藤田 淳一

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
藤田 淳一
eメール
fujitabk.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
教授
学位
博士(工学)(筑波大学)

経歴

 
1985年
 - 
2003年
NEC基礎研究所 主任研究員
 
2003年7月
   
 
筑波大学 物理工学系 准教授
 
2010年4月
   
 
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
筑波大学 基礎工学部 
 
 
 - 
1985年
筑波大学 工学研究科 応用物理学
 

受賞

 
1998年1月
筑波奨励賞
 
2001年4月
日経BP賞
 
2004年10月
MNC Outstanding 論文賞
 

論文

 
Murakami, Katsuhisa; Tanaka, Shunsuke; Hirukawa, Ayaka; Hiyama, Takaki; Kuwajima, Tomoya; Kano, Emi; Takeguchi, Masaki; Fujita, Jun-ichi
APPLIED PHYSICS LETTERS   106(9)    2015年3月   [査読有り]
Fujita,Jun-ichi;Tianchen,Dong;Yuya,Kajiwara;Takaki,Hiyama;Ryuichi,Ueki;Gai,Ohashi;Kentaro,Shiraki;Yoichi,Yamada;Katsuhisa,Murakami
MRS Proceedings   1658   2014年5月   [査読有り]
An Amyloid fibril, which is linear protein with a width of less than 10 nm and length of more than 1 m, was used as amorphous carbon template for graphene nanoribbons (GNRs) synthesized by solid-phase graphitization using liquid Ga as catalyst. T...
K.,Murakami;T.,Dong;Y.,Kajiwara;T.,Hiyama;T.,Takahashi;E.,Takai;G.,Ohashi;K.,Shiraki;Fujita,Jun-ichi
Applied Physics Letters   104(24) 243101   2014年6月   [査読有り]
Single- and double-layer graphene nanoribbons (GNRs) with widths of around 10nm were synthesized
directly onto an insulating substrate by solid-phase graphitization using a gallium vapor catalyst and
carbon templates made of amyloid fibrils. Subse...
Fujita,Jun-ichi;Masashi,Tachi;Katsuhisa,Murakami;Hidehiro,Sakurai;Yuki,Morita;Shuhei,Higashibayashi;Takeguchi,Masaki
Applied Physics Letters   104(4) 043107   2014年1月   [査読有り]
We found that electron-beam irradiation of sumanene aggregates strongly enhanced their
transformation into a graphitic carbon cage, having a diameter of about 20 nm. The threshold
electron dose was about 32 mC/cm2 at 200 keV, but the transformatio...
Katsuhisa,Murakami;Takuya,Kadowaki;Jun-ichi,Fujita
Applied Physics Letters   102(4)    2013年1月   [査読有り]
From the analysis of the ratio of D peak intensity to G peak intensity in Raman spectroscopy, electron beam irradiation with energies of 100 eV was found to induce damage in single-layer graphene. The damage becomes larger with decreasing electron...

書籍等出版物

 
原子線ホログラフィ
藤田淳一;森永実;清水富士夫 (担当:監修)
光学・日本光学会   1998年5月   
ナノチューブエレクトロニクス
藤田, 淳一 (担当:監修)
有機半導体エレクトロニクス・ぶんしん出版   2002年1月   
集束イオンビームによるナノ立体構造作成と応用
藤田淳一 (担当:監修)
有機エレクトロニクスがつなく5つのT   2003年1月   
有機半導体の応用展開
谷口彬雄;小林俊介;堀田収;柳久雄;工藤一浩;大田正文;安達千波矢;合志憲一;河村裕一郎;中出正悟;柳田祥三;青木良康;小松昭彦;桜井美成;芝哲夫;高橋芳行;松井淳;宮下徳治;藤田淳一;和田恭雄;半那純一;吉田郵司;吉本則之;島田俊宏;下田達也
シーエムシー出版   2003年1月   
ビーム励起反応で合成したアモルファスカーボンナノ構造体中における固相ナノチューブ合成
藤田淳一 (担当:監修)
化学工業   2009年5月   

講演・口頭発表等

 
Production of Graphene Films by Simple Electrochemical Exfoliation using NaCl Solution
Fujita,Jun-ichi;Katsuhisa,Murakami;E.,Kano;S.,Akiyama;R.,Ueki;T.,Takahashi
4th Tsukuba-Hsinchu Joint Symposium on Interdiscripancy Nano-Science and technology   2012年12月17日   
Synthesis of Graphene Nanoribbons from Amyloid Template on Sapphire Substrate by Liquid Gallium Graphitization
Fujita,Jun-ichi;Katsuhisa,Nurakami
4th Tsukuba-Hsinchu Joint Symposium on Interdiscripancy Nano-Science and technology   2012年12月17日   
Effects of internal strain induced by low-energy electron beam irradiation on graphene
Jun-ichi,Fujita;Katsuhisa,Murakami
4th Tsukuba-Hsinchu Joint Symposium on Interdiscripancy Nano-Science and technology   2012年12月17日   
Fabrication of a Mechanically Exfoliated Graphene Edge Emitter on a Tungsten Probe and its Field Emission Properties
Fujita,Jun-ichi;Katsuhisa,Murakami
4th Tsukuba-Hsinchu Joint Symposium on Interdiscripancy Nano-Science and technology   2012年12月17日   
Catalytic Mechnism of Ga/C Interfacial Graphitization and its Application [招待有り]
Fujita,Jun-ichi
4th Tsukuba-Hsinchu Joint Symposium on Interdiscripancy Nano-Science and technology   2012年12月17日   

競争的資金等の研究課題

 
ナノ加圧法を用いた巨大格子歪み導入による面内電子伝導制御とデバイス応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 藤田淳一
本研究では、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)を用いたナノインデンターアレーと電極で構成されたグラフェン面内への局所加圧機構を創出する。この局所加圧機構を用いて、グラフェン面内への周期的巨大歪みを導入してギャップ生成、局在スピン分極発現等の電子物性発現、ならびに発現機構解明とデバイス応用を目指す。さらに、グラフェンとhBN やMoS2 等の層状化合物との積層界面に対して局所圧縮応力を導入して層間の電子伝導を計測し、層間距離依存の層間相互作用とその電子状態を解明する。
ナノ構造形成技術とデバイス応用に関する研究
国内共同研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月
ナノ構造形成技術とデバイス応用に関する研究
NEC基礎研究所: 国内共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年5月
ナノ構造形成技術とデバイス応用に関する研究
NEC基礎研究所: 国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 藤田淳一
フレキシブル電子回路のための半導体ナノ構造の探索
NEC基礎研究所: 国内共同研究
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 藤田淳一

特許

 
特願2006-322924 : 金属プローブの形成方法、その金属プローブおよび、形成装置
藤田淳一
特願2008- 021638 : 高導電性炭素繊維とその製造方法
藤田淳一
特願2008- 81187 : 多階調局所電界可視化の方法およびその電子光学系
藤田淳一
特願2009- 80307 : グラフェン膜の製造方法および基板へのグラフェン膜の転写方法
藤田淳一
特願平10-102758 : 原子線ホログラフィによるパターン形成方法及び装置
藤田, 淳一