日髙 邦彦

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/09 16:05
 
アバター
研究者氏名
日髙 邦彦
 
ヒダカ クニヒコ
URL
http://www.hvg.t.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科 電気系工学専攻
職名
教授
学位
工学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
防衛大学校電気工学教室  助手
 
1985年4月
 - 
1986年12月
東京工業大学工学部電気電子工学科 助手
 
1987年1月
 - 
1987年12月
東京大学工学部電気工学科 講師
 
1988年1月
 - 
1997年1月
東京大学工学部電気工学科 助教授
 
1989年9月
 - 
1990年7月
連合王国ウェールズ大学カーディフ校 (University of Wales College of Cardiff ) 学術研究フェロー
 
1997年2月
 - 
2008年3月
東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻  教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 宇宙科学研究本部宇宙探査工学研究系 (ISAS) 客員教授
 
2008年4月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻(専攻名変更) 教授
 
2008年6月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター(APET) センター長
 
2011年1月
 - 
現在
東京大学生産技術研究所付属エネルギー工学連携研究センター 教授(兼務)
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 大学院工学系研究科 電気工学専門課程博士課程修了
 
 
 - 
1978年
東京大学 大学院工学系研究科 電気工学専門課程修士課程修了
 
 
 - 
1976年
東京大学 工学部 電気工学科卒業
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
経済産業省 原子力安全・保安院  総合資源エネルギー調査会 原子力安全・保安部会電力安全小委員会「電気設備地震対策WG」委員
 
2008年
 - 
現在
電気学会 電気規格調査会 絶縁協調標準化委員会  委員長
 
2007年
 - 
現在
総務省 情報通信審議会 伝送網・電磁環境委員会 主査代理
 
2006年
 - 
現在
電気学会 UHV国際標準化委員会  委員長
 
2006年
 - 
現在
国土交通省  中央建設工事紛争審査会 特別委員
 
2006年
 - 
現在
電気学会  UHV国際標準化委員会 委員長
 
2006年
 - 
現在
アジア「放電工学」国際会議 (ACED)  国際組織委員会 委員長
 
2007年
 - 
2010年
電気協同研究会 負荷時タップ切換装置の保守・点検高度化専門委員会  委員長
 
2008年
 - 
2010年
放電学会  会長
 
2008年
 - 
2010年
電気学会 東京支部  支部長
 
2008年
 - 
2009年
日本電気協会 電気設備技術基準国際化委員会高圧・特別小委員会  主査
 
2008年
 - 
2008年
米国電気電子学会 (IEEE) 誘電工学部門 (DEI) 日本支部  議長
 
2006年
 - 
2008年
放電学会   副会長
 
2006年
 - 
2007年
電気学会  副会長 (編修担当)
 
2001年
 - 
2007年
総務省 情報通信審議会  電磁防護・屋外設備委員会 主査
 
2005年
 - 
2006年
米国電気電子学会 (IEEE) 誘電工学部門 (DEI) 日本支部  議長
 
2005年
 - 
2006年
電気学会  編修理事
 
2001年
 - 
2003年
新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)  産業技術審議委員会 委員
 
2001年
 - 
2002年
米国電気電子学会(IEEE)  電力工学部門 (PES) 日本支部長2001-2002
 

受賞

 
2012年
米国電気電子学会 (IEEE) フェロー
 
2011年
電気学会フェロー
 
2010年
電気学会第2回特別活動賞
 
2009年
電気学会全国大会功労賞
 
2008年
電気学会業績賞
 
2007年
米国電気電子学会(IEEE/DEI)・Certificte of Appreciation
 
2007, 2009
2006年
米国電気電子学会(IEEE)東京支部・支部活動特別貢献賞
 
2005年
電気学会優秀技術活動賞技術報告書賞
 
2005, 2009
2004年
電気学会学術振興賞進歩賞
 
2003年
米国電気電子学会(IEEE)・電力工学部門(PES) 2002年度支部優秀活動賞
 
1999年
電気学会グループ著作賞
 
1986年
連合王国電気学会ダッデル賞(Duddell Premium,UK)
 
