ヴォルフガング・ミヒェル(ミヒェル・ザイツ)

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/17 08:30
 
アバター
研究者氏名
ヴォルフガング・ミヒェル(ミヒェル・ザイツ)
 
ミヒェル・ヴォルフガング
通称等の別名
W・ミヒェル
URL
http://wolfgangmichel.web.fc2.com/
所属
財団法人 研医会
職名
研究員
学位
Magister Artium(J.W. Goethe-Universität, Frankfurt am Main), 博士(岡山大学)
その他の所属
佐賀大学九州大学
ORCID ID
0000-0003-4895-2863

プロフィール

*1946年生まれ(ドイツ・フランクフルト)。
* 九州大学名誉教授。Magister Artium (East Asian Cultural Sciences), PhD (Cultural Sciences)
* 主な研究分野:東西文化交渉史、医史学、薬史学研究所
* 日本医史学会奨励賞(1996年)
*ドイツ連邦共和国功労十字勲章(2004年)
* 日本医史学会常任理事

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1974年
Johann Wolfgang Goethe Universitaet, Frankfurt 比較文化研究科 Ostasiatische Sprach- und Kulturwissenschaften
 
 
 - 
1974年
フランクフルト大学(ヨーハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学)  比較言語文化(欧亜)
 

委員歴

 
2009年
 - 
2010年
九州大学  副学長
 
2008年
 - 
2010年
九州大学大学院言語文化研究院院長(2008-2010)
 
