鶴田 格

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
鶴田 格
 
ツルタ タダス
所属
近畿大学
部署
農学部 環境管理学科 環境政策学専攻
職名
准教授
学位
博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
   
 
京都大学研修員、龍谷大学非常勤講師、
 
2001年4月
 - 
2006年3月
近畿大学 農学部 講師
 
2007年4月
 - 
現在
近畿大学 農学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
京都大学 農学研究科 農学原論
 
 
 - 
1990年
京都大学 文学部 
 

論文

 
在来作物の種子保全をめぐる社会学的考察:大和高原の雑穀栽培を事例に
鶴田 格・藤原佑哉
農林業問題研究   51(1) 50-55   2015年6月   [査読有り]
A Paradox of Fair Trade of Organic Jasmine Rice in Yasothon Province, Northeast Thailand: Business or Social Movement?
鶴田 格
農業・食料経済研究   60(2) 1-9   2014年10月   [査読有り]
伝統野菜のタネの地域内保全の現状と課題:奈良県の大和野菜を事例として
鶴田 格・藤原佑哉
農林業問題研究   50(2) 167-172   2014年9月   [査読有り]
Green Revolution from Comparative Perspective: Between Asian and African Experiences
鶴田 格
Asian Rural Sociology   5(1) 48-54   2014年   [査読有り]
フェア・トレード商品の生産農家の多様性に関する一試論:地域間比較とサブシステンスの視点から
鶴田 格
農林業問題研究   48(2) 332-337   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
中部タイ農村部における民謡と大衆歌謡の相互作用的発展
ポピュラー音楽研究   (4) 2-19   2001年
Urban-rural Relationships in Colonial Dar es Salaam
Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University   (36) 59-72   2003年
Popular Music, Sports, and Politics: A Development of Urban Cultural Movement in Dar es Salaam, 1930s-1960s
African Study Monographs   24(3) 195-222   2003年
ダルエスサラームのアフリカ系住民社会における遊びと政治
アジアアフリカ言語文化研究   (55) 93-118   1998年
The Development Process of Dance Bands in Urban Tanzania
Nilo-Ethiopian Studies   (5-6) 9-24   2000年

書籍等出版物

 
Perspective of Alternative Commodities Chain(共著)
Kasetsart University Press   2008年   ISBN:978-974-9934-65-4
Contemporary Perspectives on African Moral Economy (共著)
Dar es Salaam University Press   2008年   ISBN:9976-60-465-3
Dar es Salaam: Histories from an Emerging African Metropolis(共著)
Mkuki na Nyota Publishers   2007年   
朝倉世界地理講座―大地と人間の物語―12 アフリカⅡ(共著)
朝倉書店   2008年   
持続的農業農村の展望(共著)
大明堂   2003年   

Works

 
農水産物のオルタナティブトレードによる経済成果と地域開発の比較研究
2000年 - 2002年
現代アフリカ都市文化の総合的研究
1998年 - 2000年
赤道アフリカ農村におけるモラル・エコノミーの変容に関する研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
アフリカ半乾燥地の農牧民社会における食料安全保障と土地収奪の政治経済学的研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 鶴田 格
タイ東北部における有機米のフェアトレードに関する研究
研究期間: 2011年 - 2016年    代表者: 池上甲一
農産物のフェアトレードが南部タイ農村社会にもたらす社会経済的インパクトに関する研究
研究期間: 2001年 - 2005年
タンザニア沿岸部のスワヒリ系住民の社会史的研究
研究期間: 1997年 - 2005年
アフリカおよび東南アジア農村におけるモラル・エコノミーの研究
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 杉村和彦