宮永 喜一

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/22 18:10
 
アバター
研究者氏名
宮永 喜一
 
ミヤナガ ヨシカズ
URL
http://csw.ist.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 情報通信システム学講座
職名
教授
学位
工学博士(北海道大学)
その他の所属
KMUTT

プロフィール

He received the B.S., M.S., and Dr. Eng. degrees from Hokkaido University, Sapporo, Japan, in 1979, 1981, and 1986, respectively. Since 1983 he has been with Hokkaido University. He is now Professor at Division of Information Communication Systems in Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University. From 1984 to 1985, he was a visiting researcher at Department of Computer Science, University of Illinois, USA.

His research interests are in the areas of speech signal processing, wireless communication signal processing and low-power consumption VLSI system design. He has published 3 books, over 140 Transaction/Journal papers, and more than 250 International Conference/Symposium/Workshop papers.

Dr. Miyanaga served as an associate editor of IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science from 1996 to 1999, editors of IEICE Transactions on Fundamentals, Special Issues. He is an associate editor of IEEE CAS Society Transaction on Circuits and Systems II (2012-present), and also an associate editor of Journal of Signal Processing, RISP Japan (2005-present).

He was a delegate of IEICE, Engineering Sciences Society Steering Committee, i.e., IEICE ESS Officers from 2004 to 2006. He was a chair of Technical Group on Smart Info-Media System, IEICE (IEICE TG-SIS) during the same period and now a member of the advisory committee, IEICE TG-SIS. He is now vice-President, IEICE Engineering Science (ES) Society. He is Fellow member of IEICE.

He is also vice-President, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) from 2009 to 2011. The APSIPA is a new association established in Hong Kong since 2008 and it promotes all aspects of research and education on signal processing, information technology, and communications.

He served as a member in the board of directors, IEEE Japan Council as a chair of student activity committee from 2002 to 2004. He was a chair of student activity committee in IEEE Sapporo Section (1998-2006) and is a chair of member development (2007-present).

He was a secretary of IEEE Circuits and Systems Society, Technical Committee on Digital Signal Processing (IEEE CASS DSP TC) (2004-2006) and was its chair (2006-2008). He was a distinguished lecture (DL) of IEEE CAS Society (2010-2011) and he is now a Board of Governor (BoG) of IEEE CAS Society (2011-present).

He has been serving as a chair of international steering committee, IEEE ISPACS (2005-2007), and IEEE ISCIT (2006-2011). He is also an international steering committee member of IEEE ICME, IEEE/EURASIP NSIP, IEICE SISA et. al. He was an honorary chair and general chair/co-chairs of international symposiums/workshops, i.e., ISCIT 2005, NSIP 2005, ISCIT 2006, SISB 2007, ISPACS 2008, ISMAC 2009, ISMAC2010, APSIPA ASC 2009, IEICE ITC-CSCC 2011, APSIPA ASC 2011, IEEE ISCIT 2012, ISMAC 2011, ISPACS2011 and so on.

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2013年
北海道大学 大学院・情報科学研究科 教授
 
2006年
   
 
北海道大学 大学院・情報科学研究科 教授
 

委員歴

 
2012年5月
 - 
現在
電子情報通信学会  基礎境界ソサイエティ 特別委員
 
2001年
 - 
2003年
電子情報通信学会  ソフトプロセッシング研究会委員長
 
2001年
 - 
2003年
電子情報通信学会  会誌編集委員
 
2004年
 - 
2006年
電子情報通信学会  スマートインフォメディアシステム専門委員会 委員長
 
2005年
   
 
電子情報通信学会  スマートインフォメディア研究専門委員会 顧問
 

受賞

 
2006年
Best Paper Award, IEEE International Symposium on Communications and Information Technology
 
