西野 宏

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/13 15:35
 
アバター
研究者氏名
西野 宏
 
ニシノ ヒロシ
URL
http://www.nishino-labo.jp/
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(理)
職名
教授
学位
理学博士(東北大学), 理学修士(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1996年
 熊本大学理学部 助手
 
1996年
 - 
1999年
 熊本大学理学部 助教授
 
1999年
 - 
2000年
 熊本大学 教授
 
2002年
   
 
  教授
 
2002年
 - 
2006年
  教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
熊本大学 理学研究科 (修士課程)化学専攻
 
 
 - 
1979年
熊本大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2012年
 - 
2016年
 物質・デバイス領域共同研究拠点 共同研究推進委員会委員 委員(2012-2014)
 
2012年
 - 
2016年
 物質・デバイス領域共同研究拠点 共同研究推進委員会委員 委員(2014)
 
2016年
   
 
日本化学会九州支部副会長  副会長
 
2016年
   
 
第26回万有福岡シンポジウム アドバイザリーボード  アドバイザリーボード
 
2014年
 - 
2015年
 佐賀大学研究センター評価委員会委員長 シンクロトロン光応用研究センター評価部会部会長(2014-2015)
 

受賞

 
1994年
有機合成化学協会 九州山口支部奨励賞
 
2001年
第79春季年会(2001)「ポスター賞」
 
2005年
第13回夢科学探検2005化血研賞
 
2005年
The Best Poster Presentation Award
 
2006年
第14回夢科学探検2006化血研賞
 
2009年
第17回夢科学探検2009化血研賞
 
2010年
2010日本化学会西日本大会ポスター賞
 
2013年
第21回夢科学探検2013化血研大賞
 
2014年
平成25年度特別研究員等審査会専門委員審査(書面担当)表彰
 

論文

 
Hermine Maza, Pierre Mkounga, Pierre Mkounga, Sandra Larissa Fenkam, Sylvain Kamdem Sado, Hayato Hishikawa, Hiroshi Nishino, Ephrem Augustin Nkengfack
Phytochemistry Letters   19 23-29   2017年3月
© 2016 Phytochemical Society of EuropeSeven new pentacyclic triterpenoids, including five oleanane-types designated bangwaoleanenes A–E (1)–(5), and two ursane-types, named bangwaursenes A (6) and B (7) together with eight known compounds: 3β-acet...
Chiaki Akazaki, Shun Kawabata, Hiroshi Nishino
MolBank   2016 M913-1-M913-7   2016年12月
? 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland.The facile synthesis of 4-acetyl-2-hydroxy-2,5-dimethylfuran-3(2H)-one (4) was achieved by the Mn(OAc)3-mediated aerobic oxidation of 2,4-pentanedione or the direct reaction of Mn(acac)3in A...
Matsumoto Chiaki, Yasutake Ken-ji, Nishino Hiroshi
Tetrahedron   72(44) 6963‐6971-6971   2016年11月
? 2016 Elsevier LtdThe Mn(III)-based oxidation of 2,7-, 1,8-, and 1,5-disubstituted naphthalenes bearing both the 1,4-dioxa-7,7-diphenylhep-6-enyl and 1,4-dioxa-5,7-dioxooctyl groups gave new [12]naphthalenophanes along with the corresponding dipl...
Pierre Mkounga, Hermine L D Maza, Blandine M W Ouahouo, Lydie N. Tyon, Hayato Ishikawa, Hiroshi Nishino, Augustin E. Nkengfack
Zeitschrift fur Naturforschung - Section C Journal of Biosciences   71 381-386   2016年11月
© 2016 Walter de Gruyter GmbH, Berlin/Boston.Three new lupan-type triterpernoid derivatives, namely globimetulin A (1), B (2) and C (3), were isolated from the shoot of Globimetula dinklagei (Loranthaceae), a hemiparasitic plant growing on Manihot...
TRUC Huynh Thanh, NGUYEN Van‐Ha, NISHINO Hiroshi
化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集   53rd(44) 97-6971   2016年7月
? 2016 Elsevier LtdThe Mn(III)-based oxidation of 2,7-, 1,8-, and 1,5-disubstituted naphthalenes bearing both the 1,4-dioxa-7,7-diphenylhep-6-enyl and 1,4-dioxa-5,7-dioxooctyl groups gave new [12]naphthalenophanes along with the corresponding dipl...
Risa Matsumoto and Hiroshi Nishino*
Synthetic Communications   45(15) 1807-1816   2015年5月
The Mn(III)-based oxidation of a tertiary alkylamine, such as nitrilotris(ethane-2,1-diyl) tris(3-oxobutanoate) (1) with 1,1-diphenylethene (2a), effectively proceeded in an acetic acid?formic acid mixed solvent to give nitrilotris(ethane-2,1-diyl...
KIKUE Nobutaka, TAKAHASHI Tetsuya, NISHINO Hiroshi
Heterocycles   90(1) 540-562   2015年1月
? 2015 The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry Received.The oxidation of 3-oxo-N-phenylbutanamides 1 with manganese(III) acetate in ethanol afforded dimeric 3,3'-biindoline-2,2'-dione derivatives 3-5. A similar reaction of N,2-disubstituted ...
Formation of Endoperoxides from Mn(III)-Induced Reaction of 1,1-Diarylethenes, Diketene and Ethanol
Nguyen Van Ha* and Hiroshi Nishino
Vietnam J. Chem.   53(2) 210-214   2015年
HAQUE Aminul, NISHINO Hiroshi
J Heterocycl Chem   51(3) 579-585   2014年5月
Twenty-two 3-alkyl-4-hydroxy-1H-pyrrol-2(5H)-ones were prepared and underwent Mn(III)-catalyzed aerobic oxidation in the presence of 1,1-diarylethenes to produce very stable crystalline 6-alkyl-8-aza-4,4-diaryl-1- hydroxy-2,3-dioxabicyclo[4.3.0]no...
NISHINO Hiroshi, KUMABE Ryoukou, HAMADA Ryoichi, YAKUT Mehtap
Tetrahedron   70(7) 1437-1450   2014年2月
The reactions of 1,1-disubstituted alkenes with 4-hydroxyquinolin-2(1H)-ones under both Mn(III)-catalyzed aerobic oxidation conditions at room temperature and Mn(III)-mediated oxidation conditions at reflux temperature are described. The Mn(III)-c...

