別府 英博(秀彦)

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/19 13:02
 
アバター
研究者氏名
別府 英博(秀彦)
 
ベップ ヒデヒロ(ヒデヒコ)
通称等の別名
別府秀彦
URL
http//www.fujita-hu.ac.jp/FMIP
所属
藤田保健衛生大学
部署
医療科学部 臨床検査学科
職名
准教授
学位
医学博士(藤田保健衛生大学)
科研費研究者番号
30142582

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1979年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 研究技術員
 
1979年
 - 
1987年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助手
 
1982年
 - 
1984年
西ドイツ デュセルドルフ大学 糖尿病研究所 免疫学部門(H.Kolb教授) 客員研究員
 
1984年
 - 
1985年
米国 フロリダ大学医学部 病理学部門(N.KMaclaren教授) 客員研究員
 
1998年
 - 
1998年
藤田保健衛生大学 藤田記念生薬研究所 講師
 
2005年
 - 
2007年
藤田保健衛生大学 藤田記念七栗研究所 助教授
 
2007年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 藤田記念七栗研究所 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
名古屋保健衛生大学 衛生学部 衛生技術学科
 

受賞

 
1983年
中部熱傷学会奨励賞
 

論文

 
Effects of Aloe-emodin and Emodin on proliferation of the human gastric cancer cell line MKN45
T Chihara, K Shimpo, H Beppu, et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,   16(9) 3887-3891   2015年   [査読有り]
Inhibition of azoxymethane-induced colorectal aberrant crypt foci in mice fed a high-fat diet by Pleurotus eryngii(Eringi) and Hypsizygus marmoreus(Bunashimeji).
Kaneko T, Chihara T, Shimpo K, Beppu H, et.al
Asian Pac J Cancer Prev   16(9) 3881-3885   2015年   [査読有り]
Dietary Aloe vera powder and extract inhibit azoxymethane-induced colorectal aberrant crypt foci in mice fed a high-fat diet.
Chihara T, Shimpo K,, Beppu H,et.al
Asian Pac J Cancer Prev   16(2) 683-687   2015年   [査読有り]
Improvement of gait and coordinated movement by forced gait training in cerebellar ataxic B6-wob/t mice
BEPPU Hidehiko et.al
Jpn J Compr Rehabil Sci   6 64-70   2015年   [査読有り]
ラクトスクロースの摂取が妊婦の便通および腸内菌叢に及ぼす影響と安全性の検討
伊藤哲也,岸野恵理子,別府秀彦,他
応用糖質科学   4(1) 39-48   2014年   [査読有り]
改良型高温高圧処理ニンニク(HG-60)によるDMH誘発ラット大腸前がん病変(粘液枯渇巣)の軽減効果.
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養   8 167-171   2014年   [査読有り]
Dietary administration of Aloe vera gel extract inhibits intestinal polyp formation in Min fed a high-fat diet.
TChihara, K Shimpo, H Beppu, et.al
Pharmaceutica Analytica Acta,   6(3) 340   2015年   [査読有り]
Inhibitory effects of low-dose aloe-emodin on the development of colorectal tumors in Min mice.
Shimpo K, Chihara T, Beppu H
Asian Pac J Cancer Prev   15 5587-5592   2014年   [査読有り]
Changes in serum growth factors in stroke rehabilitation patients and their relation to hemiparesis improvement
Okazaki H, Beppu H et.al
J Stroke Cerebrovasc Dis.   23(6) 1703-1708   2014年   [査読有り]
The effect of preparatory conditions of high temperature- and pressure-treated garlic on 5-hydroxymethyl-2-furfural and S-allylcysteine formation
Chihara,T., Shimpo, K, , Beppu, H et.al
Journal of Analytical Bio-science   36(2) 186-192   2013年   [査読有り]
Reduction of intestinal polyp formation in Min mice fed a high-fat diet with Aloe Vera gel extract.
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   14 4435-4440   2013年   [査読有り]
Body axis-based gait analysis for ataxic mice
Naoki Takayanagi, Hidehiko Beppu,et. al
Journal of Neuroscience Methods.   219 162-168   2013年   [査読有り]
New breed of mouse with cerebellar degeneration: Analysis of changes in motor ataxia and cerebellum tissue of the B6-wob/t mouse.
Masanori Shinzato, Hidehiko Beppu et al
Structure and Function.   12(1) 10-18   2013年   [査読有り]
Characterization of ataxia shown by an abnormal behavior mouse derived from the C57BL/6-cpk mouse with infantile cystic kidney disease.
BEPPU Hidehiko et.al
Structure and Function   11(2) 92-101   2013年   [査読有り]
Effect of Different Types of Cyclodextrin on Gastrointestinal Absorption of α-Lipoic Acid in Rats and Humans.
Takahashi H, Kosino E, Y, Beppu H,et.al
Journal of Glycoscience   59(3) 97-103   2012年   [査読有り]
Inhibition of ENNG-Induced Pyloric Stomach and Small Intestinal Carcinogenesis in Mice by High Temperature- and Pressure-Treated Garlic.
Kaneko T, Shimpo K, Chihara T, Beppu H et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   13(5) 1983-1988   2012年   [査読有り]
ポストイニシエーション期に投与した高温高圧処理ニンニク粉末による1,2-ジメチルヒドラジン誘発ラット大腸前がん病変抑制作用
千原 猛、新保 寛、金児 孝晃、別府 秀彦他
日本食品科学工学会誌   58(3) 131-135   2011年   [査読有り]
難消化性デキストリンの血糖値抑制効果と糖負荷の関係-特定保健用食品申請ヒト試験デザインの留意点
別府秀彦, 渡邊治夫
