工藤 愛知

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:45
 
アバター
研究者氏名
工藤 愛知
 
クドウ アイチ
所属
長崎大学
部署
大学院工学研究科
職名
教授
学位
理学博士(九州大学), 理学修士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1997年
 長崎大学教養部 教授
 
1997年
   
 
 長崎大学工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
九州大学 理学研究科 数学
 
 
 - 
1970年
九州大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本数学会  九州支部評議員
 
2005年
   
 
日本数学会  九州支部代議員
 

Misc

 
On Iwasawa's explicit formula for the norm residue symbol
Aichi Kudo
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series A, Mathematics   26(1) 139-148   1973年
On the reflection theorem in prime cyclotomic fields
Aichi Kudo
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series A, Mathematics   26(2) 333-337   1973年
On a class number relation of imaginary abelian fields
Aichi Kudo
Journal of the Mathematical Society of Japan   27(1) 150-159   1975年
On a generalization of a theorem of Kummer
Aichi Kudo
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series A, Mathematics   29(2) 255-261   1975年
Generalized Bernoulli numbers and the basic Zp-extensions of imaginary quadratic number fields
Aichi Kudo
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series A, Mathematics   32(2) 191-198   1978年

書籍等出版物

 
線形代数入門
学術図書出版社   2008年   

講演・口頭発表等

 
p-adic interpolation of Dedekind sums
Second Conference of the Canadian Number Theory Association   1989年   
Dedekind和のp進的性質について
1900年度日本数学会秋季総合分科会   1990年   
p進Dedekind和とその応用
九州大学大学院理学研究科集中講義   1994年   
p進Dedekind和の相互法則について
九州大学理学部数学教室談話会   1994年   
On some p-adic estimation of Bernoulli number
5th Korea-Japan Seminar on Number Theory and its application to the related area   1999年   

Works

 
既約実2次無理数の登録数の削減と2分検索法の導入による実2次体の類数計算プログラムの高速化
1987年
素因数分解を用いた既約実2次無理数決定アルゴリズムの改善による実2次体の類数計算プログラムの高速化
1993年
221までの素数データとフェルマ素数判定法の組み合せによる、実2次体の類数計算用高速素因数分解機械語プログラムの開発
1993年
情報システム工学科における数理情報教育の講義例 長崎大学総合情報処理センター・センターレポート第18号, 33-41
1999年
p進L関数と関連するp進解析関数の研究
1992年 - 1993年

競争的資金等の研究課題

 
代数体とP進解析学の研究
研究期間: 1970年   
代数体,p進体,有限体上の計算アルゴリズム,暗号数理
研究期間: 1997年