五十嵐 郁男

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/15 09:50
 
アバター
研究者氏名
五十嵐 郁男
 
イガラシ イクオ
URL
http://www.obihiro.ac.jp/~protozoa/
所属
帯広畜産大学
部署
原虫病研究センター
職名
教授
学位
医学博士(群馬大学), 獣医学修士(帯広畜産大学)

プロフィール

帯広畜産大学大学院修士課程においては、トキソプラズマ慢性感染母ラットから生まれた胎仔ラットはトキソプラズマ感染に抵抗性を有し、T細胞、マクロファージ遊走阻止因子、トキソプラズマ増殖阻止因子等が関与していることを明らかにした。群馬大学大学院博士課程および助手時代は、マウスマラリア感染においてT細胞が宿主の原虫感染抵抗性に関与するばかりでなく、宿主に対する病理学的障害性にも関与する事を明らかにした。アメリカ留学時代には、脳性マラリアやマラリア感染に伴う腎障害が免疫複合体によることを明らかにしている。帯広畜産大学においては、実験的バベシア感染マウスモデルを用いて、CD4陽性細胞、インターフェロンおよび他のサイトカインの重要性を明らかにしてきている。また、日本におけるウシやウマのバベシア原虫のin vitro培養を確立し、薬剤のスクリーニングやバベシア症の診断法の開発に応用してきた。また、血清および遺伝子診断法を用いて、国際的な規模で牛バベシア症やウマピロプラズマ症に関する分子疫学調査も実施している。これらの成果により、2007年に国際獣疫事務局(OIE)の馬ピロプラズマ症及びウシバベシア症のレフェレンスラボラトリーに認定されている

研究分野

 
 

経歴

 
1985年2月
 - 
1988年1月
ケースウエスターンリザーブ大学 病理学研究所、研究員
 
1983年5月
 - 
1988年2月
群馬大学医学部寄生虫学講座 助手
 
1988年3月
 - 
1991年5月
帯広畜産大学畜産学部生理学講座 助手
 
1989年5月
 - 
1991年5月
国際協力事業団 長期派遣専門家, リーダー代行
 
1991年6月
 - 
1991年7月
帯広畜産大学原虫病分子免疫研究センター 助手
 
1991年8月
 - 
2000年3月
帯広畜産大学原虫病分子免疫研究センター 助教授
 
2002年10月
 - 
2007年3月
帯広畜産大学 21 世紀COEプログラム(動物性蛋白質資源の生産向上と食の安全−特に原虫病を中心としてー)拠点リーダー
 
2000年4月
 - 
2009年3月
岐阜大学大学院 教授(併任)
 
2002年2月
 - 
2010年3月
帯広畜産大学原虫病研究センター センター長
 
2000年4月
 - 
現在
帯広畜産大学原虫病研究センター 教授
 
2006年4月
 - 
現在
帯広畜産大学大学院 教授
 
2007年5月
 - 
現在
国際獣疫事務局 牛バベシア症・馬ピロプラズマ症専門家
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学
 
1977年4月
 - 
1979年3月
帯広畜産大学 獣医畜産学研究科 獣医学
 
1979年4月
 - 
1983年3月
群馬大学 医学研究科 社会医学系(寄生虫病)
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
日独原虫病協会  会長
 
2012年10月
 - 
現在
PLOS ONE  Academic Editor
 
2012年5月
 - 
現在
長崎大学熱帯医学研究所  熱帯医学研究拠点運営委員会委員長
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医寄生虫学会  副理事長
 
2012年4月
 - 
現在
日本熱帯医学会  理事
 
2011年10月
 - 
現在
PLOS ONE  編集委員
 
2011年5月
 - 
現在
Parasitology Research  編集委員
 
2009年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  理事
 
2005年1月
 - 
現在
世界獣医寄生虫学会(World Association for Advancement of Veterinary Parasitology)  Veterinary Parasitology 編集委員
 
2001年
 - 
現在
日本熱帯医学会  評議員
 
2000年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 
2000年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2010年1月
 - 
2013年1月
日独原虫病協会  理事、副会長
 
2012年9月
 - 
2012年9月
日本熱帯学会  第53回日本熱帯学会大会会長
 
2012年3月
 - 
2012年3月
独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構生物系生物系特定産業技術研究支援センター  「イノベーション創出基礎的研究推進事業」書類審査専門委員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
長崎大学熱帯医学研究所  運営委員会委員
 
2010年5月
 - 
2011年5月
社団法人国立大学協会  教育・研究委員会専門委員
 
2010年9月
 - 
2010年9月
日本獣医学会  第150回日本獣医学会学術集会会長
 
2008年8月
 - 
2010年7月
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員
 
2008年8月
 - 
2010年7月
日本学術振興会  国際事業委員会書面審査委員
 
2010年3月
 - 
2010年3月
独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構生物系生物系特定産業技術研究支援センター  「イノベーション創出基礎的研究推進事業」書類審査専門委員
 
2009年10月
 - 
2010年3月
日本学術振興会  国際事業委員会書面評価員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
国立大学附置研究所・センター長会議  常置委員会委員(平成21年度)
 
2004年10月
 - 
2010年3月
日米医学協力研究会  寄生虫疾患専門部会委員
 
2008年4月
 - 
2009年6月
独立行政法人大学評価・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会専門委員
 
2009年3月
 - 
2009年3月
農業・生物系特定産業技術研究機構生物系生物系特定産業技術研究支援センター  「イノベーション創出基礎的研究推進事業」書類審査専門委員
 
2003年
 - 
2009年
日本獣医寄生虫学会  評議員、理事
 
2007年4月
 - 
2007年12月
学術振興会  「魅力ある大学院教育」イニシアティブ委員会事後評価部会専門委員(平成19年度)
 
2006年7月
 - 
2007年3月
北海道科学技術総合振興センター  「研究開発助成事業」審査委員会員
 
2005年1月
 - 
2006年12月
学術振興会  科学研究費委員会専門委員(17、18年度)
 