2008年
   
 
日本医史学会  常任理事
 
1999年
 - 
2002年
洋学史学会  理事、会長
 
1999年
   
 
日本医史学会学会福岡地方会  理事
 

受賞

 
1996年
日本医史学会学術奨励賞
 
2004年6月
ドイツ連邦共和国功労十字勲章
 

論文

 
ミヒェル ヴォルフガング
日本醫史學雜誌   56(3) 367-385   2010年9月   [査読有り]
明暦2年儒医向井元升は大目付井上筑後守政重に依頼で阿蘭陀通詞を介して出島蘭館医「アンスヨレアン」と接触し西洋外科術に関する報告をまとめたが、翌年の11月に数週間にわたりその後任者「スティビン」の教授に基づいて誕生した書物もあるので、後世に伝わった写本は様々である。その代表的な資料とされた「紅毛流外科秘要」は、後世の混合物であり、「阿蘭陀伝外科類方」、「阿蘭陀外科医方」、「證治指南」の方が当時の様子をより正確に反映している。後者は、寛文9年で刊行された『阿蘭陀外科良方』によりすでに広く普及さ...
Johann Caspar Scheuchzer (1702-1729) und die Herausgabe der History of Japan.
Wolfgang Michel
Asiatische Studien/ Études Asiatiques   LXIV(1) 101-138   2010年   [査読有り]
吉雄元吉 ー 忘れられた蘭学者の生涯と著作について
ミヒェル・ヴォルフガング
言語文化論究   (23) 89-109   2008年
Japansk läkekonst i teckningar av Clas Fredrik Hornstedt.
Wolfgang Michel
C. F. Hornstedt, Brev från Batavia - En resa till Ostindien 1782-1786. Utgivare Christina Granroth under medverkan av Patricia Berg och Maren Jonasson. Svenska litteratursällskapet i Finland, Helsingfors Bokförlaget Atlantis, Stockholm 2008, pp. 117-150.      2008年   [招待有り]
ミヒェル ヴォルフガング
言語文化論究   23(0) 89-109   2008年
Yoshio Genkitsu practiced and taught medicine for at least two decades with great success. In a diary entry dated March 1790, Sugita Gempaku refers to him as “Shian-sensei”, indicating an equal footing between these two scholars of “Dutch Studies”...
中津藩医大江春塘について
ミヒェル・ヴォルフガング
中津市歴史民俗資料館 分館 医家史料館叢書   (6) 55-73   2007年
シーボルト記念館所蔵の「阿蘭陀草花鏡図」とその背景について
ミヒェル・ヴォルフガング
鳴滝紀要   (17) 9-38   2007年   [査読有り][招待有り]
『哺乳動物心臓の刺激伝導系』のドイツ語原稿とその背景について
ヴォルフガング・ミヒェル
田原通信   (3) 45-49   2007年   [招待有り]
ミヒェル ヴォルフガング
言語文化論究   21(0) 1-20   2006年
H. Sôda und F. Sekiba hatten vor Jahrzehnten anhand zweier japanischer Handschriften darauf hingewiesen, dass um 1669 ein europäischer Kräuterkenner die einheimischen Pflanzen in der Umgebung Nagasakis untersucht habe. Anhand neuer japanischer und...
Western Medicine an Pharmaceutics in Seventeenth Century Japan.
Wolfgang Michel
Proceedings of the Tenth International Conference on the History of Science in East Asia. Shanghai Jiao Tong University Press   173-184   2005年
MICHEL Wolfgang, WERGER-KLEIN Elke
日本医史学雑誌   50(3) 463-492   2004年9月   [査読有り]
本論文は宗田一が史上初の公式製薬伝習として紹介した寛文12年頃の薬油蒸留を取り上げながら、新しく見つかった史料に基づき、この欧日技術移転の経過及び背景を解明するものである。 カスパル流外科の写本や出島蘭館日誌などが示すように、初期紅毛流外科においては数々の薬油が適用されている。また慶安4年のカスパル・シャムベルゲルの離日後、オランダ東インド会社に対する医薬品の注文が著しく増え、その中で薬油は大きな比重を占めていた。高価な上に供給が不安定な薬品の輸入が問題視されたためか、幕府は寛文7年に両長...
Aufbruch in innere Landschaften - Zur Rezeption westlicher Koerperkonzepte in der Medizin der Edo-Zeit.
Wolfgang Michel
MINIKOMI   (62) 13-24   2004年   [招待有り]
Far Eastern Medicine in Seventeenth and Early Eighteenth Century Germany.
Wolfgang Michel
言文論究   (20) 67-82   2004年
江戸初期の光学製品輸入について
ミヒェル・ヴォルフガング
洋学   (12) 119-164   2004年   [査読有り]
新旧西洋外科術が混在する地方蘭学者の史料 村上玄水写の「カスハル書口訣」を中心に」
ミヒェル・ヴォルフガング
村上玄水資料(II) (中津市歴史民俗博物館分館村上医家史料料館資料叢書 2)   (2) 71-88   2004年
