阪口 豊

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
阪口 豊
 
サカグチ ユタカ
eメール
yutaka.sakaguchiuec.ac.jp
URL
http://www.hi.is.uec.ac.jp/wiki/sakaguchi/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域機械知能システム学専攻、Ⅱ類(融合系)
職名
教授
学位
工学修士(東京大学), 博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
40205737

プロフィール

1986-1988 神経回路モデルの研究,特に,トポグラフィの自己組織化モデルの研究
1988-1994 能動的知覚の数理モデル,情報量基準に基づく逐次実験計画としてのモデル化
能動的知覚に基づく触知覚センシングシステム
      適応的な運動計画モデル
1994- 運動制御のメカニズム,運動制御と視覚の関係
     知覚的フィリングインの心理実験と計算モデル
     信頼度の概念を用いた適応的な強化学習のアルゴリズム

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1994年8月
東京大学工学部 助手
 
1994年9月
 - 
1994年9月
東京大学工学部 講師
 
1994年10月
 - 
2007年3月
電気通信大学大学院情報システム学研究科 助教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
電気通信大学大学院情報システム学研究科 准教授
 
2009年4月
   
 
電気通信大学大学院情報システム学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年3月
東京大学 工学部 計数工学科
 
 
 - 
1988年3月
東京大学 工学系研究科 計数工学専攻
 

委員歴

 
1999年1月
 - 
2000年12月
日本神経回路学会  理事,会誌副編集長
 
2000年1月
 - 
2007年12月
日本神経回路学会  選奨委員
 
2005年1月
 - 
2009年3月
日本神経回路学会  理事
 
2007年6月
 - 
2008年5月
電子情報通信学会  ニューロコンピューティング研究会副委員長
 
2007年11月
 - 
2011年12月
電子情報通信学会  身体性情報学研究会副委員長
 

受賞

 
2016年10月
日本神経回路学会 日本神経回路学会論文賞
 
2014年7月
日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰
 
2009年5月
電子情報通信学会 電子情報通信学会論文賞 低い時間解像度の運動指令がもたらす手先軌道の性質:運動指令表現の単純化仮説
 
2007年11月
日本神経回路学会 日本神経回路学会研究賞 運動指令の最適性に関する一考察:タスク最適化とスパース表現
 

論文

 
Sakaguchi, Y. and Aiba, E.
Frontiers in Human Neuroscience   10(00381)    2016年7月   [査読有り]
Nakajima, Y. and Sakaguchi, Y.
Scientific Reports   6(30592)    2016年7月   [査読有り]
Miyashita, E. and Sakaguchi, Y.
IEEE Transaction on Industrial ELectronics   63(3) 1943-1952   2016年2月   [査読有り]
視覚心理実験に対する高速プロジェクタの適用
中嶋 豊,阪口 豊
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(1) 7-14   2016年1月   [査読有り]
Nakajima, Y. and Sakaguchi, Y.
Attention, Perception and Psychophysics   77(8) 2711-2727   2015年11月   [査読有り]

Misc

 
2016年度日本神経回路学会論文賞の研究概要
阪口 豊
日本神経回路学会誌   24(1) 47-50   2017年3月   [依頼有り]
随意運動における運動指令パタンの創発,
阪口 豊
計測と制御   48(1) 88-93   2009年1月
ASCONE2007講義録「運動指令の表現と計画」
松嶋藻乃
日本神経回路学会誌   15 209-226   2008年9月
書評「脳科学のテーブル」
阪口 豊
日本神経回路学会誌   15 240-241   2008年9月
上肢到達運動制御の計算モデルとその課題
阪口 豊
Vision   16 93-110   2004年

書籍等出版物

 
Ishikawa, M.,Ishii, I, Sakaguchi, Y., Shimojo, M., Shinoda, H., Yamamoto, H., Komuro, T., Oku, H., Nakajima, Y. and Watanabe, Y. (担当:共著, 範囲:Dynamic Information Space Based on High-Speed Sensor Technology)
Springer   2016年   ISBN:978-4-431-55865-1
日経サイエンス2007年11月号
阪口豊 (担当:単訳, 範囲:目の動きから心が見える)
日経サイエンス   2007年   
脳の計算機構
阪口 豊 (担当:共著, 範囲:運動制御における高次の問題-到達運動のプリズム適応を例にとって)
朝倉書店   2005年   
脳の情報表現
阪口 豊,樺島 祥介 (担当:共著, 範囲:脳内情報表現への情報理論的アプローチ)
朝倉書店   2002年   
パーセプトロン
Minsky, Papert, (中野馨,阪口豊 共訳) (担当:共訳)
パーソナルメディア   1993年   

講演・口頭発表等

 
マガーク効果の刺激依存性に関する検討
水梨勇河,佐藤好幸,饗庭絵里子,阪口 豊
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2017年3月10日   
自発的な同時運動の特性と制御メカニズム ~ 同時運動の時間精度と同時性知覚の関係 ~
酒井香里,佐藤好幸,饗庭絵里子,阪口 豊
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2017年3月10日   
高速ビジュアルトラッキングシステムによるピアノ演奏動作の解析
澤田一平,饗庭絵里子,阪口 豊
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2017年3月10日   
武術における立位法の実験的検討 ~ 身体バランスに与える影響と接触相手との関係性の断ち切り ~
石川裕一朗,金井 涼,阪口 豊
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2017年3月10日   
静止立位時の姿勢が動き出し動作の特性に与える影響
金井 涼,石川裕一朗,阪口 豊
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2017年3月10日   

担当経験のある科目

 

特許

 
2006-50880 : 眼球位置計測装置
阪口豊,石田文彦,島井博行,溝尾元洋