食品衛生   55(1) 3-14   2011年   [招待有り]
Agaritine from Agaricus blazei Murrill induces apoptosis in the leukemic cell line U937.
H Akiyama, M Endo, T Matsui. H.Beppu et.al
Biochimica et Biophysica Acta,   1810(5) 519-525   2011年   [査読有り]
Alteration of protein expression profile following voluntary exercise in the perilesional cortex of rats with focal cerebral infarction.
K Mizutani, S Sonoda, K Yamada, H Beppu et.al
BRAIN RESEARCH   1416 61-68   2011年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有緑茶飲料摂取が20~40歳代健常人の便通および便性状に及ぼす影響
別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養   6(2) 147-156   2010年   [査読有り]
ICR系雄マウスのNDMA腎腫瘍発生における高温高圧処理ニンニク混餌投与の修飾作用
柳田隆正、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
藤田学園医学会誌,   34(1) 81-85   2010年   [査読有り]
ENNG誘発マウス胃幽門部および小腸発がんにおける高温高圧処理ニンニクの抑制効果.
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
藤田学園医学会誌   34(1) 75-79   2010年   [査読有り]
アホエン含有の油浸漬ニンニク抽出物カプセル摂取が成人男女の血圧および脂質代謝に及ぼす影響
別府秀彦他
日本食品新素材研究会誌   13(2) 43-54   2010年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有緑茶飲料摂取が、20~40代男女の腸内細菌叢、便通、便性状に及ぼす影響.
別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養   6(2) 147-156   2010年   [査読有り]
Inhibition of 1, 2-dimethylhydrazine-induced mucin-depleted foci and O6-methylguanine DNA adducts in the rat colorectum by boiled garlic powder.
Chihara T, Shimpo K, Beppu H,et.al
Asian Pac J Cancer Prev.   11(5) 1301-1304   2010年   [査読有り]
Improved Thermal Property and Absorption Coenzyme Q10 in Humans Using Cyclodextrin
Takahashi H, Bungo Y, Beppu H,et.al
J. Appl. Glycosci   57 193-197   2010年   [査読有り]
Agarition purified from Agaricus blazei Murrill exerts anti-tumor activity against leukemic cells.
Endo M, Beppu H, Akiyama H et.al
Biochi. Biophy. Acta.,   1800(7) 669-673   2010年   [査読有り]
Mizutani K, Sonoda S, A, Beppu H, et.al
Am. J. Phys. Med. Rehabil.,   89(2) 107-114   2010年   [査読有り]
Evaluation of the Effects of the ingestion of Ajoene, a sulfur containing compound derived from oil-macerated garlic, on metabolic parameters, abdominal circumference, and blood pressure in Japanese metabolic syndrome patients. A pilot study.
BEPPU Hidehiko et.al
J. Anal. Bio-Sci.   33(5) 441-450   2010年   [査読有り]
マウス大腸粘膜の細胞増殖能に対するアロエエモジン5週間混餌投与の影響.
新保 寛、金児孝晃、千原 猛、別府秀彦他
医学と生物学,   153(6) 218-224   2009年   [査読有り]
Inhibitory Effects of High Temperature-and Pressure-Treated Garlic on Formation of 1,2-Dimethylhydrazine-Induced Mucin-Depleted Foci and O6-Methylguanine DNA Adducts in the Rat Colorectum.
Chihara T., Shimpo K., Beppu H.,et.al
Asian Pac. J. Cancer Prev.   10 827-931   2009年   [査読有り]
健常成人における難消化性デキストリン含有粉末飲料による米飯負荷食後血糖値の抑制への影響
別府秀彦、松本美富士、渡邊治夫、近藤和泉、中野達徳、水谷謙明、新保 寛
日本食品新素材研究会誌   12(2) 56-64   2009年
別府秀彦、松本美富士、渡邊治夫、園田 茂、中野達徳、東口髙志、武重榮子、井谷功典、三木潤子、新保 寛 (2009).
生活衛生   53(3) 160-168   2009年
別府秀彦、松本美富士、渡邊治夫、土井直子、新保 寛
生活衛生   53(3) 153-159   2009年
健常女性における葉酸含有マルチビタミン粒(葉酸含有食品)の12週間連続および過剰摂取における安全性の検討
別府秀彦、松本美富士、沖村謙一、井谷功典、新瀬奈津子、藤井 侃、東口髙志、園田 茂、新保 寛 .
日本食品新素材研究会誌   11(1) 17-25   2008年
健常女性に対する葉酸粒(葉酸含有食品)の12週間連続および過剰摂取における安全性の検討.
別府秀彦、松本美富士、沖村謙一、東口髙志、園田 茂、新保 寛他
日本食品新素材研究会誌   11(1) 8-16   2008年
アロエエモジンをICR雄性マウスに5週間混餌投与した際の各種バイオマーカーに及ぼす影響
原 猛、井田千賀子、金児孝晃、別府秀彦、若松一雅、園田 茂、新保 寛
藤田学園医学会誌   31(2) 173-175   2007年   [査読有り]
高温高圧処理ニンニクの抗酸化能評価
5. 戸松亜希子、千原 猛、金児孝晃、別府秀彦
藤田学園医学会誌   31(2) 173-175   2007年   [査読有り]
黒ニンニクは1,2-ジメチルヒドラジン誘発のラット大腸前がん病変の発症を抑制する.
金児孝晃、千原 猛、別府秀彦、戸松亜希子、園田 茂、新保 寛
藤田学園医学会誌   31(2) 143-147   2007年
健常成人における還元難消化性デキストリン配合飲料水摂取が米飯摂取後の血糖値およびインスリン値に及ぼす影響.
別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養,   4(2) 125-130   2007年   [査読有り]
リハビリテーションを行う脳卒中患者のサイトカイン濃度と日常生活動作能力との関連.
尾崎清香、別府秀彦、園田 茂、岡崎英人、水谷謙明、松井太衛
臨床病理   55(6) 522-527   2007年
キダチアロエ全葉凍結乾燥粉末のF344雄ラットにおける35週間混餌投与試験
新保 寛、別府秀彦、千原 猛、金児孝晃、井田千賀子、井谷功典、園田 茂
FOOD FUNCTION   3(1) 1-7   2007年   [査読有り]
Inhibitory effects of Aloe carboxypeptidase fraction on streptozotocin-induced enhancement of vascular permeability in the pancreatic islets
BEPPU Hidehiko et.al
Phytomedicine   13 49-60   2006年   [査読有り]
Effects of Aloe arborescens ingestion on azoxymethane-induced intestinal carcinogenesis and on hematological and biochemical parameters of male F344 rats.
Shimpo K, Beppu H, Chihara T, et.al
Asian Pac. J. Cancer Prev.   7(4) 585-90   2006年
