門出 健次

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/01 14:43
 
アバター
研究者氏名
門出 健次
 
モンデ ケンジ
ハンドル
handle0167100
eメール
kmondesci.hokudai.ac.jp
URL
http://www.lfsci.hokudai.ac.jp/labs/infchb/
所属
北海道大学
部署
大学院先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 化学生物学分野
職名
教授、センター長
学位
理学博士(北海道大学), 理学修士(北海道大学)
その他の所属
北海道大学附属次世代物質生命科学研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院先端生命科学研究院 次世代ポストゲノム研究センター長
 
2010年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院先端生命科学研究院(先端融合科学研究部門化学生物学分野) 教授
 
2006年4月
 - 
2010年3月
北海道大学 大学院先端生命科学研究院(先端生命科学部門先端生体制御科学分野) 准教授
 
2001年7月
 - 
2006年3月
北海道大学 大学院理学研究科(生物科学専攻生体高分子設計学講座) 助教授
 
1996年7月
 - 
2001年6月
東北大学 (反応化学研究所生体反応制御分野) 助手
 
1995年1月
 - 
1996年6月
米国コロンビア大学  博士研究員
 
1994年3月
 - 
1995年1月
文部省在外研究員(米国コロンビア大学) 博士研究員
 
1988年4月
 - 
1994年3月
北海道大学 (理学部化学科環境化学講座) 助手
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1984年3月
北海道大学 理学部 化学科
 
1984年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士前期課程)
 
1986年4月
 - 
1988年3月
北海道大学 理学研究科 化学専攻(博士後期課程)
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
高分子学会  理事
 
2016年
 - 
現在
高分子学会  北海道支部 支部長
 
2015年
 - 
現在
キラル分光国際会議  International Scientific Committee
 
2015年
 - 
現在
雑誌Chirality (Wiley)  Editorial Board
 
2015年
 - 
現在
International Conference on Vibrational Optical Activity  International Steering Committee
 
2013年
 - 
現在
フルオラス科学研究会  理事
 
2010年
 - 
現在
日本糖質学会  日本糖質学会評議員
 
2013年
 - 
2015年
第15回キラル分光国際会議(CD2015)  実行委員長
 
2002年
 - 
2006年
高分子学会  会誌編集委員
 
2003年
 - 
2005年
高分子学会  日本高分子学会 討論会 実行委員
 

受賞

 
1992年
第7回若い世代の特別講演賞
 

論文

 
What Is the True Structure of D609, a Widely Used Lipid Related Enzyme Inhibitor?
Kato, M., Hammam, M. A. S., Taniguchi, T., Suga, Y., Monde, K.
Org. Lett.   18 768-771   2016年   [査読有り]
Stereochemistry of a Rhododaurichromanic Acid Derivative.
Swamy M. M. M., Mandi A., Anetai M., Monde K.
Nat. Prod. Commun.   11 193-195   2016年   [査読有り]
Epigenetic stimulation of polyketide production in Chaetomium cancroideum by an NAD+- dependent HDAC inhibitor
Asai, T., Morita, S., Taniguchi, T., Monde, K., Oshima, Y.
Org. Biomol. Chem.   14 646-651   2016年   [査読有り]
Highly Efficient Preparation of Sphingoid Bases from Glucosylceramides by Chemoenzymatic Method
Gowda S.B., Usuki S., Hammam M.A.S., Murai Y., Igarashi Y., Monde K.
J. Lipid Res.   57 325-331   2016年   [査読有り]
Vibrational CD (VCD) Spectroscopy as a Powerful Tool for Chiral Analysis of Flavor Compounds.
Yaguchi, Y., Nakahashi, A., Miura, N., Taniguchi, T., Sugimoto, D., Emura, M., Zaizen, K., Kusano, Y., .Monde, K.
ACS Symp. Ser.   1212 35-56   2015年   [査読有り]
Stereochemical Analysis of Glycerophospholipids by Vibrational Circular Dichroism.
Taniguchi, T., Manai, D., Shibata, M., Itabashi, Y., Monde, K.
J. Am. Chem. Soc.   137 12191-12194   2015年   [査読有り]
Genome Mining for Sesterterpenes Using Bifunctional Terpene Synthases Reveals a Unified Intermediate of Di/Sesterterpenes.
Ye, Y., Minami, A., Mandi, A., Liu, C., Taniguchi, T., Kuzuyama, T., Monde, K., Gomi, K., Oikawa H.
J. Am. Chem. Soc.   137 11846-11853   2015年   [査読有り]
Asymmetric Nitrocyclopropanation of α-Substituted α,β-Enals Catalyzed by Diphenylprolinol Silyl Ether for the Construction of All-Carbon Quaternary Stereogenic Centers.
Hayashi, Y., Yamazaki, T., Nakanishi, Y., Ono, T., Taniguchi,T., Monde, K., Uchimaru,T.
Eur.J. Org. Chem.   2015 5747-5754   2015年   [査読有り]
Revision of the relative and absolute stereochemistry of 3-hydroxydehydroiso-α-lapachone and its derivatives.
Khandelwal, P., Singh, P., Taniguchi, T., Monde, K., Johmoto, K., Uekusa, H., Masubuti, H., Fujimoto, Y.
Phytochemistry Lett.   10 224-229   2014年   [査読有り]
Stereoselective synthesis of 1-methoxyspiroindoline phytoalexins and their amino analogues
Salayová, A., Kudličková Z., Baláž M., Budovská M., Pilátová M., Mojžiš J., Monde K., Petrovaj J. Gondová T.
Tetrahedron Asymmetry,   25 1221-1233   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
「赤外円二色スペクトルによる絶対配置決定」 Chap 2, 日本化学会 編 CSJ カレントレビュー 13
門出 健次
化学同人   2013年   
「赤外円二色性スペクトル法における新展開」
門出 健次
高分子   2012年   
Comprehensive Chiroptical Spectroscopy
John Wiley & Sons   2011年   
「高分子分析技術最前線」 高分子学会 編集
共立出版   2007年   
「糖鎖生物学入門」 Maureen E. Taylor, Kurt Drickamer 著
化学同人   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
複合糖鎖キラル分析法の開発
天然物資源のライブラリィー化とその活用
研究期間: 2003年   
フルオラス特性を利用した動態解析法の開発
研究期間: 2005年