2008年
LSI IPデザインアワード
 
2011年
Best Paper Award, Journal of Signal Processing
 

論文

 
Shingo Yoshizawa,Masahiro Sugitani,Yoshikazu Miyanaga
24th IEEE Annual International Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications, PIMRC 2013, London, United Kingdom, September 8-11, 2013   631-635   2013年   [査読有り]
Rhandley Domingo Cajote,Watchara Ruangsang,Supavadee Aramvith,Prasit Prapinmongkolkarn,Yoshikazu Miyanaga,Takao Onoye
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2015, Singapore, July 21-24, 2015   1071-1075   2015年   [査読有り]
Takahiro Inatsuki,Masato Matsuura,Kosuke Morinaga,Hiroshi Tsutsui,Yoshikazu Miyanaga
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2015, Singapore, July 21-24, 2015   1062-1066   2015年   [査読有り]
Federico Ang,Hiroshi Tsutsui,Yoshikazu Miyanaga
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2015, Singapore, July 21-24, 2015   302-306   2015年   [査読有り]
Dabwitso Kasauka,Hiroshi Tsutsui,Hiroyuki Okuhata,Takashi Imagawa,Yoshikazu Miyanaga
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2015, Hong Kong, December 16-19, 2015   779-783   2015年   [査読有り]
Federico Ang,Yoshikazu Miyanaga,Rowena Cristina L. Guevara,Rhandley Domingo Cajote,Michael Gringo Angelo Bayona
IEEE International Symposium on Circuits and Systemss, ISCAS 2014, Melbourne, Victoria, Australia, June 1-5, 2014   2301-2304   2014年   [査読有り]
Dabwitso Kasauka,Hiroshi Tsutsui,Hiroyuki Okuhata,Yoshikazu Miyanaga
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2014, Chiang Mai, Thailand, December 9-12, 2014   1-4   2014年   [査読有り]
Federico Ang,Rowena Cristina L. Guevara,Yoshikazu Miyanaga,Rhandley Domingo Cajote,Joel Ilao,Michael Gringo Angelo Bayona,Ann Franchesca Laguna
IEICE Transactions   97-D(9) 2443-2452   2014年   [査読有り]
Nozomi Miyazaki,Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   97-A(1) 306-312   2014年   [査読有り]
Xiaonan Nicole Shi,Yoshikazu Miyanaga
Computers & Electrical Engineering   40(5) 1498-1507   2014年   [査読有り]
Shingo Yoshizawa,Yasuyuki Hatakawa,Tomoko Matsumoto,Satoshi Konishi,Yoshikazu Miyanaga
International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2013, Naha-shi, Japan, November 12-15, 2013   645-650   2013年   [査読有り]
Yuya Inoue,Hiroshi Tsutsui,Yoshikazu Miyanaga
International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2013, Naha-shi, Japan, November 12-15, 2013   363-368   2013年   [査読有り]
Kosuke Shimazaki,Shingo Yoshizawa,Yasuyuki Hatakawa,Tomoko Matsumoto,Satoshi Konishi,Yoshikazu Miyanaga
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2013, Kaohsiung, Taiwan, October 29 - November 1, 2013   1-4   2013年   [査読有り]
Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
J. Electrical and Computer Engineering   2013 123827:1-123827:8   2013年   [査読有り]
Kosuke Shimazaki,Shingo Yoshizawa,Yasuyuki Hatakawa,Tomoko Matsumoto,Satoshi Konishi,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   96-A(11) 2114-2119   2013年   [査読有り]
Yoshikazu Miyanaga,Wataru Takahashi,Shingo Yoshizawa
IEICE Transactions   96-A(11) 2074-2080   2013年   [査読有り]
Kazi Obaidullah,Constantin Siriteanu,Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   96-A(10) 1984-1992   2013年   [査読有り]
Hiroki Iwaizumi,Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
VLSI Design   2013    2013年   [査読有り]
Jirabhorn Chaiwongsai,Werapon Chiracharit,Kosin Chamnongthai,Yoshikazu Miyanaga,Kohji Higuchi
IEICE Transactions   96-A(6) 1403-1411   2013年   [査読有り]
SIRITEANU Constantin, MIYANAGA Yoshikazu, BLOSTEIN Steven D., KURIKI Satoshi, SHI Xiaonan
IEEE Trans Veh Technol   61(7) 3087-3099   2012年9月   [査読有り]
KANETA Yusaku, YOSHIZAWA Shingo, MINATO Shin-ichi, ARIMURA Hiroki, MIYANAGA Yoshikazu
IEICE transactions on information and systems   E95.D(7) 1847-1857   2012年7月   [査読有り]
In this paper, we propose a novel architecture for large-scale regular expression matching, called dynamically reconfigurable bit-parallel NFA architecture (Dynamic BP-NFA), which allows dynamic loading of regular expressions on-the-fly as well as...
OBAIDULLAH Kazi, SIRITEANU Constantin, YOSHIZAWA Shingo, MIYANAGA Yoshikazu
J Signal Process   16(3) 251-258   2012年5月   [査読有り]
SUN Yiming, MIYANAGA Yoshikazu
IEICE transactions on information and systems   E95-D(3) 844-852   2012年3月   [査読有り]
A new approach to speech feature estimation under noise circumstances is proposed in this paper. It is used in noise-robust continuous speech recognition (CSR). As the noise robust techniques in isolated word speech recognition, the running spectr...
ZHANG Yuxin, MIYANAGA Yoshikazu, SIRITEANU Constantin
J Signal Process   16(2) 147-157   2012年3月   [査読有り]
KIM Jaeseong, YOSHIZAWA Shingo, MIYANAGA Yoshikazu
Integr VLSI J   45(2) 132-140   2012年3月   [査読有り]
YOSHIZAWA Shingo, MIYANAGA Yoshikazu
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   E95-A(2) 550   2012年2月   [査読有り]
We present area- and power-efficient pipeline 128- and 128/64-point fast Fourier transform (FFT) processors for 8x8 multiple-input multiple-output orthogonal frequency multiplexing (MIMO-OFDM) systems based on the specification framework of IEEE 8...
Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   95-A(2) 550-558   2012年   [査読有り]
Jaeseong Kim,Shingo Yoshizawa,Yoshikazu Miyanaga
2012 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, ISCAS 2012, Seoul, Korea (South), May 20-23, 2012   2793-2796   2012年   [査読有り]
早坂昇, 宮永喜一
電気学会論文誌 C   132(10) 1667-1674   2012年   [査読有り]
寺川 雅嗣, 藤根 俊之, 宮永 喜一
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   94(12) 1013-1024   2011年12月   [査読有り]
本研究では,ディスプレイに映し出される映像の被写体の色分布の観点からテレビ用4原色LCDの色彩設計を実施した.第一に,現実の物体色分布を,色再現評価用標準物体色分光データベースSOCSにより求めた.次に,HDTV規格に基づき設計されたLCDの色域と,SOCSの色域の比較を実施し,HDTVの色域が,黄色,シアン,そしてマゼンタ領域で物体色の分布に対して不足していることを明確化した.第二に,テレビ放送信号の色信号の頻度分布の計測を実施し,実際に伝送されるテレビ映像の色分布には,色空間内で頻度に...
MIMO Pre-coding Performance for Correlated and Estimated Rician Fading
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   48-52   2011年   [査読有り]
Impact of Fading on the Performance of Multi- User MIMO MMSE Precoding
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   105-108   2011年   [査読有り]
Conventional vs. GA Detection for MIMO OFDM Wireless Communications
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   101-104   2011年   [査読有り]
Robust Keyword Spotting using Isolated Word Recognition in Continuous Speech
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   85-88   2011年   [査読有り]
Fast String Matching Hardwares Based on Bit-Parallel Method for Data Streams
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   36-39   2011年   [査読有り]
Low Power Architecture of FFT Processors in OFDM Systems
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   32-35   2011年   [査読有り]
Hardware/Software Co-Development of Wireless Video Transmission Equipment in Wideband 2x2 MIMO-OFDM
Proceedings of 2011 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2011)   28-31   2011年   [査読有り]
Dynamic Wordlength Calibration for Energy Reduction FFT Processors in Wireless LAN
IEEE Processdings of International Midwest Symposium on Circuits and Systems   1-4   2011年   [査読有り]
MIMO Channel Estimation Performance for Realistic Processing and Propagation Conditions
Proceedings of The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2011)   957-960   2011年   [査読有り]
MISO Eigen-Transmission Performance and Complexity for Correlated and Estimated Rician Fading Channel
Proceedings of The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2011)   656-659   2011年   [査読有り]
VT-CAMDF Pitch Detection Algorithm for Tonal Syllable Recognition
Proceedings of The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2011)   262-265   2011年   [査読有り]
Optimization of Multiple Wordlength to Reduce Power Dissipation in Wireless OFDM Systems
RISP Journal of Signal Processing   15(3) 207-214   2011年   [査読有り]
Blind Modulation Detection Using Compensation for Adaptive OFDM Systems
RISP Journal of Signal Processing   15(1) 65-74   2011年   [査読有り]
VLSI Architecture of a MMSE-MIMO Detector and a 4x4 MIMO-OFDM Transceiver with an 80-MHz Channel Bandwidth
RISP Journal of Signal Processing   15(1) 55-64   2011年   [査読有り]
Xiaonan Nicole Shi,Constantin Siriteanu,Yoshikazu Miyanaga
2011 Spring Simulation Multi-conference, SpringSim '11, Boston, MA, USA, April 03-07, 2011. Volume 2: Proceedings of the 44th Annual Simulation Symposium (ANSS).   53-56   2011年   [査読有り]
Shingo Yoshizawa,Atsushi Orikasa,Yoshikazu Miyanaga
International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2011), May 15-19 2011, Rio de Janeiro, Brazil   2705-2708   2011年   [査読有り]
Constantin Siriteanu,Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of the 5th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication, ICUIMC 2011, Seoul, Republic of Korea, February 21 - 23, 2011   105   2011年   [査読有り]
Constantin Siriteanu,Xiaonan Nicole Shi,Yoshikazu Miyanaga
Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2011, Kyoto, Japan, 5-9 June, 2011   1-5   2011年   [査読有り]
Hisayoshi Kano,Shingo Yoshizawa,Takashi Gunji,Shougo Okamoto,Morio Tawarayama,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   94-D(12) 2400-2408   2011年   [査読有り]
Tien Huu Vu,Supavadee Aramvith,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   94-A(8) 1647-1655   2011年   [査読有り]
Thi Xuan My Nguyen,Yoshikazu Miyanaga,Chaiyachet Saivichit
IEICE Transactions   94-B(6) 1606-1616   2011年   [査読有り]
Shingo Yoshizawa,Hirokazu Ikeuchi,Yoshikazu Miyanaga
IEICE Transactions   94-A(1) 324-331   2011年   [査読有り]
Rhandley Domingo Cajote,Supavadee Aramvith,Yoshikazu Miyanaga
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2011 63   2011年   [査読有り]
Fading Effects on Parameter Selection in Genetic Algorithm for MIMO Detection
Proceedings of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2011)   PID285   2011年   [査読有り]
Development of Wireless Video Transmission Equipment by Cooperating Hardware and Software in Wideband MIMO-OFDM system
Proceedings of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2011)   PID169   2011年   [査読有り]
Development of an ASIP- Based Singular Value Decomposition Processor in SVD- MIMO Systems
Proceedings of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2011)   PID143   2011年   [査読有り]
Low- Powe Dynamic MIMO Detection for 4x4 MIMO- OFDM Receiver
Proceedings of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2011)   PID 118   2011年   [査読有り]
Variable Wordlength Soft-Decision Viterbi Decoder for Power-Efficient Wireless LAN
Journal of Integration, the VLSI Journal   10.1016/j.vlsi.2011.10.002   2011年   [査読有り]
MIMO Detection Performance for Realistic Rician Fading of Estimated Statistics
Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2011   PID 063   2011年   [査読有り]
Low Power and Real Time LSI Design of Noise Robust Parallerl Speech Recognition System
Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2011   PID 328   2011年   [査読有り]
Binary Maximal- Ratio Combining
Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2011   PID 035   2011年   [査読有り]
A Low- Power Adaptive MIMO Detector for MIMO-OFDM WLAN Systems
Proceedings of APSIPA Annual Summit and Conference 2011   PID 280   2011年   [査読有り]
LSI Development of 8x8 Single- User MIMO-OFDM for IEEE 802.11ac WLANs
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   585-588   2011年   [査読有り]
Evaluation of Genetic Algorithm- Based Detection for Correlated MIMO Fading Channels
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   507-511   2011年   [査読有り]
An Improved Dynamic Time Warping Algorithm Employing Nonlinenar Median Filtering
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   439-442   2011年   [査読有り]
A Study of Robust Speech Recognition Using Modified Running- Spectrum- Filtering
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   314-317   2011年   [査読有り]
New Continuous Speech Feature Adjustment for a Noise- Robust CSR System
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies(ISCIT 2011)   309-313   2011年   [査読有り]
大貫 和永, 高橋 亘, 宮永 喜一
信号処理   14(1) 73-82   2010年1月   [査読有り]
Next Generation Wireless Communication Systems
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association 2010 Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2010)   851-852   2010年   [査読有り]
SIMO Detection Performance and Complexity for Correlated and Estimated Rician Fading with Unequal K-Factor
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association 2010 Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2010)   440-445   2010年   [査読有り]
Channel Estimation Performance Evaluation for Rician Fading MIMO with Correlated Azimuth Spread and K-Factor
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association 2010 Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2010)   79-82   2010年   [査読有り]
Solving the Phase Rotation Optimization Problem by Using Improved GA in OFDM Systems
Joint International Information & Communication Technology, Electronic and Electrical Engineering (JICTEE 2010)   107-111   2010年   [査読有り]
Efficient Multiple Regular Expression Matching on FPGAs based on Extended SHIFT-AND Method
The 16th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies   401-406   2010年   [査読有り]
VLSI Architecture of V-AMDF based Pitch Detection for Tonal Speech Recognizer
The 16th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies   460-465   2010年   [査読有り]
Effect of Correlation Between Azimuth Spread and Rician K-Factor on MIMO Performance
IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT)   895-900   2010年   [査読有り]
Development of 600 Mbps 2x2 MIMO-OFDM Baseband and RF Transceiver at 5 GHz Band
IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT)   891-894   2010年   [査読有り]
New Robust Speech Recognition Using DTW in Noise
IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT)   34-38   2010年   [査読有り]
On the Use of RSA and DRA to Improve the Robustness of Continuous Speech Recognition Systems in Adverse Conditions
IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT)   29-33   2010年   [査読有り]
Power Reduction on Dynamic Worldlength and Voltage Scaling for Digital Signal Processing Circuits
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   219-222   2010年   [査読有り]
A Study of Correlated Azimuth Spread and Rician K-Factor for a 4 ×4 MIMO-OFDM System
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   214-218   2010年   [査読有り]
A PAPR Reduction for MIMO-OFDM System by using Partial Transmit Sequence Technique
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   210-213   2010年   [査読有り]
A Speech Recognition System with Array Microphone
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   165-168   2010年   [査読有り]
A Research on Noise Robust Speech Recognition Using DTW
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   161-164   2010年   [査読有り]
Combined RSA andDRA For Noise-Robust Continuous Speech Recognition System
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   157-160   2010年   [査読有り]
A Robust Speech Recognition System with Anti-Symmetric Parks-McClelan Running Spectrum Filtering
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   153-156   2010年   [査読有り]
Study into 802.11n based Iterative MIMO-OFDM Receiver with QC-LDPC Coding
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   143-147   2010年   [査読有り]
Optimization of Multiple Wordlengths for Low Power Wireless Communication Systems
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   139-142   2010年   [査読有り]
Next Generation Wireless Communication Systems
2010 International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC 2010)   67-106   2010年   [査読有り]
Design of Linear MIMO Detectors with Multi-Step Computations for MIMO-OFDM Systems
2010 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2010)   RS2-3   2010年   [査読有り]
An individual partial transmit sequence technique for PAPR reduction in MIMO-OFDM System
2010 International Workshop on Information Communication Technology   230-233   2010年   [査読有り]
Effects of Correlated Azimuth Spread and K-Factor on ZF and MMSE Detection Performance for a Generic MIMO System
2010 International Workshop on Information Communication Technology   222-225   2010年   [査読有り]
New Development and Enterprise of Robust Speech Recognition Systems
2010 International Workshop on Information Communication Technology   125-128   2010年   [査読有り]
Blind Detection of Hybrid PTS-CAPPR Method in OFDM Systems
2010 International Workshop on Information Communication Technology   99-102   2010年   [査読有り]
Optimal Power Reduction on Wireless OFDM Receiver
IEEE Region 8 SIBIRCON-2010   263-267   2010年   [査読有り]
Phase Rotation Optimization in Hybrid of PTS-CAPPR Method by GA for PAPR Reduction in OFDM Systems
International Conference on Green Circuits and Systems (ICGCS)   703-708   2010年   [査読有り]
Smart Antenna Performance and Complexity for Estimated Rician Fading with Correlated Azimuth Spread and K-Factor
International Conference on Green Circuits and Systems (ICGCS)   338-343   2010年   [査読有り]
Smart Antenna Performance for Correlated Azimuth Spread and Rician K-Factor
the 4th International Symposium on Communication, Control and Signal Processing (ISCCSP)   1   2010年   [査読有り]
A Low Power Design of Soft-decision Viterbi Decoder for Wireless LAN Systems
International Conference on Embedded Systems and Intelligent Technology (ICESIT)   5   2010年   [査読有り]
Implementation of MIMO-OFDM Transceivers for 80-MHz Channel Wireless LAN Systems
International Conference on Embedded Systems and Intelligent Technology (ICESIT)   1   2010年   [査読有り]
Shingo Yoshizawa,Hirokazu Ikeuchi,Yoshikazu Miyanaga
International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2010), May 30 - June 2, 2010, Paris, France   2534-2537   2010年   [査読有り]

