原 博

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 13:34
 
アバター
研究者氏名
原 博
 
ハラ ヒロシ
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 基盤研究部門 食品栄養学研究室
職名
教授
学位
農学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

学歴

 
1976年
 - 
1978年
名古屋大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻
 
1972年
 - 
1976年
東京農工大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
日本食品科学工学会  代議員
 
2015年
 - 
現在
日本未病システム学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
日本アミノ酸学会  役員(編集担当)
 
2007年
 - 
現在
日本食物繊維学会  理事
 
2007年
 - 
現在
油脂・コレステロール研究会  理事
 
2013年3月
 - 
2015年4月
日本農芸化学会  理事・支部長
 
2013年5月
 - 
2014年6月
第68回日本栄養・食糧学会大会会頭
 
2010年
 - 
2014年5月
日本栄養・食糧学会  学会誌(和文)編集委員
 
2008年
 - 
2014年5月
日本栄養・食糧学会  理事
 
2010年
 - 
2014年3月
日本農芸化学会  代議員
 
2013年7月
   
 
日本アミノ酸学会 第5回夏のシンポジウム「消化管ホルモン分泌に関する最新の話題」  代表世話人
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2004年1月
 - 
2012年12月
日本栄養・食糧学会  学会誌(英文)編集委員・副編集委員長
 
2010年
   
 
日本食物繊維学会  学術集会長
 
2004年
 - 
2007年
日本栄養・食糧学会  学会誌(和文)編集委員
 
2003年
 - 
2006年
コレステロール研究会  評議員
 
2003年
 - 
2006年
日本農芸化学会  代議員
 
2004年
   
 
Hindgut Club Japan  シンポジウムコンビーナ
 
2002年
   
 
日本農芸化学会  支部評議員
 

受賞

 
2011年5月
日本栄養・食糧学会 学会賞  「消化管の中で生理作用を発揮する食品成分に関する研究」
 
2010年11月
日本食物繊維学会 学会賞   「難消化性食品成分による消化吸収促進機構の解明と、新たなルミナコイド成分の提案」
 
2008年
6th IFS (International Fructan Symposium) AWARD for the Best Paster Presentation
 
