前 忠彦

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/07 00:00
 
アバター
研究者氏名
前 忠彦
 
マエ タダヒコ
所属
旧所属 東北大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1973年
オランダ植物生理中央研究所、ワーゲニンゲン、オランダ
 
1976年
 - 
1977年
アメリカ合衆国イリノイ大学農学部
 
1980年
 - 
1984年
東北大学農学部
 
1984年
 - 
1994年
東北大学農学部
 
1994年
 - 
1999年
東北大学農学部
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東北大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1966年
千葉大学 園芸学部 農芸化学科
 

委員歴

 
1967年
   
 
日本土壌肥料学会  部門長、学会賞選考委員、東北支部長、欧文誌編集委員長、評議委員、代議委員
 
1967年
   
 
日本植物生理学会  編集委員、評議委員、学会賞選考委員、年会委員長
 
1980年
   
 
日本農芸化学会  本部評議員、支部評議委員, 化学と生物企画編集委員
 
1975年
   
 
American Society of Plant Biologists  
 
1985年
   
 
光合成研究会  監査役
 

受賞

 
1991年
日本土壌肥料学会賞
 
2005年
SSPN Award
 

Misc

 
植物栄養・肥料の辞典
   2002年
光合成辞典
学会出版センター      2003年
A large-grain cultivar, Akita 63, exhibits high yields with high physiological N-use efficiency.
Field Crops Res.,   97 227-237   2006年
Effects of nitrogen nutrition on the relationships between the levels of rbcS and rbcL mRNAs and the amounts of ribulose 1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase synthesized in the eighth leaves of rice from emergence through senescence.
Plant Cell Environ.   28 1589-1600   2005年

書籍等出版物

 
Plant Cell Death Processes
Elsevieer Academic Press   2004年   
植物栄養学
文永堂出版   2001年   
植物が未来を拓く
2002年   
作物の生態生理
文永堂   1984年   
東北の農業と土壌肥料
1984年度日本土壌肥料学会大会運営委員会(東北)   1984年   

Works

 
イネ大粒品種、秋田63号の超多収性の実証とその要因解析
1999年
植物栄養・肥料の辞典
2000年 - 2002年
植物生化学ーPFLAZENBIOCHEMIEー
2001年 - 2001年
光合辞典
2001年 - 2003年
共生窒素固定植物における光合成と窒素代謝の相互関係
1985年 - 1987年

競争的資金等の研究課題

 
植物における窒素利用
研究期間: 1980年   
作物の光合成と環境、その律速因子
研究期間: 1980年   
植物の老化とその生理生化学
研究期間: 1976年