ヨーロッパの珍品陳列室から観た市岡家の標本コレクション
ミヒェル・ヴォルフガング
飯田市美術博物館編 『江戸時代の好奇心 : 信州飯田・市岡家の本草学と多彩な教養』 飯田市   82-85   2004年
[The surgical license of Otaguro Gentan and its background].
Michel W, Sugitatsu Y
Nihon ishigaku zasshi. [Journal of Japanese history of medicine]   49 455-477   2003年9月   [査読有り]
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   49(1) 28-29   2003年3月   [査読有り]
太田黒玄淡の阿蘭陀外科免許状とその背景について
ミヒェル・ヴォルフガング、杉立義一
日本医史学雑誌   49(3) 455-477   2003年   [査読有り]
Zu den im 17. Jahrhundert durch die Dejima-Chirurgen ausgestellten Ausbildungszeugnissen
Wolfgang Michel
Studies in Languages and Cultures   (19) 137-155   2003年
Kaempfers Japan und Dohms Kaempfer.
Wolfgang Michel
Engelbert Kaempfer (1651-1716) und die kulturelle Begegnung zwischen Europa und Asien. Lippische Studien. Forschungsreihe des Landesverbandes Lippe   Band 18, pp. 211-243.    2003年
ヘルマン・ブショフ:痛風に関する詳細な研究及びその確実な治療法と効き目のある薬剤について ー ヨーロッパにおける灸術に関する初の著書(1675年英語版)
ミヒェル・ヴォルフガング
九州大学大学院言語文化研究院叢書   (3)    2003年
MICHEL Wolfgang
日本醫史學雜誌   48(4) 692-720   2002年12月   [査読有り]
An analysis of related sources like the medico-pharmaceutical requests in van Dam's and Herbert de Jager's memoranda showed, that Engelbert Kaempfer's plan to conduct research on Japan was not the result of a long term vision. It was born in Batav...
日本に関する観察 −1669年刊行の文献とその背景について
ヴォルフガング・ミヒェル
片桐一男編『日蘭交流史 − その人・物・情報』京都:思文閣出版   199-227   2002年   [招待有り]
On the Reception of Western Medicine in Seventeenth Century Japan
Wolfgang Michel
吉田忠、瀬泰旦編『東と西の医療文化』思文閣出版、京都、   412-426   2001年
Michel Wolfgang
洋学史研究   1-11   1998年4月
Wolfgang Michel: Intercultural Encounters - On the "Audiences" of the Dejima "opperhoofd". Yôgakushi Kenkyû - Journal of the History of Western Learning, No. 15 (Tokyo, April 1998), pp. 1 - 11.「異文化との出会い ー オランダ・カピタンの謁見について」『洋学史研究』第15号、1998年4月、1〜11頁。
ヨーロッパにMOXA(もぐさ)を紹介したバタビアの牧師-ヘルマン・ブショフの生涯と著作について
ミヒェル・ヴォルフガング
日蘭学会会誌   23(1) 47-63   1998年   [査読有り]
異文化との出会い-オランダ・カピタンの「謁見」について
ミヒェル・ヴォルフガング
洋学史研究   (15) 1-11   1998年
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   43(2) 241-254   1997年6月
大英図書館蔵のケンペル資料に見る日本の病名および病気
ミヒェル・ヴォルフガング
洋学史研究   (14) 1-9   1997年
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   42(4) 521-546   1996年12月   [査読有り]
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   42(3) 323-347   1996年9月   [査読有り]
Michel Wolfgang
洋学史研究   19-54   1996年4月
ヴォルフガング・ミヒェル「エンゲルベルト・ケンペルからみた日本語」『洋学史研究』第13号、1996年4月、19〜54頁。Wolfgang Michel: The Japanese Language as seen by Engelbert Kaempfer. Yôgakushi Kenkyû - Western Studies, No. 13 (Tokyo, 1996), pp.19 - 54.・Kaempfers Ansichten zur Herkunft der japanische...
エンゲルベルト・ケンペルからみた日本語
ミヒェル・ヴォルフガング
洋学史研究   (13) 19-54   1996年
出島蘭館医ハンス・ユリアーン・ハンコについて
ミヒェル・ヴォルフガング
言語文化論究   (7) 83-96   1996年
九州大学蔵の「阿蘭陀伝外科類法」(「阿蘭陀外科正伝」)と向井元升について
ミヒェル・ヴォルフガング
比較社会文化研究科紀要   (2) 75-79   1996年
ミヒェル ヴォルフガング
比較社会文化 : 九州大学大学院比較社会文化研究科紀要   2(0) 75-79   1996年