1985年
電気学会電気学術振興賞論文賞
 
1985, 2000, 2007
1983年
静電気学会論文賞
 
1983, 1996, 2004

論文

 
稲田優貴, 松本洋和, 松岡成居, 熊田亜紀子, 池田久利, 日高邦彦
電気学会論文誌A   131(10) 872-877   2011年   [査読有り]
武田敏信, 松岡成居, 熊田亜紀子, 日高邦彦
電気学会論文誌B   131(10) 859-864   2011年   [査読有り]
A. Kumada, T. Morimoto, K. Hidaka, K. Amano, and K. Itoh
Applied Physics Letters   99(13) 131503   2011年   [査読有り]
岩渕大行, 道念大樹, 熊田亜紀子, 日高邦彦
電気学会論文誌B   131(8) 717-718   2011年   [査読有り]
道念大樹, 岩渕大行, 松岡成居, 熊田亜紀子, 日高邦彦, 武井雅文, 保科好一
電気学会論文誌B   131(7) 584-590   2011年   [査読有り]
武田敏信,松岡成居,熊田亜紀子,日高邦彦
電気学会論文誌B   130(9) 813-818   2010年9月   [査読有り]
H. Matsumoto, S. Matsuoka, A. Kumada and K. Hidaka
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   6(1) 1-6   2010年   [査読有り]
F. Rezaeifar, Y. Suzuki, A. Kumada, K. Hidaka, T. Nishimura and T. Masuda
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation   17(6) 1747-1753   2010年   [査読有り]
The influence of residual charge on surface discharge propagation
D. Junbo, S. Matsuoka, A. Kumada and K. Hidaka
J. Phys. D: Appl. Phys.   43(495203) 1-8   2010年   [査読有り]
Akiko Kumada, Kunihiko Hidaka, K. Amano, and K. Itoh
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   4(2) 297-299   2009年
Akiko Kumada and Kunihiko Hidaka
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   4(1) 133-135   2009年
Two-dimensional potential and charge distributions of positive surface streamer
Daiki Tanaka、Shigeyasu Matsuoka、Akiko Kumada and Kunihiko Hidaka
J. Phys. D: Appl. Phys.   42 1-6   2009年
Residual Charge Distribution of Positive Surface Streamer
Akiko Kumada, Shigemitsu Okabe and Kunihiko Hidaka
J. Phys. D: Appl. Phys.   42 1-8   2009年
急峻方形波印加時のCF3Iの放電特性
武田敏信、宇尾寛志、松岡成居、熊田亜紀子、日高邦彦
放電研究   151(4) 20-21   2008年
高橋紹大、栗原隆史、武田敏信、熊田亜紀子、松岡成居、日高邦彦
電気学会論文誌A   127(10) 593-598   2007年
吉田太郎、室岡義広、日髙邦彦、曽弥元隆
電気学会論文誌A   126(5) 335-340   2006年
Propagation Characteristics of a Positive Surface Streamer
Akiko Kumada, Yoshinori Fukuda, Yoshifumi Kamada and Kunihiko Hidaka
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   1(1) 95-103   2006年
Measurement of Sparkover Voltage and Time Lag Characteristics in CF3I-N2 and CF3I-Air Gas Mixtures by Using Steep-Front Square Voltage
Hiroyuki Toyota, Shigeyasu Matsuoka and Kunihiko Hidaka
Electrical Engineering in Japan   157(2) 1-7   2006年
豊田裕之、溝渕隆、松岡成居、熊田亜紀子、日高邦彦
電気学会論文誌A   126(8) 789-794   2006年
急峻方形波高電圧を用いたSF6-N2混合ガス中V-t特性の測定
電気学会論文誌A   Vol. 125-A, No. 2, pp. 153-158    2005年
急峻方形波高電圧を用いたCF3I-N2、CF3I-Air混合ガス中V-t特性の測定
電気学会論文誌A   Vol. 125-A, No.5 , pp. 409-414    2005年
Nanosecond Electrical Discharge Development in SF6-N2 Gas Mixtures
電気学会論文誌A   Vol. 125, No. 8, pp.629-635    2005年
Influences of Probe Geometry and Experimental Errors on Spatial Resolution of Surface Charge Measurement with Electrostatic Probe
Akiko Kumada, Shigemitsu Okabe and Kunihiko Hidaka
IEEE Trans. on Dielectrics and Electrical Insulation   12(6) 1172-1181   2005年
正極性沿面ストリーマ残留電荷密度分布の高分解測定
静電気学会誌   Vol.28, No. 1, pp.77-82    2004年
Resolution and Signal Processing Technique of Surface Charge Density Measurement with Electrostatic Probe
IEEE Trans. on Dielectrics and Electrical Insulation   Vol.11, No. 1, pp. 122-129    2004年
Pockels surface potential probe and surface charge density measurement
