新海 征治

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/03 11:33
 
アバター
研究者氏名
新海 征治
 
シンカイ セイジ
所属
九州大学
部署
九州大学 高等研究院
職名
特別主幹教授
学位
工学博士, 工学修士
その他の所属
崇城大学

研究分野

 
 

委員歴

 
1992年
   
 
イギリス化学会  編集委員
 
2001年
   
 
日本化学会  九州支部長
 
2000年
 - 
2001年
日本化学会生体機能関連化学部会  部会長
 

受賞

 
1979年
日本化学会進歩賞
 
1986年
高分子学会賞
 
1998年
1998 Izatt-Christensen国際賞
 
1999年
1999 Backer Lecture賞
 
2002年
2002 Vielberth Lectureship賞
 
2003年
日本化学会賞
 
2004年
西日本文化賞
 
2004年
紫綬褒章
 
2006年
東レ科学技術賞
 
2013年
Daiwa Adrian Prize 2013(共同受賞)
 
2014年
分子ロジック・分子センサー特別賞
 

論文

 
分子認識を活用する高分子組織体のデザインと高次機能の創出
土屋陽一, 白木智丈, 新海征治
科学と工業   84(9) 7-15   2010年
糖分子を認識する人工レセプター:ボロン酸
甲元一也, 新海征治
バイオインダストリー   27(2) 18-23   2010年2月
ヘリックス形成能をもつ多糖との複合化による新材料の開発
新海征治, 杉川幸太, 佐田和己
未来材料   79(10) 76-79   2010年9月
Stereochemistry-Dependent, Mechanoresponsive Supramolecular Host Assemblies for Fullerenes: A Guest-Induced Enhancement of Thixotropy
Arnab DAWN, Tomohiro SHIRAKI, Hiroshi ICHIKAWA, Akihiko TAKADA, Yoshiaki TAKAHASHI, Youichi TSUCHIYA, Le Thi Ngoc LIEN and Seiji SHINKAI
Journal of the American Chemical Society   134(4) 2161-2171   2012年1月   [査読有り]
Creation of Circularly Polarized Luminescence from an Achiral Polyfluorene Derivative through Complexation with Helix-Forming Polysaccharides: Importance of the Meta-Linkage Chain for Helix Formation
Tomohiro SHIRAKI, Youichi TSUCHIYA, Takao NOGUCHI,Shun-ichi TAMARU, Mozomu SUZUKI, Makoto TAGUCHI, Michiya FUJIKI and Seiji SHINKAI
Chemistry- An Asian Journal   9(1) 218-222   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
ナノスケールの孤立空間を有する包接化合物ーカプセル分子ー
TCIメール   118(4) 2-17   2003年
多糖シゾフィランを利用した核酸の分離精製
高分子加工   52(5) 201-206   2003年
「人工ナノ化石」の創製ー有機分子が生み出す多様な形を捉えるー
Japan Nanonet Bulletin   34, 1-3    2003年
アンチセンス治療へ向けた多糖系遺伝子キャリアー
Bio Industry   20(10) 30-37   2003年
三好賢太郎, 上江洲一也, 櫻井和朗, 新海征治
高分子論文集   63(7) 451-457   2006年

書籍等出版物

 
認識がもたらす歴史的ブレークスルー
先端化学シリーズ(III)「分子認識化学ー人工ホストからバイオまで」   2003年   

講演・口頭発表等

 
分子認識システム-その分子の形と機能-
科学技術振興事業団シンポジウム・ナノケミストリーの実現を目指して   2003年   
分子集合体を鋳型とする分子転写-無機コンビケミの可能性について-
多元ナノ材料研究センターシンポジウム   2003年   
Molecular Design of Dynamic Artificial Receptors with Allosteric Functions
Proceedings of the 5th CMC-Kyushu Chemistry Symposium   2003年   
分子情報科学の機能イノベーション
九州大学の挑戦:研究戦略と将来構想   2003年   
分子を動かす、集める、転写する −九大21世紀COE「分子情報科学」と関連して−
日本化学会西日本大会   2003年   

Works

 
「第2回カリックスアレーンおよび関連化合物に関する国際会議」の主催
1993年
新技術事業団創造科学技術推進事業「新海包接認識プロジェクト」総括責任者
1990年 - 1995年
科学技術振興事業団日蘭共同研究「分子転写プロジェクト」日本側代表者
1997年 - 2001年
文部科学省・COE「分子の集積・組織化の精密設計と機能制御」拠点リーダー
1998年 - 2003年
文部科学省・21世紀COE「分子情報科学の機能イノベーション」拠点リーダー
2002年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
糖質インタフェースの開発
研究期間: 1991年   
包接化合物「カリックスアレーン」を基体とする機能設計
JST戦略的創造研究推進制度(総括実施型) (創造科学技術推進事業:ERATO)
研究期間: 1985年   
フラーレン(C60)の分子集合体を用いる機能材料の開発
国際共同研究
研究期間: 1992年   
多糖-DNA相互作用
研究期間: 1997年