2004年
9th John M. Kinney International Award for general Nutrition
 
2002年
日本消化吸収学会 学会賞
 

論文

 
Muramatsu M, Hira T, Mitsunaga A, Sato E, Nakajima S, Kitahara Y, Eto Y, Hara H
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   306(12) G1099-107   2014年6月   [査読有り]
Tanaka S, Shinoki A, Hara H
Journal of agricultural and food chemistry      2016年10月   [査読有り]
Lee Y, Yoshitsugu R, Kikuchi K, Joe GH, Tsuji M, Nose T, Shimizu H, Hara H, Minamida K, Miwa K, Ishizuka S
The British journal of nutrition   116(4) 603-610   2016年8月   [査読有り]
Nakajima S, Hira T, Iwaya H, Hara H
Molecular and cellular endocrinology   430 108-114   2016年7月   [査読有り]
Maeba R, Araki A, Ishii K, Ogawa K, Tamura Y, Yasunaga M, Minami U, Komori A, Okazaki T, Nishimukai M, Hara H, Fujiwara Y
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   453 134-140   2016年1月   [査読有り]
Joe GH, Andoh M, Shinoki A, Lang W, Kumagai Y, Sadahiro J, Okuyama M, Kimura A, Shimizu H, Hara H, Ishizuka S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   37(3) 179-186   2016年   [査読有り]
Hira T, Yahagi A, Nishimura S, Sakaino M, Yamashita T, Hara H
Journal of agricultural and food chemistry   63(37) 8177-8181   2015年9月   [査読有り]
Joe GH, Andoh M, Nomura M, Iwaya H, Lee JS, Shimizu H, Tsuji Y, Maseda H, Miyazaki H, Hara H, Ishizuka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(3) 462-465   2014年   [査読有り]
The proportion of nervonic acid in serum lipids is associated with serum plasmalogen levels and metabolic syndrome.
Yamazaki Y, Kondo K, Maeba R, Nishimukai M, Nezu T, Hara H
Journal of oleo science   63(5) 527-537   2014年   [査読有り]
Ishikawa Y, Hira T, Inoue D, Harada Y, Hashimoto H, Fujii M, Kadowaki M, Hara H
Food & function   6(8) 2525-2534   2015年8月   [査読有り]
Hira T, Ikee A, Kishimoto Y, Kanahori S, Hara H
The British journal of nutrition   114(1) 34-42   2015年7月   [査読有り]
Nakajima S, Hira T, Hara H
The British journal of nutrition   113(9) 1477-1488   2015年5月   [査読有り]
Hagio M, Shimizu H, Joe GH, Takatsuki M, Shiwaku M, Xu H, Lee JY, Fujii N, Fukiya S, Hara H, Yokota A, Ishizuka S
Toxicology letters   232(1) 246-252   2015年1月   [査読有り]
Maeba R, Nishimukai M, Sakasegawa S, Sugimori D, Hara H
Advances in clinical chemistry   70 31-94   2015年   [査読有り]
Nagamine R, Ueno S, Tsubata M, Yamaguchi K, Takagaki K, Hira T, Hara H, Tsuda T
Food & function   5(9) 2309-2316   2014年9月   [査読有り]
Nakajima S, Hira T, Yahagi A, Nishiyama C, Yamashita T, Imagi J, Hara H
Molecular nutrition & food research   58 1042-1051   2014年5月   [査読有り]
Nishimukai M, Maeba R, Yamazaki Y, Nezu T, Sakurai T, Takahashi Y, Hui SP, Chiba H, Okazaki T, Hara H
Journal of lipid research   55 956-965   2014年5月   [査読有り]
Phuwamongkolwiwat P, Suzuki T, Hira T, Hara H
European journal of nutrition   53 457-468   2014年3月   [査読有り]
Matsumoto M, Hagio M, Inoue R, Mitani T, Yajima M, Hara H, Yajima T
PloS one   9 e93529   2014年   [査読有り]
Higuchi N, Hira T, Yamada N, Hara H
Endocrinology   154 3089-3098   2013年9月   [査読有り]
原  博
GI Res   21(1) 3-11   2013年2月   [招待有り]
Mizuno Y, Ninomiya Y, Nakachi Y, Iseki M, Iwasa H, Akita M, Tsukui T, Shimozawa N, Ito C, Toshimori K, Nishimukai M, Hara H, Maeba R, Okazaki T, Alodaib AN, Amoudi MA, Jacob M, Alkuraya FS, Horai Y, Watanabe M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Kurochkin IV, Mizuno Y, Schönbach C, Okazaki Y
PLoS genetics   9 e1003286   2013年2月   [査読有り]
Shinoki A, Lang W, Thawornkuno C, Kang HK, Kumagai Y, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Ishizuka S, Hara H
