仲 真紀子

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/21 14:57
 
アバター
研究者氏名
仲 真紀子
 
ナカ マキコ
URL
http://www.let.hokudai.ac.jp/human-sciences/psychology/staff-list-040.php
所属
立命館大学
部署
総合心理学部
職名
教授
学位
1987 学術博士(お茶の水女子大学)

研究分野

 

経歴

 
2004年
 - 
2015年
北海道大学 大学院・文学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
お茶の水女子大学 人文学研究科 
 
 
 - 
1984年
お茶の水女子大学 人間文化研究科 終了
 
 
 - 
1979年
お茶の水女子大学 文教育学部 教育学科心理学専攻
 

論文

 
子どもへの司法面接.捜査研究子どもへの司法面接~その必要性と方法~.
仲 真紀子
捜査研究   782 46-53   2016年3月   [査読有り]
記憶はどのように伝えられるか‐子どもへの司法面接と多機関連携による共同面接. 森政(編)
仲 真紀子
臨床心理学   95 549-553   2016年
司法面接の展開:多機関連携への道程
仲 真紀子
法と心理   16(1) 24-30   2016年   [査読有り]
シンポジウム「司法面接をどう使うか -スキル,連携,法制度 -」企画趣旨」
仲 真紀子
法と心理   16(1) 23   2016年   [査読有り]
母語話者の交替タイミング機能獲得時期の検討
市川 熹・川端良子・大橋浩輝・仲真紀子・ 菊池英明・堀内靖雄・黒岩眞吾
情報処理学会研究報告   2015-MUS-107(67) 1-6   2015年   [査読有り]
A training program for investigative interviewing of children.
仲 真紀子
In R. Bull ( Ed.) Investigative Interviewing.   103-122   2015年
NICHD Protocol, Interviewing, Forensic, Children, Justice, Evidence based practice.
La Rooy, D. et al.
Journal of Criminological Research, Policy and Practice      2015年
Interviews with victims and witnesses of crime in Japan: Research and practice.
仲 真紀子
In D. Walsh, G. E. Oxburgh, A. D. Redlich, and T. Myklebust ( Eds.) International developments and practices in investigative interviewing and interrogation   1 43-57   2015年
子どもからの事情聴取:被害者支援の一つの要である事実認定
仲 真紀子
Center News   43 2-4   2015年
エッセイ:子どもからどう話を聴くか:司法面接法の開発と訓練.
仲 真紀子
犯罪と非行      2015年
子の調査に資する面接法ー司法面接を参考に
仲 真紀子
家裁調査官研究紀要   20 1-35   2015年
「取調室のなかに心理学者は何を見るのか:可視化と心理学研究の可能性」.面接技法のトレーニングとフィードバック
仲 真紀子
法と心理      2015年
司法面接の背景と展開
仲 真紀子
研修   802 3-14   2015年
Claire M. Fletcher-Flinn, G. Brian Thompson, Megumi Yamada, Makiko Naka
Reading and Writing      2014年4月
In research on the acquisition of reading, there have been cross-orthographic comparisons made between some alphabetic scripts and a few syllabic scripts. In the present study of Japanese Grade 1 children learning to read hiragana, a syllabic scri...
Steve M J Janssen, Steve M J Janssen, Ai Uemiya, Makiko Naka
Journal of Cognitive Psychology   26 307-321   2014年4月
Life scripts are culturally shared expectations about the timing and order of life events in an idealised life course. To examine whether cultural life scripts are semantic knowledge about expectations of life events or personal memories of those ...
山崎 優子, 仲 真紀子, 石崎 千景, サトウ タツヤ
立命館人間科学研究   29 3-17   2014年2月
佐々木 真吾, 仲 真紀子
心理学研究   84(6) 585-595   2014年
This study examined the development of skills to report with different levels of exactness. A total of 62 first-grade children and 58 fourth-grade children were asked about numbers and lengths (numeral tasks) and colors and positions of objects (n...
Yukio Itsukushima, Kazunori Hanyu, Yasunari Okabe, Makiko Naka, Yuji Itoh, Satoshi Hara
Memory and Society: Psychological Perspectives   159-170   2013年12月
Steve M J Janssen, Makiko Naka, William J. Friedman
Time and Society   22 274-290   2013年7月
In this study, the influence of contemporaneous and retrospective recall of time pressure on the experience of time was examined. Participants (N = 868) first indicated how fast the previous week, month, year, and 10 years had passed. No effects o...
竹村 明子, 仲 真紀子
発達心理学研究   24(2) 160-170   2013年6月
本研究の目的は,高齢期に直面する身体や健康の衰退などを"統制困難な出来事"と定義し,70〜74歳高齢者の統制困難な出来事に対する対処方略について,調和焦点型二次的コントロール(SC)概念を用いて明らかにすることである。調査に参加した高齢者のうち,本人が病気である,または家族の介護をしている24名のインタビュー・データについて,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて対処方略に関する概念を生成し,概念間の関係に基づきカテゴリーに統合した。その結果,4つのカテゴリーと12の概念が生成...
仲 真紀子
学士会会報   2013(3) 80-84   2013年5月
Maki Y, Janssen SM, Uemiya A, Naka M