ヴォルフガング・ミヒェル「九州大学蔵の「阿蘭陀伝外科類方」(阿蘭陀外科正伝)と向井元升について 『比較社会文化研究科紀要』、第2号(1996年)、75〜79頁。J. Koga hatte einst darauf aufmerksam gemacht, daß der Konfuzianer und Arzt Mukai Genshô im zweiten Jahr der Regierungsdevise Meireki (1657) einen europäischen Chirurg...
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   41(3) 403-420   1995年9月   [査読有り]
17世紀の平戸・出島蘭館の医薬関係者について
ミヒェル・ヴォルフガング
日本医史学雑誌   41(3) 403-420   1995年   [査読有り]
日本におけるカスパル・シャルベルゲルの活動
ミヒェル・ヴォルフガング
日本医史学雑誌   第41(1) 3-28   1995年   [査読有り]
Michel Wolfgang
独仏文學研究   44(0) 149-186   1994年
日本におけるカスパル・シャムベルゲルによる医療活動蘭館医カスパルが二度江戸に滞在し、患者の治療に当たり、大目付井上筑後守の興味を引いたことは周知のことであるが、彼の活動の様子を明らかにするためには、これまで唯一の手がかりとされてきた出島商館の日誌以外の文献を調査しなければならない。書簡、報告書、出納簿、「カスパル流」の写本など、欧日両方の新資料を数多く紹介、分析しながら、カスパル・シャムベルゲルの日本滞在中(1649〜1651年)における活動を追究している。•1649年秋頃の出来事、 •1...
Japans Rolle in der frühen Vermittlung der Akupunktur nach Europa
Wolfgang Michel
Deutsche Zeitschrift für Akupunktur   36(2) 40-46   1993年   [査読有り]
Willem Bylevelt の「金銭出納簿」
ミヒェル・ヴォルフガング
洋学史研究   (10) 38-81   1993年
カスパル・シャムベルゲルの弔辞について
ミヒェル・ヴォルフガング
日本医史学雑誌   37(4) 143-151   1991年   [査読有り]
カスパル・シャムベルゲルの「弔辞」について
ミヒェル・ヴォルフガング
日本医史学雑誌   37(4) 143-151   1991年   [査読有り]
Ein 'Ostindianisches Sendschreiben'. Andreas Cleyers Brief an Sebastian Scheffer vom 20. Dezember 1683.
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (41) 15-98   1991年
Michel Wolfgang
日本医史学雑誌   36(3) p201-210   1990年7月   [査読有り]
西洋医学の日本への導入史上、最初の紅毛流派として有名な「カスパル流外科」の元祖カスパルについては、数十年間にわたる先行的な研究にもかかわらず、その人物の名字、生涯等などについて何も明らかになっていなかった。17世紀のドイ
Willem ten Rhijne und die japanische Medizin (II)  - Die Mantissa Schematica
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (40) 57-103   1990年
Caspar Schambergers Lebens-Lauff
言文論究   (1) 41-52   1990年
Hermann Buschofs Leben und Werk
Wolfgang Michel
Kairos     .(28) 135-168   1990年
Willem ten Rhijne und die japanische Medizin (I).
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (39) 75-125   1989年
ミヒェル ヴォルフガング
独仏文學研究   39(0) 75-125   1989年
幕府からそのような要望があると思い込んでいた東インド会社はオランダ出身の医学博士ウィレム・テン・ライネを1674年長崎へ派遣した。バタビアでお灸を研究していた牧師ブショフ及び東インドにおける薬草などを調査していたドイツ人医師クレイエルの影響を受けたテン・ライネは日本滞在中積極的に日本の医学について調べ、その成果を1682年刊行の著書に取り入れる。筆者は、「関節炎論」を中心にテン・ライネから見たの日本医学及び医学思想について論じている。* テン・ライネの生涯、* 日本におけるテン・ライネの活...
Zacharias Wagner und Japan (I)  -- Die Autobiographie eines 'Donnermanns'.
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (37) 53-102   1987年
Ein fruehes deutsch-japanisches Glossar aus dem 17. Jahrhundert
Wolfgang Michel
Kairos   (24) 1-26   1986年
Die Japanisch-Studien des Georg Meister (1653 - 1713).
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (35) 1-50   1986年
Wataxyx gattinaka  -- Japanisch bei Arnoldus Montanus.
Wolfgang Michel
言語科学   (21) 1-10   1986年
ミヒェル ヴォルフガング
言語科学   21(0) 1-10   1986年
オランダの牧師兼学者モンターヌス著「日本の皇帝への記念すべきオランダ使節団」(1669年)に現われる日本語についての記述および日本語の例文を紹介、分析したもの。
Japan in Caspar Schmalkaldens Reisebuch.