Food chemistry   136(2) 293-296   2013年1月   [査読有り]
Contribution of dipeptidyl peptidase IV to the severity of dextran sulfate sodium-induced colitis in the early phase.
Iwaya H, Fujii N, Hagio M, Hara H, Ishizuka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77 1461-1466   2013年   [査読有り]
Suwendi E, Iwaya H, Lee JS, Hara H, Ishizuka S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(6) 329-336   2012年12月   [査読有り]
Tsuruta T, Inoue R, Tsukahara T, Nakamoto M, Hara H, Ushida K, Yajima T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   83 799-804   2012年12月   [査読有り]
Ishizuka S, Shiwaku M, Hagio M, Suzuki T, Hira T, Hara H
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(3) 159-165   2012年6月   [査読有り]
Nakajima S, Hira T, Hara H
Molecular nutrition & food research   56(5) 753-760   2012年5月   [査読有り]
Iwaya H, Maeta K, Hara H, Ishizuka S
Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.)   237(4) 451-460   2012年4月   [査読有り]
原 博
日本栄養・食糧学会誌   64(6) 367-376   2012年   [査読有り][招待有り]
Iwaya H, Lee JS, Yamagishi S, Shinoki A, Lang W, Thawornkuno C, Kang HK, Kumagai Y, Suzuki S, Kitamura S, Hara H, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Ishizuka S
PloS one   7 e50658   2012年   [査読有り]
Chen W, Hira T, Nakajima S, Tomozawa H, Tsubata M, Yamaguchi K, Hara H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(6) 1104-1109   2012年   [査読有り]
Shinoki A, Hara H
The British journal of nutrition   106(8) 1190-1197   2011年10月   [査読有り]
Nakajima S, Hira T, Tsubata M, Takagaki K, Hara H
Journal of agricultural and food chemistry   59(17) 9491-9496   2011年9月   [査読有り]
Nishimukai M, Yamashita M, Watanabe Y, Yamazaki Y, Nezu T, Maeba R, Hara H
European journal of nutrition   50(6) 427-436   2011年9月   [査読有り]
Nagata M, Kayanoma M, Takahashi T, Kaneko T, Hara H
Biological trace element research   142 190-199   2011年8月   [査読有り]
Suzuki T, Hara H
The Journal of nutritional biochemistry   22(5) 401-408   2011年5月   [査読有り]
Suzuki T, Tanabe S, Hara H
The Journal of nutrition   141(1) 87-94   2011年1月   [査読有り]
消化管ホルモンを介して食欲をコントロールする食品由来ペプチド(総説)、特集 生理活性ペプチド・機能性ペプチド−研究の最先端−
原 博
臨床化学   40(2) 119-126   2011年   [招待有り]
難消化性食品成分による消化吸収機能の制御―ミネラルやフラボノイドなど吸収率の低い食品成分の吸収促進作用(総説)
原 博
日本食物繊維学会誌   15(2) 47-55   2011年   [査読有り][招待有り]
Tohru Hira, Maya Muramatsu, Masahiro Okuno, Hiroshi Hara
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   57(1) 30-35   2011年   [査読有り]
Satoshi Ishizuka, Ken-ichi Saitoh, Takuya Suzuki, Hiroshi Hara
Food Chemistry   125(4) 1219-1225   2011年   [査読有り]
Tohru Hira, Naomi Mori, Toshihiro Nakamori, Hitoshi Furuta, Kozo Asano, Hitoshi Chiba, Hiroshi Hara
Appetite   57(3) 765-768   2011年   [査読有り]
Hitoshi Iwaya, Munenori Kashiwaya, Aki Shinoki, Jae-Sung Lee, Kumiko Hayashi, Hiroshi Hara, Satoshi Ishizuka
The Journal of Nutrition   141(6) 1077-1082   2011年   [査読有り]
Sufian KN, Hira T, Nakamori T, Furuta H, Asano K, Hara H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75(5) 848-853   2011年   [査読有り]
Matsukawa N, Matsumoto M, Bukawa W, Chiji H, Nakayama K, Hara H, Tsukahara T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75(3) 590-592   2011年   [査読有り]
Jae-Sung Lee, Kohsuke Oka, Osamu Watanabe, Hiroshi Hara and Satoshi Ishizuka
Food Chemistry   126(4) 1521-1526   2011年   [査読有り]
Suzuki T, Nishimukai M, Shinoki A, Taguchi H, Fukiya S, Yokota A, Saburi W, Yamamoto T, Hara H, Matsui H
Journal of agricultural and food chemistry   58(19) 10787-10792   2010年10月   [査読有り]