Memory (Hove, England)   21(3) 286-300   2013年4月   [査読有り]
尾山 智子, 仲 真紀子
発達心理学研究   24(1) 1-12   2013年3月
本研究では,幼児が感情を伴う出来事をどのように自律的に語るようになるのかを検討するため,5-6歳の幼児50名(年中児28名,年長児22名)とその保護者を対象とした調査を行った。保護者には,幼児にとってのポジティブな出来事とネガティブな出来事をそれぞれ2つずつと,日常的ルーチンを1つ挙げてもらい,その内容について調査票に回答してもらった。次に,幼児と約20分の個別面接を行った。面接では,幼児に,親が挙げた日常的なルーチンを1つ,親が挙げたポジティブな出来事とネガティブな出来事,幼児に挙げても...
Psychology and Law in Japan.
仲 真紀子
The Annual Report of Educational Psychology in Japan   52 115-127   2013年
私の子育て
仲 真紀子
心理学ワールド   57(4月号) 47   2013年
Naka M
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   83(4) 303-313   2012年10月   [査読有り]
竹村 明子, 仲 真紀子
教育心理学研究   60(2) 211-226   2012年6月
面接のあり方が目撃した出来事に関する児童の報告と記憶に及ぼす効果
仲 真紀子
心理学研究   83 303-313   2012年
仲真紀子
子どもの虐待とネグレクト   13(3) 316-325   2011年12月
仲 真紀子
子どもの虐待とネグレクト : 日本子ども虐待防止学会学術雑誌   13(3) 316-325   2011年12月
瀧川 真也, 仲 真紀子
認知心理学研究   9(1) 65-73   2011年8月
名畑康之, 仲真紀子
北海道心理学研究   (33) 75   2011年3月
Itaru Sano,Sonoyo Mukai,Makiko Nakata,Brent N. Holben,Nobuyuki Kikuchi
2011 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2011, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2011   4164-4167   2011年   [査読有り]
Makiko Nakata,Takuma Yokomae,Toshiyuki Fujito,Itaru Sano,Sonoyo Mukai
2011 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2011, Vancouver, BC, Canada, July 24-29, 2011   4026-4029   2011年   [査読有り]
Citizen's psychological knowledge, legal knowledge, and attitudes toward participation in the new Japanese legal system, saiban-in seido
Psychology, Crime & Law   621-641   2011年
懐かしさ感情が自伝的記憶の想起に及ぼす影響:反応時間を指標として
認知心理学研究   9(1) 65-73   2011年
瀧川 真也, 仲 真紀子
認知心理学研究   9(1) 65-73   2011年
The present study examines the influence of nostalgic feelings induced by music on the recall of autobiographical memory. Fifty-seven undergraduates were asked to describe autobiographical memories from their upper-grades at elementary school or j...
内田 伸子, 仲 真紀子, 清水 由紀
発達心理学研究   21(4) 309-310   2010年12月
加地 雄一, 仲 真紀子
日本教育工学会論文誌   34(0) 117-120   2010年12月
指示文を実演して覚えると,実演しない場合に比べて記憶成績が向上することが知られている(実演効果).指示文を実演して記銘する課題を被験者実演課題(SPTs)という.本研究の目的は,実演効果が生じる条件を明らかにすることである.本研究では記銘材料として手話の動作を文章化したものを用いて,手話の動作を参加者に実演してもらう課題を実施した.参加者は大学生30名であった.実験の結果,(1)項目間の関連づけが難しいこと,(2)実演する動作それ自体が覚えやすいこと,(3)動作と意味が確立されて連合されて...
仲 真紀子
発達心理学研究   21(4) 365-374   2010年12月
気持ちや感情は,出来事の重要な要素であり,司法場面においても有用な情報である。本研究の目的は,子どもの安全,保護という観点から,子どもが気持ちをどのように表現するのかを発達的に調査することであった。幼児,小学校1年,2年,4年,6年の計127人に10の人形劇(なくした眼鏡を見つける,無理矢理遊びに誘われる,理不尽にどなられる等)を示し,登場する人形の気持ちについて質問した。その結果,幼児においては1/3の反応が"分からない"であったが,年齢発達ともに,内的状態(悲しい等)や,行動(〜してい...
仲 真紀子
科学   80(6) 654-656   2010年6月
Barber SJ, Franklin N, Naka M, Yoshimura H
Journal of experimental psychology. Learning, memory, and cognition   36(2) 545-551   2010年3月   [査読有り]
仲 真紀子
子どもの虹情報研修センター紀要   0(8) 39-55   2010年
学級で研究しようとする人のための心理学研究法入門-研究デザインの視点とデータ収集上の注意-
教育心理学年報   49 41-44   2010年
子どもによるポジティブ,ネガティブな気持ちの表現:安全,非安全な状況にかかわる感情語の使用
発達心理学研究   21(4) 365-374   2010年
被験者実演課題における記憶方略
日本教育工学会論文誌   33 189-192   2010年
上宮 愛, 仲 真紀子
発達心理学研究   20(4) 393-405   2009年12月
子どもの証言能力の査定では,嘘と真実の理解や,意図的に嘘をつけるかどうかが重要な問題となる。従来,幼児による嘘と真実の理解は,嘘と真実を概念的に弁別させる,定義させる,同定させる,実際に嘘をつかせるなど,様々な課題を用いて研究されてきた。しかしこれらの課題間の関係は必ずしも明らかではなく,嘘と真実に関するどのような理解が実際に嘘をつく行為と関わっているのかは明確でない。本研究では,様々な課題を用いて嘘と真実の理解を調べるとともに,これらの課題と嘘の産出との関係を調べた。年少,年中,年長児(...
仲 真紀子
ケ-ス研究   2009(1) 3-34   2009年5月
上宮 愛, 仲真 紀子
発達研究   23(0) 215-220   2009年
司法面接:事実に焦点を当てた面接法の概要と背景
ケース研究   299 3-34   2009年
ソース・モニタリング低下の恐怖をどう乗り越えるか − 金城論文へのコメント
心理学評論   52(3) 0   2009年
幼児による嘘と真実の概念的理解と嘘をつく行為
発達心理学研究   20(4) 0   2009年
加地 雄一, 仲 真紀子, 花田 安弘
日本教育工学会論文誌   32(0) 181-184   2008年12月