Journal of Electrostatics   Vol. 58, pp. 45-58    2003年
ポッケルス表面電位計の開発と沿面放電残留電荷の二次元分布測定
清水康広,熊田亜紀子,千葉政邦,日髙邦彦
静電気学会誌   26(1) 34-39   2002年1月   [査読有り]
Inception Voltage of Positeive Streamer and its Length on PMMA in Air
IEEE Transaction on Dielectrics and Electrical Insulation   Vol. 9, No. 1, pp. 118-123    2002年
Two-Dimensional Potential Distribution Measurement of Surface Discharge with Sub-Nano Second Resolution
Review of Scientific Instruments   Vol. 73, No. 4, pp.1939-1944    2002年
Kerr Effect in Gas and its Application to Non-contact Measurement of Electric Field
Journal of Applied Physics   Vol. 92, No. 5, pp.2875-2879    2002年
Gaseous Electrical Discharge Characteristics in Air and Nitrogen at Cryogenic Temperature
IEEE Trans.on Dielectrics and Electrical Insulation   Vol.9, No.6, pp.891-898    2002年
Potential distribution measurement of surface discharge in SF6
A. Kumada, M. Chiba and K. Hidaka
電気学会論文誌B   121-B(8) 948-954   2001年8月   [査読有り]
負極性沿面放電の逆放電に伴う電位分布変化のナノ秒分解測定
熊田亜紀子,千葉政邦,日高邦彦
電気学会論文誌A   121-A(8) 797-798   2001年8月   [査読有り]
気体カー効果による非接触空間電界測定
熊田亜紀子,尾崎浩一,清水康広,日高邦彦
電気学会論文誌A   121-A(7) 712-713   2001年7月   [査読有り]
Coaxial corona discharge under controlled air conditions
M.C. Taplamacioglu and K. Hidaka
電気学会論文誌A   120-A(4) 451-456   2000年4月   [査読有り]
ポッケルス効果を用いた正極性沿面放電進展時の電位分布直接測定
熊田亜紀子,千葉政邦,日髙邦彦,濱田昌司,宅間 董
電気学会論文誌A   120-A(2) 204-210   2000年2月   [査読有り]
Potential distribution measurement of surface discharge developing on insulating material
A. Kumada, M. Chiba and K. Hidaka
電気学会論文誌B   120-B(1) 75-80   2000年1月   [査読有り]
J.C. Santos, M.C. Taplamacioglu and K. Hidaka
IEEE Tr. Power Delivery   15(1) 8-13   2000年1月   [査読有り]
Electrical breakdown characteristics of nitrogen and air at cryogenic temperature in quasi-uniform electric field
Y. Akamine, S. Matsuoka, M. Chiba and K. Hidaka
Electrical Engineering in Japan   132(4) 28-33   2000年   [査読有り]
ポッケルス電位差プローブの開発と沿面放電路の電界測定
熊田亜紀子,千葉政邦,日高邦彦
放電研究   44(1-2) 81-86   2000年
J.C. Santos, M.C. Taplamacioglu and K. Hidaka
Rev. Sci. Instrum.   70(8) 3271-3276   1999年8月   [査読有り]
大出力レーザを用いた直流放電誘導特性
相磯 充,日高邦彦
電気学会論文誌A   119-A(7) 919-924   1999年7月   [査読有り]
極低温窒素および空気の準平等電界における火花電圧特性
61. Y. Akamine, S. Matsuoka, M. Chiba and K. Hidaka
電気学会論文誌A   119-A(3) 293-298   1999年3月   [査読有り]
N2 first positive (2,0) bandのスペクトル強度比測定によるガス温度推定法
N. Kitagishi, S. Hamada and K. Hidaka
電気学会論文誌A   118-A(12) 1454-1455   1998年12月   [査読有り]
窒素のC3Πu振動状態分布を考慮した分光測定によるX1Σgの振動温度測定法
北岸延之,濱田昌司,日高邦彦
電気学会論文誌A   118-A(12) 1456-1457   1998年12月   [査読有り]
ポッケルス効果を用いた負極性沿面放電進展時の電位分布直接測定
熊田亜紀子,千葉政邦,日高邦彦
電気学会論文誌A   118-A(6) 723-728   1998年6月   [査読有り]
A method for computing current density and electric field in electrical discharge space using current flow-line coordinate
S. Ohashi and K. Hidaka
J. of Electrostatics   43(2) 101-114   1998年   [査読有り]
A. Kumada, M. Chiba and K. Hidaka
J. Appl. Phys.   84(6) 3059-3065   1998年   [査読有り]
J.C. Santos and K. Hidaka
Jpn. J. Appl. Phys.   36(4A) 2394-2398   1997年   [査読有り]
A. Bouziane, M.C. Taplamacioglu, K. Hidaka and R.T. Waters
J. Phys. D: Appl. Phys.   30(13) 1913-1921   1997年   [査読有り]
電流線座標系を用いた放電空間の電流密度および電界の解析
大橋俊介,日髙邦彦