Antidiabetic effects of dietary administration of Aloe arborescens Miller components on multiple low-dose streptozotocin-induced diabetes in mice: Investigation on hypoglycemic action and systemic absorption dynamics of aloe components.
BEPPU Hidehiko et.al
J. Ethnopharmacol,   103 468-477   2006年   [査読有り]
乳果オリゴ糖含有緑茶飲料摂取が女子学生の便通および便性状に及ぼす影響
別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養   3(4) 261-273   2006年   [査読有り]
日田天領水の健常女子学生に対する排便状況・便性状および腹部症状に及ぼす影響
尾崎清香、別府秀彦、井上 孝、川井 薫、田口義浩、石井嘉時、藤田孝輝、新保 寛、園田 茂(2006).
機能性食品と薬理栄養   4(1) 15-22   2006年
乳果オリゴ糖含有玉子どうふ摂取が健常女性の便通および糞便性状に及ぼす影響と安全性
尾崎清香、伊藤哲也、別府秀彦、川井 薫、藤田孝輝、園田 茂他
機能性食品と薬理栄養   3(4) 275-284   2006年
リハビリテーション患者などに利用可能な血清中微量タンパク成分検索を目的とした二次元電気泳動およびキャピラリー電気泳動の技術的応用.
別府秀彦他
生物試料分析   29(4) 379-388   2006年   [査読有り]
各種ヒトがん細胞株の増殖に及ぼすアロエ・エモジンの影響
原 猛、新保 寛、別府秀彦、井田千賀子、金児孝晃、若松一雅、園田 茂
藤田学園医学会誌、   29(1) 73-76   2005年   [査読有り]
Clinical effect of conjugated caseinate, FP-10, in controlling intragastric H. pylori status in asymptomatic carriers.
Inoue T., Nakano H., Beppu H.,et. al
Current Topics in Peptide & Protein Research,   7 35-40   2005年   [査読有り]
Clinical effects of FP-10 against H. pylori infection.
Inoue T, Suzuki K, Beppu H,et.al
Journal of Analytical Bio-Science   28(5) 428-432   2005年
α-結合ガラクト糖錠菓摂取が女子学生の便通および糞便性状に及ぼす影響
井上 孝、伊藤哲也、別府秀彦、岸野恵理子、藤田孝輝、新保 寛、園田 茂他
日本食品新素材研究会誌, 8, 145-154   8(2) 145-154   2005年
加熱ニンニク投与によるマウス7およびラットの肝臓解毒酵素活性の修飾作用
千原 猛、新保 寛、別府秀彦、金児孝晃、園田 茂
機能性食品と薬理栄養   3(1) 9-14   2005年
サラシア・レティキュラータ熱水抽出物の、マウス、ラットおよびヒトの経口糖負荷試験に及ぼす影響
別府秀彦他
機能性食品よ薬理栄養   3(1) 25-30   2005年   [査読有り]
Kothala himbutu抽出液を配合したコタラヒム顆粒品の単回および3か月連続摂取のヒト糖代謝に及ぼす影響
別府秀彦他
日本食品新素材研究会誌   (8) 105-117   2005年   [査読有り]
還元難消化性デキストリン含有清涼飲料水の単回摂取による食後血糖値および12週間連続摂取が健常成人に及ぼす影響.
別府秀彦他
日本食品新素材研究会誌   (8) 93-103   2005年   [査読有り]
Studies on the components of Aloe arborescens from Japan-monthly variation and differences due to part and position of the leaf.
BEPPU HIdehiko et. al
Biochemical Systematics and Ecology   32 783-795   2004年   [査読有り]
Inhiditory gffects of Aloe carboxypeptidase fraction on streptozocin-induced enhancement of vascular permeability in the pancreatic islets.
BEPPU Hidehiko et.al
Phytomedicine   13 49-60   2004年   [査読有り]
Modulation of Quinone Reductase, Alcohol Dehydrogenase and Ctochrome P450 2E1 Activities in Rat Liver by Aloe arborescens var.natalensis (Kidachi Aloe).
Shimpo K,Chuhara T.Beppu H. et.al
Natural Medicines   58(1) 27-30   2004年   [査読有り]
キダチアロエ由来蛋白分解酵素および酵素阻害物質によるラット幽門結紮潰瘍抑制作用
別府秀彦他
機能性食品と薬理栄養   2,(2) 73-80   2004年   [査読有り]
ビール飲用後の唾液中アセトアルデヒド濃度に及ぼすコエンザイムQ10の影響
機能性食品と薬理栄養   2, 2, 81-85    2004年
乳糖オリゴ糖配合飲料水が女子学生の便通および糞便菌叢に及ぼす影響
別府秀彦他
日本食品新素材研究会誌   7,(1) 69-81   2004年   [査読有り]
Inhibition of Azoxymethane- induced DNA Adduct Formation by Aloe arborescens var. natalensis
Shimpo, K., Chihara, T., Beppu, H. et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   4 247-251   2003年   [査読有り]
Reduction of 1,2-Dimethylhydrazine-induced Colorectal Proliferative Lesions in Mige by Aloe arborescens var.natalensis(Kidachi Aloe)
Shimpo K.Chihara T. Beppu H. et.al
Pharmaceutical Biology   41(8) 631-636   2003年   [査読有り]
Inhibition of tyrosinase activity by isobarbaloin
BEPPU Hidehiko et. al
J.Creative Approach for Health   2,(1) 57-60   2003年   [査読有り]
Radical scavenging effects of Aloe arborescens MIller on prevention of pancreatic islet B-cell destruction in rats
BEPPU HIdehiko et.al
J.Ethnopharmacology   89. 37-45   2003年
アロエ中の薬理成分およびその食品機能性因子としての評価
別府秀彦、新保 寛他
健康創造研究   2,(2) 160-176   2003年   [招待有り]
キダチアロエのDPPHラジカル消去作用
藤田学園医学会誌   27,1    2003年
乳果オリゴ糖配合錠菓が女子学生の便通および腸内細菌に及ぼす影響
別府秀彦他
健康創造研究   2,(1) 44-56   2003年   [査読有り]
Chemopreventive effects of Aloe arborescens on N-nitrosobis (2-oxopropyl) amine-induced pancreatic carcinogenesis in hamsters.
Furukawa, F., Nishikawa, A., , Beppu. et.al
Cancer Letters   178 117-122   2002年   [査読有り]
Inhibitory effects of heated garlic on N-ethyl-N'-nitro-N-nitrosogu-anidine-induced carcinogenesis in the duodenum and jejunum of C57BL/6 mice.
Shimpo, K., Kaneko, T., Beppu, et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   3 333-344   2002年   [査読有り]
Inhibition of cytochrome P450 2E1 activity by freeze-dried whole-leaf Aloe arborescens (Kidachi aloe).
Shimpo, K., Chihara, T., Beppu, H et.al