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (35) 41-84   1985年
Engelbert Kaempfer und die japanische Sprache
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (34) 125-150   1984年
Moxa Germanica - Japanisches Lehngut in der deutschen Sprache
Wolfgang Michel
Kairos   (2) 81-119   1984年
Engelbert Kaempfers merkwuerdiger Moxa-Spiegel -- wiederholte Lektuere eines deutschen Reisewerks der Barockzeit.
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (33) 185-238   1983年
Perspektiven der elektronischen Textverarbeitung in der japanischen Germanistik
Tadaharu Higuchi / Wolfgang Michel
ドイツ文学 - Die deutsche Literatur   (70) 139-146   1983年
Suchen in natuerlichen Texten -- Verfahren und Hilfen zur Datenverarbeitung in Sprach- und Literaturwissenschaft.
Wolfgang Michel
Kairos   (20) 161-190   1982年
Routineverfahren zur elektronischen Verarbeitung von Texten
Wolfgang Michel
Kairos   (19) 141-168   1981年
Palaver: ein moeglicher Ausgangspunkt zur Entwicklung fremdsprachlicher Gespraechstypologien
Wolfgang Michel
ドイツ文学 - Die deutsche Literatur   (66) 109-144   1981年   [査読有り]
Transkriptionsverfahren zur maschinellen Verarbeitung deutscher und japanischer Diskurse
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (31) 111-125   1981年
Diskursanalyse und Fremdsprachenerwerb --  Kontaktaufnahmen und Redeeinleitungen in Diskussionen.
Wolfgang Michel
日本独文学会会報   (17) 17-23   1980年   [査読有り]
諸外国に於けるドイツ語教育者養成課程の例
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (30) 121-155   1980年
諸外国に於けるドイツ語教育者養成課程の例
ミヒェル・ヴォルフガング
独仏文学研究   (30) 121-155   1980年
Rezeption ohne Aesthetik -  Aspekte zum Handeln an fremdsprachlichen Texten
Wolfgang Michel
独仏文学 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (29) 191-221   1979年
Zur Entwicklung der Lesekompetenz in Deutsch als Fremdsprache.
Wolfgang Michel / Peter Sternagel
Zielsprache Deutsch   (3) 24-40   1979年   [査読有り]
Uebersetzung, Sprachanalyse und Fremdsprachenerwerb
Wolfgang Michel
独仏文学研究 - Studien zur deutschen und französischen Literatur   (27) 63-87   1977年
Beruehrungspunkte auf der Ebene des 'signifiant'
Wolfgang Michel
ドイツ文学 - Die deutsche Literatur   (57) 84-92   1976年   [査読有り]
The Correlation between molecular weight and elution behaviour in the gel chromatography of proteins.
Helmut Determann and Wolfgang Michel
Journal of Chromatography   25 (1966) 301 - 313,    1966年
Neuere Entwicklung bei der duennschicht-chromatographischen Trennung von Proteinen.
Helmut Determann and Wolfgang Michel
Zeitschrift fuer analytische Chemie   212(1) 211 -218.   1965年   [査読有り]
Untersuchungen ueber die die Plasteinreaktion, VII, Molekulargewichtsverteilung des enzymatischen Kondensationsprodukts.
Helmut Determann, unter Mitarbeit von Sieglinde Eggenschwiller und Wolfgang Michel:
Justus Liebigs Annalen der Chemie,   Band 690 (1965), 182 - 188.    1965年   [査読有り]

