安啓介、白井亜希子、福島知己、荒川敏彦、佐々木隆治、阿部里加、水野邦彦、名和賢美、赤石憲昭 (担当:共著, 範囲:知識の社会性と科学的認識——科学批判としての批判理論の再構築のために)
梓出版   2016年1月   ISBN:978-4872622379
承認——社会哲学と社会政策の対話
田中拓道、大河内泰樹、岡崎龍、後藤玲子、加藤泰史、日暮雅夫。ティートゥス・シュタール、徳地真弥、山田哲也、神代健彦、中澤篤史、鈴木直文、井 上睦、森千香子、村上一基、湯川やよい
法政大学出版会   2016年3月   ISBN:978-4588625299
ヘーゲル講義録入門
大河内 泰樹、寄川条路、赤石憲昭、真田美沙、大河内泰樹、池松辰男、鈴木亮三、岡崎龍、中畑邦夫、瀧本有香、片山善博、小島優子、小井沼広嗣、三重野清顯 (担当:共著, 範囲:自然哲学講義)
法政大学出版局   2016年9月   ISBN:978-4588150791
Logik und Realität. Wie systematisch ist Hegels System?
Christoph Jamme, Yoichi Kubo (担当:共著, 範囲:System und Syllogismus)
Wilhelm Fink Verlag   2012年3月   ISBN:978-3-7705-5153-8

講演・口頭発表等

 
Das Gewissen und die Realopposition des Guten und Bösen. Eine Anwendung der Logik des Gegensatzes und des Widerspruchs auf die Moralphilosophie. (「良心と善悪の実在的対立−ヘーゲルによる対立と矛盾の論理の道徳哲学への応用」)
Taiju Okochi
XXV. Internationaler Hegel-Kongrß der Internationalen Hegel-Gesellschaft e.V. in Toulouse (France), „Das Leben denken“, Sep. 22.- Sep. 26. 2004. (国際ヘーゲル学会第25回大会、「生を思惟する」)   2004年9月22日   
「関心と理性の限界−初期ハーバーマス認識論の哲学史的コンテクスト」
大河内 泰樹
社会思想史学会第29回大会   2004年10月10日   
「実践理性の自律とその限界−カント関心論の射程」
大河内 泰樹
日本哲学会第64回大会   2005年5月21日   
Objektivität der Welt und Intersubjektivität der Verständigung 大河内泰樹「世界の客観性と了解の相互主観性―ハーバーマスの『精神現象学』解釈と批判」
大河内 泰樹
日本ヘーゲル学会主催「フンボルト・コレーク 日独哲学シンポジウム・東京プログラム」   2006年3月25日   
Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie (「実体と力 反省概念の二義性章におけるカントのモナド論批判とライプニッツによる実体と物質の力学的概念」)
大河内 泰樹
VIII. Internationaler Leibniz-Kongress “Einheit in der Vielheit" 24. bis 29. Juli 2006, Universität Hannover (国際ライプニッツ学会第8回大会「多性における統一性」   2006年7月24日   Gottfried-Wilhelm-Leibniz-Gesellschaft

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
ヘーゲル哲学のプラグマティズム的解釈についての研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
啓蒙期以降のドイツ・フランスから現代アメリカに至る、哲学・教育・大学の総合的研究
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月