言語的指示に従って行う動作の記憶は被験者実演課題(SPTs)によって研究されてきた.一般にSPTsの成績は,動作を伴わない言語課題(VTs)の成績を上回る(実演効果).また,VTsでは見られる年齢効果がSPTsでは見られないことが知られている.本研究ではSPTsにおける年齢効果の消失メカニズムを明らかにするため,成人若年者と年長者を対象に,系列位置曲線における実演効果と年齢効果について検討した.その結果,実演効果はリスト中間部,新近部で見られ,年齢効果はリスト中間部前半で見られた.これらの...
岡田 悦典, 仲 真紀子, 藤田 政博
南山法学   32(1) 75-109   2008年7月
認知心理学研究   6(1) 21-33   2008年
丹藤 克也, 仲 真紀子
心理学研究   78(3) 310-315   2007年8月   [査読有り]
Rubin DC, Schrauf RW, Gulgoz S, Naka M
Memory (Hove, England)   15(5) 536-547   2007年7月   [査読有り]
石崎 千景, 仲 真紀子, 有冨 美代子
心理学研究   78(1) 63-69   2007年4月   [査読有り]
岡田 悦典, 仲 真紀子, 藤田 政博
南山法学   30(2) 49-92   2007年1月
裁判員の刑事裁判への参加意識と法に関する認識(3・完)−予備的アンケート調査から−
南山法学   30(2) 49-92   2007年
金 敬愛, 仲 真紀子
言語・音声理解と対話処理研究会   48(0) 19-24   2006年11月
岡田 悦典, 仲 真紀子, 藤田 政博
南山法学   30(1) 89-112   2006年11月
槙 洋一, 仲 真紀子
心理学研究   77(4) 333-341   2006年10月
A reminiscence bump is a phenomenon that people typically remember the events experienced the ages of 10 and 30 more often than these experienced in other period. This paper investigates (I) whether a reminiscence bump is found in autobiographical...
Maki Y, Naka M
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   77(4) 333-341   2006年10月   [査読有り]
加地 雄一, 仲 真紀子
基礎心理学研究   25(1) 138-139   2006年9月
Naka Makiko, Maki Yoichi
Applied Cognitive Psychology   20(5) 649-659   2006年7月
A number of large-scale surveys have shown that many adults, particularly university students, believe that traumatic memories can be repressed and then recovered at a later point in time. How do ordinary people like students, most of whom may not...
Sawabe M, Saito M, Naka M, Kasahara I, Saito Y, Arai T, Hamamatsu A, Shirasawa T
Pathology international   56(6) 315-323   2006年6月   [査読有り]
加地 雄一, 仲真 紀子
基礎心理学研究   24(2) 162-170   2006年3月
The differences between memories of enacted actions and imagined actions were investigated by using two kinds of source monitoring (SM) tasks. Experiment 1 involved an internal SM task in which the participants were instructed to perform. imagine,...
木村 洋太, 吉川 左紀子, 仲 真紀子, 市原 茂
基礎心理学研究   24(2)    2006年3月
加地 雄一, 仲 真紀子
基礎心理学研究   24(2) 223-224   2006年3月
岡田 悦典, 仲 真紀子, 藤田 政博
南山法学   29(3) 76-37   2006年2月
Mother-child conversation about past events: Mothers' support and children's elaboration
SIG-SLUD   A602-04(11(16)/) 19-24   2006年
裁判員の刑事裁判への参加意識と法に関する認識(2)−予備的アンケート調査から−
南山法学   30(1) 89-112   2006年
高齢者の自伝的記憶における自己と他者関係
心理学研究   77(4) 333-341   2006年
裁判員の刑事裁判への参加意識と法に関する認識(1)−予備的アンケート調査から−
南山法学   29(3) 38-76   2006年
Belief and Experience of Memory Recovery
Applied Cognitive Pychology   20 649-659   2006年
行為を実演した記憶と想像した記憶の違い−ソース・モニタリング課題による検討−
基礎心理学研究   24(2) 162-170   2006年
Memory talk and testimony in children
Handbook of East Asian Psycholinguistics   123-129   2006年
仲 真紀子
発達心理学研究   16(3) 311-313   2005年12月
Koyama Y, Matsuoka H, Mochizuki T, Higashino H, Kawakami H, Nakata S, Aono J, Ito T, Naka M, Ohashi Y, Higaki J
Radiology   235(3) 804-811   2005年6月   [査読有り]
子どもの証言能力と証言を支える要因
心理学評論   48 343-361   2005年
目撃記憶の正確性と確信度の対応関係(A-C関係)-再認テストの繰り返しによる影響-
北海道心理学研究   27 1-13   2005年
仲 真紀子, 上宮 愛
心理学評論   48(3) 343-361   2005年
Admissibility and reliability of a child's testimony depends on her/his competence in remembering and communicating facts as well as ability to discriminate the truth from a lie. It also relies on the type of early interview through which the acco...
伊東 裕司, 仲 真紀子
心理学評論   48(3) 253-257   2005年
石崎 千景, 仲 真紀子, 有冨 美代子
北海道心理学研究   0(27) 1-13   2004年
本研究では,顔再認を反復して行うことが旧項目と新項目のA-C関係におよぼす影響を調べた。34名の参加者に顔写真を提示し,その後で再認テスト,および再認判断に対する確信度の評定を求めた。およそ6日後,再度同様の再認テストが行われた。次の結果が示された。1度めの再認テストでは,旧項目に対する再認のとき良好なA-C関係が見られたが,新項目では見られなかった。これは高橋(1998)やWagenaar(1988)の結果と一致する。これに対して, 2度めの再認テストでは, 旧項目に対する再認のとき良好...
加地 雄一, 丹藤 克也, 打越 愛, 山口 絵美, 仲 真紀子
東京都立大学心理学研究   14(0) 57-60   2004年

