佐藤 雅志

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:01
 
アバター
研究者氏名
佐藤 雅志
 
サトウ タダシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/66bd8334bf92a2cf3bdf237643bce2be.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科
職名
准教授
学位
農学博士(東北大学)

研究分野

 

委員歴

 
2004年
   
 
Bose Institute, India 上級講師選考委員
 
2007年
   
 
独立行政法人理化学研究所加速器年次報告 論文審査委員
 
2006年
   
 
Theoretical and Applied Genetics 論文審査委員
 
2005年
   
 
Field Crop Research 論文審査委員
 
2004年
   
 
Field Crop Research 論文審査委員
 

Misc

 
Epistatic interaction of QTLs controlling leaf bronzing in rice (Oryza sativa L.) grown in a saline paddy field.
Takehisa H. Ueda T. Fukuta Y. Obara M. Abe T. Yano M. Yamaya T. Kameya T. Higashitani T. Sato T.
Breeding Science   56 287-293   2006年
Identification of quantitative trait loci for plant growth of rice in a paddy field flooded with salt water
Takehisa H., Shimodate T., Fukuta Y., Ueda T., Yano M., Yamaya T., Kameya T., Sato T.
Field Crop Research   89 85-95   2004年
Mapping of quantitative trait loci associated with ultraviolet-B resistance in rice (Oryza sativa L.)
Sato T., Ueda T., Fukuta Y., Kumagai T., Yano M.
Theoretical Applied Genetics   107 103-108   2003年
A C-22 line with a small segment from an indica (Kasalath) chromosome 2 on a japonica (Koshihikari) genetic background, had lower protein content of cytosolic glutamine synthetase in senescing leaf blade and increased the panicle number and panicle wei・・・
Obara M., Sato T.*, Sasaki S., Kashiba K., Nagano A., Nakamura I., Ebitani T., Yano M., Yamaya T.
Theoretical Applied Genetics   110 1-11   2004年
A C-22 line with a small segment from an indica (Kasalath) chromosome 2 on a japonica (Koshihikari) genetic background, had lower protein content of cytosolic glutamine synthetase in senescing leaf blade and increased the panicle number and panicl...
Exploitation of primitive upland rice genetic resources in Laos
Ishikawa R., Yamanaka S., Fukuta Y., Sato Y-I., Sato T.
Economic Botany   56 192-197   2002年

書籍等出版物

 
野生イネに内生する窒素固定エンドファイト
北海道大学図書刊行会   2003年   
Genetic study of resistance to inhibitory effects of UV radiation in rice(Oryza sativa L.)
Springer-Veriag, Berlin, Heidelberg,   1995年   
焼畑農業
朝倉書店   1997年   
ラオス北部地域にみる焼畑の終焉とイネ遺伝資源の消失っp
思文関出版   2011年   
「農」の持続可能性
臨川書店   2010年   

講演・口頭発表等

 
Identification of QTLs for Soil Surface Rooting in Rice-
The 7th ACSA Conferance   2011年   
熱帯アジアにおける新興作物の急激な拡大による農業生態系の遺伝子汚染
総合地球環境学研究所プロジェクト成果発表会   2009年   
Genetic pollution of farming ecosystem caused by the rapid expansion of cultivation for new energy crops in the Tropical Asia
Seminor in National Institute of Agricultar and Forest in Laos   2009年   
The Long Journey of Human and Wild Rice
International Symposium of Wild Rice 2009   2009年   
A soil surface rooting mutant is deficient in gravitropism of primary roots in rice
6th Rice Genetics Symposium   2009年   

Works

 
北部オーストラリアの野性イネ自生地調査
2011年
北ラオスの伝統的農業の調査
2009年
中国雲南省に残る伝統的農業の調査
2009年
埼玉県小川町周辺の有機農業圃場調査
2009年
インドネシア・スラウェシ島の伝統的農業の調査
2009年

競争的資金等の研究課題

 
イネの種内変異と環境
研究期間: 1989年   
環境および野生イネ遺伝資源の収集と利用
経常研究
研究期間: 1989年   
熱帯アジアにおける新興作物の急激な拡大による農業生態系の遺伝子汚染
その他の試験研究機関
研究期間: 2008年 - 2009年
植物の環境ストレス耐性および環境適応に関わる遺伝生理機構の解明
研究期間: 1993年   
石油希少時代のイネ栽培における地表根形成の有用性
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2013年