2004年8月
 - 
2006年7月
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員
 
2005年8月
 - 
2005年12月
日本学術振興会  「魅力ある大学院教育」イニシアティブ委員会分野別審査部会専門委員
 

受賞

 
2000年4月
日本獣医学会 日本獣医学会賞 バベシア原虫のin vitro 培養の確立とその治療・診断への応用に関する研究
 

論文

 
Cao S, Luo Y, Aboge GO, Terkawi MA, Masatani T, Suzuki H, Igarashi I, Nishikawa Y, Xuan X
Experimental parasitology   133 346-352   2013年3月   [査読有り]
Munkhjargal T, Sivakumar T, Battsetseg B, Nyamjargal T, Aboulaila M, Purevtseren B, Bayarsaikhan D, Byambaa B, Terkawi MA, Yokoyama N, Igarashi I
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   16(2013) 178-185   2013年2月   [査読有り]
Sivakumar T, Yoshinari T, Igarashi I, Kothalawala H, Abeyratne SA, Vimalakumar SC, Meewewa AS, Kuleswarakumar K, Chandrasiri AD, Yokoyama N
Ticks and tick-borne diseases      2013年1月   [査読有り]
Salama AA, Aboulaila M, Moussa AA, Nayel MA, El-Sify A, Terkawi MA, Hassan HY, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   191(1-2) 1-10   2013年1月   [査読有り]
Ueno A, Terkawi MA, Yokoyama M, Cao S, Aboge G, Aboulaila M, Nishikawa Y, Xuan X, Yokoyama N, Igarashi I
Parasitology international   62 189-192   2012年12月   [査読有り]
Kumar S, Yokoyama N, Kim JY, Bork-Mimm S, Inoue N, Xuan X, Igarashi I, Sugimoto C
Experimental parasitology   132 508-512   2012年12月   [査読有り]
Yokoyama N, Sivakumar T, Ota N, Igarashi I, Nakamura Y, Yamashina H, Matsui S, Fukumoto N, Hata H, Kondo S, Oshiro M, Zakimi S, Kuroda Y, Kojima N, Matsumoto K, Inokuma H
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   12 1669-1675   2012年12月   [査読有り]
AbouLaila M, Terkawi MA, Seuseu FJ, Ota N, de Macedo AC, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Veterinary parasitology   190 401-410   2012年12月   [査読有り]
Munkhjargal T, Aboulaila M, Ueno A, Sivakumar T, Nakano Y, Yokoyama M, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   190 423-433   2012年12月   [査読有り]
Hikosaka K, Tsuji N, Watanabe Y, Kishine H, Horii T, Igarashi I, Kita K, Tanabe K
BMC genomics   13 622   2012年11月   [査読有り]
Cao S, Aboge GO, Terkawi MA, Zhou M, Luo Y, Yu L, Li Y, Goo Y, Kamyingkird K, Masatani T, Suzuki H, Igarashi I, Nishikawa Y, Xuan X
Parasitology international      2012年11月   [査読有り]
Chiou SP, Yokoyama N, Igarashi I, Kitoh K, Takashima Y
Experimental parasitology   132(3) 327-333   2012年11月   [査読有り]
Sivakumar T, Kothalawala H, Abeyratne SA, Vimalakumar SC, Meewewa AS, Hadirampela DT, Puvirajan T, Sukumar S, Kuleswarakumar K, Chandrasiri AD, Igarashi I, Yokoyama N
Veterinary parasitology   190(1-2) 263-267   2012年11月   [査読有り]
A PCR Based Survey of Babesia ovata in Cattle from Various Asian, African, and South American Countries.
Yoshinari T, Sivakumar T, Asada M, Battsetseg B, Huang X, Lan DT, Inpankaew T, Ybañez AP, Alhassan A, Thekisoe OM, Macedo AC, Inokuma H, Igarashi I, Yokoyama N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2012年10月   [査読有り]
Munkhjargal T, AbouLaila M, Terkawi MA, Sivakumar T, Ichikawa M, Davaasuren B, Nyamjargal T, Yokoyama N, Igarashi I
The American journal of tropical medicine and hygiene   87(4) 681-688   2012年10月   [査読有り]
Ooka H, Terkawi MA, Cao S, Aboge G, Goo YK, Luo Y, Li Y, Nishikawa Y, Igarashi I, Xuan X
The Journal of parasitology   98 1045-1048   2012年10月   [査読有り]
Cao S, Aboge GO, Terkawi MA, Yu L, Kamyingkird K, Luo Y, Li Y, Goo YK, Yamagishi J, Nishikawa Y, Yokoyama N, Suzuki H, Igarashi I, Maeda R, Inpankaew T, Jittapalapong S, Xuan X
Parasitology research   111 1259-1266   2012年9月   [査読有り]
Terkawi MA, Alhasan H, Ueno A, Ratthanophart J, Luo Y, Cao S, Kamyingkird K, Aboulaila M, Youn-Kyoung G, Nishikawa Y, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Parasitology international   61 493-496   2012年9月   [査読有り]
Background Lesions during a 24-Month Observation Period in Connexin 32-Deficient Mice.
Igarashi I, Makino T, Suzuki Y, Kai K, Teranishi M, Takasaki W, Furuhama K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2012年9月   [査読有り]
Islam MT, Igarashi I, Kawabuchi K
Bioscience trends   6(4) 165-175   2012年8月   [査読有り]
Sivakumar T, Tagawa M, Yoshinari T, Ybañez AP, Igarashi I, Ikehara Y, Hata H, Kondo S, Matsumoto K, Inokuma H, Yokoyama N
Journal of clinical microbiology   50(6) 2111-2113   2012年6月   [査読有り]
Aboulaila M, Munkhjargal T, Sivakumar T, Ueno A, Nakano Y, Yokoyama M, Yoshinari T, Nagano D, Katayama K, El-Bahy N, Yokoyama N, Igarashi I
Antimicrobial agents and chemotherapy   56(6) 3196-3206   2012年6月   [査読有り]
Sivakumar T, Altangerel K, Battsetseg B, Battur B, Aboulaila M, Munkhjargal T, Yoshinari T, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   187(1-2) 17-22   2012年6月   [査読有り]
Terkawi MA, Alhasan H, Huyen NX, Sabagh A, Awier K, Cao S, Goo YK, Aboge G, Yokoyama N, Nishikawa Y, Kalb-Allouz AK, Tabbaa D, Igarashi I, Xuan X
Veterinary parasitology   187(1-2) 307-311   2012年6月   [査読有り]
Altangerel K, Sivakumar T, Battsetseg B, Battur B, Ueno A, Igarashi I, Yokoyama N
Veterinary parasitology   184(2-4) 309-316   2012年3月   [査読有り]
Galay RL, Maeda H, Aung KM, Umemiya-Shirafuji R, Xuan X, Igarashi I, Tsuji N, Tanaka T, Fujisaki K
Tropical animal health and production   44 343-348   2012年2月   [査読有り]
Luo Y, Terkawi MA, Jia H, Aboge GO, Goo YK, Cao S, Li Y, Yu L, Ooka H, Kamyingkird K, Masatani T, Zhang S, Nishikawa Y, Igarashi I, Xuan X
Experimental parasitology   130(2) 178-182   2012年2月   [査読有り]
Shimamoto Y, Sasaki M, Ikadai H, Ishizuka M, Yokoyama N, Igarashi I, Hoshi F, Kitamura H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(2) 241-245   2012年2月   [査読有り]
Li Y, Terkawi MA, Nishikawa Y, Aboge GO, Luo Y, Ooka H, Goo YK, Yu L, Cao S, Sun Y, Yamagishi J, Masatani T, Yokoyama N, Igarashi I, Xuan X
Infection and immunity   80(1) 311-320   2012年1月   [査読有り]
Terkawi MA, Thekisoe OM, Katsande C, Latif AA, Mans BJ, Matthee O, Mkize N, Mabogoane N, Marais F, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Veterinary parasitology   182(2-4) 337-342   2011年12月   [査読有り]
Altangerel K, Battsetseg B, Battur B, Sivakumar T, Batmagnai E, Javkhlan G, Tuvshintulga B, Igarashi I, Matsumoto K, Inokuma H, Yokoyama N