書籍等出版物

 
宮永 喜一
[北海道大学大学院情報科学研究科]   2007年   

講演・口頭発表等

 
橋本 祐介, 高橋 亘, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   2012年12月13日   
五十嵐 康一, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   2012年12月13日   
岩泉 洋紀, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   2012年6月14日   
井上 祐也, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   2012年6月14日   
引山 裕貴, 吉澤 真吾, 時 暁楠, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   2012年6月14日   
高速かつ大容量で信頼性の高い通信を実現するためMultiple Input Multiple Output(MIMO)技術が最近の無線通信システムで採用されている.MIMO技術は伝搬路環境に依存して通信特性が大きく変動するため通信品質やスループット性能にばらつきが生じる場合がある.安定した通信を実現するためには通信環境に応じて伝送方式を適応的に変動させる適応無線通信システムが有効であり,無線機が無線通信環境を正確に把握することが重要である.本研究では受信時チャネル状態情報(CSI)を用いた...
島崎 貢佑, 吉澤 真吾, 畑川 養幸, 松本 知子, 小西 聡, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   2012年6月14日   
本稿では,マルチユーザMIMO無線通信システムにおいて,送信機側で利用されている,Tomlinson-Harashima Precoding(THP)回路の高速化手法を提案する.THP実装に向けた回路設計については,要求される演算タイミングや精度が異なるLQ分解部と干渉除去部とに分けて行った.LQ分解部の演算タイミングは,チャネル情報が更新されるタイミングのみであり低頻度であること,LQ分解の結果を次のチャネル情報の更新まで継続して使用することから,演算精度を重視しASIP(Applica...
金 在成, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012年3月6日   
KIM Jaeseong, 吉澤真吾, 宮永喜一
電子情報通信学会大会講演論文集   2012年3月6日   
瀧澤 純, 加地 貴也, 吉澤 真吾, 齋藤 隆, 郡司 崇, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   2011年11月9日   
郊外エリアにおける見通しMIMO通信はSNRが高い条件でも空間相関が高い場合では直接波の影響により実効スループットが低下することが課題として挙げられる.本稿では遮蔽・反射板を受信アンテナに用いたMIMO無線装置による郊外エリアでの通信実験評価を報告する.試作した受信アンテナは遮蔽板により直接波を軽減し,反射板により地面などからの反射波を受信するために無指向性アンテナの周囲に遮蔽・反射板を円筒形に配置した.北海道大学札幌キャンパス内の農場で伝搬実験を行い,遮蔽・反射板を用いることにより見通し...
高橋 亘, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年9月14日   
本研究では,雑音環境下での連続音声からキーワードスポッティングを行った.提案手法は雑音ロバスト孤立単語音声認識を連続音声に適用することでキーワードを抽出する.この手法ではハードウェアの構成法である超並列処理を用いることで実時間での処理を目指している.本研究ではこの手法を超並列音声認識と呼ぶ.連続音声を複数の区間に分割し,それぞれの区間に単語音声認識を処理することでキーワードの区間を推定することができる.また,キーワードスポッティングを行う際,キーワード以外の音声や非音声を認識結果としては認...
早坂 昇, 兵藤 一峰, 宮永 喜一
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   2011年8月1日   
李 キョンヒ, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年6月2日   
本稿では少ない次数のローパスランニングスペクトルフィルタリング(Low-Pass RSF)を適用して,音声の強調,高周波数帯域に存在する加法性雑音の除去及び処理の高速化を検討する.Low-Pass RSFの前に乗法性雑音を低減するためにケプストラム平均除去法(CMS)を導入し,Low-Pass RSFの後に雑音の影響によって減少したケプストラムのダイナミックレンジを補正するダイナミックレンジ調整法(DRA)を適用する.これにより,従来のロバスト音声認識と同等の性能を有し,同時に,計算量の少...
宮崎 のぞみ, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年6月2日   
本報告では動的MIMO検出法を用いたMIMO-OFDM受信機回路の低消費電力化手法を提案する.MIMO-OFDM方式では,受信機側で多重送信された信号を分離するためのMIMO検出が必要となるが,演算量が多く,MIMO検出処理の消費電力が大きくなる.これを解決するため,本研究では複数パケットに渡ってMMSE基準のウェイト行列計算を行う動的MIMO検出法を導入し,MIMO検出回路の動作周波数と動作電圧を動的に与えるDVFS技術により低消費電力化を行う手法を提案する.また,以前の研究で開発したパ...
加地 貴也, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年6月2日   
SVD-MIMOによるビームフォーミングはアンテナ間の信号干渉を抑え,MIMO通信の品質を大幅に向上できる.本稿では,送受信アンテナ最大数16の大規模MIMOを扱うSVD-MIMOシステムを想定した特異値分解プロセッサの設計及びその回路評価について述べる.提案プロセッサはASIP(特定応用分野向きプロセッサ)アーキテクチャに基づいて設計している.MIMO構成に応じたQR法の最小反復回数をシミュレーションによって求め,アルゴリズムの最適化を行い,4個の浮動小数点演算器とノルム計算に特化した専...
瀧澤 純, 加地 貴也, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 俵山 守男, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年6月2日   
MIMO-OFDM無線方式は高速無線通信を実現する技術として注目され,IEEE802.11nやIEEE802.11ac規格(策定中)で採用されている.本研究では広帯域MIMO-OFDM無線システムにおける映像伝送部のハードウェア・ソフトウェア協調開発を行った.映像伝送部は映像符号・複号化処理,ストリーミングパケット処理をソフトウェアで実行し,MIMO-OFDM変復調,誤り訂正処理をハードウェアで実行する.本開発ではソフトウェアからハードウェアにデータを受け渡すバッファ処理回路及びプログラム...
瀧澤 純, 加地 貴也, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 俵山 守男, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム   2011年5月5日   
MIMO-OFDM方式は高速無線通信を実現する技術として注目され,IEEE802.11nやIEEE802.11ac規格で採用されている.我々のグループはこれまでにFPGAを用いた2x2MIMO-OFDM方式無線伝送装置を開発している.本研究では上記の装置にネットワーク処理,映像符号化・復号化処理を導入した無線映像伝送装置を開発した.無線伝送部ではMIMO検出,MIMO-OFDM変復調,誤り訂正,オーバーサンプリング処理専用回路を設計し,映像伝送部では動画データのバッファ,ストリーミングパケ...
瀧澤 純, 加納 寿美, 加地 貴也, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 岡本 章吾, 俵山 守男, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011年2月28日   
金 在成, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2011年2月24日   
OFDMベースバンド処理はFFTなどのディジタル信号処理によって行われるが,ディジタルシステムにおける演算語長は回路面積や消費電力性能に大きな影響を与える重要な要素である.演算語長は信号入力のダイナミックレンジ変動に合わせて大きめの語長を用いて回路設計されるが,ダイナミックレンジ変動が小さい動作環境に対しては小さい語長でも演算精度が充分確保できる場合も多い.そのためLSI製造後でも語長を動的に変更できる動的可変語長アーキテクチャを導入することで演算回路の低消費電力化が可能である.本稿ではO...
NEXUS-the Next Generation e- Learning System- and FPGA Hardware Design Platform
Proceeding of 2011 JSEE Annual Conference   2011年   
加納 寿美, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 岡本 章吾, 俵山 守男, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2010年11月25日   
無線伝送の高速化,大容量化に対応するため次世代無線LAN規格としてIEEE802.11ac規格の標準化が進められている.この規格では80MHz以上の広い帯域幅を使用し,1Gbps以上の高速なデータレートを達成することが目標とされている.我々の研究グループでは広帯域2x2MIMO-OFDM方式に対応した無線伝送実験装置を開発した.この装置は,ベースバンド部とRF部から構成されている.この装置を用いて屋外伝搬実験を行い,伝搬特性を評価した.ベースバンド部のMIMO-OFDM送受信機では実時間処...
折笠 敦史, 宮永 喜一, 吉澤 真吾
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2010年11月25日   