Misc

 
ミヒェル ヴォルフガング
日本醫史學雜誌   57(1) 85-86   2011年3月
ヴォルフガング ミヒェル
日本醫史學雜誌   55(2)    2009年6月
ミヒェル ヴォルフガング
日本医史学雑誌   53(1) 24-25   2007年3月
ミヒェル ヴォルフガング
日本医史学雑誌   53(1) 84-85   2007年3月
ミヒェル ヴォルフガング
日本医史学雑誌   52(1) 28-29   2006年3月
中村 輝子, 遠藤 次郎, ミヒェル ウォルフガング
日本医史学雑誌   50(1) 50-51   2004年3月
後藤 志朗, 中村 輝子, 遠藤 次郎, ミヒェル ヴォルフガング
日本医史学雑誌   50(1) 130-131   2004年3月
遠藤 次郎, 中村 輝子, 田村 一至, ミヒェル ヴォルフガング
薬史学雑誌   38(2)    2003年12月
中村 輝子, 遠藤 次郎, ミヒェル ヴォルフガング
薬史学雑誌   38(2)    2003年12月
ミヒェル ヴォルフガング, 中村 輝子, 遠藤 次郎
薬史学雑誌   38(2)    2003年12月
月澤 美代子, 酒井 シヅ, ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   49(1) 16-17   2003年3月
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   49(1) 34-35   2003年3月
ミヒェル ヴォルフガング
薬史学雑誌   37(2)    2002年12月
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   48(3) 470-471   2002年9月
ミヒェル ウォルフガング
日本医史学雑誌   47(3) 584-585   2001年9月
ヴォルフガング ミヒェル
日本医史学雑誌   41(2) 220-221   1995年5月
Michel Wolfgang
独仏文學研究   45(0) 111-123   1995年
この論文はドイツ・ライプチヒ市史料編纂所の記録及びその他の年代記などを基に、日本における「カスパル流外科」の元祖カスパル・シャムベルゲルの少年期、30年戦争期のライプチヒ市及び外科医ギルドの状況を追っている。カスパルの父、バルタザール・シャムベルゲルはフランケン地方のケーニヒスベルクから移住している。彼はワインを商い、1622年にライプチヒの商人の娘、マルタ・フィンジンガー(Martha Finsinger)と結婚した。1年後、カスパルが生まれるが、その父は1629年には亡くなっている。1...
Michel Wolfgang
言語文化論究   1(0) 41-51   1990年
Bedeutung und Aequivalenz im Uebersetzungsprozess
Wolfgang Michel
Protokoll (2. Ferienseminar fuer Germanisten und Deutschlehrer)   (2) 37-44   1977年
Landeskunde in und mit Texten
Wolfgang Michel
Protokoll (3. Ferienseminar fuer Germanisten und Deutschlehrer)   (3) No65-70   1978年
Zur Entzerrung des "Deutschlandbildes"
Wolfgang Michel
Protokoll (4. Ferienseminar fuer Germanisten und Deutschlehrer)   (4) 67-73   1979年
Zur Motivierung der Studenten  - Ein Studienreiseprojekt und seine Folgen.
Wolfgang Michel / Michiya Nemoto
日本独文学会教育部会会報   (27) 10-17   1985年
Bedingungen des 'internationalen Verstehens'.
Wolfgang Michel
『異文化間教育学会 Newsletter』   (10) 26-30   1985年
Erkundendes Lernen im Fortgeschrittenen-Unterricht. [Tentative Learning in Advanced Classes].
『日本独文学会教育部会会報』    第34号(1987), pp. 14 - 19.    1987年