Misc

 
NAKAJIMA S., HIRA T., ASANO K., HARA H., ETO Y.
Regulatory Peptides   159(1-3) 148-155   2010年
Corn protein hydrolysate stimulates GLP-1 secretion and attenuates hyperglycaemia in rats.
Regulatory Peptides   164 43-43   2010年
Calcium-sensing receptor is a sensor for dietary peptides to stimulate cholecystokinin secretion in the enteroendocrine cell line STC-1.
Regulatory Peptides   164 45-45   2010年
Specificities of esterified fatty acids during lymphatic absorption of plasmalogens – The differences from those of diacylglycerophospholipids.
Chemistry and Physics of Lipids   163 S59-S60   2010年
Molecular analyses of choline and ethanolamine plasmalogens in the blood plasma of human and rats.
Chemistry and Physics of Lipids   163 S42-S42   2010年
大豆HMF由来ペプチドの消化管ホルモンGLP−1分泌を介した血糖上昇抑制作用に関する研究
不二たん白質研究会誌   13 70-74   2010年
Treatments with diet and voluntary exercise influence bile acid composition in feces.
Annals of Nutrition and Metabolism   55(suppl.1) 249   2009年
Long-term oral feedings of cow milk and with lutein increase the voluntary running distance in rat.
Annals of Nutrition and Metabolism   55(suppl.1) 430   2009年
Different sensitivity and mucosal cytokine expressions in response to dextran sulfate sodium and turnover profile of epithelial cells between inbred rats.
Regulatory Peptides   138 131-132   2007年
消化管内分泌細胞における食品ペプチドの認識とその情報伝達
必須アミノ酸研究   178 20-27   2007年
Stimulatory mechanisms of cholecystokinin secretion by food peptides in enteroendocrine cells.
Regulatory Peptides   138 49-49   2007年
高たんぱく質食摂取による新規膵トリプシノーゲンの誘導
必須アミノ酸研究   176 57-67   2006年
大豆低分子ペプチドによる組織タンパク質合成開始活性の変動
不二たん白質研究会誌   9 71-76   2006年
Casein sensing mechanisms in the cholecystokinin-producing enteroendocrine cells.
Regulatory Peptides   135 129-129   2006年
Cholecystokinin-releasing peptide derived from soybean beta-conglycinin suppress appetite in human.
Regulatory Peptides   135 129-129   2006年
Food peptides directly stimulate glucagon-like peptide-1 secretion in enteroendocrine L-cell without intracellular Ca signaling.
Regulatory Peptides   135 144-144   2006年
Feeding of myo-inositol enhances levels of the serum and liver plasmalogen, an antioxidative phospholipid subclass in rats.
Chemistry and Physics of Lipids   143 90-91   2006年
Chylomicron derived from phospholipid fed rats increased release of adiponectin and decreased accumulation of fat in the visceral adipocytes.
Chemistry and Physics of Lipids   143 91-91   2006年
免疫機能におよぼす亜鉛摂取とたんぱく質摂取の相互作用
財団法人北海道食品科学技術振興財団 平成16年度(No. 10)調査・研究報告   25-36   2005年
食品たんぱく質により特異的に誘導される膵消化酵素、トリプシンisoform分子の解析
必須アミノ酸研究   170 24-32   2004年
大豆βコングリシニン内在ペプチドの惹起する飽食促進機構の探索
不二たん白質研究会誌   7 108-113   2004年
大豆たん白質に内在する食欲抑制作用を持つ配列の同定
不二たん白質研究会誌   6 94-99   2003年
原博
腸内細菌学雑誌   16(1) 35-42   2002年
Physiological effects of short-chain fatty acid produced from probiotics in the colon.
Bioscience Microflora   21(3) 35-42   2002年
難消化性糖は細胞間経路を介して腸管のカルシウム吸収を促進する
消化と吸収   24(2) 56-60   2001年
食品たんぱく質による膵プロテアーゼ誘導の分子解析
消化と吸収   24(1) 31-37   2001年
食品タンパク質は消化管内分泌細胞株STC-1のカルシウムシグナルを惹起する〜細胞膜成分と食品タンパク質結合との相関
消化と吸収   24(1) 24-28   2001年
難消化性糖類がラット腸管のカルシウム吸収に及ぼす影響
消化と吸収   23(2) 101-106   2000年
Low concentrations of quercetin in diet inhibit crypt cell mitosis thoughout the alimentary tract, and suppress aberrant crypt foci in the colon.
Gastroenterology   114(4) A547   2000年
ラット大腸における短鎖脂肪酸のカルシウム吸収増強効果について
消化と吸収   22(2) 41-45   1999年
分離大豆たん白質(SPI)にみられる消化管運動への特異作用 (II)
大豆たん白質研究会誌   15 57-62   1994年
分離大豆たん白質(SPI)にみられる消化管運動への特異作用
大豆たん白質研究会誌   14 4-8   1993年
大豆低分子ペプチドの栄養特性 -特に消化管機能への影響
大豆たん白質研究会誌   13 38-42   1992年
オリゴメチオニンをプローブとするたん白質、ペプチドの栄養特性の評価 (II)
大豆たん白質研究会誌   12 85-90   1991年
ロイシン欠乏食がペプチジルピューロマイシン形成能に及ぼす影響
必須アミノ酸研究   118 56-58   1988年
絶食又は糖尿病マウスにおける脳・肝・骨格筋・腸の蛋白質合成速度
必須アミノ酸研究   112 17-19   1986年