Misc

 
川端駿, 西野宏
複素環化学討論会講演要旨集   46th 121‐122   2016年9月
近松郁香, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.3PB‐143   2016年3月
尾畑恵美, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.3PB‐144   2016年3月
和田凌成, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.1F6‐28   2016年3月
横手鈴香, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.1F6‐30   2016年3月
西川里美, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.3PB‐145   2016年3月
井上健, 西野宏
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   96th ROMBUNNO.1F6‐29   2016年3月
井上健, 西野宏
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集   2015 171   2015年11月
本田藍子, 林秀輝, 井邉裕介, 小林慎, 酒井伸吾, 佐々木淳一, 西野宏
複素環化学討論会講演要旨集   45th 237-238   2015年11月

書籍等出版物

 
新宇土市史 通史編 第1巻 自然・原始古代
宇土市   2002年   
新宇土市史基礎資料 第10集 宇土の自然
宇土市教育委員会   2003年   
熊本県の保護上重要な野生生物リスト レッドリストくまもと2004
熊本県   2004年   
Manganese(III)-Based Peroxidation of Alkenes to Heterocycles
Bioactive Heterocycles I, Springer   2006年   
Topics in Heterocyclic Chemistry, Bioactive Heterocycles I , Manganese(III)-Based Peroxidation of Alkenes to Heterocycles
Springer   2006年   

講演・口頭発表等

 
酢酸マンガン(III)を用いるジヒドロフラン環、ジオキサン環やフラン環を側鎖にもつベンゼン誘導体の合成
日本化学会第81春季年会   2001年   
4-ヒドロキシ-2-キノリノン類とアルケン類の酢酸マンガン(III)によるラジカル環化反応および関連反応
日本化学会第81春季年会   2001年   
酢酸マンガン(III)-酢酸銅(II)系を用いるスクアリン酸誘導体の環拡大反応
日本化学会第81春季年会   2001年   
環状α-ヒドロキシケトン類の酢酸マンガン(III)による酸化反応
日本化学会第81春季年会   2001年   
酢酸マンガン(III)-1,3-ジカルボニル化合物反応系における1,2-ジオキソラン-3-オール類の生成
日本化学会第81春季年会   2001年   

Works

 
炭素ラジカルを用いる複素環化合物合成に関する研究
2015年
ナイジェリア産天然物の構造解析
2014年
カメルーン産ヤドリギ族天然民間薬の構造解析
2013年
バタフライ型安定有機過酸化物の合成と反応
2010年 - 2011年
炭素ラジカルを用いる環境調和型反応の開発に関する研究
2011年

競争的資金等の研究課題

 
遷移金属錯体を用いた有機化合物のフリーラジカル環化反応に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1981年   
有機化合物の金属触媒酸化反応に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1981年   
天然物の単離精製および全合成に関する研究
基礎科学研究
研究期間: 1990年   
新規複素環化合物の合成
基礎科学研究
研究期間: 2000年   
マンガンを用いる多元素環状化合物の合成に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2007年