本報告では8x8 MIMO-OFDM受信機における128点FFTプロセッサのVLSIアーキテクチャを提案する.4x4 MIMO-OFDM受信機におけるFFTプロセッサでは,パイプライン型MDC(multi-path delay commutator)アーキテクチャを用いることで効率的な回路が実現されているが,今後は高速・大容量の通信を実現するため,ストリーム数を増加させたMIMO-OFDM受信機に対応したFFTプロセッサの開発が必要であると考えられる.本研究では8x8 MIMO-OFDM受...
千葉 恒彦, 横田 英俊, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010年8月31日   
劉 茜瑚, シリテアヌ コンスタンチン, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010年8月31日   
佐藤 祐規, 高橋 亘, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010年8月31日   
片山 恵輔, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2010年8月26日   
雑音と残響のある環境で音声認識を行うと,認識率は低下する事が知られている.本稿では,人工残響インパルス応答をクリーン音声に畳み込み生成した残響音声を,クリーン音声と共に学習に用いた雑音と残響環境に頑健な音声認識システムを検討する.先ず,クリーン音声の他に残響音声の内1種類を選択して作成したマルチコンディションHMMによる音声認識実験を行い,各残響環境での認識率を評価する.その結果を基に,マルチコンディションHMMを複数の残響音声を用いて作成することが,多くの残響環境に有効であることを示す....
千葉 恒彦, 伊藤 学, 横田 英俊, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信   2010年7月8日   
移動体ネットワークにおいて,数十メートル程度の小さいエリアをカバーするフェムトセルが注目されている.標準方式では,データ通信用のフェムトセルをインターネットなどの公衆網に接続する場合,通信の秘匿性を確保するためにフェムトセルとセキュリティゲートウェイ間に確立したIPSecトンネルを経由してすべてのデータを送受信する.よって,自宅のサーバやインターネットへ接続する場合には,一旦通信事業者のモバイルコアネットワークを経由することとなる.その結果,経路の冗長化が発生し,モバイルコアネットワークの...
高橋 克哉, 吉澤 真吾, 早坂 昇, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2010年6月3日   
本稿では、ブロック処理型HMM音声認識回路において、FIFOを用いてメモリ面積の削減と省電力化を指向した回路アーキテクチャを提案する。従来回路ではHMMの出力確率計算においてHMMモデルパラメータをレジスタにバッファリングすることで計算処理と高速化をしている。しかし特徴ベクトルの次元数が増えるとレジスタの面積が肥大化する欠点がある。提案法ではレジスタをFIFOに置き換え、メモリ面積を抑え計算順序の入れ替えによりメモリアクセス回数を削減している。
中川 大輔, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2010年6月3日   
本研究では8x8 MIMO-OFDMにおいてストラッセン方式行列乗算および逆行列計算を用いたパイプライン処理型MMSE検出器回路を提案する.MIMO-OFDM受信機におけるMIMO検出は,サブキャリア毎の検出を実時間で処理することが要求される.線形検出や順次復号を用いた4x4 MIMO検出器が設計されているが,高速無線通信を実現するために,空間ストリームが増加した場合,より大規模なMIMOチャネル行列を扱う必要がある.提案回路は以前設計した4x4 MIMO検出器を元に,行列の共役対象部分を...
浅井 泰博, 小田桐 紳也, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 斎藤 隆, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010年3月2日   
小田桐 紳也, 浅井 泰博, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 齋藤 隆, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010年3月2日   
金田 悠作, 吉澤 真吾, 湊 真一, 有村 博紀, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   2010年1月19日   
本稿では,重要なデータストリーム処理問題の一つである正規表現パターン照合に対して,ビット並列型パターン照合手法に基づいた高速なハードウェア指向アルゴリズムを提案する.並列ビット分配と呼ぶ新しいビット並列手法を用いて,文字と,連接,和,Kleeneプラスから構成させる非消去的正規表現のクラスに対して,O(mdlogb+m|Σ|)前処理時間とO(mdlogb/w+m|Σ|/w)領域を用いて,O(mdlogb/w)領域の高速なアルゴリズムを与える.ここで,nは入力長を表わし,mとd,bは,それぞ...
金 在成, 吉澤 真吾, 金田 悠作, 湊 真一, 有村 博紀, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   2010年1月19日   
FPGA (Field Programmable Gate Array)は製造後も論理回路を再構成することが可能であり,近年ではLSI設計分野以外の研究者や開発者がFPGAを利用して専用計算機の構築する研究例が多く見られる.しかしながら,FPGA研究に参入するには専門のハードウェア知識の習得や設計環境の整備等の障壁を乗り越える必要がある.本報告では,異分野共同研究を円滑に実施するためのeラーニングと連携した遠隔FPGAシステムの開発を行った.本システムは利用者がコンピュータを用意するのみで...
小笠原 勇気, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2009年12月10日   
コグニティブ無線は,無線機周辺の通信環境を認知し,無線周波数や通信方式を動的変更することで,周波数,空間,時間における周波数利用効率や通信性能を高めることができる無線技術である.コグニティブ無線では知識データベースによる通信機能決定がコグニティブ無線エンジンによって行われる.本研究ではOFDM方式コグニティブ無線エンジンの実装において,知識データベースの学習量が少ない場合でも良好な通信性能を維持できる通信方式探索アルゴリズムを提案する.提案法のスループット特性をコグニティブ無線エンジンが動...
宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2009年12月10日   
本報告では,雑音にロバストな音声認識システムについて,その概要を紹介する。狭義の音声認識とは,観測された音声波形がどのような言葉であるかを認識し,その結果を出力することである。この意味での音声認識が広く一般的に使われているが,本来,ユーザが期待している音声認識システムとは,どのような音が入力されても問題なく,その中から,認識対象となる音声を検出し,その検出音声に対して認識処理をして,最終出力を行うものであり,その認識性能が,様々な雑音環境であっても,高い認識率を有するものでなくてはならない...
折笠 敦史, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2009年9月1日   
佐藤 祐規, 高橋 亘, 早坂 昇, 宮永 喜一
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
金 在成, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
千歳 広大, 早坂 昇, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
情報科学技術フォーラム講演論文集   2009年8月20日   
大貫 和永, 高橋 亘, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2009年6月24日   
本報告では,連続音声認識向きの雑音ロバスト音響モデルについての説明とそのモデルが実現する音素認識の雑音ロバスト性に関する考察を行う。音響モデルの構築には,観測雑音や環境雑音を含む学習データより,それらの雑音を抑制するRSA手法を導入し,高精度で雑音の影響の少ないHMM音響モデルを実現する。これにより,従来の音響モデル間で実現してる音素間距離に比べ,より大きい音素間距離が得られ,結果として,雑音に強い連続音声認識が実現できる。
加納 寿美, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2009年6月4日   
IEEE802.11a/g/n無線LAN規格ではOFDM変調方式が用いられている.OFDMの受信タイミングに同期ずれが生じるとシンボル間干渉が発生し通信特性が劣化するため,高精度なタイミング同期が必要となる.MIMO-OFDM方式のタイミング同期における従来法は粗同期と微同期の2段階による自己相関計算を行うが,低頻度ではあるがパケットによっては同期誤りを引き起こす.提案法は微同期の同期誤りを差分判定により検出し,訂正することで同期精度を向上する.MIMO-OFDM通信におけるシミュレーショ...
池内 博一, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2009年6月4日   
本報告では4x4 MIMO-OFDM受信機における動的再構成可能なMMSE検出器のVLSIアーキテクチャを提案する.MIMO-OFDM方式ではMIMO復号においてサブキャリア毎の逆行列計算を実時間処理で行う専用回路が実現されているが,システムの小型化・低消費電力化が必至であるため,回路規模の縮小化が要求される.提案手法では,ストラッセン方式行列乗算および逆行列計算において動的再構成アーキテクチャを導入し,MIMO-OFDM受信機MMSE検出器での許容遅延内で演算回路を最適化する.これにより...
金田 悠作, 吉澤 真吾, 湊 真一, 有村 博紀, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009年3月4日   