静電気学会誌   20(2) 98-105   1996年2月   [査読有り]
ポッケルス光導波路反射型電界センサ
高橋紹大,日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌B   116-B(1) 124-125   1996年1月   [査読有り]
T. Takahashi, K. Hidaka and T. Kouno
Jpn. J. Appl. Phys.   35(2A) 767-771   1996年   [査読有り]
Fundamental characteristics of surface streamer development in air
M. Chiba, A. Kumada, K. Hidaka and T. Kouno
IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials   116-A(11) 998-1003   1996年   [査読有り]
レーザによる放電トリガ効果
日高邦彦,酒井大輔,河野照哉
電気学会論文誌A   115-A,(7) 622-629   1995年7月   [査読有り]
A. Bouziane, K. Hidaka, J.E. Jones, A.R. Rowlands, M.C. Taplamacioglu and R.T. Waters
IEE Proc.-Sci. Meas. Technol.   141(3) 197-204   1994年3月   [査読有り]
A. Bouziane, K. Hidaka, J.E. Jones, A.R. Rowlands, M.C. Taplamacioglu and R.T. Waters
IEE Proc.-Sci. Meas. Technol.   141(3) 205-214   1994年3月   [査読有り]
単一光導波路型ポッケルス電界センサ
髙橋紹大,日髙邦彦,河野照哉
電気学会論文誌B   114ーB(114ーB) 26-32   1994年1月   [査読有り]
A. Bouziane, K. Hidaka, M.C. Taplamacioglu and R.T. Waters
J. Phys. D: Appl. Phys.   27(2) 320-329   1994年   [査読有り]
A. Bouziane, G. Hartmann, K. Hidaka, M.C. Taplamacioglu and R.T. Waters
IEE Proc.-Sci. Meas. Technol.   141(2) 111-117   1994年   [査読有り]
極低温における窒素及び窒素-酸素混合気体の直流正棒対平板電極でのフラッシオ-バ電圧特性
松岡成居,日髙邦彦,千葉政邦,河野照哉
電気学会論文誌A   112ーA(4) 304-310   1992年4月   [査読有り]
N2 first positive (2,0) band の分光測定による回転温度推定法の提案
濱田昌司,日髙邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   111-A(12) 1099-1100   1991年12月   [査読有り]
窒素グロ-放電陽光柱を用いた分光診断法の校正と評価
濱田昌司,日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   111ーA(5) 417-425   1991年5月   [査読有り]
Verification of direct-current corona models employing the Deutsch approximation
A. Bouziane, K. Hidaka, M.C. Taplamacioglu and R.T. Waters
Gaseous Dielectrics VI   407-412   1991年   [査読有り]
K. Hidaka, S. Matsumoto and T. Kouno
Cryogenics   30(1) 72-74   1990年1月   [査読有り]
Theoretical studies on nanosecond surface discharge phenomena observed using Lichtenberg figure method
Y. Murooka and K. Hidaka
Archiv für Elektrotechnik   74 163-173   1990年   [査読有り]
K. Hidaka, T. Kouno and I. Hayashi
Rev. Sci. Instrum.   60(7 Pt.1) 1252-1257   1989年7月   [査読有り]
Time lag measurement to electrical breakdown in C3F6 gases
H. Tanaka, M. Chiba, K. Hidaka and T. Kouno
Electrical Engineering in Japan   109(2) 24-32   1989年   [査読有り]
田中秀朗,千葉政邦,日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   108(10) 435-442   1988年9月   [査読有り]
Stepped propagation of negative surface discharge
M. Chiba, K. Hidaka and T. Kouno
Electrical Engineering in Japan   108(6) 11-20   1988年6月   [査読有り]
千葉政邦,日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   108(4) 162-168   1988年4月   [査読有り]
M. Tanaka, Y. Murooka and K. Hidaka
J. Appl. Phys   61(9) 4471-4478   1987年9月   [査読有り]
太田豊,堀田栄喜,日高邦彦,布施隆志,林泉
電気学会論文誌A   107(5) 255-261   1987年5月   [査読有り]
単一ポッケルス素子による電界の二方向成分測定法
日高邦彦,神永昌信,林泉
電気学会論文誌A   106-A(11) 538-538   1986年11月   [査読有り]
Plasma behavior in reversed-field pinch configuration
E. Hotta, K. Hidaka, Y. Ohta, K. C. Ko, T. Fuse and I. Hayashi
Jpn. J. Appl. Phys.   25(9) 1405-1410   1986年9月   [査読有り]
日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   100(7) 401-408   1980年   [査読有り]
日高邦彦,河野照哉
電気学会論文誌A   99(7) 313-320   1979年   [査読有り]