Veterinary parasitology   182(2-4) 343-348   2011年12月   [査読有り]
Altangerel K, Sivakumar T, Inpankaew T, Jittapalapong S, Terkawi MA, Ueno A, Xuan X, Igarashi I, Yokoyama N
The Journal of parasitology   97 1075-1079   2011年12月   [査読有り]
Terkawi MA, Seuseu FJ, Eko-Wibowo P, Huyen NX, Minoda Y, AbouLaila M, Kawai S, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Molecular and biochemical parasitology   178(1-2) 40-45   2011年7月   [査読有り]
Terkawi MA, Huyen NX, Shinuo C, Inpankaew T, Maklon K, Aboulaila M, Ueno A, Goo YK, Yokoyama N, Jittapalapong S, Xuan X, Igarashi I
Veterinary parasitology   178(3-4) 201-207   2011年6月   [査読有り]
Luo Y, Jia H, Terkawi MA, Goo YK, Kawano S, Ooka H, Li Y, Yu L, Cao S, Yamagishi J, Fujisaki K, Nishikawa Y, Saito-Ito A, Igarashi I, Xuan X
Parasitology international   60(2) 119-125   2011年6月   [査読有り]
Khukhuu A, Lan DT, Long PT, Ueno A, Li Y, Luo Y, Macedo AC, Matsumoto K, Inokuma H, Kawazu S, Igarashi I, Xuan X, Yokoyama N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(5) 701-705   2011年5月   [査読有り]
Yokoyama N, Ueno A, Mizuno D, Kuboki N, Khukhuu A, Igarashi I, Miyahara T, Shiraishi T, Kudo R, Oshiro M, Zakimi S, Sugimoto C, Matsumoto K, Inokuma H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   73(3) 305-312   2011年3月   [査読有り]
Terkawi MA, Huyen NX, Wibowo PE, Seuseu FJ, Aboulaila M, Ueno A, Goo YK, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Clinical and vaccine immunology : CVI   18 337-342   2011年2月   [査読有り]
Ooka H, Terkawi MA, Goo YK, Luo Y, Li Y, Yamagishi J, Nishikawa Y, Igarashi I, Xuan X
Experimental parasitology   127(1) 287-293   2011年1月   [査読有り]
Zhang G, Huang X, Boldbaatar D, Battur B, Battsetseg B, Zhang H, Yu L, Li Y, Luo Y, Cao S, Goo YK, Yamagishi J, Zhou J, Zhang S, Suzuki H, Igarashi I, Mikami T, Nishikawa Y, Xuan X
Vaccine   28 7243-7247   2010年10月   [査読有り]
Goo YK, Terkawi MA, Jia H, Aboge GO, Ooka H, Nelson B, Kim S, Sunaga F, Namikawa K, Igarashi I, Nishikawa Y, Xuan X
Parasitology international   59(3) 481-486   2010年9月   [査読有り]
AbouLaila M, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   172 65-70   2010年8月   [査読有り]
Serodiagnosis of ovine toxoplasmosis in Mongolia by an enzyme-linked immunosorbent assay with recombinant Toxoplasma gondii matrix antigen 1.
Tumurjav B, Terkawi MA, Zhang H, Zhang G, Jia H, Goo YK, Yamagishi J, Nishikawa Y, Igarashi I, Sugimoto C, Xuan X
The Japanese journal of veterinary research   58 111-119   2010年8月   [査読有り]
Iseki H, Kawai S, Takahashi N, Hirai M, Tanabe K, Yokoyama N, Igarashi I
Journal of clinical microbiology   48 2509-2514   2010年7月   [査読有り]
Iseki H, Zhou L, Kim C, Inpankaew T, Sununta C, Yokoyama N, Xuan X, Jittapalapong S, Igarashi I
Veterinary parasitology   170(3-4) 193-196   2010年6月   [査読有り]
AbouLaila M, Sivakumar T, Yokoyama N, Igarashi I
Parasitology international   59(2) 278-282   2010年6月   [査読有り]
Karanis P, Eiji T, Palomino L, Boonrod K, Plutzer J, Ongerth J, Igarashi I
Veterinary parasitology   169(3-4) 387-390   2010年5月   [査読有り]
Hikosaka K, Watanabe Y, Tsuji N, Kita K, Kishine H, Arisue N, Palacpac NM, Kawazu S, Sawai H, Horii T, Igarashi I, Tanabe K
Molecular biology and evolution   27(5) 1107-1116   2010年5月   [査読有り]
AbouLaila M, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   169 45-50   2010年4月   [査読有り]
Inpankaew T, Pinyopanuwut N, Chimnoi W, Kengradomkit C, Sununta C, Zhang G, Nishikawa Y, Igarashi I, Xuan X, Jittapalapong S
Transboundary and emerging diseases   57(1/2) 42-45   2010年4月   [査読有り]
Aboulaila M, Yokoyama N, Igarashi I
Parasitology   137(5) 785-791   2010年4月   [査読有り]
Aboulaila M, Nakamura K, Govind Y, Yokoyama N, Igarashi I
Veterinary parasitology   167 19-27   2010年1月   [査読有り]
Fukumoto S, Tamaki Y, Igarashi I, Suzuki H, Xuan X
Experimental parasitology   123 296-301   2009年12月   [査読有り]
Terkawi MA, Amornthep A, Ooka H, Aboge G, Jia H, Goo YK, Nelson B, Yamagishi J, Nishikawa Y, Igarashi I, Kawazu SI, Fujisaki K, Xuan X
Parasitology   136(10) 1147-1160   2009年9月   [査読有り]
Jia H, Terkawi MA, Aboge GO, Goo YK, Luo Y, Li Y, Yamagishi J, Nishikawa Y, Igarashi I, Sugimoto C, Fujisaki K, Xuan X
Parasitology   136(9) 945-952   2009年8月   [査読有り]
Ota N, Mizuno D, Kuboki N, Igarashi I, Nakamura Y, Yamashina H, Hanzaike T, Fujii K, Onoe S, Hata H, Kondo S, Matsui S, Koga M, Matsumoto K, Inokuma H, Yokoyama N
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   71(7) 937-944   2009年7月   [査読有り]
Altangerel K, Alhassan A, Iseki H, Sivakumar T, Boldbaatar D, Yokoyama N, Igarashi I
Parasitology research   105 249-254   2009年7月   [査読有り]
Jia H, Terkawi MA, Aboge GO, Goo YK, Ma L, Zhou J, Nishikawa Y, Igarashi I, Fujisaki K, Xuan X
Clinical and vaccine immunology : CVI   16 944-948   2009年6月   [査読有り]
Terkawi MA, Aboge G, Jia H, Goo YK, Ooka H, Yamagishi J, Nishikawa Y, Yokoyama N, Igarashi I, Kawazu SI, Fujisaki K, Xuan X
Parasite immunology   31 328-340   2009年6月   [査読有り]
Seroprevalence of Cryptosporidium parvum infection of dairy cows in three northern provinces of Thailand determined by enzyme-linked immunosorbent assay using recombinant antigen CpP23.
Inpankaew T, Jittapalapong S, Phasuk J, Pinyopanuwut N, Chimnoi W, Kengradomkit C, Sunanta C, Zhang G, Aboge GO, Nishikawa Y, Igarashi I, Xuan X
The Onderstepoort journal of veterinary research   76 161-165   2009年6月   [査読有り]
Perera N, Aonuma H, Yoshimura A, Teramoto T, Iseki H, Nelson B, Igarashi I, Yagi T, Fukumoto S, Kanuka H
Journal of virological methods   156 32-36   2009年3月   [査読有り]
Takabatake N, Iseki H, Ikehara Y, Kanuka H, Yokoyama N, Sekimizu K, Igarashi I
Veterinary parasitology   159 97-104   2009年2月   [査読有り]
Tanaka T, Xuan X, Kojima A, Igarashi I, Fujisaki K, Shimazaki K
Cytotechnology   58(3) 127-133   2008年11月   [査読有り]
Aonuma H, Suzuki M, Iseki H, Perera N, Nelson B, Igarashi I, Yagi T, Kanuka H, Fukumoto S
Biochemical and biophysical research communications   376(4) 671-676   2008年11月   [査読有り]
Aboge GO, Jia H, Terkawi MA, Goo YK, Nishikawa Y, Sunaga F, Namikawa K, Tsuji N, Igarashi I, Suzuki H, Fujisaki K, Xuan X