書籍等出版物

 
タンパク質・ペプチド 5. ポリグルタミン酸「食品機能性成分の吸収・代謝機構」
原 博
シーエムシー出版   2013年   
タンパク質・ペプチド 1. 概観:タンパク質・ペプチドの消化・吸収・代謝・生理作用 「食品機能性成分の吸収・代謝機構」
原 博
シーエムシー出版   2013年   
Functional Food Peptides for Appetite Control. Study on Developing Appetite-suppressive and CCK-releasing Food Peptides Derived from Dietary Proteins.
Md. Kaosar Niaz Bin Sufian, Hiroshi Hara, Tohru Hira (担当:共著)
LAP LAMBERT Academic Publising   2012年   
Serum choline plasmalogen is a reliable biomarker for atherogenic status. “Coronary Artery Disease - New Insights and Novel Approaches"
Ryouta MAEBA, Hiroshi HARA (担当:共著)
In Tech - Open Access Publisher   2012年   
A nondigestible saccharide enhances transcellular transport of myricetin glycosides in rat small intestine. - A newly defined mechanism of flavonoid absorption. ed: Nelson Cho and Susan Almeida “Dietary Fiber and Health”
Noriko Matsukawa , Megumi Matsumoto, Hiroshi Hara (担当:共著)
CRC Press   2012年   
消化管内分泌系を介して作用する機能性ペプチド 「機能性タンパク質・ペプチドと生体利用」
原  博、比良 徹 (担当:共著)
建帛社   2010年6月   
消化管上皮のタイトジャンクションを制御する難消化性糖質「ルミナコイド研究のフロンティア—食物繊維・オリゴ糖・レジスタントスターチの最新研究動向」
原  博
建帛社   2010年6月   
食欲抑制ペプチド 「大豆のすべて」
SCIENCE FORUM   2010年2月   
フラボノイド配糖体の腸管吸収と体内動態 「消化管の栄養・生理と腸内細菌」
松川典子、松本 恵、原  博 (担当:共著)
Hindgut Club Japan   2010年   
大豆タンパク質・ペプチドと消化管機能 「種子のバイオサイエンス」
原  博
学会出版センター   2009年   
ミネラル吸収促進作用 「食物繊維:基礎と応用」
原  博
第一出版   2008年   
機能性多糖と少糖—オリゴ糖 「食品機能性の科学」
原  博
産業技術サービスセンター   2008年   
Recent knowledge in mechanisms of improved calcium absorption by a nondigestible saccharide, difructose anhydride. "Recent Advances in Fructooligosaccharides Research, 2007"
Hiroshi Hara and Takuya Suzuki (担当:共著)
Research Signpost   2007年   
II.消化吸収細胞実験法 3上皮細胞機能の実験法 (b)腸管内分泌細胞機能測定 「腸管細胞機能実験法」
原  博、西 隆司、比良 徹 (担当:共著)
学会出版センター   2005年   
Antiproliferative effects of quercetin in the rat gastrointestinal tract. "COST Action 98 Effects of antinutrients on the nutritional value of legume diets Vol. 8."
H. Hara, J.M. Gee, I.T. Johnson (担当:共著)
Europian Commission   2000年   
Evaluation of short-chain fatty acid production in the cecum of fiber fed rats. "Food Hydrocolloids"
H. Hara , Y. Saito, A. Idei, S. Kiriyama (担当:共著)
Plenum Publishing Co.   1994年   