Phase and Distance Histogram Compensation for OFDM Blind Adaptive Modulation Detection of Wireless Systems
電子情報通信学会総合大会   2009年   
高速ストリーム処理のための文字列パターン照合手法とそのFPGA設計
電子情報通信学会総合大会   2009年   
小田桐 紳也, 小笠原 勇気, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年9月18日   
周波数資源が枯渇してきている現在,周囲の無線環境を認識し,最適な通信環境を選択することができるコグニティブ無線が注目を集めている.コグニティブ無線の方式は様々考えられるが,主に周囲の周波数帯域の通信状況により通信を行う帯域を決定するダイナミックアクセスと,多様に変化する周囲の無線環境を認識し,最適な通信方式を選択する環境適応通信が挙げられる.本稿ではOFDM方式コグニティブ無線のハードウェア設計について検討する.OFDM通信の様々なパラメータを持ったコグニティブ無線システムを実現するために...
浅井 泰博, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 斉藤 隆, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年9月18日   
本稿では、IEEE802.11a規格を拡張した帯域幅80MHzのOFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式無線通信システムにおいて、送信機の高周波部に搭載されるパワーアンプの非線形ひずみが与える影響の評価を行った。評価の方法としては、我々の研究グループが提案している帯域幅80MHzのOFDM方式無線通信システムであるHU-VHTのSimulinkモデルに、送信機のRFデバイスであるパワーアンプのブロックセットを追加し、通信システム...
小田桐 紳也, 小笠原 勇気, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2008年9月18日   
周波数資源が枯渇してきている現在,周囲の無線環境を認識し,最適な通信環境を選択することができるコグニティブ無線が注目を集めている.コグニティブ無線の方式は様々考えられるが,主に周囲の周波数帯域の通信状況により通信を行う帯域を決定するダイナミックアクセスと,多様に変化する周囲の無線環境を認識し,最適な通信方式を選択する環境適応通信が挙げられる.本稿ではOFDM方式コグニティブ無線のハードウェア設計について検討する.OFDM通信の様々なパラメータを持ったコグニティブ無線システムを実現するために...
浅井 泰博, 吉澤 真吾, 郡司 崇, 斉藤 隆, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2008年9月18日   
本稿では、IEEE802.11a規格を拡張した帯域幅80MHzのOFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)方式無線通信システムにおいて、送信機の高周波部に搭載されるパワーアンプの非線形ひずみが与える影響の評価を行った。評価の方法としては、我々の研究グループが提案している帯域幅80MHzのOFDM方式無線通信システムであるHU-VHTのSimulinkモデルに、送信機のRFデバイスであるパワーアンプのブロックセットを追加し、通信システム...
高橋 亘, 大貫 和永, 早坂 昇, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2008年9月2日   
金 在成, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2008年9月2日   
紀 宏昌, 小笠原 勇気, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2008年9月2日   
小笠原 勇気, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線   2008年7月24日   
無線通信では周囲の環境の変化が通信品質に大きな影響を及ぼす.従来の通信モードを固定した通信方式では環境の変化に追従できず,特性が悪化してしまう.そのため,環境の変化に応じて適応した通信を行う方式としてコグニティブ無線が注目を集めている.本稿では,無線OFDM方式における,コグニティブ無線の実現方法とその特性評価について述べる.コグニティブ無線を実現する手法として,本研究ではデータベースに様々な通信条件における通信特性の結果を記憶し,そのデータを用いて最適な通信モードを決定する環境適応型エー...
宮永 喜一, 吉澤 真吾
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   2008年6月19日   
本報告では,研究背景として,無線LANの標準化に関連したIEEE802.11nの高速無線LANシステムと,その次の標準化に関係すると考えられる超高速無線LAN(IEEE802.11 Very High Throughput(VHT))について簡単に説明する。次に,本研究グループの無線通信システム開発に関する研究成果概要を述べる。最初に,帯域幅を80MHzと仮定したOFDMシステムの設計について説明し,その2x2 MIMO-OFDMの実現について簡単に述べる。さらに高品位な動画のストリーミン...
大貫 和永, 高橋 亘, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年6月6日   
本報告では,連続音声認識システムのロバスト性を高めるために,ロバスト性を高めた音響モデルの構築を行った.音響モデルの学習に用いる発声データのMFCCベクトルに,発話単位でMFCCベクトルの変調スペクトル上の音声認識に寄与しない15Hz以上の高周波成分を削減するRSAを適用することにより音声強調を行った.このデータの作成方法と,これを利用したトライフォン音響モデルを構築法の説明し,通常の音響モデルに比べてロバストな連続音声認識が可能になることを実験により確認し,本手法の有効性を示した.
大槻 典行, 打川 優一, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年6月6日   
雑音が重畳した音声から雑音を取り除く手法の一つとしてRSAによる手法が提案されている.RSAは,SS法に比べ処理量が多くなるという欠点があるが,よりきめ細かな雑音除去手法となる可能性がある.本報告では,RSAにおける変調スペクトルの操作をより正確にするために,変調スペクトルの周波数分解能を高める方法につて検討する.変調スペクトルの周波数分解能が高くなることによって正確に雑音成分を取り除くことができる.定常ではない雑音の除去の可能性を実験で確かめた。
吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年6月5日   
本報告では4×4 MIMO-OFDM受信機におけるMMSE検出器のVLSIアーキテクチャを提案する.パケット通信をベースとしたMIMO-OFDM方式ではMIMO復号においてサブキャリア毎の逆行列計算を実時間処理で行う必要があるため,相当量のスループット性能が要求される.そのためMIMO復号処理の回路はパイプライン処理で行われることが望ましい.本研究ではストラッセン方式の行列乗算及び逆行列計算を用いたパイプラン処理型MMSE検出器回路を提案する.提案回路はOFDMサブキャリア数に依存せず実時...
佐藤 文, 吉澤 真吾, 宮永 喜一, 早坂 昇
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2008年6月5日   
現在、孤立単語音声認識に使われる特徴量は、MFCC:1次〜12次、ΔMFCC:0次〜12次、ΔΔMFCC:0次〜12次の計38次がよく使われている。0次のMFCCは従来の雑音対策手法では認識率が低下するため使われてこなかった。現在はRSF法やDRA法といった雑音対策手法が新しく考案されている。この2つを使うと様々な雑音に対して、安定し認識ができるようになった。また2つの手法を使うときも今までどおりに特徴量は0次ケプストラムを抜いたMFCC12次、ΔMFCC13次、ΔΔMFCC13次の計38...
RSF/DRAを用いたロバスト音声認識における一考察
2008電子情報通信学会ソサイエティ大会   2008年   
RSAを用いたロバスト連続音声認識用音響モデルの構築
2008電子情報通信学会ソサイエティ大会   2008年   
高精度RSAによる音声強調
2008電子情報通信学会ソサイエティ大会   2008年   
可変ビット幅制御による低消費電力のViterbiデコーダの設計
2008電子情報通信学会ソサイエティ大会   2008年   
ドップラー周波数閾値判定方式OFDM適応変調の評価
2008電子情報通信学会ソサイエティ大会   2008年   
高橋 亘, 大貫 和永, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年9月20日   
本研究では騒音環境に適した音声区間検出法について考察する。提案手法では、短時間スペクトルの時間軌跡であるランニングスペクトル上でフィルタリングを行うRSFを適用する。RSFによる雑音除去処理後、時間領域上で信号のエネルギー計算としきい値判定を行うことで、雑音を含む音声から音声区間を検出する。騒音環境下の文章音声に対して従来法とRSFを比較評価した音声区間検出の実験結果を示す。
吉澤 真吾, 西 一斗, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2007年8月29日   
大槻 典行, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年6月8日   
周波数領域における音声雑音除去手法がいくつか提案され,雑音が重畳した音声から雑音を効果的に取り除くことができている.しかし,周波数領域で行う雑音除去手法においては,少なからずミュージカルノイズと呼ばれる耳障りな雑音が発生する.とくに,SN比の高くない音声信号に対しては,音声強調後にミュージカルノイズが顕著に現れる.本報告では,スペクトルサブトラクション(SS)法およびRunning Spectrum Filtering (RSF)法の原理からミュージカルノイズの原因を推定するとともにSS法...
西 一斗, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年6月7日   
