小川 智久

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:10
 
アバター
研究者氏名
小川 智久
 
オガワ トモヒサ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ec05f4237a7c422496d039425ff7aa09.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻 生命有機情報科学講座 応用生命分子解析分野
職名
准教授
学位
博士(理学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 東北大学学際科学国際高等研究センター 准教授(兼務) プロジェクトB研究代表者
 
2004年
 - 
2007年
東北大学学際科学国際高等研究センター 助教授(兼務) プログラム研究代表者
 
2002年
 - 
2004年
大阪大学蛋白質研究所 客員助教授
 
2001年
   
 
- 東北大学大学院生命科学研究科 助教授
 
2001年
 - 
2004年
東北大学学際センター 助教授(兼務)
 

学歴

 
 
 - 
1991年
九州大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1986年
九州大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本生物物理学会  東北支部幹事
 
2005年
 - 
2008年
毒素シンポジウム  運営委員
 
2005年
 - 
2006年
日本農芸化学会  東北支部会計幹事
 

受賞

 
2004年
日本農芸化学会東北支部支部奨励賞(第2回)
 
1994年
第10回井上研究奨励賞
 

Misc

 
Naganuma T, Hoshino W, Shikanai Y, Sato R, Liu K, Sato S, Muramoto K, Osada M, Yoshimi K, Ogawa T.
PLoS ONE   9(11) e112326   2014年
Molecular Evolution of Snake Toxins : Is the Functional Diversity of Snake Toxins Associated with a Mechanism of Accelerated Evolution?
Ohno M, Menez R, Ogawa T, Danse JM, Shimohigashi Y, Fromen C, Ducancel F, Zinn-Justin S, Le Du MH, Boulain JC, Tamiya T, Menez A
PROGRESS IN NUCLEIC ACID RESEARCH AND MOLECULAR BIOLOGY ACADEMIC PRESS INC, 525 B STREET, SUITE 1900, SAN DIEGO, CA 92101-4495 USA   59 307-364   1998年
Ayumu Konno, Atsushi Kitagawa, Mizuki Watanabe, Tomohisa Ogawa, Tsuyoshi Shirai
Structure   19(5) 711-721   2011年
加速進化による蛋白質機能・構造の変化 魚類ガレクチンを例として
白井 剛, 塩生ー光山くらら, 小川智久
蛋白質 核酸 酵素 共立出版株式会社   48(14) 1913-1919   2003年
Mizuki Watanabe, Osamu Nakamura, Koji Muramoto and Tomohisa Ogawa
Journal of Biological Chemistry   287 31061-31072   2012年

書籍等出版物

 
Protein Engineering -Technology and Application: Experimental molecular archeology: reconstruction of ancestral mutants and evolutionary history of proteins as a new approach in protein engineering.
InTech   2013年   ISBN:980-953-307-520-9
Lectin Methods and Protocols Part4, Method in Molecular Biology: Tracing Ancestral Specificity of Lectins: Ancestral Sequence Reconstruction Method as a New Approach in Protein Engineering
Humana Press   2014年   ISBN:1064-3745
生物化学実験法 52 レクチン研究法
学会出版センター   2007年   
知っておきたい化学物質の常識84
SBクリエイティブ(株)   2016年   ISBN:978-4-7973-5689-2
知っていると安心できる成分表示の知識 その食品、その洗剤、本当に安全なの?
SBクリエイティブ   2016年   ISBN:978-4-7973-5690-8

講演・口頭発表等

 
Advanced research of unique venom-related animals based on Venomics project: Overview and introduction
第89回日本生化学会大会シンポジウム:2S07ベノミクス研究による‘おもしろ’毒関連生物の生化学研究の新展開   2016年   
祖先型タンパク質再構築法によりタンパク質の機能・進化を探る
フォーラム「生命科学談話シリーズ:アミノ酸・ペプチド・タンパク質の新世代バイオケミストリ」(ペプチド科学九州フォーラム)   2016年   
毒器官の構造と進化:ハブ毒牙マトリックスタンパク質の解析から
第62回トキシンシンポジウム   2015年   
Biomineralization Mechanism of Pteria Penguin Pearl Shell Nacre
Fusion Materials Meeting   2012年   
Reconstraction of ancestral forms and the evolutionary history of fish galectins reveal their rapid adaptive evolution process
24th International lectin meeting (Interlec24)   2011年   

Works

 
奄美ハブの生物科学的研究
2014年 - 2015年
ガレクチンをテンプレートにした糖鎖制限酵素の開発および糖鎖精密構造解析への応用
2000年 - 2001年
加速進化によるタンパク質機能の多様化とその機構
1998年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
加速進化による蛋白質の構造と機能の多様化
経常研究
研究期間: 1989年   
バイオミネラリゼーションの分子メカニズム解明とナノテクノロジーへの新展開
共同研究
研究期間: 2004年   
レクチンの構造と機能に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1995年   
ヘビ毒タンパク質およびインヒビターの構造と機能に関する研究
研究期間: 1995年   

特許

 
マベガイの良質真珠層形成に有用な、蛋白質、遺伝子、プラスミド、組換えベクター、形質転換体、プライマー、並びにマベガイの選別方法
特開2006-314258