貝沼 亮介

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:04
 
アバター
研究者氏名
貝沼 亮介
 
カイヌマ リョウスケ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ef6a6329adddbd5f11c1d69adabbdd91.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科 金属フロンティア工学専攻 創形創質プロセス学講座 計算材料構成学分野
職名
教授
学位
工学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
- 東北大学 教授(工学研究科)
 
2006年
 - 
2010年
東北大学 教授(多元物質科学研究所)
 
1997年
 - 
2006年
東北大学 助教授(工学研究科) 大学院重点化による配置替え
 
1995年
 - 
1997年
東北大学 助教授(工学部)
 
1990年
 - 
1995年
東北大学 助手(工学部)
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東北大学 工学研究科 材料物性学専攻
 
 
 - 
1983年
東北大学 工学部 金属材料工学科
 

委員歴

 
2016年
   
 
- Shape Memory and Superelasticity, ASM International, 編集委員
 
2016年
   
 
(一社)日本鉄鋼協会  研究会主査
 
2016年
   
 
(公社)日本金属学会  理事
 
2016年
   
 
(一社)日本銅学会  編集委員会委員
 
2015年
   
 
(公社)日本金属学会  第3分野(分科)講演大会委員
 

受賞

 
2017年
第14回本多フロンティア賞
 
2017年
日本金属学会 谷川・ハリス賞
 
2016年
学術功績賞
 
2014年
学術功労賞
 
2012年
文部科学大臣表彰「科学技術賞(研究部門)」
 

Misc

 
Omori, Toshihiro Kusama, Tomoe Kawata, Shingo Ohnuma, Ikuo Sutou, Yuji Araki, Yoshikazu Ishida, Kiyohito Kainuma, Ryosuke
SCIENCE   341(6153) 1500-1502   2013年
Omori, T. Ando, K. Okano, M. Xu, X. Tanaka, Y. Ohnuma, I. Kainuma, R. Ishida, K.
SCIENCE   333(6038) 68-71   2011年
Sato, J Omori, T Oikawa, K Ohnuma, I Kainuma, R Ishida, K
SCIENCE   312(5770) 90-91   2006年
Kainuma, R Imano, Y Ito, W Sutou, Y Morito, H Okamoto, S Kitakami, O Oikawa, K Fujita, A Kanomata, T Ishida, K
NATURE   439(7079) 957-960   2006年
Tanaka, Y. Himuro, Y. Kainuma, R. Sutou, Y. Omori, T. Ishida, K.
SCIENCE   327(5972) 1488-1490   2010年

書籍等出版物

 
トコトンやさしい形状記憶合金の本
日刊工業新聞社   2016年   
固体材料の科学(訳)
株式会社東京化学同人   2015年   
新しい鉄系及び銅系形状記憶合金の開発
シーエムシー出版   2012年   
機能材料としてのホイスラー合金
内田老鶴圃   2011年   
Methods for Phase Diagram Determination
Elsevier   2007年   

講演・口頭発表等

 
Co-V-Gaホイスラー合金におけるマルテンサイト変態と磁場誘起相転移
(一社)日本物理学会 2017年秋季大会(第72回)[物性(領域2を除く)]   2017年   
ホイスラー合金Co2Cr(Ga,Si)におけるリエントラント・マルテンサイト変態機構
(一社)日本物理学会 2017年秋季大会(第72回)[物性(領域2を除く)]   2017年   
CoCr基およびCoV基ホイスラー合金におけるマルテンサイト変態と磁気相図
(一社)日本金属学会2017年(第161回)秋季講演大会   2017年   
Cr添加Fe-Mn-Al-Ni超弾性合金におけるサイクル熱処理による異常粒成長
(一社)日本金属学会2017年(第161回)秋季講演大会   2017年   
Cu添加Mn-Al合金の相平衡
(一社)日本金属学会2017年(第161回)秋季講演大会   2017年   

Works

 
新型銅系超弾性合金の大断面建築部材及び外反母趾矯正装具への応用展開
2011年 - 2013年
巨大超弾性歪を生み出す鉄系形状記憶合金線の開発
2011年 - 2012年
Fe及びNiとZn-Al浴との界面に形成されるアルミナイド層の形成機構
2008年 - 2010年
鉄鋼と溶融亜鉛間の反応拡散に関する基礎研究
2007年 - 2009年
新しい温度・応力・磁場エネルギー変換素子の開発 ―熱磁気エンジンの可能性―
2006年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
金属間化合物の組織制御に関する研究
研究期間: 1983年   
形状記憶材料の組織制御に関する研究
研究期間: 1983年   
規則-不規則変態と規則化に基づく相分離の研究
研究期間: 1983年   

特許

 
Cu-A l-Mn系合金材とその製造方法、及びそれを用いた棒材または板材
特許第6109329号(P6109329)
COBALT-BASEALLOY WITH HIGH HEAT RESISTANCE AND HIGH STRENGTH AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME
US9,453,274 B2
安定した超弾性を示すCu-Al-Mn系棒材及び板材、その製造方法、それを用いた制震部材、並びに制震部材を用いた制震構造体
特許第5912094号(P5912094)
銅系合金及びそれを用いた構造材
特許第5837487号(P5837487)
耐応力腐食性に優れるCu-Al-Mn系合金材料からなる展伸材
特許第5795030号(P5795030)