近藤 英昌

J-GLOBALへ         更新日: 08/12/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
近藤 英昌
 
コンドウ ヒデマサ
URL
http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=H10368748
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
生物プロセス研究部門 機能性蛋白質研究グループ
職名
主任研究員
学位
博士(理学)

研究分野

 
 

Misc

 
Yaoi K., Kondo H., Hiyoshi A., Noro N., Sugimoto H., Tsuda S., Mitsuishi Y., Miyazaki K.
Journal of Molecular Biology   370(1) 53-62   2007年
Nishimiya Y., Kondo H., Takamichi M., Sugimoto H., Suzuki M., Miura A. Tsuda, S.
Journal of Molecular Biology   382(3) 734-746   2008年
Tandem repeat of a seven-bladed b-propeller domain in a novel xyloglucan-specific glycosidase, oligoxyloglucan reducing-end-specific cellobiohydrolase
Yaoi K., Kondo H., Noro N., Suzuki M., Tsuda S., Mitsuishi Y.
Structure   12(7) 1209-1217   2004年
西宮 佳志、三重 安弘、平野 悠、近藤 英昌、三浦 愛、津田 栄
Synthesiology   1(1) 7-14   2008年
Mass preparation and technological development of antifreeze protein - Toward a practical use of biomolecules -
Nishimiya Y., Mie Y., Hirano Y., Kondo H., Miura A., Tsuda S.
Synthesiology (English edition)   1(1) 4-17   2008年

競争的資金等の研究課題

 
不凍タンパク質のX線結晶構造解析
その他の研究制度
研究期間: 2002年   
魚類及び微生物由来の不凍タンパク質の立体構造を決定し、氷結晶結合機構を解明する。
産業用酵素の結晶構造解析
その他の研究制度
研究期間: 1998年   
産業への応用が期待される酵素の立体構造を決定し、機能発現の機構を解明するとともに立体構造に基づいた分子デザインを行うことによって高機能型酵素を取得する。
抗原抗体複合体のX線結晶構造解析
その他の研究制度
研究期間: 1998年   

特許

 
Antifreeze proteins from basidiomycetes
European patent No. 1344827
担子菌類の産生する不凍タンパク質
2003-057888