Misc

 
Science Portal オピニオン 「取り調べの高度化―警察庁の快挙と今後の発展に向けて」
仲 真紀子
http://scienceportal.jp/HotTopics/opinion/246.html      2013年
藤田 政博, 越智 啓太, 渡邉 和美, 四宮 啓, 仲 真紀子
法と心理   12(1) 62-66   2012年10月
上宮 愛, 山本 健一, 岡田 悦典, 山崎 優子, 仲 真紀子
法と心理   10(1) 101-106   2011年3月
仲 真紀子
二弁フロンティア   0(92) 28-35   2010年3月
菅井 英子, 仲真 紀子
日本理科教育学会北海道支部会報   0(21)    2010年2月
仲 真紀子
二弁フロンティア   0(91) 39-47   2010年1月
名畑 康之, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2010(0) 63-63   2010年
本研究では, 正導事後情報と誤導事後情報が目撃者の記憶に及ぼす影響を参加者内計画で検討した。大学生24名が参加した。実験者は参加者に出来事(映画)を提示した後,12項目の事後情報(出来事に一致する正導情報,一致しない誤導情報,どちらでもない中性情報を各4項目ずつ含む)を描写文形式で提示した。続いて,挿入課題に回答させた。最後に,出来事に関する手がかり再生テスト(12項目)に回答させた。テストの正答率について事後情報(正導群,中性群,誤導群)の1要因分散分析を行った。その結果,正導群は誤導群...
斉藤 こずゑ, 仲 真紀子, 佐藤 千裕, 竹野 均, 山岸 紀
法と心理   8(1) 83-85   2009年10月
仲 真紀子
ファミリス   2008(11) 22-23   2008年11月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
仲 真紀子
ファミリス   2008(10) 22-23   2008年10月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
仲 真紀子
そだちと臨床   5(0) 147-150   2008年10月
仲 真紀子
ファミリス   2008(9) 22-23   2008年9月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
山崎 優子, 仲 真紀子
法と心理   7(1) 8-18   2008年8月
裁判員制度の実施により、無作為に選出された一般市民も、有罪・無罪判断、量刑判断を行うことになる。裁判では日常的に見聞きすることのない法律用語や概念が多数存在する。そのような用語や概念は、例え説明を行ったとしても、裁判員にとって認知負荷となり、公判内容の理解や判断傾向に影響するかもしれない。本研究では、一般市民に馴染みのない法律用語として「未必の故意」を取り上げ、この概念の認識を強化することが、(未必の故意が問題となる)裁判ビデオの内容の理解や有罪・無罪の判断傾向にどのような影響を及ぼすか、...
仲 真紀子, 杉浦 ひとみ, 廣井 亮一, 白取 祐司, 西田 美樹, 西尾 洋介
法と心理   7(1) 70-72   2008年8月
仲 真紀子
ファミリス   2008(8) 22-23   2008年8月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
仲 真紀子, 杉浦 ひとみ, 廣井 亮一
法と心理   7(1) 70-72   2008年8月
仲 真紀子
ファミリス   2008(7) 22-23   2008年7月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
仲 真紀子
ファミリス   2008(5) 22-23   2008年5月
編者 : 社団法人 静岡県出版文化会
加地 雄一, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2008(0) 11-11   2008年
学習時に書記の動作をすることが記憶成績に及ぼす影響について,動作の大きさと参加者間・内要因を操作して検討した。学習条件として,腕で身体の前方に大きく空書する空書大条件,人差し指で机に小さく空書する空書小条件,身体を動かさない空書なし条件の3条件を設けた。記銘材料は2桁数字のリストであった。実験1は,学習条件を参加者間要因とし,24名の参加者を対象に行った。その結果,学習条件間に有意な差は見られなかった。実験2は,学習条件を参加者内要因とし,21名の参加者を対象に行った。その結果,空書大条件...
仲 真紀子
   2007年4月
7.感情の心理学, 高橋惠子; 河合優年; 仲真紀子編著, ISBN: 9784595307065, pp.85-98
見崎 研志, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2006(0) 171-171   2006年
木村 洋太, 吉川 左紀子, 仲 真紀子, 市原 茂
映像情報メディア学会技術報告   29(64) 87-92   2005年11月
木村 洋太, 吉川 左紀子, 仲 真紀子, 市原 茂
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   105(385) 87-92   2005年10月
左右の大脳半球は、それぞれ異なった情動処理をおこなっている.従来、情動の半球機能差研究は単独モダリティ(視覚、聴覚)について調べたものが多く、視聴覚からの情動情報を同時に扱ったものは非常に少ない.本研究では、喜びと恐怖などの表情や音声を同時知覚する際の半球機能差について検討した.情動表情は中性表情とともに各視野に対呈示され、音声は情動音声と中性音声が両耳分離聴呈示された.被験者は音声を無視して、ターゲットとなる表情が左右の視野に関わらず、あったかなかったかを答えた.その結果、恐怖でも喜びで...
見崎 研志, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2005(0) 104-104   2005年
山崎 優子, 伊東 裕司, 仲 真紀子
龍谷大学矯正・保護研究センター研究年報   0(2) 120-139   2005年
A partial amendment of the Criminal Procedure Act was delivered in 2004. The law entitles a judge to decide admissibility/inadmissibility of evidence in a pretrial procedure. Because the procedure is closed to lay judges in the future mixed tribun...
加地 雄一, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2004(0) 91-91   2004年
仲 真紀子, 高木 光太郎, 後藤 弘子
刑事弁護   0(40) 161-165   2004年
仲 真紀子
言語   32(12) 108-113   2003年12月
リレー連載: 言語獲得研究の新潮流 6(最終回)
仲 真紀子
更生保護   54(4) 24-27   2003年4月
仲 真紀子
   2003年3月
10.感情と認知, 波多野誼余夫; 高橋惠子編著, ISBN: 4595236204, (放送大学教材), pp.108-119
加地 雄一, 丹藤 克也, 打越 愛, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2003(0) 240-240   2003年
浅井 千絵, 仲 真紀子
日本認知心理学会発表論文集   2003(0) 268-268   2003年
『感情と認知』<波多野,高橋(編著)>
放送大学教育振興会      2003年
『教育心理学ハンドブック』<日本教育心理学会(編)>
有斐閣      2003年
キーワードコレクション 発達心理学<子安増生・二宮克美(編)>
新曜社      2004年
目撃供述・識別手続に関するガイドライン<法と心理学会(編)>
現代人文社      2005年
Uchikoshi, A. and Naka, M. (2005). The influence of post questioning and imagery in fored confabulation effect. Abstracts of Society for applied research in memory and cognition, 6th Biennial conference, Jan. 5-8, 2005. Wellington, NZ.
   2005年
認知心理学の新しいかたち
誠信書房      2005年
心理学-こころの不思議を解き明かす<内田伸子(編)>
光生館      2005年
仲 真紀子
児童心理   56(7) 710-715   2002年5月
新連載・しんりがく 最新研究
「子どもと大人の会話」
『言語』   32(12) 108-113   2003年
Memory for a child's testimony in a mock court: Memory for transcriptions of examination in chief and cross-examination
Proceeding of ICCS/ASCS-2003 Joint International Conference on Cognitiv Science   9999   2003年