Journal of Creative Approach for Health   1(4) 253-258   2002年   [査読有り]
キダチアロエの実験的胆石生成に及ぼす影響
健康創造研究   1,3,191-197    2002年
Determination of aloin, barbaloin and isobarbaloin in Aloe species by micellar electrokinetic chromato-graphy.
Kuzuya, H., Tamai, I., Beppu, H.et. al
Journal of Chromatogra- phy B.   752 91-97   2001年   [査読有り]
Inhibition of azoxymethane-induced aberrant crypt foci formation in rat colorectum by whole leaf Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger.
Shimpo, K., Beppu,et.al
Phytotherapy Research   15 705-711   2001年   [査読有り]
Inhibition of N-ethyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine- induced duodenal tumorigenesis in mice by whole-leaf Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger.
Chihara, T., Shimpo, K., Beppu, H., et.al
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   1 283-288   2000年   [査読有り]
アゾキシメタン誘発ラット大腸粘膜異型腺窩形成に対する局方アロエ末およびアロインの抑制効果
藤田学園医学会誌   23 123-127   1999年
乳果オリゴ糖含有クロワッサンが女子学生の排便および腸内菌叢に及ぼす影響
健康・栄養食品研究   2 33-46   1999年
キダチアロエとニンニク混合粉末による実験的モルモット足白癬菌に対する治癒効果
藤田学園医学会誌   23 109-115   1999年
Kwai K. Beppu. H.et.al
Phytofherapy Research   12(3) 178-182   1998年   [査読有り]
TPAによるマウス皮膚発がんプロモーションに対するキダチアロエおよびニラ抽出液の抑制効果(共著)
藤田学園医学会誌   22(1) 157-163   1998年
アゾキシメタン誘発ラット大腸粘膜異型腺窩巣形成に対するキダチアロエの抑制効果
藤田学園医学会誌   22(2) 153-157   1998年
Simultaneous measurement of monoamines their metaboli-les and precursor amino acids in plasma and urine from healthy subjects by HPLC/multi electrode electrochemistry
Kuzuya H.Sakamoto H.beppu H. et.al
Biogenic Amines   12(1) 9-18   1996年   [査読有り]
Formation of 2-Amino-3-methylimidazo [4,5-f] guinoline-DNA adducts in rats treated with β-Carotene,α-Tocopherol and Freeze-dried Aloe
Uehara N. Iwahori Y,Tsuda H.Beppu H.et.al
Jpn.J.Cancer Res.   87 342-348   1996年   [査読有り]
A35 KDa Mannose-Binding Lectin with Hemagglutinating and Mitogenic Activites from "Kidachi Aloe" (Aloe arborescens Miller var.natalensis Berger)
Koike T. Beppu H. et.al
J.Biochem   118(6) 1205-1210   1995年   [査読有り]
Koike T. Beppu H. et.al
Biochemical and Biophysical Research Communications   214(1) 163-170   1995年   [査読有り]
Antigastric Ulcer Effects in Rats of Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger Extract
Teradaira R. Shinzato M. Beppu H. et.al
Phytotherapy Research.   7, 34-36   1993年   [査読有り]
Mechanism of Antiinflamatory and Antithermal Burn Action of Cpase from Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger in Rats and Mice.
Obata M. Ito S. Beppu H.et.al
Phytotherapy Research.   7, 26-29   1993年
Inhibitory effect of Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger(Kidachi aloe)on induction of preneoplastic focal lesions in the rat liver.
Tsuda H. Matsumoto K. Beppu H. et. al
Phytotherapy Research.   7, 43-47   1993年   [査読有り]
Biochemical Properties of Carboxypeptidase from Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger.
Ito S. Teradaira R. Beppu H. et.al.
Phytotherapy Research.   7 26-29   1993年   [査読有り]
Tissue Culture of Aloe arborescens Miller var. natalensis Berger
Kawai K. Beppu H. et.al
Phytotherapy Research.   7 5-10   1993年   [査読有り]
自然発症糖尿病ハツカネズミに対するキダチアロエの血糖降下作用
別府 英博(秀彦) 他
医学と生物学   120 151-156   1990年   [査読有り]
Dietary protein restriction reduces the frequency and delays the onset of insulin dependent diabetes in BB rats.
AtkinsonMA. Winte WF. Beppu H.et al.
Autoimmunity   2 11-20   1988年   [査読有り]
Restriction-fragment-length polymorphiems of 5'-flanking region of insulin I gene in BB and other rat strains : Absence of association with IDDM.
Winter WE. Beppu H. et.al
Diabetes   36 193-198   1987年   [査読有り]
Stress-induced changes in in vivo and in vitro dopamine-β-hydroxylase activity in spontaneously hypertensive rats.
Fujita, K., Teradaira, R.,, Beppu, H.,et.al
Biochem. Med.,   28 340-346   1982年   [査読有り]
Dopamin-B-hydroxylase activity in human cerbrospinal fluid from various age groups
Fujita K. Maruta K. Beppu H.et.al
Clinical Chemistory   28 1403-1404   1982年   [査読有り]
Properties of carboxypeputidase from aloe.
Fujita K. Ito S. Beppu H.et al
28 1261-1262   1979年   [査読有り]
Normal values for serum dopamine-β-hydroxylase activity.
Fujita, K., Maruta, K., R., Beppu, H.,et.al
Clin. Chem.,   23 1947   1977年   [査読有り]