講演・口頭発表等

 
消化管を舞台とした道産食材の健康機能 [招待有り]
原 博
地域バイオ育成推進講座in千歳 北海道の食材と健康機能 HOBIA・道央産業振興財団   2013年11月26日   
イヌリンから作られるスーパーオリゴ糖、ジフルクトースアンヒドリド [招待有り]
原 博
北の機能性作物活用シンポジウム『作物生産技術・加工・機能性の解明とアグリビジネス戦略』、グリーンテクノバンク・北方系機能性植物研究会   2013年10月29日   
大豆ペプチドの生理作用 [招待有り]
原 博
2013年9月16日   
動脈硬化症を予防するなぞの脂質、プラスマローゲン [招待有り]
原 博
オールジャパン「食と健康」シンポジウム~食と健康に関する知の結集に向けて、北海道大学   2013年6月17日   
プラスマローゲン最近の話題 [招待有り]
原 博
第25回夏期油脂・コレステロール研究会ミニシンポジウム   2013年7月20日   
消化管内分泌系調節ペプチド [招待有り]
原 博
第67回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム「ペプチドが拓く健康科学の新しい世界」   2013年5月26日   
未だ知られざる大豆の魅力〜大豆の機能性成分〜 [招待有り]
原 博
平成24年度指導者のための健康栄養セミナー   2013年2月2日   宮城県栄養士会
糖転移ヘスペリジンによる、消化管ホルモンGLP-1の分泌刺激作用 [招待有り]
原 博
糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会 第4回研究発表会   2012年12月12日   糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会
エーテル型リン脂質の腸管吸収とその代謝 −分子種分析から分かったこと [招待有り]
原 博
機能油脂懇話会ミニシンポジウム:健康と機能油脂の将来−その魅力と有益性を探る−   2012年11月10日   機能油脂懇話会
難消化性オリゴ糖によるフラボノイド配糖体吸収促進機序とその生理作用 [招待有り]
原 博
第28回食と健康研究会「ポリフェノールと健康」   2012年11月8日   食と健康研究会
難消化性ペプチドの話し―オリゴメチオニンから消化管ホルモン分泌ペプチドへ [招待有り]
原 博
日本栄養・食糧学会北海道支部 桐山修八先生記念北海道シンポジウム   2012年10月27日   日本栄養・食糧学会北海道支部
難消化性糖質によるミネラル吸収促進とその作用機序 [招待有り]
原 博
日本食物繊維学会,ハインドガットクラブ共催“桐山メモリアルシンポジウム”   2012年9月29日   日本食物繊維学会,ハインドガットクラブ
難消化性オリゴ糖によるフラボノイド配糖体吸収促進機序とその生理作用 [招待有り]
原 博
第59回日本食品科学工学会大会、特別講演   2012年8月29日   日本食品科学工学会
難消化性オリゴ糖の生理作用とその作用機序(_消化性低聚糖的生理和作用机理) [招待有り]
原 博
上海Food ingredient China, 中国国際食品添加物和配料展覧会   2012年3月29日   中国食品添加物協会
Clinical implications of blood plasmalogens as a biomarker of atherosclerosis. [招待有り]
Hiroshi Hara, Megumi Nishimukai, Yuya Yamazaki, Tohru Nezu, Seiji Koike, Shu-Ping Hui, Hitoshi Chiba, Ryota Maeba
The 2011 Annual Conference of International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF)   2011年11月17日   ISNFF
