小林 茂

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
小林 茂
 
コバヤシ シゲル
所属
大阪大学
部署
大学院文学研究科 文化動態論専攻
職名
教授
学位
文学修士, 博士(文学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
1999年
 大阪大学文学部教授
 
1999年
   
 
- 大阪大学大学院文学研究科教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
京都大学 文学研究科 地理学
 
 
 - 
2003年
京都大学 文学研究科 
 
 
 - 
1971年
京都大学 文学部 史学
 

受賞

 
2004年
人文地理学会賞
 
2010年
日本地理学会賞(優秀賞)
 
2010年
日本国際地図学会特別賞(ただし受賞団体「外邦図研究グループ」の代表として)
 
2010年
日本地理学会賞(優秀賞)
 

Misc

 
ユーゴスラヴィアの移動牧畜
小林茂
人文地理   26(1) 1-30   1974年
中部ネパール.マガール族の耕地制度と景観変化
小林茂
史林   63(2) 274-304   1980年
奄美諸島の伝統的イネ栽培と「踏耕」
小林茂
人類科学   35 69-104   1983年
奄美諸島の石灰岩台地と伝統的環境利用
小林茂、中村和郎、森脇広、中井達郎
人類科学   36 29-86   1984年
南西諸島の伝統的イネ栽培と環境
小林茂、中村和郎
九学会連合編『日本の風土』弘文堂   167-206   1985年

書籍等出版物

 
日本の自然、地域編7九州
岩波書店   1995年   
福岡平野の古環境と遺跡立地:環境としての遺跡との共存のために
九州大学出版会   1998年   
人文地理学
放送大学教育振興会   2004年   
太宰府市史 環境資料編
福岡県太宰府市   2001年   
太宰府市史 通史編Ⅰ
福岡県太宰府市   2005年   

Works

 
環境保全と一体化した僻地開発の調査・研究:ネパール山村をモデルとしての一般法則性の解明
1977年
ネパールにおける高血圧発症要因の比較疫学的研究(I)
1987年
ネパールにおける高血圧発症要因の比較疫学的研究(II)
1990年
ネパールにおける高血圧発症要因の比較疫学的研究(III)
1996年
ネパールにおける高血圧発症要因の比較疫学的研究((]G0004[))
1998年

競争的資金等の研究課題

 
ネパール・ヒマラヤの文化生態学的研究
琉球列島の環境史研究
外邦図を環境資料として再生するための研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
1945年8月まで日本がアジア太平洋地域について作製した地図である外邦図を、環境変化研究に利用しやすいものとして再生する。
歴史時代の伝染病への適応に関する研究
研究期間: 1000年 - 1000年