Misc

 
Ancient Herb in New Form Delivers Proven Effects.
Fujita K. Beppu H. et.al
Aloe Today.   Winter 9-13   1992年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
財)日本健康・栄養食品協会, 編健康食品Q&A集
林 祐造, 監修 (担当:共著, 範囲:5.キダチアロエ、6.アロエベラ)
丸善プラネット株式会社   2010年   
主婦の友社『がんこな便秘を治す100のコツ』
藤田紘一郎、古川知子、別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:キダチアロエの排便促進作用)
主婦の友社   2007年4月   
主婦の友社『アロエできれいになる』
八木 晟、別府秀彦、久郷晴彦他 (担当:分担執筆, 範囲:キダチアロエの薬効について)
主婦の友社   2006年9月   
主婦の友社『血糖値がみるみる下がる100のコツ』
渡辺正、前田安彦、 別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:第4章キダチアロエの抗高血糖効果)
主婦の友社   2004年7月   
日本経済新聞社『日経ヘルス』
別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:アロエの効用)
日本経済新聞社   2004年3月   
同雑誌5月号;アプリ&食品pp30-31
Aloes:the genus Aloe
Kuzuya H,Shimpo K.Beppu H (担当:共著, 範囲:Aloe lectins and their activities)
CRC Press LLC   2004年   ISBN:ISBN:0-415-30672-8
ビジネス社『しゃきっと』
別府秀彦 (担当:分担執筆, 範囲:元祖医者要らず”アロエのすごい力”)
ビジネス社   2003年6月   
岩波書店『健康食品ノート』
瀬川至朗編書・別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:アロエ)
岩波書店   2002年2月   
日本ジャーナル出版『自然と健康』
別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:効果が倍増する冷凍アロエ)
日本ジャーナル出版   2001年8月   
マキノ出版『ゆほびか』
別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:アロエの若返り術)
マキノ出版   2000年7月   
マキノ出版『安心』
別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:苦くないアロエ団子)
マキノ出版   2000年4月   
NHKためしてがってん『雑学読本』
NHK科学番組部編者・別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:キダチアロエの薬効の紹介)
日本放送   1998年3月   
NHKためしてがってんで放送された内容を書籍にした(アロエの項を担当
主婦の友社『アロエ大百科』
久次米義敬編集・別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:キダチアロエ研究者として、薬理作用の解説)
主婦の友社   1996年   
マキノ出版『アロエがすごい』
君島廣美編集・別府秀彦他 (担当:分担執筆, 範囲:キダチアロエの薬理作用)
マキノ出版   1995年2月   
アロエの効能効果を啓蒙する本書の中で、キダチアロエの薬理作用を研究者の立場から紹介した。
現代書林『キダチアロエの薬効』
藤田啓介監修・別府秀彦編者
現代書林   1994年4月   
キダチアロエの成分を薬理作用別に解説し一般書とてわかりやすく図表写真を加え編集したもの(主として、編者として関わった(第2版)平成8年3月
丸善書店『残響可変』
藤田啓介編著 ・別府秀彦他 (担当:共著, 範囲:残響可変残 2,000人ホール)
丸善書店   1989年9月   
Stress: Neurochemical and Humoral Mechanisms
Nagatsu, T.Fujita, K., Majima, Y., Beppu, H., et.al (担当:共著, 範囲:Changes of brain monoamines under stress measured in vivo by voltammetry.)
Gordon and Breach Science, New York,   1989年   
The Immunology of Diabetes Mellitus
Skordis, N., Atkinson, M.A., Beppu, H., Rilay, W.J. (担当:共著, 範囲:The effect of diet on incidence and time of onset of insulin dependent diabetes in the BB rat)
Excerpta Medica. NY   1986年   
医学領域における生化学実験検査指針
藤田啓介監修・編集 別府英博他 (担当:共著, 範囲:第4編 生化学研究技術)
廣川書店   1982年4月   
医学領域における臨床検査学 入門 第1版
藤田啓介監修編集.別府秀彦他 (担当:共著, 範囲:生化学・臨床化学)
藤田学園出版部   1977年9月   
1977年(昭和52年)9月30日(1版),昭和59年8月30日(改訂1版),平成元年11月28日(改訂
2版),平成7年10月26日(改訂3版)
医学領域における生化学
藤田啓介監修・編集 別府秀彦他 (担当:共著, 範囲:第VI部 疾患の生化学・第34章 がん)
フジタヘルスユニバ-シティ出版会   1994年   
Progress in HPLC-HPCEVol. 7 (Neurochemical markers ofdegenerative nervous diseases and drug addiction)
Kuzuya, H, Sakamoto, H.,, Beppu H., et.al (担当:共著, 範囲:Biopterin and Nepterin as neurBoche-mical markers of neurological diseases)
VSP BV.Utrecht   1998年   
「機能性食品の安全性ガイドブック」,
津志田藤二郎、梅垣敬三、他編 (担当:分担執筆, 範囲:新保 寛、別府秀彦『アロエ』)
(株)サイエンスフォーラム, 290-296.   2007年   
Catecholanines and Stress: recent Advances.
Nagatsu, T.Kato, T., Fujita, K., Beppu, H., et.al (担当:共著, 範囲:Catecholamine synthesizing enzymes of spontaneously hypertensive rats under stress.)
Elsevier, North-Holland,   1980年   
Catecholamines: Basic and Clinical Frontiers. Volume Two,
Fujita, KIto, T., Maruta, K., Beppu, H.et.al (担当:共著, 範囲:Serum dopamine-β-hydroxylase in schizophrenic patients.)
Pergamon Press, New York,   1979年   
カシミール・ラダーク医学 文化学術調査報告
藤本和男、三浦愛明、別府英博(秀彦)、林清剛、外3名) (担当:共著, 範囲:カシミール・ラダーク医学・ 文化学術調査報告)
名古屋保健衛生大学出版   1978年10月   
医学領域における臨床検査学 入門­追補(1)~(27)
藤田啓介監修編集・別府秀彦他 (担当:共著, 範囲:生化学・臨床化学)
フジ タヘルスユニバーシティ 出版会   1978年9月   
1978年(昭和53年)9月18日~平成14年10月
The Immunology of Diabetess Mellitus
Elsevir Science Publishers B.V.;EXCERPTA MEDICA;   

