園山 慶

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/06 17:50
 
アバター
研究者氏名
園山 慶
 
ソノヤマ ケイ
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/fbc/sonoyama/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 応用生命科学部門 食品科学分野
職名
助教授・准教授
学位
博士(農学)(北海道大学), 農学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1991年
 ライオン株式会社生物科学研究所 研究員
 
1992年
 - 
1999年
 北海道大学農学部助手(生物機能化学科食品機能化学講座) 助手
 
1999年
 - 
2003年
 北海道大学大学院農学研究科助手(応用生命科学専攻食品科学講座食品機能化学分野) 助手
 
2003年
 - 
2007年
 北海道大学大学院助教授(農学研究科応用生命科学専攻食品科学講座食品機能化学分野) 助教授
 
2007年
 - 
現在
- 北海道大学大学院農学研究院応用生命科学部門食品科学分野食品機能化学研究室 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
北海道大学 農学研究科 農芸化学専攻修士課程
 
 
 - 
1992年
北海道大学 農学研究科 農芸化学専攻博士課程
 
 
 - 
1986年
北海道大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本食品免疫学会  幹事
 
2006年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  参与
 
2008年
 - 
現在
日本食物繊維学会  理事
 

受賞

 
1999年
日本栄養・食糧学会奨励賞
 
2001年
Biosci. Biotechnol. Biochem. 論文賞
 
2011年
日本食品免疫学会学会賞
 
2011年
日本食物繊維学会学会賞
 

論文

 
Aoki-Yoshida A, Saito S, Fukiya S, Aoki R, Takayama Y, Suzuki C, Sonoyama K
Beneficial microbes   7(3) 421-429   2016年6月   [査読有り]
Tsuruta T, Saito S, Osaki Y, Hamada A, Aoki-Yoshida A, Sonoyama K
Biochemical and biophysical research communications   474(1) 161-167   2016年5月   [査読有り]
Ishihara R, Mizuno Y, Miwa A, Hamada A, Tsuruta T, Wabitsch M, Sonoyama K
Biochemical and biophysical research communications   458(2) 362-368   2015年3月   [査読有り]
Asano M, Yamamoto T, Tsuruta T, Nishimura N, Sonoyama K.
Development, Growth & Differentiation   57(1) 68-73   2015年1月   [査読有り]
Sahasakul Y, Takemura N, Sonoyama K
The British journal of nutrition   112(3) 408-415   2014年8月   [査読有り]
Phoonsawat W, Aoki-Yoshida A, Tsuruta T, Sonoyama K.
Biochemical and Biophysical Research Communications   448(3) 261-266   2014年6月   [査読有り]
Gastric emptying is involved in lactobacilli colonization in mouse stomach.
Sahasakul Y, Takemura N, Sonoyama K.
British Journal of Nutrition   112 408-415   2014年   [査読有り]
Hino S, Sonoyama K, Bito H, Kawagishi H, Aoe S, Morita T
The Journal of nutrition   143(1) 34-40   2013年1月   [査読有り]
KK/Ta mice administered with Lactobacillus plantarum strain No.14 have lower adiposity and higher insulin sensitivity.
Okubo T, Takemura N, Yoshida A, Sonoyama K.
Bioscience of Microbiota, Food and Health   32 93-100   2013年   [査読有り]
Okubo T, Takemura N, Yoshida A, Sonoyama K
Bioscience of microbiota, food and health   32(3) 93-100   2013年   [査読有り]
Hino S, Takemura N, Sonoyama K, Morita A, Kawagishi H, Aoe S, Morita T
The Journal of nutrition   142(8) 1429-1436   2012年8月   [査読有り]
Sahasakul Y, Takemura N, Sonoyama K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(9) 1728-1732   2012年   [査読有り]
Ozawa K, Fujiwara R, Watanabe K, Sonoyama K
Bioscience of microbiota, food and health   31(4) 85-91   2012年   [査読有り]
Sugita R, Hata E, Miki A, Andoh R, Umeda C, Takemura N, Sonoyama K
Bioscience of microbiota, food and health   31(4) 77-84   2012年   [査読有り]
Sakurai A, Yamaguchi N, Sonoyama K
Bioscience of microbiota, food and health   31(3) 67-70   2012年   [査読有り]
Nakamura Y, Sonoyama K
Bioscience of microbiota, food and health   31(3) 51-58   2012年   [査読有り]
Ito H, Takemura N, Sonoyama K, Kawagishi H, Topping DL, Conlon MA, Morita T
Journal of agricultural and food chemistry   59(10) 5771-5778   2011年5月   [査読有り]
Allergic airway eosinophilia is suppressed in ovalbumin-sensitized Brown Norway rats fed raffinose and alpha-linked galactooligosaccharide.
Sonoyama K, Watanabe H, Watanabe J, Yamaguchi N, Yamashita A, Hashimoto H, Kishino E, Fujita K, Okada M, Mori S, Kitahata S, Kawabata J
The Journal of nutrition   135(3) 538-543   2005年3月   [査読有り]
Gastric colonization of Candida albicans differs in mice fed commercial and purified diets.
Yamaguchi N, Sonoyama K, Kikuchi H, Nagura T, Aritsuka T, Kawabata J
The Journal of nutrition   135(1) 109-115   2005年1月   [査読有り]

Misc

 
肥満克服のターゲットとしての腸内細菌叢、「肥満克服のサイエンスー代謝の変容と脂肪細胞の制御から、最新治療まで」
園山 慶
実験医学   32 392-398   2014年
腸内微生物とアレルギー発症との関係および難消化性オリゴ糖によるその制御に関する研究
園山 慶
ルミナコイド研究   16 1-8   2012年
肥満、「腸管と免疫・栄養ー腸内細菌から疾患を理解する」
園山 慶
臨床栄養(臨時増刊)   120 730-735   2012年

書籍等出版物

 
ルミナコイド研究のフロンティア
建帛社   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
プレ/プロバイオティクスの健康機能を生体内で媒介する細胞分子基盤の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 園山 慶
冬眠動物における腸粘膜上皮の細胞更新遅滞現象
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 園山 慶
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 園山 慶
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 園山 慶
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 園山 慶
冬眠動物における腸内細菌と宿主の腸管粘膜バリアおよび免疫会系との関係について、以下の三点を検討した。1. シリアンハムスターの冬眠個体、覚醒期の自由摂食個体および絶食個体の盲腸内細菌叢を16SrRNA遺伝子のクローンライブラリを構築して解析した結果、冬眠個体および自由摂食個体ではClostridiaが優占するが、絶食個体ではムチン分解菌であるAkkermansia muciniphilaが著しく増加することを明らかにした。また冬眠個体では覚醒期自由摂食個体と比して総菌数は変化しないにもかか...