Misc

 
Kunihiko Hidaka and Hisatoshi Ikeda
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   4(1) 58-61   2009年
第7回気体放電およびその応用に関する国際会議報告
日高邦彦
電気学会誌   103(2) p. 147   1983年
オプトエレクトロニクスを応用した電界測定
日高邦彦
電気学会誌   107(2) 156-157   1987年
正極性インパルス放電に対するバリア効果
日高邦彦
東京大学工学部紀要A   25 30-31
日高邦彦
レーザー研究   16(12) 808-817   1988年
気中絶縁における破壊と空間電荷
日高邦彦
静電気学会誌   14(1) 9-15   1990年
イギリス・ウェールズ大学滞在記
日高邦彦
電気学会論文誌B   110-B(5) p. 447   1990年
電気光学効果を利用した放電空間中の電界測定
日高邦彦,高田
電気学会論文誌A   111-A(1) 1-8   1991年
放電の計測技術に関連した最近の話題
日高邦彦
静電気学会誌   15(3) 214-221   1991年
絶縁破壊電圧の予測法
河野照哉,日高邦彦
東京大学工学部紀要A   29 30-31   1991年
第7回高電圧工学国際会議(ISH)
日高邦彦
放電研究   135 78-80   1992年
電気光学効果による電界測定-ポッケルス効果-
日高邦彦
応用物理学会誌   61(7) 735-736   1992年
西暦2075年の世界
小野、古関隆章、日高邦彦、堀洋一、横山明彦、正田英介
OHM   79(11) 122-131   1992年
放電分野におけるデータベース及びエキスパートシステムの動向
日高邦彦
放電研究   137 129-134   1992年
第8回高電圧工学国際会議(ISH '93)
日高邦彦
電気学会論文誌A   113-A 854-855   1993年
研究グループ紹介「東京大学工学部電気工学科 河野・日高研究室」
日高邦彦
電気学会論文誌B   114-B,(11) p. 1182   1994年
SF6ガス絶縁実用化への道のり:毛受新一氏(東芝)に聞く
日高邦彦
電気学会誌   115(8) 449-502   1995年
第11回気体放電とその応用国際会議;絶縁破壊
日高邦彦
放電研究   149 25-31   1995年
電気光学効果~ポッケルス効果~
日高邦彦
静電気学会誌   20(1) 2-11   1996年
第9回高電圧工学国際会議(ISH’95);セッション総合報告
日高邦彦
放電研究   150 10-13   1996年
K. Hidaka
IEEE Electrical Insulation Magazine   12(1) 17-28   1996年
Activities of the Technical Committee on Electrical Discharge, IEE of Japan
M. Hara, M. Yumoto and K. Hidaka
Proceedings of Korea-Japan Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering   1-2   1996年
1996年「放電・高電圧工学」日韓ジョイントシンポジウム報告
日高邦彦
電気学会論文誌A   117-A(1) p. 99   1997年
第10回高電圧工学国際会議(ISH '97)報告
日高邦彦
電気学会論文誌A   118-A(1) p. 89   1998年
Moving Electrical Engineering Education for the 21st Century
K. Hidaka
Plenary Talks, Part 1, The Third Seoul National University - the University of Tokyo Joint Seminar on Electrical Engineering      1998年
第10回高電圧工学国際会議(ISH’98);セッション総合報告
日高邦彦
放電研究   157 4-8   1998年
絶縁材料表面の沿面放電と帯電
千葉政邦、日高邦彦
静電気学会誌   22(3) 141-144   1998年
「新放電ハンドブック」の100%活用法;第5編 技術編
日高邦彦
放電研究   158 31-38   1998年
調査研究委員会レポート 電気・光変換機能の基本原理及びその新応用分野調査専門委員会
日高邦彦
電気学会論文誌A   118-A(6) p. 748   1998年
極低温環境下における気体の絶縁特性
日高邦彦
放電研究   160 19-37   1999年
これからのEMC 2000年・生活環境とEMC
日高邦彦
電磁環境工学情報 EMC   141 p. 27   2000年
高電圧工学国際会議(ISH’99)報告;セッション総合報告
熊田亜紀子,日高邦彦
放電研究   163 56-59   2000年
電力系統における絶縁協調の最近の動向
日高邦彦, 佐々木三郎, 財満英一
電気評論   85(9) 18-25   2000年