書籍等出版物

 
これからのドイツ語
郁文堂,東京   1980年   ISBN:4261071436
アポロン独和辞典
同学社   1994年   ISBN:4810200027
Erste Abhandlung über die Moxibustion in Europa : das genau untersuchte und auserfundene Podagra, vermittelst selbst sicher-eigenen Genäsung und erlösenden Hülff-Mittels
Heidelberg: Haug   1993年   ISBN:3776013273
W・ミヒェル・鳥井裕美子・川嶌眞人共編『九州の蘭学 ー 越境と交流』
思文閣出版   2009年   ISBN:978-4-7842-1410-5
ヴォルフガング・ミヒェル編著「ヘルマン・ブショフ:痛風に関する詳細な研究及びその確実な治療法と効き目のある薬剤について ー ヨーロッパにおける灸術に関する初の著書(1675年英語版)」九州大学大学院言語文化研究院叢書、第3号
九州大学大学院言語文化研究院   2003年3月   ISBN:ISSN 1348-1800
ヴォルフガング・ミヒェル・遠藤次郎・中村輝子『中津市歴史民俗資料館 分館村上医家史料館蔵の薬箱及びランビキについて』、中津市歴史民俗資料館 分館村上医家史料館資料叢書、第4号。第2版(彩色版)
中津市教育委員会   2007年2月   
2007年2月。
Von Leipzig nach Japan -- Der Chirurg und Handelsmann Caspar Schamberger (1623 - 1706) [From Leipzig to Japan -- The Surgeon and Merchant Caspar Schamberger].
Iudicium Verlag, Muenchen   1999年   
Engelbert Kaempfer: Werke. Kritische Ausgabe in Einzelbaenden. Herausgegeben von Detlef Haberland, Wolfgang Michel, Elisabeth Goessmann.  1/1  Engelbert Kaempfer: Heutiges Japan. Herausgegeben von Wolfgang Michel und Barend J. Terwiel.  ・・・
Iudicium: Muenchen,   2001年   ISBN:9783891299319
Engelbert Kaempfer: Werke. Kritische Ausgabe in Einzelbaenden.
Herausgegeben von Detlef Haberland, Wolfgang Michel, Elisabeth
Goessmann.
 1/1  Engelbert Kaempfer: Heutiges Japan. Herausgegeben von
Wolfgang Michel und Barend J. Terwiel.
...
»Der Ost-Indischen und angrenzenden Königreiche vornehmste Seltenheiten betreffende kurze Erläuterung« -- Neue Funde zum Leben und Werk des Leipziger Chirurgen und Handelsmanns Caspar Schamberger (1623-1706).
Hana Shoin, Fukuoka   2010年   ISBN:978-4-903554-71-6

講演・口頭発表等

 
http://wolfgangmichel.web.fc2.com/ref/index.html
ヴォルフガング・ミヒェル(ミヒェル・ザイツ)

Works

 
村上医家史料館の文献、および中津市にある史料を中心に中津藩における蘭学調査研究
2002年
江戸・明治初期の輸入医薬品及び医療機器の調査 (文部科学省)科学研究補助金 特定領域研究(A):我が国の科学技術黎明期資料の体系化に関する調査研究 (江戸のものづくり): 計画研究(A01-4)(江戸明治初期の輸入医薬品・医療機器の実態調査と現存資料の総目録の作成)
2002年 - 2005年
エンゲルベルト・ケンペル(1651-1716)による日本関係の草稿を分析、出版 ケンペル資料の編集に関し、エンゲルベルト・ケンペル協会、レムゴー市、ノルトライン・ヴェウトファーレン州の援助による調査。ケンペル著作集の監修責任者:デトレフ・ハーバーラント(ボン)、ヴォルフガング・ミヒェル(福岡)、エリザベト・ゲスマン(東京/ミュンヘン)。
1992年

競争的資金等の研究課題

 
・東洋医学の西漸史欧日文化交流史
・エンゲルベルト・ケンペル(1651-1716)による日本関係の草稿を分析、出版 ケンペル資料の編集に関し、エンゲルベルト・ケンペル協会、レムゴー市、ノルトライン・ヴェストファーレン州の援助による調査。ケンペル著作集の監修責任者:デトレフ・ハーバーラント(ボン)、ヴォルフガング・ミヒェル(福岡)、エリザベト・ゲスマン(東京/ミュンヘン)。
・幕末・明治期の医科器械販売・製造業の発展史の研究
研究期間: 2005年   
・中津藩の「蘭学」 中津市歴史民俗資料館(村上医家史料館、大江医家史料館、屋形家コレクションなど)の史料を中心に中津藩における蘭学を追究する。
・17世紀の日本における西洋医・薬学