コグニティブ無線は,空間,時間,周波数の使用状況を踏まえ,動的に無線通信システムを切り替えることで限られた周波数資源を効率よく利用し,通信の高速化を図る.本稿ではOFDM方式のコグニティブ無線におけるハードウェア構成について扱い,動的再構成アーキテクチャに基づく可変FFT点数に対応したFFTプロセッサの省面積化手法を提案する.提案法では従来のパイプラインFFTとは異なるバタフライブロックを2次元的に接続し,FIFOメモリブロックを動的に再配置する新たなFFTプロセッサの回路アーキテクチャを...
佐藤 尭生, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年6月7日   
本稿ではOFDM方式無線通信の高速フェージング環境化において有効な判定帰還型伝搬路推定法を提案する.高速フェージング環境下ではOFDMシンボル間でチャネルが変動するため,シンボルごとに伝搬路を推定し,推定係数の平滑化のための忘却係数を用いた1次フィルタが用いられている.雑音による影響を抑圧するために離散コサイン変換を組み合わせることにより,伝搬路推定精度を上げ,通信特性を改善する手法を提案する.IEEE802.11a準拠システムのパケットエラーレート(PER)特性の計算機シミュレーション結...
吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007年3月7日   
藤田 匡彦, 早坂 昇, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年3月2日   
孤立単語音声認識において,現在広く用いられている雑音処理は,定常的な雑音に対しては高い効果をあげることが多い.しかし,実際の雑音は時間的な変化を伴っている場合も少なくなく,そのような場合,弱い効果しか得られない場合があった.今回我々は,変調スペクトル分析に基づいた,変調ケプストラムという新しい手法を提案する.認識音声の変調ケプストラムを操作した音声認識実験により,変調ケプストラムを操作しない場合に比べて,特に低SNR時の音声認識率が最大で10%程度改善されるという結果が得られた.この雑音抑...
祐川 正則, 早坂 昇, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2007年3月2日   
我々は,対雑音ロバスト音声認識システムとしてスペクトルにフィルタリングをかけ乗法性雑音または加法性雑音の一部を除去するRSF (Runninng Spectrum Filtering)と,ダイナミックレンジの差を補正し加法性雑音の影響を低減するをDRA (Dynamic Range Adjustment)を提案している.それは従来,MFCC (Mel Frequency Cepstrum Coefficient)に施すものであった.本報告ではMFCCだけでなく,バークスケールを用いるBFC...
Performance Evaluation of Quasi-cyclic LDPC Codes for IEEE802.11n Based MIMO-OFDM Systems
電子情報通信学会 信学技報   2007年   
MIMO-OFDM無線通信における受信IQインバランス補正
第22回 信号処理シンポジウム   2007年   
菅原 崇行, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線   2006年11月22日   
本稿では,DFTポイント数を可変にしたOFDMシステムに,雑音の影響を低減する伝搬路推定方式を適用して検討する.DFTポイント数によって目標伝送レートを達成するフレーム長が決定し,移動速度に対するBER特性が変化することを示す.低速移動時では,高DFTポイント数による雑音低減量の増加と,サブキャリアの狭帯域化による特性劣化とのトレードオフによって,最適なDFTポイント数が決定する.高速移動時では,フレーム長が短くなるDFTポイント数の特性が良好となる.コンピュータシミュレーションより,移動...
西 一斗, 吉澤 真吾, 菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線   2006年11月22日   
本稿では,IEEE802.11n規格のOFDM無線LANシステムにおける可変FFTプロセッサの省面積化を検討する.IEEE802.11n規格は,20MHzと40MHzの帯域幅を使用し,MIMOテクノロジを用い複数本のストリーム伝送をするので,回路規模が現行の規格に比べ大きくなる.そこで,IEEE802.11n規格のマルチモード通信に対応するFFTプロセッサの省面積化手法を提案する.パイプラインFFTプロセッサのFIFOメモリを有効利用し省面積化を行い,回路面積を約9.2%減少させることができた.
井内 政宏, 菅原 崇行, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年11月16日   
本稿では,高速電力線通信のための新たな狭帯域干渉除去手法を提案し,従来手法と比較する.提案手法は,信号直前の無信号区間を利用して振幅と位相を変化させた干渉波のレプリカを複数個作成し,最適なレプリカを選択して干渉波を除去するという手法である.提案手法を従来手法と比較した結果,SNRが5dB以上かつ30dB以下の区間で従来手法よりも優れた特性をもつことを報告する.
西 一斗, 吉澤 真吾, 菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2006年9月7日   
菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2006年9月7日   
吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年6月9日   
本報告では語長を動的に変更するOFDM方式無線受信機の低消費電力化手法について述べる.ディジタル回路システムにおいて語長を決定する場合には,システムの性能と回路規模のトレードオフを考慮に入れる必要がある.我々はシステム動作時に通信環境に応じて語長を動的に変更する可変語長アーキテクチャ(Tunable Wordlength Architecture, TWA)を提案する.提案手法を用いたOFDM受信機回路では復調信号から変調精度基準による評価量を測定し,その評価量をもとに所望BERを満たすこ...
山内 保志, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年6月9日   
本稿では,無線OFDMシステムにおけるIQ imbalanceと周波数オフセットの補正方法について検討する.無線通信受信機のRF回路の方式として,安価な受信機を提供できることからダイレクトコンバージョン方式が注目を集めている.しかしながら,ダイレクトコンバージョン方式では大きなIQ imbalanceが生じるという問題があり,OFDMの復調性能を大きく低下させる.提案手法では,従来手法に加えて,復調情報を利用して残留IQ imbalanceを推定し補正することで受信信号の補正精度を向上させ...
松山 優, 上 義樹, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年6月9日   
本研究では、高速電力線ネットワークにおいて信頼性の高い通信を行うために誤り訂正符号としてLDPC (Low Density Parity Check)符号を用い、その性能を評価する。LDPCの構成法としては最もシャノン限界に近いBER特性を示すQC (Quasi Cyclic)符号を用い、復号には多値変調に対応したSPA (Sum-Product Algorithm)を用いる。電力線通信(PLC: Power Line Communication)における通信速度200Mbpsを達成するた...
菅原 浩二, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年3月16日   
本稿では,OFDM信号のピーク電力抑圧方式として適応ピーク抑圧方式(APPR: Adaptive Peak Power Reduction)と部分系列伝送(PTS: Partial Transmit Sequence)を同時に使用する方式を検討する.APPRはピーク抑圧効果と帯域外輻射低減も同時に実現できる方式であるが,高いピーク抑圧効果を実現しようとすると,信号の歪みが大きくなり信号品質の劣化を引き起こす.そこで,この歪みによる信号品質の劣化を抑えるためにPTSを用いる.PTSは信号品質...
池田 真一, 菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2006年3月16日   
本稿では,IEEE802.11a無線LAN規格を基に,移動環境下での最適なDFT (FFT)モードを検討する.フェージングの影響が小さな場合は,処理データが多いDFT (FFT)モードがBERを改善でき,フェージングの影響が大きな場合は,処理データが少ないDFT (FFT)モードがBERを改善できることを示す.更に適応的にモードの更新を行うために必要である最大ドップラー周波数の推定法,及びその精度について検討する.
祐川 正則, 早坂 昇, 和田 直哉, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006年3月8日   
吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006年3月8日   
大槻 暢朗, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年11月18日   
MIMO-OFDMシステムは複数のアンテナからそれぞれ独立したOFDMストリームを伝送しダイバーシティ利得を得て, 伝送速度を改善する手法として注目されている.ダイバーシティ利得を得る手法としてはSTBC(Space-Time Block Coding)が, 伝送速度を改善する手法としてはV-BLAST(Vertical Bell lab's Layered Space-Time)のようなSDM(Space Division Multiplexing)がそれぞれ多く研究されている.本稿では...
上 義樹, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年11月18日   
本稿では、多値変調OFDMシステムにおけるLDPC符号の特性評価を行なう。LDPC符号は優れた特性をもつ誤り訂正符号で、既に仕様が固まった衛星デジタルテレビ放送を始めとして、無線LANや無線インターネットなどで採用が有力とされている。そのLDPC符号を無線LANの標準規格IEEE802.11aに実装して、特性評価を行なう。まず、復号処理の最大反復回数による特性を評価し、LDPC符号が少ない反復回数で復号可能であることを表す。次いで、LDPC符号と畳み込み符号の特性を比較し、LDPC符号が良...
