田山 忠行

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/20 19:02
 
アバター
研究者氏名
田山 忠行
 
タヤマ タダユキ
URL
http://cogpsy.let.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 人間システム科学専攻 心理システム科学講座
職名
教授
学位
博士(文学)(北海道大学), 文学修士(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
   
 
- 信州大学助手(教育学部教育心理学科) 助手
 
1986年
   
 
- 北海道大学助手(文学部行動科学科認知情報学講座) 助手
 
1993年
   
 
- 同助教授(文学部人間行動学講座) 助教授
 
1995年
   
 
- 同助教授(文学部心理システム科学講座) 助教授
 
2003年
   
 
- 同教授(文学研究科人間システム科学専攻心理システム科学講座) 教授
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1983年3月
北海道大学 大学院文学研究科 心理学専攻博士課程
 
1979年4月
 - 
1981年3月
北海道大学 大学院文学研究科 心理学専攻修士課程
 
1975年4月
 - 
1979年3月
北海道大学 文学部 哲学科実験心理学専攻課程
 

委員歴

 
 
 - 
現在
北海道心理学会  常任理事
 
2005年
 - 
2014年
日本基礎心理学会  理事
 
2009年
 - 
2014年
日本基礎心理学会  編集委員
 

論文

 
時間周波数順応下での時間知覚
田山忠行・前川祐弥
Technical Report(Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (74) 1-14   2016年10月
Minimum temporal thresholds for discriminating changes in motion direction.
Tayama, T., & Sato, F.
Journal of the Graduate School of Letters (Hokkaido University)   11 37-53   2016年
The effects of performance feedback on interval timing: Learning and generalization.
Saito, C., Janssen, S.M.J., & Tayama, T.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   34(1) 27-34   2015年9月   [査読有り]
時間知覚に及ぼす繰り返し効果に関するクロスモダル研究.
田山 忠行, 邵 瓊瑤
基礎心理学研究   34(1) 35-44   2015年9月   [査読有り]
運動刺激と静止刺激に対する時間評価ー異なる刺激と実験方法による比較
田山 忠行
北海道大学文学研究科紀要   138 63-99   2012年12月
谷口 康祐, 田山 忠行
基礎心理学研究   30(1) 65-76   2011年9月
Object recognition involves perceptual decisions, such as detection, discrimination, identification and categorization. We investigated which stimulus' properties are involved in these decisions using stimuli from Snodgrass and Vanderwart (1980) m...
Tayama Tadayuki, Tandoh Katsuya
Journal of the Graduate School of Letters   3 55-68   2008年3月
The present study examined the degree to which the perception of change in motion direction is delayed, compared with that in color, depending on the motion velocity, by using detection and prediction tasks. In Experiment 1, stimulus patterns abru...
表情認知における動的情報の役割
谷口佳名・田山忠行
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (55) 1-20   2008年
田山 忠行
基礎心理学研究   25(2) 212-220   2007年3月
Seven experiments investigating the distortion in time perception during seeing motion patterns are reviewed. The first and second experiments showed the fundamental results in which duration estimates increase with motion velocity but duration es...
Kanai Kenichi, Ikeda Kazuo, Tayama Tadayuki
Psychological Research   71 418-426   2007年   [査読有り]

Misc

 
The effects of performance feedback on interval timing: Learning and generalization.
Saito, C., Janssen, S.M.J., & Tayama, T.
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (66) 1-12   2011年5月
線画刺激におけるオブジェクト認知 —検出・識別・同定の判断に関連する形態情報の比較—
谷口康祐・田山忠行
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (64) 1-21   2010年
Minimum temporal thresholds for discriminating changes in motion direction.
Tayama, T.
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (57) 1-20   2009年
The time needed for detecting changes in motion pattern.
Tayama, T.
Proceedings of the Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2007)   23 481-486   2007年
The minimum temporal thresholds for discrimination of change in motion direction.
Tayama, T.
Vision, supplement,2006 (The Fourth Asian Conference on Vision)   (18) 161   2006年
Detection and prediction to changes in color and direction of motion.
Tayama, T.
Journal of Vision (VSS 2006 Abstracts) (Vision Sciences Society 6 th Annual Meeting), 1113.   6(6) 1005a   2006年
Velocity influence on detection and prediction of changes in color and motion direction
Tayama, T.
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology)   (38) 1-19   2006年
Independent mechanisms for dividing attention between the motion and the color of dynamic random-dot patterns.
Tsujimoto, S.,Tayama, T.
Technical Report (Sapporo, Japan: Hokkaido University, Department of Psychology).   (25) 1-18   2003年
Independent processing in dividing attention between motion- and color-judgment under dual-task conditions.
Tsujimoto, S.,Tayama, T.
Supplement to Investigative Ophthalmology & Visual Science (Annual Meeting Abstract Book, S865)   42 S865   2001年
Velocity discrimination of moving gratings with different spatial frequencies.
Tayama, T.
Abstract Issue (First Asian Conference on Vision)   (1) 53-53   2001年