難消化性糖質の生理作用に関する研究 消化管管腔で働く栄養素 [招待有り]
原 博
日本農芸化学会北海道支部大会、特別講演   2011年11月4日   日本農芸化学会北海道支部
消化管内分泌系調節ペプチド [招待有り]
原 博
第61回日本栄養・食糧学会中部支部大会 公開シンポジウム『ペプチドが拓く健康科学の新しい世界』   2011年7月9日   日本栄養・食糧学会中部支部
栄養生理の視点からみた炎症 [招待有り]
原 博
第65回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム10 炎症と栄養の接点を探る   2011年5月15日   日本栄養・食糧学会
消化管の中で生理作用を発揮する食品成分に関する研究 [招待有り]
原 博
第65回日本栄養・食糧学会大会 学会賞受賞講演   2011年5月13日   日本栄養・食糧学会
ビート食物繊維のコレステロール低下作用機序ー短鎖脂肪酸の関与ー [招待有り]
原 博
第15回日本食物繊維学術集会 シンポジウム「ルミナコイドの血中コレステロール低下作用ー作用機序の行方ー」   2010年11月23日   日本食物繊維学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 原 博
アンカー型イソマルトメガロ糖の生産技術確立とその分子特性に基づ く食品素材の開発
農林水産省農林水産技術会: 平成26 年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 発展融合ステージ・産学機関結集型Aタイプ
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 原 博
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 原 博
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 原 博
インスリン分泌促進、膵β細胞保護作用などを有する消化管ホルモンとして知られるGlucagon-like peptide-1(GLP-1)の分泌、合成を促進する食品素材として、消化抵抗性糖質の可能性を検討した。また、申請者が見出したGLP-1分泌作用を持つトウモロコシペプチド(ZeinH)の生理的条件下での血糖上昇抑制効果の有無を検討した。<消化抵抗性糖質のGLP-1分泌促進作用の検討>種々の消化抵抗性糖質(非・難・低消化性オリゴ糖、食物繊維)のGLP-1分泌活性を、in vitro(GLP...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 原 博
種々の食品ペプチドの中から、食欲を抑制する消化管ホルモンCCKの分泌を促進するふじ豆ペプチド、ビール酵母ペプチドを見出し、ビール酵母ペプチドをラットに経口投与することでその後の食欲が抑制されることが確認された。また、インスリン分泌を促進する消化管ホルモンGLP-1の分泌を刺激するトウモロコシペプチドを見出した。これをラット回腸に投与することで、GLP-1分泌が促進され、インスリン分泌促進を介して血糖上昇が抑制されることを示し、食品ペプチドによる消化管ホルモン分泌を介した食欲抑制、血糖上昇抑...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 原 博
本研究では、化学発がんで問題となる大腸での希釈や接触とは無関係な発がん因子である、放射線による新しい大腸がんモデルを確立し、これらを従来の化学発がんモデルのものと比較すること、また、これらのモデルを使って種々の性質の異なる食物繊維用いることにより、大腸がんの発生、増殖の各ステージへの食物繊維の作用と食物繊維の物理化学的性質の関係を明確にし、その結果をもとに新たな高機能性食物繊維をデザインしようとするものであった。以下のような成果が得られた。すなわち、1,新しい大腸がんモデルとして、放射線に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 原 博