Antimicrobial agents and chemotherapy   52 4072-4080   2008年11月   [査読有り]
Salim BO, Hassan SM, Bakheit MA, Alhassan A, Igarashi I, Karanis P, Abdelrahman MB
Parasitology research   103 1145-1150   2008年10月   [査読有り]
Prevalence of Theileria equi and Babesia caballi infections in horses belonging to resource-poor farmers in the north-eastern Free State Province, South Africa.
Motloang MY, Thekisoe OM, Alhassan A, Bakheit M, Motheo MP, Masangane FE, Thibedi ML, Inoue N, Igarashi I, Sugimoto C, Mbati PA
The Onderstepoort journal of veterinary research   75 141-146   2008年6月   [査読有り]
Terkawi MA, Zhang G, Jia H, Aboge G, Goo YK, Nishikawa Y, Yokoyama N, Igarashi I, Kawazu SI, Fujisaki K, Xuan X
Parasite immunology   30 365-370   2008年6月   [査読有り]
Burenbaatar B, Bakheit MA, Plutzer J, Suzuki N, Igarashi I, Ongerth J, Karanis P
Parasitology research   102 901-905   2008年4月   [査読有り]
Iseki H, Takabatake N, Ota N, Ishigame T, Yokoyama N, Igarashi I
Experimental parasitology   118 543-548   2008年4月   [査読有り]
Goo YK, Jia H, Aboge GO, Terkawi MA, Kuriki K, Nakamura C, Kumagai A, Zhou J, Lee EG, Nishikawa Y, Igarashi I, Fujisaki K, Xuan X
Experimental parasitology   118 555-560   2008年4月   [査読有り]
Karanis P, Kimura A, Nagasawa H, Igarashi I, Suzuki N
The Journal of parasitology   94 298-300   2008年2月   [査読有り]
Kim CM, Blanco LB, Alhassan A, Iseki H, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
Veterinary parasitology   151 158-163   2008年2月   [査読有り]
Development of a rapid immunochromatographic test for simultaneous serodiagnosis of bovine babesioses caused by Babesia bovis and Babesia bigemina.
Kim CM, Blanco LB, Alhassan A, Iseki H, Yokoyama N, Xuan X, Igarashi I
The American journal of tropical medicine and hygiene   78 117-121   2008年1月   [査読有り]
Jia H, Terkawi MA, Aboge GO, Goo YK, Zhou J, Lee EG, Nishikawa Y, Igarashi I, Fujisaki K, Xuan X
Experimental parasitology   118 146-149   2008年1月   [査読有り]
Bork S, Yokoyama N, Hashiba S, Nakamura K, Takabatake N, Okamura M, Ikehara Y, Igarashi I
The Journal of parasitology   93 1501-1504   2007年12月   [査読有り]
Iseki H, Alhassan A, Ohta N, Thekisoe OM, Yokoyama N, Inoue N, Nambota A, Yasuda J, Igarashi I
Journal of microbiological methods   71(3) 281-287   2007年12月   [査読有り]
Terkawi MA, Jia H, Gabriel A, Goo YK, Nishikawa Y, Yokoyama N, Igarashi I, Fujisaki K, Xuan X
Parasitology research   102 35-40   2007年12月   [査読有り]
Development of TaqMan-based real-time PCR assays for diagnostic detection of Babesia bovis and Babesia bigemina.
Kim C, Iseki H, Herbas MS, Yokoyama N, Suzuki H, Xuan X, Fujisaki K, Igarashi I
The American journal of tropical medicine and hygiene   77 837-841   2007年11月   [査読有り]
Takabatake N, Okamura M, Yokoyama N, Okubo K, Ikehara Y, Igarashi I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   69(10) 999-1004   2007年10月   [査読有り]
Aboge GO, Jia H, Terkawi MA, Goo Y, Kuriki K, Nishikawa Y, Igarashi I, Suzuki H, Xuan X
Veterinary parasitology   149 85-94   2007年10月   [査読有り]
Okubo K, Yokoyama N, Govind Y, Alhassan A, Igarashi I
Experimental parasitology   117 214-217   2007年10月   [査読有り]
Takabatake N, Okamura M, Yokoyama N, Ikehara Y, Akimitsu N, Arimitsu N, Hamamoto H, Sekimizu K, Suzuki H, Igarashi I
Veterinary parasitology   148 93-101   2007年9月   [査読有り]
Karanis P, Thekisoe O, Kiouptsi K, Ongerth J, Igarashi I, Inoue N
Applied and environmental microbiology   73(17) 5660-5662   2007年9月   [査読有り]
Kim C, Alhassan A, Verdida RA, Yokoyama N, Xuan X, Fujisaki K, Kawazu S, Igarashi I
Veterinary parasitology   148 137-143   2007年9月   [査読有り]
Nakamura K, Yokoyama N, Igarashi I
Parasitology   134(10) 1347-1353   2007年9月   [査読有り]
Aboge GO, Jia H, Kuriki K, Zhou J, Nishikawa Y, Igarashi I, Fujisaki K, Suzuki H, Xuan X
Parasitology   134(9) 1185-1194   2007年8月   [査読有り]
Thekisoe OM, Kuboki N, Nambota A, Fujisaki K, Sugimoto C, Igarashi I, Yasuda J, Inoue N
Acta tropica   102 182-189   2007年6月   [査読有り]
Comparison of polymerase chain reaction methods for the detection of Theileria equi infection using whole blood compared with pre-extracted DNA samples as PCR templates.
Alhassan A, Iseki H, Kim C, Yokoyama N, Igarashi I
Tropical animal health and production   39 369-374   2007年6月   [査読有り]
Okamura M, Yokoyama N, Takabatake N, Okubo K, Ikehara Y, Igarashi I
Experimental parasitology   116 91-94   2007年5月   [査読有り]
Jia H, Liao M, Lee E, Nishikawa Y, Inokuma H, Ikadai H, Matsuu A, Igarashi I, Xuan X
Parasitology research   100 1381-1384   2007年5月   [査読有り]
Fujii K, Kakumoto C, Kobayashi M, Saito S, Kariya T, Watanabe Y, Xuan X, Igarashi I, Suzuki M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   69(4) 393-398   2007年4月   [査読有り]
Molecular evidence of Babesia equi transmission in Haemaphysalis longicornis.
Ikadai H, Sasaki M, Ishida H, Matsuu A, Igarashi I, Fujisaki K, Oyamada T
The American journal of tropical medicine and hygiene   76 694-697   2007年4月   [査読有り]
Alhassan A, Govind Y, Tam NT, Thekisoe OM, Yokoyama N, Inoue N, Igarashi I
Parasitology research   100 1165-1168   2007年4月   [査読有り]
Terkawi MA, Jia H, Zhou J, Lee EG, Igarashi I, Fujisaki K, Nishikawa Y, Xuan X
Vaccine   25 2027-2035   2007年3月   [査読有り]
Okamura M, Yokoyama N, Takabatake N, Okubo K, Ikehara Y, Igarashi I
The Journal of parasitology   93 208-211   2007年2月   [査読有り]
Fukumoto S, Tamaki Y, Okamura M, Bannai H, Yokoyama N, Suzuki T, Igarashi I, Suzuki H, Xuan X
Vaccine   25 1334-1341   2007年1月   [査読有り]
Alhassan A, Thekisoe OM, Yokoyama N, Inoue N, Motloang MY, Mbati PA, Yin H, Katayama Y, Anzai T, Sugimoto C, Igarashi I
Veterinary parasitology   143 155-160   2007年1月   [査読有り]
Ikadai H, Ishida H, Sasaki M, Taniguchi K, Miyata N, Koda M, Igarashi I, Oyamada T
Molecular and biochemical parasitology   150 371-373   2006年12月   [査読有り]
Identification of a novel gene encoding a secreted antigen 1 of Babesia gibsoni and evaluation of its use in serodiagnosis.
Jia H, Zhou J, Ikadai H, Matsuu A, Suzuki H, Igarashi I, Fujisaki K, Xuan X
The American journal of tropical medicine and hygiene   75 843-850   2006年11月   [査読有り]