講演・口頭発表等

 
脳梗塞ラットへの訓練・薬剤併用療法がモノアミン 態に与える影響
水谷 謙明, 園田 茂, 別府 秀彦
第6回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 秋田   2015年2月21日   
回復期リハビリテーション患者の入院および退院時に関連する血中遊離アミノ酸の検索の試み
別府秀彦、岡崎英人、玉井育子他
第6回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、秋田   2015年2月21日   
小脳変性 マウスの血液検査および脳内遊離アミノ酸の経時的変化の検討
別府秀彦、水谷謙明、玉井育子他
第25回生物試料分析化科学会年次学術集会、東京   2015年2月14日   
高脂肪食負荷マウスのアゾキシメタン誘発大腸前がん病変に対するエリンギおよびブナシメジの抑制効果.
金児孝晃、千原 猛、別府秀彦他
第46回藤田学園医学会総会、豊明   2014年10月2日   
Minマウスの腸管ポリープ形成に対するエモジンの影響
新保 寛、千原 猛、金児孝晃、別府秀彦他
第73回日本癌学会学術総会、横浜、   2014年9月27日   
新奇小脳変性マウスB6-wob/t(wob/t)の育養環境エンリッチメント(EE)法による出産効率の検討および新生仔から高齢成獣までの血液・病理学的観察
別府秀彦、新里昌功、水谷謙明他
形態機能学会 第13 回学術集会(北九州)   2014年9月20日   
アロエベラ超臨界抽出物および同粉末は高脂肪食負荷アゾキシメタン 誘発マウス大腸前がん病変を抑制する
千原 猛、新保 寛、金児孝晃、別府秀彦他
第21回日本がん予防 学会総会(東京)   2014年6月14日   
回復期リハビリテーション患者の入院および退院時 FIM運動評価に関連する血中遊離アミノ酸の検索
別府秀彦、岡崎英人、玉井育子他
第24回生物試料分析化科学会年次学術集会、鈴鹿   2014年3月1日   
小脳失調マウスへの強制歩行運動および環境エンリッチメント(Enriched Environment:EE)飼養が自発的活動量におよぼす影響
別府秀彦、水谷謙明、 新里昌功他
第5回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、東京   2014年2月15日   
脳梗塞ラットへの訓練・薬剤併用療法による脳内分子の変化
水谷 謙明, 園田 茂, 別府 秀彦他
第5回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 東京   2014年2月14日   
高脂肪食負荷マウスの腸管腫瘍形成に対するアロエベラゲル抽出物の抑制効果:肝臓遺伝子発現に及ぼす影響
千原 猛、新保 寛、別府秀彦他
第11回日本機能性食品医用学会総会、東京   2013年12月7日   
運動失調マウスの骨盤軸基準歩行解析法の検討および種々の歩行失調マウスへの応用
高柳尚貴、別府秀彦、園田 茂他
第45回藤田医学会、豊明   2013年10月4日   
運動失調マウスB6-wob/tの歩行解析(3):運動負荷が失調歩行に及ぼす影響
高柳尚貴、園田 茂、別府秀彦他
第4回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、岡山   2013年2月17日   
小動物用重心動揺計の開発および運動失調マウスの振戦の測定
別府秀彦、富田 豊、 園田 茂 、高柳尚貴他
第4回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、岡山   2013年2月17日   
UPLC-SQDを用いた小脳変性マウス大脳、小脳、橋・延髄内遊離アミノ酸量の検討
別府秀彦、水谷謙明、玉井育子他
第23回生物試料分析化科学会年次学術集会、大阪梅田   2013年2月10日   
Development of human serum proteomics
Ken Hirosaki, Hidehiko Beppu, Lumi Negishi, Paxton Thanai et.al
The 85th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Fukuoka   2012年12月14日   
高脂肪食飼育マウスのアゾキシメタン誘発大腸前がん病変形成に対するアロエベラゲル粉末・同抽出物の食餌性投与による抑制効果
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
第44回藤田医学会、豊明   2012年10月4日   
運動失調マウスB6-wob/tにおける小動物用重心動揺による測定条件の検討
山口久美子、別府秀彦、富田 豊他
第44回藤田医学会、豊明   2012年10月4日   
高脂肪食飼育Minマウスの腸管ポリープ形成に対するアロエベラゲル抽出物の食餌性投与による抑制効果
千原 猛、新保 寛、戸松亜希子、別府秀彦他
第44回藤田医学会、豊明   2012年10月4日   
小動物用重心動揺計の開発および運動失調マウスB6-wob/tの振戦の測定
別府 秀彦、富田 豊、園田 茂他
第11回形態・機能学会学術集会、東京   2012年9月22日   
Minマウスの大腸腫瘍発生に対する低用量アロエエモジンの影響
新保 寛、千原 猛、金児孝晃、別府秀彦他
第71回日本癌学会学術総会、札幌   2012年9月19日   
運動失調マウスB6-wob/tの歩行解析:運動負荷が失調歩行に及ぼす影響
高柳 尚貴、園田 茂、別府 秀彦他
第11回形態・機能学会学術集会、東京   2012年9月14日   
運動失調マウスB6-wob/tの行動解析(8)強制歩行運動が運動協調性に与える影響
別府 秀彦、水谷 謙明、園田 茂他
第67回日本体力医学会大、岐阜   2012年9月14日   
アガリチンの白血病細胞株に対する抗腫瘍効果
神野真司、島田陽子、秋山秀彦、別府秀彦他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
Minマウスにおける全血ポリアミン測定の有用性
戸松亜希子、千原 猛、別府秀彦他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
マウス胃・小腸腫瘍形成に及ぼす高温高圧処理ニンニク混餌投与の影響
金児孝晃、新保 寛、別府秀彦他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
高温高圧処理ニンニクのがん予防食品を目指した作製条件の再検討
千原 猛、新保 寛、別府秀彦他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
4~6ヶ月の妊婦の便通改善を目的とした乳糖果糖オリゴ糖摂取試験
別府秀彦、井上 孝、足立俊雄他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
5~7ヶ月の妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取による便性状と有機物の解析
川井 薫、別府秀彦、井上 孝他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
妊婦の腸内細菌叢に及ぼす乳糖果糖オリゴ糖の効果
井上 孝、小塚 諭、別府秀彦他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
運動失調マウスB6-wob/tの幼若期の組織細胞学・免疫組織化学染色の観察およびLMDによる小脳タンパク成分の同定
新里昌功、別府秀彦、水谷謙明他
第7回日本臨床検査学教育学会、名古屋   2012年8月22日   
妊娠5~7ヶ月の妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取期および非摂取期の腸内細菌叢の解析-T-RELP法と培養法による検討-
井上 孝、小塚 諭、別府秀彦他
第22回 生物試料分析科学会年次学術集会、福岡   2012年3月10日   
妊婦における乳糖果糖オリゴ糖摂取期及び非摂取期間の便性状と有機酸の解析
川井 薫、別府秀彦、井上 孝他
第22回 生物試料分析科学会年次学術集会、福岡   2012年3月10日   
5~7ヶ月の妊婦の便通改善を目的とした乳糖果糖オリゴ糖摂取試験の設計
別府秀彦、井上 孝、足立俊雄他
第22回 生物試料分析科学会年次学術集会、福岡   2012年3月10日   
アガリクスに含まれるアガリチンの白血病細胞株に対する抗腫瘍効果の検討
