正田 晋一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:04
 
アバター
研究者氏名
正田 晋一郎
 
ショウダ シンイチロウ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cdb540ade596d016f273ff12acb012d6.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科 バイオ工学専攻 生体分子化学講座 機能高分子化学分野
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
   
 
- 東北大学 教授(工学部)
 
1991年
 - 
1998年
東北大学 助教授(工学部)
 
1987年
 - 
1991年
東北大学 講師(工学部)
 
1986年
 - 
1987年
東北大学 助手(工学部)
 
1981年
 - 
1986年
東京大学 助手(理学部)
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 理学系研究科 化学
 
 
 - 
1976年
東京大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2006年
   
 
- 多糖の未来フォーラム運営委員 運営委員
 
2012年
 - 
2014年
日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG) 幹事
 
2000年
   
 
NEDO グリコクラスタプロジェクト推進委員
 
1998年
   
 
日本化学会  東北支部幹事長(1998)
 
1994年
   
 
日本化学会  代議員(1994)
 

受賞

 
2013年
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry-論文賞
 
2013年
有機合成化学協会賞
 
2002年
セルロース学会賞
 
1993年
科学技術庁注目発明賞
 
1986年
日本化学会進歩賞
 

Misc

 
Shin-ichiro Shoda
Proceedings of Japan Academy Series B   93(3) 125-145   2017年
酵素によるセロオリゴ糖・セルロースの合成
正田晋一郎,野口真人,李格非
セルロースコミュニケーション   24(1) 34-38   2017年
K. Serizawa, M. Noguchi, G. Li, and S. Shoda
Chemistry Letters      2017年
Protection-free synthesis of glycosyl dithiocarbamates in aqueous media by using 2-chloroimidazolinium reagent
G. Li, M. Noguchi, H. Kashiwagura, Y. Tanaka, K. Serizawa, S. Shoda
Tetrahedron Letters   57 3529-3531   2016年
H. Takano, M. Hiraishi, S. Yaguchi, S. Iwata, S. Shoda, S. Kobayashi
Polymer Journal   48 969-972   2016年

書籍等出版物

 
White Biogechnolgoy for Sustainable Chemistry
Royal Society of Chemistry   2016年   
Glycoscience: Biology and Medicine
Springer Reference   2015年   
バイオ医薬品開発における糖鎖技術
シーエムシー出版   2011年   
酵素利用技術体系
NTS   2010年   
使える有機合成反応241実践ガイド
2010年   

講演・口頭発表等

 
Architectures of Glyco-materials
Oth International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia   2006年   
Cellulase Catalysts in Precision Synthesis of Oligosaccharides
The 6th International Symposium on "Global Renaissance by Green Energy Revolution"   2006年   
Sulfation of Oligosaccharides Catalyzed by Sulfatases
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2005年   
Architectures of Glyco-materials Based on Enzyme Catalyst
International Symposium of Hybrid Nano-Materials Research Center   2005年   
Enzymatic Functionalization of Oligosaccharides
Japanese-European Workshop "Cellulose and functional polysaccharides"   2005年   

Works

 
糖オキサゾリンの一段階合成法の確立
2011年
ビフィズス菌増殖因子ラクト‐N‐テトラオースの実用的合成法
2013年 - 2014年
酵素によるバイオマス多糖への効率的な官能基導入技術
2005年 - 2006年
糖鎖関連酵素(Endo-M)の利用範囲の拡大に関する研究
2005年 - 2006年
配糖体の効率的合成法の開発
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
新しい高分子合成反応の開発
研究期間: 1986年   
糖鎖工学
研究期間: 1976年   
グリコシル化反応の開発
研究期間: 1981年   

特許

 
アンヒドロ糖及びその製造方法
特開2009-84181A
N-アセチルラクトサミニル-セロオリゴ糖誘導体及びその製造方法
特許公開2003-212890
N-アセチルグルコサミニル-セロオリゴ糖誘導体及びその製造方法
特許公開2003-212891
β-1,6結合型N-アセチルラクトサミンオリゴ糖の製造方法
特許公開2003-210188
糖オキサゾリン誘導体の製造方法
特許公開2003-12683