Misc

 
日本におけるOIEリファレンスセンター (II)ー帯広畜産大学原虫病研究センターにおけるOIEリファレンスセンター認定施設としての取り組み
五十嵐 郁男
日本獣医師会雑誌   65(11) 825-828   2012年11月   [依頼有り]
COEプログラムを通した大学改革への挑戦
五十嵐 郁男
科学(岩波書店)   74(4) 519-520   2004年4月   [依頼有り]
基礎研究に基づく検疫体制の強化
五十嵐 郁男
文部科学教育通信   2003(11) 28-29   2003年11月   [依頼有り]
野生動物における原虫病
五十嵐 郁男
獣医畜産新報   53(11) 928-932   2000年   [依頼有り]
トキソプラズマ症の感染と免疫(共著)
五十嵐 郁男、鈴木直義
モダンメヂア   39(12) 581-590   1993年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
健康と疾病予防における茶の効果
マームッドアブライア、五十嵐 郁男 (担当:分担執筆, 範囲:カテキンの抗寄生虫作用)
エルゼビア   2012年10月   
感染症における創薬:アピコンプレックス原虫
モハマド・テルカウィ、五十嵐 郁男 (担当:分担執筆)
ワイリーブラックウウェル社   2011年2月   
犬・猫の感染症と寄生虫病(5分間治療ガイド)
五十嵐郁男(長谷川篤彦監訳) (担当:共訳, 範囲:ジアルジア症、ヘパトゾーン症、リーシュマニア症、ネオスポーラ、ザルコシスト、トキソプラズマ、トリコモナス)
インターズー   2007年9月   
アジアの寄生虫学
五十嵐 郁男、斎藤あつ子 (担当:分担執筆, 範囲:ウシバベシア症、馬バベシア症、犬バベシア症、その他)
アジア寄生虫学者連盟   2005年3月   
獣医公衆衛生学、第3版、
五十嵐 郁男 (担当:共著, 範囲:クリプトシポリジウム症、バベシア症 (139-141 ))
文永堂出版   2004年   
人獣共通感染症(トキソプラズマ症、バベシア症)
医薬ジャーナル社   2004年   
イラストでみる ネコの病気
講談社   1998年   
第4版 獣医伝染病学(豚のトキソプラズマ病)
近代出版社   1995年   
Progress in Clinical Parasitology. Vol 1. Ed-in-Chief Tsieh Sun. (Pp 162; C42.) WW Norton & Co. Ltd. 1989. ISBN 0
五十嵐 郁男 (担当:分担執筆)
WW Norton & Co. Ltd.   1989年   
Babesiosis of Domestic Animals and Man(共著)
CRC Press   1988年   