秋山 秀彦、松井 太衛、勝田 逸郎、別府 秀彦
第22回 生物試料分析科学会年次学術集会、福岡   2012年3月10日   
運動失調マウスB6-wobt の行動解析(7)強制歩行運動が運動協調性に与える影響
別府 秀彦、水谷 謙明、高柳 尚貴他
第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、横浜   2012年2月25日   
小脳変性症モデル動物マウスの歩行分析 -体軸足跡法の開発
高柳 尚貴、園田 茂、別府 秀彦他
第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、横浜   2012年2月25日   
脳梗塞ラットへの訓練効果および可塑性関連物質の脳内局在解析
水谷 謙明、園田 茂、別府 秀彦他
第3回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、横浜   2012年2月25日   
ヒト血清プロテオミクス解析法の開発
廣崎 賢、別府 秀彦、遠藤 毅他
第34回 日本分子生物学会年会、横浜   2011年12月13日   
ラット大腸前がん病変に対するマイルド高温高圧処理ニンニクの影響
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
第43回藤田学園医学会、豊明   2011年10月6日   
Apc遺伝子変異Minマウスにおける全血ポリアミン測定の有用性
戸松 亜希子、千原 猛、新保 寛、別府 秀彦他
第43回藤田学園医学会、豊明   2011年10月6日   
運動失調マウスB6-wobt の行動解析と病因解析(7)生後5日齢後の脳重量の変化と病理組織・免疫組織化学染色およびLMDを用いた小脳タンパク成分の同定
山口 久美子、別府 秀彦、水谷 謙明他
第43回藤田学園医学会、豊明   2011年10月6日   
運動失調マウスB6-wobtの行動解析(6)日常運動量と歩行訓練の協調運動への影響
高柳 尚貴、別府 秀彦、園田 茂他
コ・メディカル形態機能学会 第10回学術集会・総会、春日井   2011年9月17日   
運動失調マウスの行動観察と病因解析(5)強制歩行訓練による運動失調の改善の検討
別府 秀彦、水谷 謙明、新里 昌功、園田 茂他
第66回 日本体力医学会大会、下関   2011年9月16日   
特保申請ヒト試験・難消化性デキストリンの血糖値抑制における試験設計の問題点
別府秀彦、渡邊治夫、川井薫他
第21回生物試料分析科学会年次学術集会、松山   2011年2月19日   
運動失調モデルマウスB6-wobtの行動観察と病因分析(4)小脳変性症のモデル動物として有用か?
別府秀彦、水谷謙明、新里昌功他
第2回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、名古屋   2011年2月12日   
ラットにおける肝細胞増殖因子と筋委縮
岡崎英人、別府秀彦、水谷謙明他
第2回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、名古屋   2011年2月12日   
脳梗塞モデルラットの運動機能回復に関わる脳内機能的生理活性物質の解析
水谷謙明、園田 茂、別府秀彦他
第2回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会、名古屋   2011年2月12日   
ラットにおける筋委縮と運動による肝細胞増殖因子の変化
岡崎英人、別府秀彦、水谷謙明他
第42回藤田学園医学会、豊明   2010年10月7日   
リハ患者の運動療法評価に利用可能な血清・尿中成分検索条件の検討 (8) UPLCを用いた脳梗塞ラットへの運動負荷後の遊離アミノ酸の測定
山口久美子、別府秀彦、水谷謙明他
第42回藤田学園医学会、豊明   2010年10月7日   
がん予防食品素材としての高温高圧処理ニンニク作製条件の再検討
戸松亜希子、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
第42回藤田学園医学会、豊明   2010年10月7日   
DMH誘発マウス大腸発がんに及ぼす高温高圧処理ニンニクの修飾作用
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
第42回藤田学園医学会、豊明   2010年10月7日   
食餌性アロエベラゲル粉末・抽出物は高脂肪食飼育マウスのAOM誘発大腸前がん病変ACFを抑制する
新保 寛、千原 猛、金児孝晃、別府秀彦他
第72回日本癌学会学術総会、横浜   2013年10月4日   
リハ患者の運動療法評価に利用可能な血液・尿中成分検索条件の検討 (7) 回復期リハ訓練患者と脳梗塞ラットの運動負荷後の血中遊離アミノ酸の測定
別府秀彦、水谷謙明、岡崎英人他
第65回日本体力医学会大会、市川   2010年9月16日   
運動障害モデルマウスB6-wob tの行動観察と病因解析(3)協調運動と小脳組織の経時的観察
別府秀彦、水谷謙明、新里昌功他
コ・メディカル形態機能学会第9回学術集会、新潟   2010年9月11日   
マウス胃・小腸並びに腎臓発がんに及ぼす高温高圧処理ニンニクの修飾作用
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦他
がん予防学術大会2010札幌、札幌   2010年7月15日   
筋萎縮ラットにおける肝細胞増殖因子の運動による変化
岡崎英人、別府秀彦、水谷謙明他
第47回日本リハビリ テーション医学会学術集会、鹿児島   2010年5月20日   
Improvement of thermal stability and absorption in humans of Coenzyme Q10 with cyclodextrin.
Takahashi H, Bungo Y, Mikuni K, Beppu H,et.al
Proceedings of Fourth Asian Cyclodextrin Conference (ACC 2007), Kyoto, Japan, May 18-20.   2007年   
キダチアロエのマウス体毛脱色素効果の検討
藤田学園医学会第27回総会   1995年   
キダチアロエの抗糖尿病効果(第6報)
藤田学園医学会第26回総会   1994年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
難治性疾患の新規診断治療法の創出に向けた遺伝子網羅的解析センターの構築
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 倉橋浩樹
別府英博(秀彦)分担研究:神経変性疾患モデルマウスのエクソーム解析
脊髄小脳変性症患者のリハ訓練を小脳変性マウスに対し模擬訓練を代替し評価する研究
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (基盤研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)
小脳変性マウスにリハ運動訓練型環境エンリッチ飼育と脳栄養成分投与介入試験の研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成金(学術研究助成貴金助成金)挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)
リハ訓練効果を血清プロテオームおよび血中遊離アミノ酸解析で評価する研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 (基盤研究A)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)
脊髄小脳変性疾患者のリハ訓練の効果を小脳失調モデルマウスで評価する技術の確立
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金 (挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)
リハ患者及び疾患モデル動物に行うリハ訓練の効果を生体成分から評価する解析法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)
リハビリ訓練効果と経時的血漿中タンパク成分の 動向との関係
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 別府 英博(秀彦)