和田 直哉, 早坂 昇, 吉澤 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年11月17日   
音声認識においてはさまざまな雑音ロバスト音声分析手法が提案されているが、音声の変調スペクトルにおいては、音声成分と雑音成分がその変化のリズムの違いから別の変調周波数帯に分布することがわかっている。RASTAなど従来の変調スペクトルに着目した手法では、変調スペクトル上の音声成分を抽出するために短時間スペクトルの時系列にフィルタリングを行う手法をとっているが、フィルタの特性は安定性や急峻性において次数などの制限を受けてしまう。本稿では、変調スペクトル上で直接重み付けを行うことでこれらの影響を受...
菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年6月9日   
本稿では, 2次元拡散を適用したVSF-OFCDMに用いる低消費電力逆拡散器を提案する.2次元拡散を適用したVSF-OFCDMでは, 周波数領域及び時間領域の拡散率をセル構成, 無線パラメータ, 伝搬路の状態によって適応的に制御する.提案回路は, 周波数領域及び時間領域の拡散率に応じて動的に回路構成を変化させることで, 演算器の並列化, パイプライン化を実現し, 低消費電力化を図っている.消費電力は0.25μプロセス, 2.5Vにて最小で0.30mW/MHz, 最大でも0.98mW/MHz...
吉澤 真吾, 菅原 浩二, 宮永 喜一, 尾知 博, 伊藤 良生, 畑岡 信夫, 斉 培恒, 高山 憲久, 平田 雅規
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年6月9日   
本研究ではIEEE802.11a規格を拡張した帯域幅80MHzのOFDM方式無線通信システムについて検討を行う.帯域幅80MHzのOFDM伝送方式に対するOFDMフレーム, DFT点数, サブキャリア割り当ての最適な構成を考察し, IEEE802.11a規格の伝送方式を4チャネル分使用する場合と比較して約1.4倍の最大伝送レート300Mbpsを達成する仕様を検討した.この仕様に基づく無線通信システムについてマルチパスフェージング環境下での伝送特性評価を行った.また, 上記の仕様を実時間で処...
早坂 昇, 吉澤 真吾, 和田 直哉, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年6月9日   
我々の研究グループでは雑音ロバスト手法としてRSF, DRA法を提案している.RSF法は2回のスペクトルヘのフィルタリングにより音声成分の強調, 乗法性歪みの除去並びに加法性雑音の一部を取り除く手法であり, DRA法はダイナミックレンジの差を補正することで加法性雑音の影響を低減する手法である.しかし, RSF法は音声成分の一部も除去してしまうため, 高SNRに対する効果が少なく, 無雑音環境の認識では認識率が低下してしまう.そこで, 新たに推定SNRに基づくRSF法を提案する.具体的には,...
大槻 典行, 大貫 和永, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2005年6月9日   
雑音が重畳した音声から雑音を取り除く手法として, RSF(Running Spectrum Filtering)が提案されている.この手法は, 雑音のスペクトルを推定すること無く, 重畳した雑音を音声信号から除去する.RSFは, 周波数領域で時間的に変化する短時間スペクトルに対して, 各周波数毎に時間軸方向にディジタルフィルタを通過させる事で雑音を除去する方法である.周波数領域で行う雑音除去手法においては, 少なからずミュージカルノイズと呼ばれる耳障りな雑音が発生する.RSFにおいても, ...
菅原 崇行, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2004年12月10日   
本稿では高速移動体無線通信のための,パスサーチに用いるマッチドフィルタ,単純移動平均回路および閾値生成回路を提案する.提案するマッチドフィルタは並列に構成したCorrelatorによって累和演算を処理するため,各Correlatorの加算器は1段で処理が行なえる.そのため回路遅延が短く,高速に動作させることが可能である.
大槻 典行, 朱 キ, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2004年9月10日   
雑音が重畳した音声から雑音を取り除く手法として,推定した雑音のスペクトルを減算することによって雑音を除去するスペクトルサブトラクション(SS)法がある.この手法は,雑音のスペクトルを推定するため,その推定を誤った場合,十分な雑音除去効果が得られない事があった.そこで我々は,雑音のスペクトルを推定すること無く雑音除去可能なRunning Spectrum Filter(RSF)を用いた雑音除去法を提案した.この手法は,周波数領域で時間的に変化する短時間スペクトル(Running Spectr...
大槻 典行, 朱 キ, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. TM, テレコミュニケーションマネジメント   2004年7月1日   
雑音が重畳した音声から雑音を取り除く手法として,雑音が重畳した音声のスペクトルから推定した雑音のスペクトルを減算する事によって雑音を除去するスペクトルサブトラクト(SS)法がある.この手法は,雑音のスペクトルを推定するため,その推定を誤った場合,十分な雑音除去効果が得られない事があった.そこで我々は,雑音のスペクトルを推定すること無く雑音除去可能なRunning Spectrum Filter(RSF)を用いた雑音除去法を提案する.この手法は,周波数領域で時間的に変化する短時間スペクトル(...
石田 訓子, 早坂 昇, 和田 直哉, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   2004年6月18日   
本報告では,すでに提案されているロバスト音声認識システムの改良を行った.対象としているロバスト音声認識システムは,変調スペクトル上で,FIRフィルタリングを行うスペクトルランニングフィルタ方式(RSF)と音声の特徴ベクトル(MFCC)のダイナミックレンジ調整手法(DRA)を利用したロバスト方式である.本報告では,FIRフィルタを用いず,変調スペクトルを操作し,音声を強調する手法としてRSA(Running Spectrum Analysis)を提案する. RSAは,従来の非常に高い次数を有...
吉沢 真吾, 早坂 昇, 和田 直哉, 宮永 喜一
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   2004年6月10日   
実環境下での音声認識においては雑音に対するロバスト性がシステムに求められる.スペクトルと対数スペクトルの時間軌跡に対してフィルタリングを行い雑音成分を取り除き,特徴量の最大振幅を規格化する手法を述べ,雑音環境下での単語音声実験結果を報告する.提案手法は雑音に対して優れたロバスト性を有するがフィルタの群遅延特性により認識システムの応答時間が長くなるという欠点を持つ.この問題をフレーム拡張方式により解決し,これらのアルゴリズムを実装したロバスト音声認識システムのLSI化を行った.
早坂 昇, 和田 直哉, 吉沢 真吾, 宮永 喜一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004年3月8日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 宮永 喜一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 宮永 喜一
本研究では,(1)音響ゴーストキャンセラ手法の設計・ソフトウエア開発,(2)極低消費電力型実時間音声認識チップの設計・開発・実現を行った。(1)では,様々なエコー環境に対応できる新しい音声特徴量の設計と音声認識用Hidden Malkov Model(HMM)の学習手法を提案し,通常環境での十分なエコー耐性をもつ音声認識方式を実現した。(2)では,(1)で設計・開発した音声認識システムのハードウエア化を行った。その際に,消費電力が最小になるような低電圧化・低クロック周波数化・並列パイプライ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 宮永 喜一
本研究の目的は,実環境での高い有効性を考慮し,雑音に強い音声認識システムの方式実現と,システムのLSI化による低消費電力型実時間認識システムの実現,及びそのシステムのフィールド実験による有効性検証である。方式の開発については,汎用ロバスト音声認識システムの設計と開発を行い,その成果として,環境雑音0dB〜20dBの環境で、不特定話者の成人男性・女性の場合、ピーク性能で98%程度の認識正答率を実現している(自動車ノイズ・100単語認識・平均60%(40種類の雑音環境))。さらに、子供の声に関...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 宮永 喜一
本研究では時変な特徴の推定を可能とするガボール変換を用いた時変信号処理手法の開発を目的として、次の項目について検討し、成果を得た。1.本研究でのガボール変換は、オーバサンプリング条件での変換を導入した。この場合信号の表現には冗長な情報が含まれるが、信号の特徴推定を考えたときには、基底関数の設計に柔軟性がもたれ、必要な帯域での特徴推定ができる。そこで、最小エネルギー条件での基底及び孤立波条件の基底を用いて音声などの特徴推定を行った。その際雑音や外乱等の影響のため、フーリエ変換に見られるような...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 宮永 喜一
本研究では時変な特徴の認識を可能とする自己組織化ネットワークの設計を目的として、次の項目について検討し、成果を得た。1.本システムは、性質の異なる2つのネットワークにより構成した。これは今までの実験経過等により1つのネットワークによってすべてのデータに対する認識を実現する事は実際には無理であり、入力データの特徴をある程度大分類し、その分類に従ってネットワークの構造を変化させる事がもっとも良いと判断したためである。2.学習・認識のネットワークは、自己組織化を行う第1層と、強制学習に基ずく第2...