講演・口頭発表等

 
馬バベシア症の診断
五十嵐郁男
馬ピロプラズマ症の遺伝子診断に関するSAARCワークショップ   2012年11月30日   
最近の馬バベシア症の診断法の進歩
五十嵐郁男
第9回国際馬感染症学会   2012年10月21日   
北海道のダニのT. orientalis遺伝子の多様性
横山直明他4名、五十嵐 郁男
第154回日本獣医学会学術集会   2012年9月14日   
スリランカにおける牛バベシア、タイレリアの疫学調査
Sivakumar T.、横山直明、五十嵐 郁男
第154回日本獣医学会学術集会   2012年9月14日   
バベシア M17ロイシンアミノペプチダーゼの薬剤標的としての証明
Aboge G.O.他9名、五十嵐 郁男
第154回日本獣医学会学術集会   2012年9月14日   
フタトゲチマダニ人工吸血系の確立とBabesia ovata感染マダニ作出への応用
八田岳志他8名
第154回日本獣医学会学術集会   2012年9月14日   
アピコプラストを標的抗細菌剤のバベシア増殖抑制効果
五十嵐 郁男
2012年6月18日   
モンゴルで分離されたBabesia bovis のメロゾイト表面抗原MSA-1, MSA-2b, MSA-2c 遺伝子の系藤樹解析
Yokoyama N.他5、名五十嵐 郁男
第153回日本獣医学会学術集会   2012年3月27日   
Babesia ovataの日本の牛からのPCRによる検出とTheileria orientalis混合感染による臨床的的重要性
Sivakumar T.他8名、五十嵐 郁男
第153回日本獣医学会学術集会   2012年3月27日   
牛におけるBabesia ovataの世界的検出のための診断用PCRの評価
吉成健志他3名、五十嵐 郁男
第153回日本獣医学会学術集会   2012年3月27日   
Babebsia bovis のヒストンアセチル脱水素酵素のクローニングと性状解析
五十嵐 郁男
第81回日本寄生虫学会大会   2012年3月23日   
アピコプラストを標的とする抗細菌剤のバベシア増殖抑制効果
Aboulaila M.他5名、五十嵐 郁男
第81回日本寄生虫学会大会   2012年3月23日   
新規Babesia bovis のとロンボスポンヂン関連遺伝子BbTRAP2の遺伝子解析
五十嵐 郁男
第52回日本熱帯医学会大会   2011年11月4日   
Babesia bigeminaのAMA-1遺伝子を用いたnested PCRの開発と評価
99. Sivakumar T.他6名、五十嵐 郁男
第152回日本獣医学会学術集会   2011年9月19日   
モンゴルの牛におけるTheileria orientalisの最初の疫学調査
Altangerel K.他6名、五十嵐 郁男
第152回日本獣医学会学術集会   2011年9月19日   
抗葉酸とその前駆体はBabesia gibsoniのdihydrofolate reductase-thymidylatesを標的としその増殖を抑制する
Aboge G.O. 他10名、五十嵐 郁男
第80回日本寄生虫学会大会   2011年7月18日   
B. caballi感染に対するC末端48kDaロプトリー抗原を用いたイムノクロマト法の改良
Terkawi A.他4名五十嵐 郁男
第80回日本寄生虫学会大会   2011年7月18日   
SBP4はBabesia bovis感染の世界的検出用の新規抗原である
五十嵐 郁男
2011年1月10日   
LAMPによる Plasmodium cynomolgi 遺伝子検出法の開発
髙橋延之他3名、五十嵐 郁男
第51回日本熱帯医学会大会   2010年12月3日   
新規SBPの性状解析と診断への応用
五十嵐 郁男
2010年8月15日   
Babesia microtiに対する迅速診断法LAMPの開発
五十嵐 郁男
2009年8月8日   
牛バベシア原虫迅速検出のためのLAMP法の開発
五十嵐 郁男
2008年10月8日   
ダニ媒介感染症診断へのイムノクロマト法の応用
五十嵐 郁男
2008年9月21日   
牛バベシア症の同時血清診断のためのイムノクロマト法の開発
五十嵐 郁男
2008年1月26日   
馬ピロプラズマ症診断用LAMP法の開発
五十嵐 郁男
2006年8月6日   
Babesia bovisはα2-3シアル酸を介して赤血球に侵入する
五十嵐 郁男
2004年9月20日   
L酪酸脱水素酵素はウシバベシア症に対する治療標的となる
五十嵐 郁男
2004年9月20日   
馬バベシア症の遺伝子診断
五十嵐 郁男
2004年8月2日   
馬血液中のBabesia caballi と Babesia equi同時検出のための複合PCRの開発
五十嵐 郁男
2004年8月2日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
バベシア症の国際的な疫学調査
五十嵐 郁男   芸術活動   1998年4月 - 現在
バベシア原虫の培養とその応用
その他   1998年 - 現在
バベシアの侵入・増殖機構の検討
五十嵐 郁男   芸術活動   1997年4月 - 現在
バベシア症の診断法の開発
五十嵐 郁男   芸術活動   1995年4月 - 現在
バベシア症に対する治療法の開発
五十嵐 郁男   芸術活動   1990年4月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 五十嵐 郁男
バベシア病は、ダニの媒介により動物に感染し世界的規模で畜産業に甚大な被害を与え、また人にも感染可能で人獣共通感染症としても注目されている。本研究は、バベシア病の制圧のため、バベシア原虫完全長cDNAライブラリーを構築し、その遺伝子情報を解析する事により、バベシア原虫の赤血球への侵入、赤内型増殖、赤血球からの脱出に関する因子を探索し、新規の血清及び遺伝子診断法の開発を目的としている。22年度は、牛バベシアBabesia bovisのスフェリカルボディー4(BbSBP4)遺伝子の性状及びコード...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 五十嵐 郁男
家畜のバベシア病は、世界規模で甚大な被害を与えており、海外悪性伝染病に指定されている。本研究は、新たな診断法を開発すると共に、アジア・アフリカにおけるバベシア病の感染状況を明らかにし、日本のバベシア病に対する検疫体制強化に貢献することを目的として行われた。その結果、牛や馬のバベシア病に対する新規の血清および遺伝子診断法が開発された。これらの診断法を用いたアジア・アフリカの4カ国の牛・馬のバベシア病の疫学調査により、これらの地域で高い感染率が認められた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 横山 直明
バベシア原虫による赤血球侵入時に、"シアル酸やヘパラン硫酸"が赤血球膜上の感染受容体として重要な役割を果たしていることが明らかとなった。また、いくつかの新たな原虫側リガンド候補分子が同定された。原虫リガンド分子と感染受容体の特異相互作用を介入できる糖鎖誘導体やリガンド分子に対する特異抗体の効果は、未だ治療法や予防法のないバベシア症の新規薬剤や新規ワクチンの開発に有用な知見や材料を提供している。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 五十嵐 郁男
バベシア病等の原虫感染症は、世界規模で家畜に甚大な被害を与えている。現在、多くの動物が海外から日本に輸入されており、これらの動物の原虫病の日本への侵入を水際で阻止することが重要である。そこで、本研究において、一滴の血液サンプルから多数の原虫感染症を網羅的に診断できる血清診断法の開発を目的とした。その結果、組換え抗原を用いて2種類のバベシア原虫を同時に検出可能なプロテインアレイの開発に成功した。今後、他の原虫を加えることにより、多数の原虫症を一度に診断可能な新規血清診断法となる事が期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 玄 学南
