山本 嘉則

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/24 15:59
 
アバター
研究者氏名
山本 嘉則
 
ヤマモト ヨシノリ
URL
http://http://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/yamamoto/index-e.html
所属
-東北大学
部署
原子分子材料科学高騰研究機構
職名
名誉教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授,機構長
 
1970年
 - 
1976年
大阪大学基礎工学部 助手
 
1970年
 - 
1972年
米国パデュー大学 研究員
 
1977年
 - 
1985年
京都大学理学部 助教授
 
1986年
   
 
- 東北大学大学院理学研究科 教授
 

受賞

 
2009年
Centenary Prize
 
2007年
A. C. Cope Scholar Award
 
2006年
A. N. Kost 教授記念メダル
 
2006年
紫綬褒章
 
2002年
フンボルト研究賞
 

Misc

 
Stereochemical Control by an Ester Group or Olefin Ligand in Palladium-Catalyzed Carboalkoxylation of 6-(1-Alkoxyethoxy)hex-2-ynoates
I. Nakamura, C. S. Chan, T. Araki, M. Terada, Y. Yamamoto
Adv. Synth. Catal.   351 1089-1100   2009年
The Direct Formation of 2-Cyano-4-amidopyridine via a-Cyanation of 4-Amidopyridine N-Oxide with Dimethylcarbamoyl Cheloride and Cheap Potassium Cyanide.
Z. Huo, T. Kosugi, Y. Yamamoto
Acta. Chim. Slov.   56 659-663   2009年
Convergent Synthesis of the A-E Ring Segment of Ciguatoxin CTX3C
I. Kadota, T. Abe, M. Uni, H. Takamura, Y. Yamamoto
Tetrahedron   65 7784-7789   2009年
Alkyne Activation with Brønsted Acids, Iodine, or Gold Complexes, and its Fate Leading to Synthetic Application
Y. Yamamoto, I. D. Gridnev, N. T. Patil, T. Jin
Chem. Comm.   5075-5087   2009年
Triflic Acid Catalyzed Synthesis of Spirocycles via Acetylene Cations
T. Jin, M. Himuro, Y. Yamamoto
Angew. Chem. Int. Ed   48 5893-5896   2009年

書籍等出版物

 
Transition Metal Ctalyzed Cyclization Reactions of functionalized Alkenes, Alkynes, and Allenes
Wiley-VCH   2010年   
化学者たちの感動の瞬間、興奮に満ちた51の発見物語
化学同人   2006年   
“Palladium Catalyzed Cascade Reactions Involving pai-Allylpalladium Intermediates,” in [Metal Catalyzed Cascade Reactions], a series of Top. Organometal. Chem.
John-Wiley & Sons   2005年   
“Allyltributylstannane,”in [Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Part 2]
Wiley-VCH   2005年   
“Palladium-Catalyzed Addition of Nitriles to C-C Multiple Bonds,” in [Handbook of C-H Transformations], Volume 2
Wiley-VCH   2005年   

講演・口頭発表等

 
“π-Electrophilic Lewis Acids Catalyzed New Organic Transformation”
文部科学省特定領域研究(炭素資源の高度分子変換)創設シンポジウム   2006年   
“Total Synthesis of Gambierol and Brevetoxin B”
10th International Symposium on Natural Product Chemistry   2006年   
Symposium on Advances in Nickel and Palladium Catalyzed Reactions, “Pd, Pt and Au Catalyzed Reactions of ortho-Alkynylaryl Acetals and Aldehydes”
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2005年   
“Platinum- and Palladium-catalyzed C-N Bond Formation: Synthesis of Heterocycles”
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2005年   
“Au-Catalyzed New 〔4+2〕 Benzannulation and Its Application to the Synthesis of (+)-Ochromycinone”
“Singapore International Chemical Conference 4   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
有機金属化学物および分子触媒を用いる新反応の開発
研究期間: 1970年   
生物活性天然物の不斉合成
研究期間: 1986年   
ホウ素中性子捕捉治療のためのホウ素キャリアーの分子設計
研究期間: 1986年 - 2005年
Materials Catalystsを用いた新分子変換
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2008年 - 2008年

特許

 
含フッ素モノマーおよびその合成方法
特許3632069号
フラーレン-カルボランリジッドロッドハイブリッド化合物およびその合成方法
特許第3543108号
ホモアリルハライドの合成方法
特開2004-35496
インドール化合物の製造方法
特許第3323917号
フラーレン-カルボランリジッドロッドハイブリッド化合物およびその合成法
特許第3318604号