幼児への面接において面節者はどのようにあいづちを打つか
東京都立大学心理学研究   14 57-60   2004年
目撃供述ガイドライン作成のために
子どもや障害児の目撃供述と被害者供述. 刑事弁護   40 161-165   2004年
目撃証言における顔:顔をどのように伝達するか
科学   75(11) 1298-1302   2005年
裁判官および裁判員による違法収集証拠の採用・不採用が法的判断に与える影響
龍谷大学 矯正・保護研究センター研究年報   2 120-139   2005年
書くことへの期待と書くことの効果.書字行為と言語能力の発達との関係に関する経年的研究<平成15-18年度科学研究費補助金 基盤研究B1課題番号15330193中間報告>
3-14   2005年
誤起訴・誤判の原因に関する意識調査:弁護士と学生,および個別の事例にもとづく判断と一般的判断の比較
龍谷大学社会科学研究叢書刑事司法と心理学-法と心理学の新たな地平線を求めて   61 61-103   2005年
子どもは出来事をどのように記憶し想起するか
心理学−こころの不思議を解き明かす. 光生館   131-159   2005年
子どもの目撃供述とその面接法
目撃供述・識別手続に関するガイドライン   221-233   2005年
子どもの面接法
目撃供述・識別手続に関するガイドライン   129-148   2005年
他者と情報を分かち合う:コミュニケーションの機能と発達
発達心理学キーワード   121-144   2006年
供述という会話の特質−予兆を見逃さない事情聴取
リスク社会を生き抜くコミュニケーション力   149-169   2007年
情報を分かち合うー出来事の報告と目撃証言
発達心理学特論   81-93   2007年
思い出はどこからー出来事の記憶と想起ー
発達心理学特論   53-66   2007年
児童虐待における子どもとの面接 ~出来事を話す~
そだちと臨床   ?   2008年
少年事件における少年ヘのインタビュー
法と心理   7(1) 70-72   2008年
「未必の故意」に関する教示が司法修習生と大学生の裁判理解おおび法的判断に及ぼす影響
法と心理   7(1) 2-11   2008年
Claire M. Fletcher-Flinn, G. Brian Thompson, Megumi Yamada, Makiko Naka
Read Writ   24 623-633   2011年7月
In research on the acquisition of reading, there have been some cross-orthographic comparisons between alphabetic scripts and the hiragana syllabic script. One of the theoretical motives for these comparisons is the hypothesis that phonological aw...
裁判員制度と心理学-被害者に関する情報の影響について−
刑法雑誌   48(3) 85-100   2009年
上宮 愛, 仲 真紀子
発達研究   24(0) 25-36   2010年
子どもへの性的虐待, 性犯罪における被害の聴取において, アナトミカル・ドール(anatomicaldoll; anatomically detailed dolls)といわれる人形を用いる場合がある。アナトミカル・ドールは, 解剖学的に正しく人間の体を再現したものであり, 性器などの身体部位が備わっている。子どもへの聞き取りにおいてアナトミカル・ドールを用いることについては様々な議論がなされている。本研究の目的は, 動作, 空間的位置情報, 身体部位への接触, 物の移動などの言語化が困難...
裁判員の知識と力-市民が裁判を行うことについて-
法と心理   9(1) 24-28   2010年
NICHDガイドラインにもとづく司法面接研修の効果
子どもの虐待とネグレクト   13(3) 316-325   2011年
児童相談所における司法面接(事実確認面接)の在り方と課題等について
北海道児童相談所研究紀要   (30) 1-45   2011年
名畑 康之, 仲 真紀子, 高田 理孝
法と心理   10(1) 123-130   2011年3月
本研究では、正導情報と誤導情報が事後情報効果に及ぼす影響を、情動的な出来事とそうではない出来事において検討した。大学生123名が本研究に参加した。目撃した出来事に関する要因は、情動場面を含む情動群と含まない中性群の2水準であった。事後情報に関する要因は、映像にそった正導情報群とそっていない誤導情報群の2水準であった。手続きは、参加者に映像を提示した後、事後情報を書式の目撃証言という形で与えるというものである。その後、1分間の挿入課題を実施し、最後に映像に関する8項目の質問を行った。その結果...
藤田 哲也, 堀内 孝, 市川 伸一, 仲真 紀子, 楠見 孝, 北尾 倫彦, 高橋 雅延
日本教育心理学会総会発表論文集   0(43) S54-S55   2001年7月
仲 真紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(43)    2001年7月
仲 真紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(42)    2000年7月
厳島 行雄, 仲 真紀子, 原 聡
三色旗   (625) 36-43   2000年4月
仲 真紀子
脳の科学   22(2) 165-169   2000年2月
特集: 顔と表情顔の記憶の正確さにかかわる変数としては, (1)目撃伏況(明るさ・距離・目撃時間など目撃対象の知覚にかかわる変数や, 目撃者の情動レベル等), (2)記憶の保持状況(目撃から供述までの時間の長さや干渉材料の有無等), (3)想起方法(どのような条件, 手続きで顔の識別を行ったか等)などがある。本稿では, 想起方法, 特に顔の記憶に及ぽす繰り返し再認の効果について, 筆者らが行った研究を紹介する。多くの顔写真を何度も呈示し再認を求めると, 顔の記憶に干渉が起こり, 顔の記憶に...
仲 真紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(41)    1999年7月
堀内 靖雄, 中野 有紀子, 小磯 花絵, 石崎 雅人, 鈴木 浩之, 岡田 美智男, 仲 真紀子, 土屋 俊, 市川 熹
人工知能学会誌   14(2) 261-272   1999年3月
The Japanese Map Task Corpus was created between 1994 and 1998 and contains a collection of 23 hour digital recordings, digitized maps and orthographic transcriptions of 128 dialogues by 64 native Japanese speakers. Map task dialogues are dialogue...
養老 孟司, 仲 真紀子
日経サイエンス   29(2) 140-145   1999年2月
仲 真紀子
日本語学   17(11) 178-187   1998年9月
複雑化社会のコミュニケーション. 対人関係の変化
仲 真紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(40)    1998年7月
仲 真紀子
心理学ワ-ルド   (0) 17-22   1998年1月
特集: 記憶
今井 むつみ, 仲真 紀子, 小林 春美, Markman Ellen, 内田 伸子, 針生 悦子, 湯沢 正通
日本教育心理学会総会発表論文集   0(39)    1997年9月
仲真 紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(39)    1997年9月
仲 真紀子
日本教育心理学会総会発表論文集   0(39)    1997年9月
仲 真紀子
月刊地域保健   28(6) 5-12   1997年7月
Part 1. 発達心理学の基礎を学ぶ. 総論.
中野 有紀子, 仲 真紀子, 堀内 靖雄
言語・音声理解と対話処理研究会   (18) 19-24   1997年6月
仲 真紀子
遺伝   51(1) 25-29   1997年1月
特大号・認知科学本稿では記憶の方法, とくに書いて覚えるという方法を認知心理学的な観点から取りあげ, 検討した. 書いて覚えるという方法は日本ではよく用いられるが, 英語圏ではあまり一般的ではない. 書くと本当によく覚えられるのだろうか, もし覚えられるとしたら, それはなぜだろうか. いくつかの実験の結果, 書くことはとくに新奇な文字や図形の形を覚える場合に役立つことが明らかになった. 子どもたちが新出漢字を学ぶときや私たちが外国の文字を覚えるようなときにこそ効果のある方法だといえそうだ...
藤田 賢一郎, 折田 一人, 芳賀 高洋, 栗原 健次, 山下 修一, 阿部 昌人, 仲 真紀子, 永見 武司
日本教育工学会大会講演論文集   12(0) 441-442   1996年11月
芳賀 高洋, 栗原 健次, 折田 一人, 藤田 賢一郎, 山下 修一, 阿部 昌人, 仲 真紀子, 永見 武司
日本教育工学会大会講演論文集   12(0) 443-444   1996年11月
折田 一人, 藤田 賢一郎, 芳賀 高洋, 栗原 健次, 山下 修一, 阿部 昌人, 仲 真紀子, 永見 武司
日本教育工学会大会講演論文集   12(0) 445-446   1996年11月
渡部 保夫, 仲 真紀子, 黒沢 香
現代のエスプリ   (350) 8-37   1996年9月