本研究は、日本と地理的にもっとも近い韓国及び朝鮮半島と国境を接している中国東北地方におけるダニ媒介性動物原虫感染症の流行の実態を明らかにし、日本の輸入検疫体制強化と韓国及び中国の原虫病診断技術の向上と普及に資することを目的として実施した。得られた主な成果として、(1)新規血清・遺伝子診断法の確立、(2)新規治療・予防法の開発、(3)韓国・中国の一部地域における牛・馬・犬などのバベシア原虫感染症の流行実態の解明、(4)韓国・中国の動物検疫関係機関への技術移転などが挙げられる。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 五十嵐 郁男
本研究の目的は、赤血球膜上の感染受容体候補分子の構造・合成に関わる各種機能蛋白質ノックアウト(KO)マウスを活用して、バベシア原虫による赤血球感染分子機構を明らかにすることにあった。得られた成果を以下にまとめる。1)シアル酸転移酵素(ST3Gall)KOマウス及びグライコフォリン(GPA)KOマウスを準備し、マウスバベシア原虫(Babesia rodhaini)を感染させ、致死率や原虫の増殖率の変化等をコントロールマウスと比較して観察した。その結果、ST3GallKOマウスの感染病態はコン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 五十嵐 郁男
本研究はウマバベシア病に対する感度と特異性の高い国際標準診断法を開発・実用化することを目標として、Babesia equiとB.caballiの組換え原虫タンパク質の作製、免疫原性の解析、組換え原虫タンパク質を用いたELISA、イムノクラマト法の確立、世界各国の血清試料を用いた血清診断法の評価を行い、下記のような成果を得た。1.バベシア原虫の新規の抗原感染ウマから得られた血清を用いたクローニングにより、新規のB.equi Be82、Be158遺伝子およびB.caballi Bc134遺伝子...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 見上 彪, 玄 学南
本研究は、中国における動物の主要原虫感染症の浸潤・流行状況を明らかにし、日本の輸入検疫体制強化と中国の原虫病診断技術の向上と普及に資することを目的として実施した。3ヶ年にわたり得られた主な研究成果は下記の通りである。1.原虫感染症診断用抗原の検索と同定バベシア、トキソプラズマ、ネオスボラ、クリプトスポリジュウム及びトリバノソーマなど主要動物病原原虫のcDNAライブラリーを作製し、イムノスクリーニング法によりそれぞれの主要抗原遺伝子を同定・クローニングし、その性状解析を行った。新しく同定或い...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 藤崎 幸蔵
ウシ小型ピロプラズマ症は、Theileria orientalis orientalisならびにT. o. sergenti原虫によって惹起されるマダニ媒介性の住血原虫病である。とくに日本を含む東アジア諸国において被害が甚大であり、放牧経営における最大の障害として長年問題視されてきた。本病の対策は、これまで牛体への殺原虫剤の投与と媒介マダニの撲滅を目的とする殺ダニ剤の適用に頼ってきたが、これらの薬剤の使用は、環境保全や食品安全の面から問題のあることが懸念され、新たな対応策、とりわけワクチン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 藤崎 幸蔵
ブラジルの畜産業は国内基幹産業として重要な地位を占めるだけでなく、21世紀には世界の食料庫としても重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、家畜の多くは粗放な放牧形態で飼養されているため、ダニが媒介するピロプラズマ病によって、大きな損耗を強いられている。加えて、ブラジルなどの南米諸国は、ウシ、ウマなどの家畜導入がコロンブス以後という歴史を有するため、ヨーロッパやアジアなどに比べ、家畜の原虫病を含む各種疾病の流行の歴史がはるかに短いという、他に類のない大きな特徴を有している。しかも、ブ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 見上 彪
得られた主な研究成果は以下のとおりである。1)ネコサイトカインIL-12のクローニングと発現Th1細胞誘導に最も重要と言われているIL-12のクローニングを行った。ネコ脾臓細胞よりcDNAライブラリーを作製した後、ヒトIL-12 p35とIL-12 p40のcDNAをプローブとしてスクリーニングを行った。得られたネコIL-12 p35とIL-12 p40遺伝子をCOS細胞で発現し、その生物活性を調べたところ、ネコ末梢血リンパ球に対するIFN-γ誘導とCTL増強活性が認められた。2)T.go...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 見上 彪
得られた主な研究成果は以下のとおりである。1)動物ヘルペスウイルスのベクター化ネコヘルペスウイルス1型(FHV-1)、イヌヘルペスウイルス(CHV)、ウシヘルペスウイルス1型(BHV-1)、ウマヘルペスウイルス4型(EHV-4)、マレック病ウイルス2型(MDV-2)などベクター化候補ウイルスについて幅広い遺伝子検索を行い、TK、gE、gIなど外来遺伝子挿入可能な候補遺伝子を同定した。これらの遺伝子は、ウイルス増殖には必ずしも必要としないため簡単に欠損させることができ、また、これらの遺伝子を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 五十嵐 郁男
1)ウマバベシア病の血清診断法の検討 培養で得られたウマバベシア原虫を抗原とした間接蛍光抗体について、抗原の処理、蛍光標識抗ウマ抗体のロットを選択することにより、高い特異性を再現できることが判明した。また、B.equiのメロゾイト表面抗原(EMA-1)およびB.caballiのロプトリー抗原の組み換え抗原(BC48)を作成し、EUSA用抗原としての有用性を実験感染馬の血清を用いて検討した結果、高い特異性ならびに感度を示した。2)ウマバベシア原虫に対する抗体調査 モンゴルの首都近郊及び西北の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 長澤 秀行
原虫感染による動物の被害は、世界的規模に及び、動物産業界に甚大な被害を与えているのみならず、人畜共通感染症として公衆衛生上の重要問題となっているが、完全な予防・治療法は確立されていない。本研究の目的は、発生工学的手法を用いて作り出された遺伝子改変マウスを用いて、個体レベルで原虫感染防御機構を解明することである。そこで、トキソプラズマ、バベシア、トリパノソーマ、ネオスポーラ、クリプトスポリジウムの各種原虫から免疫原性の高い蛋白質を特定し、塩基配列の同定をおこなった。また、モノクローナル抗体を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 藤崎 幸藏
1.バキュロウイルス発現Babesia equiメロゾイト表面蛋白(EMA-1)と大腸菌発現B.caballiのメロゾイトロプトリー蛋白(GST-BC48)の両組換え体抗原を用いるELISAとラテックス凝集反応を確立し、これを用いて、ウマバベシアの常在地であるブラジル国サンパウロ州で2000年12月に採集したウマ血液47例について抗体価を調べ、両方法が野外血清抗体検出法として特異性と感度の面で優れていることを実証した。2.次いで、このELISAシステムを用いて日本国内のウマ血清中の抗体調査...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 杉本 千尋
