橋本 毅彦

J-GLOBALへ         更新日: 12/10/11 23:48
 
アバター
研究者氏名
橋本 毅彦
 
ハシモト タケヒコ
所属
東京大学
部署
 大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系
職名
教授
学位
理学修士, 学術博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
ジョンズ・ホプキンス大学大学院  科学史
 
 
 - 
1980年
東京大学 教養学部 科学史・科学哲学
 

委員歴

 
1992年
   
 
日本科学史学会  欧文誌編集委員
 
1999年
   
 
産業技術史学会  理事
 

受賞

 
2002年
日本規格協会文献奨励賞
 

論文

 
和時計と過去の時間:尺時計節板に記された非標準的不定時法
橋本 毅彦
22(1) 22-39   2012年7月   [査読有り]
四日市喘息と1960年代における被害者認定基準制度の構築
馮 丹陽、橋本 毅彦
21(3) 211-227   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
《咨問》から《研究》へ-飛行機の登場と英国政府の科学者たち
年報 科学・技術・社会   1    1991年
実験と実験室(ラボラトリー)をめぐる新しい科学史研究
化学史研究   20(2) 107-121   1993年
ルイ・バウァーの地磁気研究と第一次世界大戦
科学史研究   36(1) 1-8   1997年
科学におけるエリート主義と民主主義
現代思想   24(6) 236-244   1996年
技術者と講義ノート--古市公威の留学したエコール・サントラル
大学史研究   (13) 30-44   1998年

書籍等出版物

 
飛行機の誕生と空気力学の形成-国家的研究開発体制の起源をもとめて
橋本 毅彦
東京大学出版会   2012年9月   
<科学の発想>をたずねて-自然哲学から現代科学まで
橋本 毅彦
左右社   2010年10月   
標準の哲学
講談社   2002年   
産業技術史(共著)
山川出版社   2001年   
遅刻の誕生-近代日本における時間意識の形成(共編著)
三元社   2001年   
科学技術のゆくえ(共著)
ミネルヴァ書房   1999年   
精密科学の思想(共著)
岩波書店   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
近現代の科学技術史