書籍等出版物

 
犯罪心理学鑑定の技術.橋本和明(編著)
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:供述分析としての鑑定. Pp. 205-226.)
金剛出版   2016年8月   
子どもへの司法面接:考え方・進め方とトレーニング
仲 真紀子 (担当:編者)
有斐閣   2016年   
総合心理学部演習ガイドブック
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:コラム14 子どもから正確に話を聴くには p.46)
立命館大学   2016年   
犯罪心理学鑑定の技術
橋本和明(編著) (担当:分担執筆, 範囲:供述分析としての鑑定. Pp. 205-226)
金剛出版   2016年   
Where developmental psychology meets the law
日本発達心理学会編 (担当:分担執筆, 範囲:Forensic Interviews with witnesses and alleced child victims. Pp. 251-264.)
ひつじ書房   2016年   
新・発達心理学ハンドブック. 田島 信元・岩立 志津夫・長崎 勤 (編)
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:記憶. Pp. 352-363)
福村出版   2016年   
総合心理学部演習ガイドブック
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:コラム14 子どもから正確に話を聴くには. p.46.)
立命館大学   2016年   
Frontiers in Developmental Psychology Resesarch: Japanese Perspectives.(Japan Soceiety of Developmental Psychologh, Shizuo Iwatate, Masuo Koyasu, and Koich Negayama. Eds.)
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:Where developmental psychology meets the law: Forensic Interviews with witnesses and alleced child victims. Pp. 251-264.)
2016年   
日本発達心理学会, 根ヶ山 光一, 仲 真紀子
新曜社   2012年   ISBN:9784788513020
法と倫理の心理学
培風館   2011年   
犯罪心理学-ビギナーズガイド:世界の捜査,裁判,矯正の現場から
有斐閣   2010年   
仲 真紀子
ミネルヴァ書房   2010年   ISBN:9784623056835
Bull Ray, Cooke Claire, Hatcher Ruth, Woodhams Jessica, Bilby Charlotte, Grant Tim, 仲 真紀子
有斐閣   2010年   ISBN:9784641173699
裁判員制度と法心理学
ぎょうせい   2009年   
誤判原因に迫る
現代人文社   2009年   
岡田 悦典, 藤田 政博, 仲 真紀子
ぎょうせい   2009年   ISBN:9784324087213
自己心理学4 認知心理学へのアプローチ
金子書房   2008年   
認知科学の展開
日本放送出版協会   2008年   
認知科学の展開
日本放送出版協会   2008年   
認知科学の展開
日本放送出版協会.   2008年   
メタ認知 学習力を支える高次認知機能
北大路書房   2008年   
自伝的記憶の心理学
北大路書房   2008年   
よくわかる乳幼児心理学
ミネルヴァ書房   2008年   
教育心理学
学文社   2008年   
仲 真紀子
金子書房   2008年   ISBN:9784760894147
西川 泰夫, 阿部 純一, 仲 真紀子
放送大学教育振興会   2008年   ISBN:9784595308062
子どもの司法面接─ ビデオ録画面接のためのガイドライン
誠信書房   2007年   
Great Britain. Home Office, Great Britain. Dept. of Health, 仲 真紀子, 田中 周子
誠信書房   2007年   ISBN:9784414414257
高橋 恵子, 河合 優年, 仲 真紀子
放送大学教育振興会   2007年   ISBN:9784595307065
心理学評論
心理学評論刊行会   2005年   
仲 真紀子
誠信書房   2005年   ISBN:4414301564
仲 真紀子
仲真紀子   2005年   
Colman Andrew M., 岡ノ谷 一夫, 藤永 保, 仲 真紀子, 青木 紀久代
丸善   2005年   ISBN:462107525X
Aldridge Michelle, Wood Joanne, 仲 真紀子, 齋藤 憲一郎, 脇中 洋
北大路書房   2004年   ISBN:4762824119
Colman Andrew M., 岡ノ谷 一夫, 藤永 保, 仲 真紀子, 青木 紀久代
丸善   2004年   ISBN:4621073028
目撃証言の心理学
北大路書房   2003年   
厳島 行雄, 仲 真紀子, 原 聰
北大路書房   2003年   ISBN:4762823279
仲 真紀子, 成美堂出版
成美堂出版   2002年   ISBN:4415018459
一瀬 敬一郎, 厳島 行雄, 仲 真紀子, 浜田 寿美男
北大路書房   2001年   ISBN:476282206X
Loftus Elizabeth F., Ketcham Katherine, 仲 真紀子
誠信書房   2000年   ISBN:4414302900
犯罪心理学
仲 真紀子 (担当:分担執筆, 範囲:子どもの目撃証言)