牛小型ピロブラズマ原虫(Theileria orientalis)感染においては、ピロプラズマ主要表面蛋白質(MPSP)の遺伝子型を異にする多種類の原虫集団が持続感染経過で交互に出現する現象が観察される。個体レベルでの混合感染あるいは単独感染における原虫集団動態の解析は、病態解析や疾病制御上極めて重要な情報を提供する。本研究では効率的に原虫集団解析を行う技術を開発することにより、原虫の免疫回避現象や持続感染機序を解明し、個体内に存在する原虫相の解析を行うことを目的に本計画を実施した。MPS...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 玄 学南
本研究では牛クリプトスポリジウム感染症のワクチンを開発するために、クリプトスポリジウム原虫の感染防御抗原遺伝子のクローニングと組換えウイルスによる発現及びその感染防御免疫誘導効果などを検討した。1)クリプトスポリジウム原虫の感染防御抗原をコードする遺伝子のクローニング日本で牛から分離されたクリプトスポリジウム(水戸株)より虫体ゲノムDNAを抽出し、PCR法にて本原虫の主要抗原P15とP23遺伝子をクローニングした。クローニングした遺伝子の全塩基配列を解読したところ、水戸株のP15とP23の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 五十嵐 郁男
1.サイトカイン欠損マウスにおけるB.microti感染SR-KOマウスにB.microtiを感染させると、赤血球の減少率や脾臓重量の増加が正常マウスに比較して軽微であり、SRが病態の回復に関係していることが示唆された。誘導性一酸化窒素合成酵素欠損(iNOS-KO)マウスにB.microtiを感染させると、対照マウスと比較して早い感染の立ち上がり、高い赤血球原虫感染率、ヘマトクリット値の著しい低下および原虫排除の遅延が観察され、一酸化窒素が感染初期に原虫の排除に関与していることが示唆された...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1998年    代表者: 斉藤 篤志
世界最大の感染症にも拘わらず、原虫病に対する治療・予防薬の開発は、原虫が真核生物であるため、困難を極めている。そこで、宿主動物に毒性が無く、原虫を直接殺滅しうる殺原虫物質の発見が世界中で望まれている。本研究チ-ムは、原虫病治療において、原虫を直接殺滅しうる毒性の極めて低いペプチドの合成に成功した。(1)本ペプチドには細胞内寄生原虫の細胞内侵入阻止および増殖抑制効果が観察されることをトキソプラズマおよびネオスポ-ラ原虫を用いて明らかにした。また、in vitro培養細胞を用いた実験から、本ペ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 豊田 裕
1. 研究成果の概要:前年度に引き続き、遺伝子改変マウスとしてマクロファージのスカベンジャー受容体欠損マウスおよびガンマ・インターフェロン欠損マウスを用いて、赤血球内に寄生するバベシア原虫(Babesia microti)を主に用い病原体に対する感染防御機構の解析を行った。(1) 正常マウスおよびスカベンジャー受容体欠損マウスに対して、Babesia microti を腹腔内接種し、感染の経過を解析したところ、原虫寄生赤血球率(parasitemia)の推移には有意な差は認められなかったが...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 鈴木 直義
わが国のみならず世界的規模での家畜生産振興、動物性蛋白質源確保のための動物増産の基本理念は世界人類への健康食品の供給にある。ピロプラズマ、トリパノゾーマ、トキソプラズマなど人畜共通原虫感染による動物被害は世界規模では、あらゆる微生物感染病の中でも最大である。その対策研究は世界の多領域研究分野からの協力を得て遂行されているが、未だ完全治療および予防薬は作出されていない。そこで、本研究課題では家畜の原虫感染に対する発症予防あるいは発症軽減に関与する宿主感染防御能の増強を目的とした免疫調整物質の...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 五十嵐 郁男
赤血球内寄生原虫であるバベシアは牛、馬などに感染し世界的に甚大な被害を与えている。しかしながら、これらの原虫の培養法が未だ確立されていないため、研究材料の確保が難しく、特異性や感度の高い診断法、および抗バベシア剤やワクチンの開発についての検討が遅れている。本研究では、ウシ及びウマのバベシア原虫のin vitro長期連続培養法を確立し、更に培養で得られた原虫を用いて診断法について検討を行った。ウシバベシア原虫B.ovataでは、199培養液(40%ウシ血清添加、pH7.0)、赤血球容積が10...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1991年 - 1994年    代表者: 鈴木 直義
トキソプラズマ(Toxoplasma gondii,TpRH strain)原虫成分の水溶解成分(TLA)の一部は強い非特異的免疫賦活作用を有することは既に世界で認知されている。まず、マウスにTLAを筋肉内に投与すると生体内T-およびB-リンパ球の増数およびNatural Killer(NK)細胞の増数が認められた。また、大型単核細胞数の増数が観察されたので、その起源を検討した。TLA感作マウス脾臓内単核細胞をTLAあるいはIL-2存在下で6日間連続培養し、NK細胞非感受性標的細胞(P-8...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 五十嵐 郁男
ピロプラズマ病は家畜に大きな被害を与えているが、効果的な治療及び予防法は確立されていない。このため有効で安全なワクチンの開発のための基礎研究として、本研究は実験的マウスバベシア病を用いて防御免疫を担う細胞とその機構を明らかにすることを目的として計画された。また、肝臓障害について臨床病理及び免疫病理学見地から検討した。B.rodhainiは致死性の原虫で、マウスに感染させると全例死亡するが、感染後化学治療を行ったマウスに再感染を行うと、低い原虫血症を示した後75%のマウスが生残し、抗体が再感...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B))
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 鈴木 直義
1989年頃から世界は微生物感染症の発病予防及び軽減作用を有する免疫調整・賦活物質の開発研究が最重要課題の一つに取り上げられ、世界の諸種関連学会での中心研究領域になっている。一連の基礎研究から研究代表者らがリンフォカイン中から研究開発した天然物質を母体として日鉱グループが作出した新規の合成ペプチドはアミノ酸が2-7個の単純ペプチドである。本ペプチドの宿主生体内作用機構の全体像は未だ明らかではないが、現在までに得られた実験成績から健康動物の血液中白血球総数、とくに好中球、単球、リンパ球の軽度...

特許

 
鈴木 寛, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 五十嵐 慎, 田中 一郎, 鈴木 直義
藤崎 幸蔵, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 鈴木 宏志, 杉本 千尋, 玄 学南, ユウ ミョンジョ, 辻 尚利
藤崎 幸蔵, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 鈴木 宏志, 杉本 千尋, 玄 学南, 門田 君江, 井上 昇, 横山 直明, 辻 尚利
藤崎 幸蔵, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 鈴木 宏志, 杉本 千尋, 玄 学南, 門田 君江, 井上 昇, 横山 直明, 辻 尚利
藤崎 幸蔵, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 鈴木 宏志, 杉本 千尋, 玄 学南, ユウ ミョンジョ, 辻 尚利
藤崎 幸蔵, 福本 晋也, 玄 学南, 五十嵐 郁男, 長澤 秀行, 見上 彪, 種子野 章, 野中 富士男
鈴木 直義, 藤崎 幸蔵, 見上 彪, 長澤 秀行, 五十嵐 郁男, 玄 学南, 神尾 次彦, 辻 尚利, ユウ・ミンジョ