山田 友幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 17:56
 
アバター
研究者氏名
山田 友幸
 
ヤマダ トモユキ
URL
http://www.asahi-net.or.jp/~yt6t-ymd/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 思想文化学専攻 哲学講座
職名
特任教授
学位
文学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科 特任教授
 
2000年4月
 - 
2017年3月
北海道大学 大学院・文学研究科 教授
 
1996年1月
 - 
2000年3月
北海道大学 教授
 
1990年4月
 - 
1995年12月
北海道大学 助教授
 
1986年4月
 - 
1990年3月
信州大学 助教授
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1983年3月
東京大学 大学院人文科学研究科 哲学専門課程博士課程
 
1977年4月
 - 
1980年3月
東京大学 大学院人文科学研究科 哲学専門課程修士課程
 
1974年4月
 - 
1977年3月
東京大学 文学部 第一類(文化学)
 
1972年4月
 - 
1974年3月
東京大学 教養学部 文科三類
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
LORI VI  Organizing Committee Chair
 
2014年8月
 - 
現在
北海道大学哲学会  会長
 
2013年12月
 - 
現在
DEON  Program Committee 委員
 
2010年7月
 - 
現在
Philosophia Scientiae (Archives Henri-Poincaré)  editorial board
 
2010年
 - 
現在
クロアチア論理学会  学会誌編集委員
 
2009年
 - 
現在
応用倫理  編集委員
 
2009年
 - 
現在
Journal of Applied Ethics  編集委員
 
2006年
 - 
現在
SOCREAL  Organizing Committee 委員
 
2006年
 - 
現在
LENLS  Organizing Committee 委員
 
2006年
 - 
現在
日本科学哲学会  石本基金運営委員
 
2004年
 - 
現在
日本科学哲学会  大会実行委員
 
1997年
 - 
現在
日本科学哲学会  理事
 
1996年
 - 
現在
科学基礎論学会  評議員
 
1994年
 - 
現在
日本科学哲学会  評議員
 
1993年
 - 
現在
日本科学哲学会  編集委員
 
2009年
 - 
2014年
LORI  Program Committee 委員
 
2007年
 - 
2009年
北海道大学哲学会  運営委員
 
2001年
 - 
2005年
日本哲学会  編集委員
 
1992年
 - 
2003年
日本科学哲学会  大会実行委員
 
1997年
 - 
2001年
日本哲学会  委員
 

論文

 
Assertions and Commitments
山田 友幸
The Philosophical Forum   XLVII(3-4) 475-493   2016年9月   [査読有り]
山田 友幸
S.C.-M. Yang et al. (eds), Structural Analysis of Non-Classical Logics, Logic in Asia: Studia Logica Library, Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2015      2015年10月   [査読有り][招待有り]
サールの社会制度理論とオースティンの言語行為論
山田 友幸
哲学年報 (北海道哲学会)   (60) 21-37   2015年2月   [招待有り]
山田 友幸
M. Rebuschi et al. (eds.), Interdiciplinary Works in Logic, Epistemology, Psychology and Linguistics: Dialogue, Rationality, and Formalism. Springer-Verlag   181-199   2014年5月   [査読有り][招待有り]
山田 友幸
科学哲学 (日本科学哲学会)   46(2) 1-16   2013年   [招待有り]

Misc

 
Searle on Austin on Speech Acts
山田 友幸
   2016年9月   [依頼有り]
A lecture in Padova Philosophy Summer School.
Strawson on Austin on Speech Acts
山田 友幸
   2016年9月   [依頼有り]
A lecture in Padova Philosophy Summer School.
山田 友幸
科学哲学   37(1) 77-89   2004年
This book is the last book of Iida's celebrated series, "Summa". It includes a detailed argument for homophonic semantics and an equally detailed exposition of his truth-conditional semantics for three fragments of Japanese, the third of which con...
山田 友幸
科学哲学   35(1) 101-107   2002年

書籍等出版物

 
Logic, Rationality, and Interaction: 6th International Workshop, LORI 2017, Sapporo, Japan, September 11 - 14, 2017, Proceedings
Alexandru Baltag, Jeremy Seligman, Tomoyuki Yamada (Eds.) (担当:共編者)
Springer   2017年9月   ISBN:978-3-662-55664-1

講演・口頭発表等

 
山田 友幸
Asian Logic Conference 2017   2017年7月11日   National Institute for Mathematical Sciences
Formalizing Status Functions of Illocutionary Acts
山田 友幸
John Searle Symposium   2017年5月22日   Center for Advanced Studies – Southeast Europe, University of Rijeka
山田 友幸
カント・アーベント   2016年4月23日   哲学会
Parametric Constraits in Channel Theory
山田 友幸
科学基礎論学会2015年度秋の研究例会   2015年11月7日   科学基礎論学会
Assertions and Commitments
山田 友幸
International Conference on Williamson, Logic and Philosophy   2015年10月16日   北京大学哲学科

競争的資金等の研究課題

 
発話と社会的文脈の相互作用に関する動的様相論理による学際的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 山田 友幸
新学術領域研究:予測・判断・意思決定の論理と計算
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 岡田 光弘

社会貢献活動

 
哲学者はパラドクスがお好き
【講師】  北海道大学大学院文学研究科  第5回人文学カフェ  2011年5月29日