大学における電力技術教育の現状と課題 (1) 国立大学から見た分析
日高邦彦
電気評論   85(11) 18-25   2000年
これからのEMC 新世紀における情報技術とEMC
日高邦彦
電磁環境工学情報 EMC   153 p. 33   2001年
Yoshihiro Murooka, Tatsuo Takada and Kunihiko Hidaka
IEEE Electrical Insulation   17(2) 6-16   2001年
オプトエレクトロニクスを駆使した電界・電位・電荷の測定
熊田亜紀子,千葉政邦,日高邦彦
放電研究   44(1-2) 15-20   2001年
JABEE (技術者教育認定制度) の審査試行を実施して: 電気・電子・情報通信系分野の審査試行について電気学会からの報告
日高邦彦
シンポジウム「技術者教育認定制度と最近の産業界を取り巻く技術者教育の同行について」講演集,5. 試行について(審査側,受審側からの報告)   26-27   2001年
IEEE日本支部の活動について
日高 邦彦
放電研究   44(4) 60-61   2001年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   165 p. 33   2002年
第12回高電圧工学国際会議(ISH2001)報告
日高 邦彦
放電研究   45(1) 15-18   2002年
2002年研究開発の動向 5. いつも新鮮な放電技術
日高 邦彦
電気学会論文誌A   122(1) 4-5   2001年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   177 p. 35   2003年
第13回高電圧工学国際会議(ISH2003)概要報告
日高 邦彦
放電研究   46(3) 73-75   2003年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   189 p. 45   2004年
研究連絡委員会の活動から 産業競争力強化のための競争的資金活用方策
日高 邦彦
学術の動向   9(1) 78-81   2004年
電力技術者の育成について~大学の視点から~
日高 邦彦
九州工業大学工学部寄付講座(九州電力株式会社)電力系統制御工学講座第三期報告会 「電力システムのさらなる高機能化と電力技術者育成について」, 基調講演   1-10   2004年
第14回高電圧工学国際会議詳報
日高 邦彦
放電研究   47(1) 19-20   2004年
技術教育を考える
日高 邦彦
電気評論   89(8) p.48   2004年
21世紀の電力技術者の育成に向けて-大学の視点から見た技術教育
日高 邦彦
OHM   創刊90周年記念号 70-73   2004年
光を用いた大気圧放電計測
日高 邦彦
静電気学会誌   28(5) p. 237   2004年
電気光学効果を用いた大気圧放電計測
日高 邦彦
静電気学会誌   28(5) 258-264   2004年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   201 p. 43   2005年
日高 邦彦
電気学会誌   125(5) 292-295   2005年
光センサによる高電圧計測技術
日高 邦彦
電気評論   90(8) 56-61   2005年
日高 邦彦
電気学会誌   125(10) 625-628   2005年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   213 p. 51   2006年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   225 p. 46   2007年
第15回高電圧工学国際会議総括
日高 邦彦
放電研究   50(3) 27-30   2007年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   237 p. 49   2008年
次世代の電気工学人材を育成し、豊かな社会の構築を実現する先端技術を開発
日高 邦彦
東京大学テクノロジー&サイエンス   2 p. 20   2008年
保守・更新技術の進化をめざす
日高 邦彦
東芝レビュー   63 p. 1   2008年
これからのEMC
日高 邦彦
電磁環境工学情報 EMC   249 p.42   2009年
日高 邦彦,池田 久利
電気学会誌   129(5) 303-306   2009年
UHV送電技術の世界標準化
日高 邦彦
電気評論   94(12) 40-45   2009年
これからのEMC
日高 邦彦
EMC   261 pp. 47   2010年
International Standardization of 1100 kV UHV Transmission Technologies Originating from Japan
Kunihiko Hidaka
Electrical Insulation News in Asia   No. 17 16-19   2010年