講演・口頭発表等

 
企画.裁判員の判断を左右するもの〜罪を裁く人の心〜
伊東裕司・仲真紀子・箱田裕司
日本心理学会公開シンポジウム(日本学術会議心理学・教育委員会,法と心理学分科会後援)   2016年11月13日   
性的虐待の調査(司法面接)と多機関連携.児童青年精神医学会シンポジウム 性的虐待の被害児童を支援する〜福祉・医療がするべきこと〜. [招待有り]
仲 真紀子
児童青年精神医学会第57回総会   2016年10月28日   
The relationship between autistic tendencies and the occurrence of Verbal Overshadowing Effect
Banjoya,H. and Naka, M.
The 10th East Asian Association of Psychology and Law conferenceThe 10th East Asian Association of Psychology and Law conference   2016年10月23日   
Keynote: Forensic interviews with witnesses and alleged child victims: Research and Practice - Multi Disciplinary Team Approach in Japan-. [招待有り]
仲 真紀子
The 10th East Asian Association of Psychology and Law conferenceThe 10th East Asian Association of Psychology and Law conference   2016年10月23日   
多専門・多職種連携による司法面接の展開―通達からの1年を振り返り,今後の展開を考える―. 羽渕由子・赤嶺亜紀・安田裕子・田中晶子・仲 真紀子. 企画,指定討論
仲 真紀子
第17回法と心理学会   2016年10月15日   
外傷体験(トラウマ)の記憶を特別だとする信念 - 司法の場面で -.In シンポジウムII(北海道心理学会事務局企画) 10月2日(日) 10:00-12:00 自伝的記憶とネガティブ事象-震災に関わる記憶をどう考えればよいか
仲 真紀子
第12回東北心理学会・北海道心理学会合同大会   2016年10月2日   
聴取者の態度・外見的特徴が事情聴取時の被聴取者の協力的態度に与える影響(2)
山本 渉太・村橋 美知子・渋谷 友祐・山元 修一・仲 真紀子
北海道心理学会   2016年10月1日   
司法面接で聴取される情報の記録・整理のためのアプリケーションの作成.
武田知明,・仲真紀子
日本教育工学会 第32回全国大会   2016年9月17日   
聴取者の態度・外見的特徴が 事情聴取における被聴取者の 協力的態度に与える影響(2)
"山本 渉太・村橋 美知子・渋谷 友祐・山元 修一・仲 真紀子 "
犯罪心理学会   2016年9月4日   
操作面接における警察官のラポール形成戦略(3)
山本渉太・仲真紀子・岩見広一
犯罪心理学会,第54回大会プログラム   2016年9月4日   
"Kyara" (a Japanese Term for Simplified Personality) and the Multiple Self in Japanese Adolescents
Murai, F., Kato, H., & Naka, M.
The 31st International congress of Psychology   2016年7月28日   
Introduction to Keynote Address by Ray, Bull "Research on improving the interviewing of suspects"
仲 真紀子
The 31st International congress of Psychology   2016年7月28日   
Effects of rapport building strategies and questioning styles on the investigative interview: Part 3
Yamamoto, S., Naka, M., Wachi, T., Watanabe, K., Yokota, K., & Tominaga, R.
The 31st International congress of Psychology   2016年7月27日   
Introduction to Keynote Address by Loftus, Elizabeth, F. "The Memory Factory"
仲 真紀子
The 31st International congress of Psychology   2016年7月26日   
The use of forensic interviews with alleged child victims/witnesses in a MDT team in Japan.In Invied Symposium: The investigative interviewing of suspects and witnesses/victims
仲 真紀子
The 31st International congress of Psychology   2016年7月26日   
チュートリアル: 司法面接の基礎,応用 と現在の問題
仲 真紀子
発達心理学会第27回大会   2016年4月30日   
想起のコントロールの発達に関わる 認知的要因の検討 -実行機能,言語能力,および想起時のメタ認知的思考-
佐々木 真吾・仲 真紀子
発達心理学会第27回大会   2016年4月30日   
母親はどのように子どもから事件を聞き取るか(2).
田鍋 佳子・仲 真紀子
日本発達心理学会第27回大会   2016年4月30日   
保育者志望学生への司法面接研修
佐々木真吾・仲真紀子・田鍋佳子
教育心理学会第58回総会   2016年   
The use of forensic interviews with alleged child victims and witnesses in Japan
仲 真紀子
In Diversity In Harmony Symposium: Psychology and Law in Japan: From the Lab to Applied Knowledge in the Criminal Justice System (Symposium sponsored by Japanese Society for Law and Psychology)   2016年   
保育者志望学生への司法面接研修の効果
佐々木 真吾・仲 真紀子
教育心理学会大会   2016年   
「コミュニケーションの暴走:いじめ・DV・虐待」
仲 真紀子・内田 伸子・箱田 裕司
日本心理学会公開シンポジウム   2015年11月22日   
「人の育ちと貧困:人文科学からの挑戦」
仲 真紀子
日本学術会議公開シンポジウム   2015年11月15日   
日中韓三か国シンポジウム「いじめの様相」
Naka, M., Hoon-Seok Choi & Xianghon Sun.
日本心理学会79回大会   2015年9月22日   
司法面接で伝えるべき情報・収集すべき情報(2) ‐司法面接研修を受けることで何が変わるか:4件法を用いて‐
仲 真紀子
発達心理学第26回大会   2015年3月21日   
司法面接と他機関連携の使用に関する専門家の意識
仲 真紀子
日本心理学会第79回大会   2015年   
「司法面接をどう使うか‐スキル,連携.法制度‐」
仲 真紀子
法と心理学会   2015年   
認知心理学会企画 社会連携シンポジウム「判断や意思決定を支援する面接:事件,事故,調整」
仲 真紀子
認知心理学会   2015年   
面接技法のトレーニングとフィードバック.高木光太郎(企画).取調室の中に心理学者は何を見るのか:可視化と心理学研究の可能性.
仲 真紀子
法と心理学会   2014年10月25日   
Information to deal with in forensic interviews: Practitioner’s view before and after the training
Makiko NAKA
International Congress of Applied Psychology   2014年7月10日   
「病気やけがに関する子どもの理解と大人の説明ー認知発達研究と臨床をつなぐ」外山紀子・中島伸子企画
仲 真紀子
2014年3月22日   
「認知発達におけるデジタルとアナログ(3)ー幼児の記憶ー」.山名裕子・杉村伸一郎企画
仲 真紀子
2014年3月22日   
日本学術会議・発達心理学分科会企画公開シンポジウム「早期教育の光と影ー英語早期教育は是か非か?」ー内田伸子・今井むつみ企画
仲 真紀子
2014年3月21日   
出来事の報告と時間を表す語彙の発達的変化‐出来事の報告の正確性‐
仲 真紀子
発達心理学会   2014年3月21日   
子どもへの事実確認面接にかかわる実務家の意識調査
田鍋 佳子・仲 真紀子
社会心理学会大会   2014年   
〔模擬〕裁判員の証言・陳述評価 -子ども,被害者,被告人-.
仲 真紀子
日本心理学会公開シンポジウム「裁判員制度をめぐる心理学的諸問題ー何が課題か,どう対処するか」   2013年11月9日   
The effect of different methods of interviews/examinations on the evaluation of testimony.
Makiko NAKA
The 7th East Asian Psychology and Law Conference   2013年10月   
質問タイプと専門家証言が子どもの証言の評価に及ぼす影響‐模擬裁判の分析‐
仲 真紀子
発達心理学会第24回大会プログラム   2013年3月15日   
出来事の報告と時間を表す語彙の発達的変化‐時間(日)による出来事の検索と時間語彙の理解・産出‐
仲 真紀子
日本心理学会第77回大会   2013年   
なつかしくならない記憶と司法面接
仲 真紀子
日本心理学会公開シンポジウム なつかしさの心理学 ─思い出と感情─   2012年3月11日   
司法面接の展開とPEACEモデル
仲 真紀子
法と心理学会   2011年10月2日   
NICHDプロトコルにもとづく司法面接研修
仲 真紀子
日本子ども虐待防止学会第17回学術集会いばらき大会   2011年12月3日   
司法面接による子どもの被害把握)司法面接の取組:児童相談所との恊働.
仲 真紀子
国際犯罪学会   2011年8月8日   
シンポジウム:司法における犯罪者・被害者等に対する面接の現状と課題(渡邉和美企画)
仲 真紀子
国際犯罪学会   2011年8月6日   
Training social workers on child investigative interviewing in Japan: What changes?
仲 真紀子
国際犯罪学会   2011年8月   
子どもから事実を聞き出す司法面接
仲 真紀子
日本学術会議・心の先端研究と心理学専門教育分科会主催.公開シンポジウム「心の先端研究への扉」   2011年7月30日   
Children’s description of feelings of others and of their own in negative and positive situations
Makiko NAKA
17th Biennial Conference of the Australasian Human Development Association   2011年7月6日   
Child eyewitness testimonies in Japan: Research and cases [招待有り]
Makiko NAKA
17th Biennial Conference of the Australasian Human Development Association   2011年7月   
Effects of background information on identification/interpretation of the central figure
Isaka, K., Naka,M., &Michimata,C.
Pacifico Yokohama Conference Center 3F 316.   2016年7月26日   

