田中 文基

J-GLOBALへ         更新日: 13/02/28 13:14
 
アバター
研究者氏名
田中 文基
 
タナカ フミキ
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻 システム創成情報学講座
職名
助教授・准教授
学位
工学博士(北海道大学), 工学修士(北海道大学)

経歴

 
2007年
 - 
現在
北海道大学 大学院・情報科学研究科 准教授
 
2003年
   
 
- 北海道大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻 助教授
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本工作機械工業会  制御規格専門委員会
 
2011年4月
 - 
現在
日本工業標準調査会  産業オートメーション技術専門委員会委員
 
2006年2月
 - 
2007年1月
精密工学会  北海道支部庶務幹事
 
2007年2月
 - 
2008年1月
精密工学会  北海道支部幹事
 
2007年2月
 - 
2010年1月
精密工学会  広報委員会委員
 

論文

 
猪狩真二, 田中文基, 川口貴司, 川口貴司, 小野里雅彦
精密工学会誌   79(1) 93-98   2013年1月   [査読有り]
Computer-Aided Operation Planning for an Actual Machine Tool Based on Updatable Machining Database and Database-Oriented Planning Algorithm
Shinji Igari, Fumiki Tanaka, and Masahiko Onosato
International Journal of Automation Technology   6(6) 717-723   2012年11月   [査読有り]
Customization of a Micro Process Planning System for an Actual Machine Tool Based on Updating a Machining Database and Generating a Database Oriented Planning Algorithm
Shinji Igari, Fumiki. Tanaka, and Masahiko Onosato
Proc. the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation      2012年6月   [査読有り]
Micro Process Planning for an Actual Machine Tool with Updatable Machining Database
The 44rd CIRP Conference on Manufacturing Systems (CD-ROM)   33   2011年   [査読有り]
Computer aided operation planning for an actual machine tool based on updatable machining database and database oriented planning algorithm
Proc. the 6th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (CD-ROM)   3268   2011年   [査読有り]

Misc

 
高橋啓太, 小野里雅彦, 田中文基
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2012 ROMBUNNO.K43   2012年9月
猪狩真二, 田中文基, 小野里雅彦
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2012 ROMBUNNO.G38   2012年9月
亀山博隆, 小友活, 小野里雅彦, 田中文基
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2012 ROMBUNNO.H13   2012年9月

書籍等出版物

 
工作機械の形状創成理論-その基礎と応用-<稲崎一郎監修>
養賢堂   1997年   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

Works

 
北のものづくり総合技術交流会
2010年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
実工作機械適応型作業設計システムの開発研究
工作機械技術振興財団: 試験研究助成A
研究期間: 2011年6月 - 2012年5月    代表者: 田中 文基
特徴情報表現に基づくNCデータ解析システムの開発研究
工作機械技術振興財団: 試験研究助成A
研究期間: 2009年6月 - 2010年5月    代表者: 田中 文基
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 小野里 雅彦
実世界の存在物と仮想世界の存在物とが相互に連関し,ある種の双対性を実現した複素生産空間の概念の定式化と,それに基づくシステム開発を実施した.複素生産空間の概念的な図式として,実世界面と仮想世界基準面からなる抽象的な空間を考え,世界に対する記述が時間の進行とともに意味が推移していくことを示した.システムの開発に関しては,実-仮想の表現実体が混在する作業環境において,それらを同一の指示デバイスを用いて指示することができるユニバーサルポインティングシステムの開発を行った.また,発話による直示表現...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 田中 文基
製品設計から製造において,CAD, CAE, CAM, PDM, CNC工作機械などといったデジタルツールへの依存が増加している.そこで,近年のグローバル生産システムにおいて日本の優位性を保つためには,これらデジタルツールに基づき,加工不具合の迅速対応や,加工結果の正当な判断が可能となるトレーサブルな加工システムの確立が重要となる.しかしながら,現在のCAMからの出力データでは,NCデータ,図面,加工工程表など情報に関連性が無く,しかも意味的情報が無いため理解が困難となり,トレーサブルにな...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 岸浪 建史
製品設計から製造において,CAD,CAE,CAM,PDM,CNC工作機械などといったデジタルツールへの依存が増加している.コンカレントエンジニアリングにおいては,異なるデジタルツール間での製品データのデータ交換が頻繁に行われることが必要となっている.設計と製造の有機的な結合と,トレーサブルな製造システムを実現するためには,どのコンピュータ実装にも依存しない形での情報の意味を表現することによる相互運用可能なデジタルツールの実現が必要不可欠である.相互運用性は,製品モデルデータにおいて,対象を...