特許

 
特許第3752000 : アロエ葉皮由来のレクチン活性蛋白質
別府英博(秀彦)、古池隆明、新保 寛.

社会貢献活動

 
テレビ東京『健康スイッチ』
【出演, インタビュイー, 情報提供】  テレビ東京およびBS  主治医がみつかる診療所健康スイッチ『健康ツア-アロエ』  2015年1月22日
BS放送2015年2月18日
NHK 総合『あさイチ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  日本放送協会  特集徹底活用アロエ・ライフ  2014年12月1日
関西テレビ『2時ドキッ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  関西テレビ  驚異のアロエ美パワー美肌&健康  2003年10月16日
東海テレビ『ピーカンテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  東海テレビ  元気がいいね・糖尿病  2003年9月26日
北海道放送HBCテレビ『ビタミンTV』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  北海道放送HBCテレビ  アロエでダイエット  2002年9月4日
ジャパンエフエムネットワーク生ワイド
【出演, コメンテーター】  ジャパンエフエム  OPEN SESAMEアロエ徹底研究  2002年8月29日
フジテレビ『発掘 あるある大事典』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  フジテレビ  アロエ  2002年5月12日
日本テレビ『午後はおもっきりテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  日本テレビ  アロエ茶の健康効果  2002年3月29日
中京テレビ『クスクス』
【取材協力, 情報提供】  中京テレビ  アロエのる用法  2001年12月2日
朝日テレビ『得するテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  朝日テレビ  アロエ  2001年1月23日
CBC『ユーガッタCBC』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  CBCテレビ  アロエの利用法  2000年8月9日
TBSテレビ『はなまるマーケット』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  TBSテレビ  今日の目玉・アロエ  1999年9月1日
日本テレビ『午後はおもいっきりテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  日本テレビ  夏に効果を発揮!アロエの脅威のパワー  1999年8月12日
中京テレビ『ニュースプラス1』
【出演, インタビュイー, 情報提供】  中京テレビ  医者いらずと呼ばれるアロエの効能  1999年4月27日
日本テレビ『午後はおもいっきりテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  日本テレビ  アロエの糖尿病効果  1998年4月12日
日本テレビ『午後はおもいっきりテレビ』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  日本テレビ  アロエの薬効が最新医学で次々解明  1997年7月18日
TBSテレビ『わいわいティ-タイム』
【出演, コメンテーター, 助言・指導】  TBSテレビ  アロエの健康法  1997年4月22日
中京テレビ『ニュースプラス1』
【出演, インタビュイー, 情報提供】  中京テレビ  糖尿病週刊特集;アロエの高血糖予防効果  1996年11月5日
中京テレビ『金造の健康大好き』
【出演, インタビュイー, 助言・指導】  中京テレビ  アロエパワーまるごと活用術  1996年9月21日
NHK総合『ためしてがってん』
【助言・指導, 情報提供】  NHK総合  ニンニクの防臭作戦  1995年10月4日
NHK総合『ためしてガッテン』
【出演, コメンテーター, 情報提供】  NHK総合  検証・アロエの薬効  1995年9月8日
テレビ金沢『昼Nワイド』
【コメンテーター, インタビュイー】  テレビ金沢  ”らくらく健康塾・アロエで医者いらず  1995年8月23日
中京テレビ『健康大好き!金造一家』
【出演, インタビュイー, 助言・指導】  中京テレビ  便秘解消法  1995年7月1日
日本テレビ『午後はおもいっきりテレビ』
【出演, コメンテーター, 助言・指導】  日本テレビ  ”アロエはすごい.食べて塗って徹底利用”  1995年5月1日
中京テレビ『トキメキ!ふるさとの道』
【出演, インタビュイー】  中京テレビ  山神~榊原温泉・七栗郷;生薬アロエの効果  1994年10月24日
テレビ朝日「スーパーモーニング」
【出演, コメンテーター, 情報提供】  テレビ朝日  元気いっぱつ再発見!アロエの効力”糖尿病にも効く”  1994年3月8日