カルシウム不足による骨粗鬆症は、近い将来の老齢化社会における重大な社会問題となると予想される。食物センイのもつ健康維持のための多くの生理的機能を検索する一環として、本研究では、食物センイの発酵性と大腸でのカルシウム吸収促進効果の関係をさぐり、また外科的に大腸部を切除したラットを用いて、大腸部のカルシウム吸収への寄与を明らかにした。上部消化管でのカルシウム吸収障害を起こすため、胃酸分泌阻害剤オメプラゾールを投与し、カルシウム吸収を測定した結果、40%程度の著名なカルシウム吸収の低下が起こった...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 冨田 房男
1.製造原料の供給:チコリよりイヌリンを抽出精製するプロセスをビ-トからの蔗糖精製と同様の工程で検討し、イヌリン調製法を確立した。レバンについてもレバン生産菌のジャー培養法の確立を行い、その培養液からの回収、精製プロセスを確立した。また、粗抽出液や培養液中にオリゴ糖生産酵素を添加するなどの方法で原料精製プロセスの省略化を図ったオリゴ糖生産についても検討している。2.オリゴ糖生産菌の探索、生産菌の育種改良:オリゴ糖生産菌の探索を土壌微生物に加え植物内生菌より行い、その中からオリゴ糖生産株とし...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 原 博
1、水溶性で発酵性の高い食物センイ(難消化性糖類)の摂取によって、大腸でのカルシウム吸収が促進されることを、ラットを用いた盲腸静脈-動脈濃度法により見いだした。2、盲腸でのカルシウムの吸収能を定量的に確かめるため、盲腸に直接カルシウム源を投与して、その吸収量を測定した。また、骨のカルシウム量もあわせて評価した。ここで用いた食物センイは、より発酵性が高く、また上部消化管での作用が低い低粘度のグアガム分解物を用いた。この結果大腸はそれだけで体が必要とする量のカルシウムの吸収能力を持っていること...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 原 博
1、ラット盲腸内短鎖脂肪酸産生速度をin vitro短時間培養法により測定した結果、従来、盲腸内発酵の指標として用いられてきた短鎖脂肪酸濃度と大体において一致した。しかし、産生速度の日内変動の様な短期間の変化は、濃度と一致せず、このような場合には短鎖脂肪酸の濃度は発酵性の指標とならないことが示された。食物センイとしてトウモロコシ外皮(コーンハスク)を有機酸中で加熱することにより一部の繊維を分解し(解繊処理)発酵性を変化させたものをラットに摂取させて盲腸内短鎖脂肪酸産生速度を測定した。その結...
抗酸化リン脂質プラズマローゲンの基礎と応用
知的基盤整備  科学技術振興調整費による知的基盤整備推進制度
研究期間: 1996年   

特許

 
前場 良太, 原 博, 西向 めぐみ, 山▲崎▼ 裕也, 小池 誠治, 根津 亨
前場 良太, 原 博, 西向 めぐみ, 山▲崎▼ 裕也, 小池 誠治, 根津 亨
前場 良太, 原 博, 西向 めぐみ, 山▲崎▼ 裕也, 根津 亨
西向 めぐみ, 千葉 仁志, 原 博, 惠 淑萍, 黒澤 隆夫
原 博, 西向 めぐみ, 前場 良太, 山▲崎▼ 裕也, 根津 亨
原 博, 西向 めぐみ, 前場 良太, 山▲崎▼ 裕也, 根津 亨
松本 恵, 原 博, 細川 雅史, 宮下 和夫, 西向 めぐみ
市原 敬司, 宮里 祥子, 田上 廣幸, 岸本 由香, 原 博
石川 弘, 原 博, 西向 めぐみ, 松井 博和, 前場 良太
比良 徹, 廣塚 元彦, 中森 俊宏, 原 博, 浅野 行蔵, 千葉 仁志, 冨田 房男
冨田 房男, 横田 篤, 原 博
原 博, 葛西 隆則, 冨田 房男, 佐山 晃司