丹羽 佑一

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/19 14:42
 
アバター
研究者氏名
丹羽 佑一
 
ニワ ユウイチ
学位
文学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
香川大学 経済学部 社会と文化 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
京都大学 文学研究科 考古学
 
 
 - 
1971年
京都大学  考古学
 

委員歴

 
2010年5月
   
 
- 香川歴史学会, 香川史学, 「香川史学38号」編集
 
2004年
 - 
2007年
日本考古学協会  日本考古学協会理事
 

Misc

 
(1) 縄文時代中期における集落の空間構成と集団の諸関係
丹羽 佑一
史林   第61巻    1978年
“The Other World in the Middle Jomon Period”,
NIWA Yuichi
Journal of The society of Human History,   107-116   1999年
縄文人の他界観(中期編)
丹羽 佑一
人類史研究   (第11号) 107-116   1999年
古墳時代の讃岐地方における観音寺市椀貸塚古墳の類型化
丹羽佑一
香川県指定史跡椀貸塚、角塚及び平塚古墳保存・活用検討委員会報告書   1-7   2010年
サヌカイト原産地香川県金山の調査と広域流通の検討
丹羽佑一
瀬戸内圏研究センター報告書平成20-21年度      2010年

書籍等出版物

 
GROUP STRUCTURE IN JOMON PERIOD
1982年   
縄文時代の集団構造
考古学論考・平凡社   1982年   
THE PRE HISTORY OF AFRICA
ARCHAEOGRAPHY   1984年   
講座考古地理学4
学生社   1984年   
THE FORM OF WIDE LINED POTTERY IN THE LATE JOMON PERIOD
1989年   

講演・口頭発表等

 
香川県における縄文集落の様相
第21回中四国縄文研究会島根大会   2010年   
香川地域の打製石器石材利用の様相
第20回中四国縄文研究会   2009年   
香川県における縄文時代後期の地域社会の展開
第19回中四国縄文研究会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
先史時代社会構造の復元
Study of Settlement in Prehistory
先史集落の研究
The Inland sea-Navigator in Jomon Period
縄文時代における瀬戸内海の航海者

経歴

 
1996- 京都大学文学部卒業(1971.3) 京都大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学(1978.3), 香川大学経済学部教授