書籍等出版物

 
田山 忠行 (担当:編者)
北海道大学出版会   2016年6月   ISBN:4832933957
人は様々な空間の中で日々の生活を営んでいます。人にとって空間とはどのようなものであり、また人の生活の営みは空間とどのような関わりをもっているのでしょうか。人にとって、空間はとても身近なものであり、空気のように当たり前の存在です。そのため、私たちは普段、その存在に気づくことがありません。本書では「空間」をテーマとして、芸術・思想・歴史・言語・心理・行動・地域など、様々な方面から人と空間の関わりについて解説します。
田山忠行(編集) 空間に遊ぶ ― 人文科学の時間論 ― 第9章 大きさと奥行きの知覚ー錯視が示す視覚の仕組み
田山 忠行 (担当:分担執筆)
北海道大学出版会   2016年6月   
田山 忠行 (担当:編者)
北海道大学出版会   2015年8月   ISBN:978-4-8329-3394-1
時間とは何であり、人は時間とどのような関わりを持って生きているのでしょうか。本書では、時を超えて多くの人々が興味を抱き思索してきた「時間」をテーマに、哲学、歴史学、考古学、言語学、心理学、行動科学など人文科学のさまざまな専門家が話題を提供します。読み進めるうちにこれら学問の広さと奥行きの深さに触れ、その魅力に気づくことでしょう。本書を通じて、人と時間の関わりの多様な側面を知って理解を深め、限られた時間を有効活用し生活をより豊かなものにする手がかりとしていただければ幸いです。
田山忠行(編) 時を編む人間 ― 人文科学の時間論 ― 第1章 意識と時間
田山 忠行 (担当:分担執筆)
北海度大学出版会   2015年8月   
田山 忠行, 須藤 昇 (担当:共編者)
培風館   2012年6月   ISBN:4563052205
知覚や認知などに重点をおき、それぞれの領域において重要と思われる基礎的知識について、実験や調査から得られた客観的事実を踏まえながら、図表を多用し、身近な話題から最新の重要な知見までを17の章に分けて丁寧に解説。
仲真紀子(編)  認知心理学 第3章 時間の経過はどのようにわかるのか?
田山忠行 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 43-69.)
ミネルヴァ書房   2010年   
菱谷晋介(編)心理学を学ぶハード&ソフト 3章 Javaプログラミング
田山 忠行 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 29-42.)
ナカニシヤ出版   2009年   
菱谷晋介(編)心理学を学ぶハード&ソフト 2章 HSPプログラミング
石崎千景・田山忠行 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 15-28.)
ナカニシヤ出版   2009年   
西川泰夫・阿部純一・仲真紀子(編)認知科学の展開 6章 注意過程
田山 忠行 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 140-159.)
放送大学教育振興会   2008年   
西川泰夫・阿部純一・仲真紀子(編)認知科学の展開 5章 高次視知覚
田山 忠行 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 116-139.)
放送大学教育振興会   2008年   

講演・口頭発表等

 
刺激間インターバルの心的分割が同期タッピングに与える影響
新井田光希・田山忠行
日本基礎心理学会第35回大会 (東京女子大学)   2016年10月   
Object motionにおける見かけの速度が時間知覚に与える影響
高瀨愛理・田山忠行
日本基礎心理学会第35回大会 (東京女子大学)   2016年10月   
Apparent speed of object motion affects time perception
TAKASE, Airi, TAYAMA Tadayuki,
The 31th International Congress of Psychology (Yokohama)   2016年7月   
he effect of adaptation to simple line drawings on duration estimation.
TAYAMA Tadayuki
The 31th International Congress of Psychology (Yokohama)   2016年7月