競争的資金等の研究課題

 
犯罪から子どもを守る司法面接法の開発と訓練
科学技術振興機構: JST社会技術研究開発事業
研究期間: 2008年10月 - 2012年9月    代表者: 仲 真紀子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 仲 真紀子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 仲 真紀子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 岡田 悦典
本年度は、5月に『裁判員制度と法心理学』を本研究の3名の編著にて出版するという成果を上げた。これをもとに、研究計画を進めるに当たって、さらに関連文献を検討することから始めた。第一に、これまでの陪審研究に関する先行研究の文献(責任能力と陪審、目撃証言・専門家証言の尋問技術)に関する検討を行った。また、合わせて、日本における量刑基準に関する調査研究の検討を行った。また、これらの検討と合わせて、これまでの共同研究の成果を踏まえて、裁判員と法律概念、法律知識に関する研究可能性などを、検討した。これ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 守 一雄
同じ事件を目撃しても,目撃者間で証言が食い違うことがたびたび生ずる。目撃者が見まちがいをしたり,目撃後に記憶ちがいをしたりすることがあるからである。しかし,実際の目撃者証言においては,どちらが見まちがいや記憶ちがいをしたのかを知ることはできない。本研究では,特殊なトリック(MORIテクニック)を用いて,目撃者にあたかも「見まちがい・記憶ちがい」が生じたかのような事態を作り出す。こうした実験により,目撃者の「見まちがい・記憶ちがい」が複数の目撃者間の話し合いによってどのように解決されていくの...

その他

 
2016年   自著を語る「子どもへの司法面接:考え方・進め方とトレーニング」
書斎の窓. 有斐閣
2016年   人間の命と死,そして心――『人口の心理学へ』が問いかけるもの
ちとせプレス。http://chitosepress.com/2016/09/02/2174/
2016年   事件、事故のことを子どもからどう聴き取ればよいか?
子どもへの司法面接. ちとせプレス
2016年   学術講演会開催報告:第15回北海道地区会議学術講演会 貧困と人の育ち—人文社会科学からの挑戦—」.日本学術会議北海道地区会議ニュース
No. 46(2016-3), 5-8.