書籍等出版物

 
高電圧工学
数理工学社   2009年   
現代電力技術便覧 第5章電気・環境計測(共著)
オーム社   2007年   
エネルギー・環境キーワード辞典(社)日本エネルギー学会編(共著)
コロナ社   2005年   
電気学会 電気専門用語集 No. 25 「放電」
コロナ社   2004年   
電気工学ハンドブック(共著)
電気学会   2001年   
静電気ハンドブック(共著)
静電気学会   1998年   
放電ハンドブック(共著)
電気学会   1998年   
電気磁気測の基礎(共著)
昭晃堂   1992年   
プラズマ工学演習(共著)
朝倉書店   1988年   

講演・口頭発表等

 
Nanosecond surface discharge at low pressure in air
7th GD   1982年   
New optical measurements of electric field using Pockels device
3rd Sensor Symposium   1983年   
Electric field measurements in long gap discharge using Pockels device
the 1984 Japan-US Science Seminar on Detection and Control of Electric field and Space Charge in Electrical Environmental Problems   1984年   
Optical and mm electromagnetic wave scattering phenomena for micro dielectric materials
International Conference on Properties and Applications of Dielectric Materials   1985年   
Nanosecond surface discharge development using computer simulation method
Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena, 1986 IEEE Annual Report   1986年   

Works

 
低環境負荷・高経済性を目指した複合絶縁システムについての研究
1999年 - 2000年
雷インパルス電圧に対する沿面放電特性の向上に関する研究
2000年
ポッケルス素子を使った測定技術に関する研究
2001年
沿面放電の消弧特性を利用した絶縁システムの開発に関する研究
2001年 - 2002年
電気光学効果を利用した高電圧測定技術に関する研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
オプト・パワー工学
研究期間: 1987年   
CF3Iガスを利用した環境に優しい高性能ガス絶縁方式に関する基礎研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
気体Kerr効果による非接触電界測定
研究期間: 2003年   
直流電界下における絶縁物の帯電現象
研究期間: 2003年   
気体放電のシミュレーション
研究期間: 2003年   

特許

 
高電圧測定装置
特許第4474536
気体透過光を用いた電圧測定方法及び表面汚損の測定方法
特許第4662322
中セクションの加圧状態測定装置及びプログラム
特許第4734092号