笠岡(坪山) 宜代

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/06 16:45
 
アバター
研究者氏名
笠岡(坪山) 宜代
 
カサオカ(ツボヤマ) ノブヨ
所属
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
部署
栄養疫学研究部  食事摂取基準研究室
職名
室長
学位
医学博士(*高知医科大学*)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
現在
国立健康・栄養研究所 栄養疫学研究部 食事摂取基準研究室 室長
 
2009年
 - 
2011年
国立健康・栄養研究所 国際産学連携センター 国際栄養研究室 室長
 
2008年
 - 
2009年
国立健康・栄養研究所 国際産学連携センター 上級研究員
 
2007年
 - 
2008年
米国 国立衛生研究所(NIH)  国立がん研究所 客員研究員
 
1999年
 - 
2007年
国立健康・栄養研究所 臨床栄養部 研究員
 
2001年
 - 
2001年
米国ハーバード大学医学部 ベスイスラエルディーコネス医学センター 訪問研究員
 
1999年
 - 
1999年
科学技術振興事業団 科学技術特別研究員
 
1997年
 - 
1998年
ヒューマンサイエンス振興財団 流動研究員
 

学歴

 
 
 - 
1997年
高知医科大学 医学研究科 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  国際交流委員
 
2015年
 - 
現在
日本災害食学会   学術委員
 
2014年
 - 
現在
日本災害食学会   理事
 
2013年
 - 
現在
日本栄養改善学会  関東甲信越支部会監事
 
2013年
 - 
現在
日本栄養士会  JDA-DAT運営委員エビデンスチームリーダー
 
2003年4月
 - 
現在
日本栄養改善学会 評議員
 
2014年
 - 
2015年
日本災害食学会   災害食規格委員
 
2011年
 - 
2014年
厚生労働省  管理栄養士国家試験委員
 
2010年
 - 
2014年
日本栄養士会  研究教育協議会 副協議会長
 
2008年6月
 - 
2014年
日本栄養士会 研究教育協議会幹事
 
2010年
 - 
2012年
日本栄養士会  国際交流委員
 
2010年
 - 
2012年
日本栄養士会  論文委員
 
2009年
 - 
2012年
日本栄養士会  研究運営部会 部会長
 
2010年
 - 
2011年
日本栄養士会  栄養士制度検討会臨地実習500時間カリキュラムワーキング委員
 
2008年7月
 - 
2009年
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」策定検討会 活用ワーキンググループ委員
 
2008年6月
 - 
2009年
日本栄養士会 研究運営部会副部会長
 
2008年
 - 
2009年
厚生労働省  日本人の食事摂取基準」策定検討会 活用ワーキンググループ構成員
 
2005年
 - 
2009年
栄養学若手研究者の集い 世話人
 
2003年
 - 
2005年
東京都栄養士会教育・研究部会 幹事
 

受賞

 
2007年
日本栄養改善学会 奨励賞 「魚介類含有成分による肥満抑制に関する研究:魚油およびタウリンの作用」
受賞者: 笠岡(坪山)宜代
 
2012年
渡邊辰五郎奨励賞 「栄養学研究と新たな道」
受賞者: 笠岡(坪山)宜代
 
2013年
第1回日本災害食学会 優秀賞 「東日本大震災の後、 食・栄養改善には何が重要だったのか?~今後の食支援システム構築を目指して~」
受賞者: 笠岡(坪山)宜代, 野末みほ, 星裕子, 小野寺和恵, 猿倉薫子, 水野正一, 迫和子, 高田和子
 
2014年
第2回日本災害食学会 カゴメ賞 「東日本大震災ではどの食糧物資が不足し、食・栄養支援にはどの食糧物資が使われたのか?」
受賞者: 笠岡(坪山)宜代, 前澤友美, 高田和子, 須藤紀子, 荒牧英治, 金谷泰宏, 下浦佳之, 迫和子, 小松龍史
 
2014年
第2回日本災害食学会 優秀賞 「災害時の食支援に関する教材開発の必要性とDVDの制作」
受賞者: 須藤紀子, 笠岡(坪山)宜代, 金谷泰宏
 
2015年
第3回日本災害食学会 学術委員賞 「誰から優先して守らなければならないのか?~東日本大震災 被災3県調査~」
受賞者: 笠岡(坪山)宜代, 上田咲子, 近藤明子, 高田和子
 
2016年
第4回日本災害食学会 オーディエンス賞 「避難所での栄養を改善する食事パターンの検討 ~栄養バランスの観点から~」
受賞者: 原田萌香、笠岡(坪山)宜代、瀧沢あす香、瀧本秀美、岡純
 

論文

 
Nutritionand earthquakes: Experience and recommendations.
Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka、Martalena Br Purba
Asia Pacific J Clinical Nutr   23 505-513   2014年   [招待有り]
What factors were important for dietary improvement in emergency shelters after the Great East Japan Earthquake?
Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka, Yuko Hoshi, Kazue Onodera, Shoichi Mizuno, Kazuko Sako
Asia Pacific J Clinical Nutr.   61(2) 86-92   2014年   [査読有り]
Dietary reference intakes for Japanese 2010: Carbohydrates
Kazuhiko Yamada, Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka, Toshinao Goda, Kyoko Saito, Toshikazu Yamanouchi, Tetsuji Yokoyama, Osamu Chonan, Eri Imai, Makiko Nakade, Seiichiro Aoe
J Nutr Sci Vitaminol   59 53-56   2013年   [招待有り]
Historical overview of the establishment of Dietary Reference Intakes for Japanese
Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka, Megumi Tsubota-Utsugi, Eri Imai, Makiko Nakade, Masato Kasuga
J Nutr Sci Vitaminol   59 S6-S8   2013年   [招待有り]
Dietary intake of nutrients with Adequate Intake values in the Dietary Reference Intakes for Japanese
Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka, Asuka Takizawa, Megumi Tsubota-Utsugi, Makiko Nakade,Eri Imai,Akiko Kondo, Kazue Yoshida, Nagako Okuda, Nobuo Nishi,HidemiTakimoto
J Nutr Sci Vitaminol   23(1) 159-166   2013年   [査読有り]

Misc

 
Conjugated linoleic acid supplementation reduces adipose Tissue by apoptosis and develops lipodystrophy in mice
Diabetes   49, 1534-1542    2000年
Dietary protein influences the responsiveness of splenocytes to Con A in growing mice
Nutr. Res.   18, 1227-1234     1998年
Expression and localization of cysteine dioxygenase mRNA in the liver, lung, and kidney of the rat
Amino. Acids.   15, 143- 150    1998年
Human cysteine dioxygenase gene: Structural organization, tissue specific expression and downregulation by phorbol 12-myristate 13-acetate
Biosci. Biotechnol. Biochem.   63, 1017-l024    1999年
Overexpression of GLUT4 in mice causes up-regulation of UCP3 mRNA in skeletal muscle
Biochem. Biophys. Res. Commun.   258, 187-193    1999年

競争的資金等の研究課題

 
肥満の発症に関する分子栄養学的研究
代表者: 笠岡(坪山) 宜代
災害時における食・栄養の支援システム構築に関する研究
代表者: 笠岡(坪山) 宜代