千原 猛

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/08 16:30
 
アバター
研究者氏名
千原 猛
 
チハラ タケシ
eメール
tchiharafujita-hu.ac.jp
所属
藤田保健衛生大学
部署
医療科学部 臨床検査学科
職名
准教授
学位
博士(医学)(藤田保健衛生大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医療科学部 臨床検査学科 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
藤田保健衛生大学藤田記念七栗研究所生化学研究部門 准教授
 
2007年4月
 - 
2015年3月
藤田保健衛生大学藤田記念七栗研究所生化学研究部門 講師
 
2004年4月
 - 
2007年3月
藤田保健衛生大学藤田記念七栗研究所 講師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
 藤田保健衛生大学藤田記念生薬研究所 講師
 
1998年4月
 - 
2001年3月
藤田保健衛生大学 藤田記念生薬研究所 助手
 
1998年
 - 
2001年3月
 藤田保健衛生大学藤田記念生薬研究所 助手
 
1995年10月
 - 
1998年3月
藤田保健衛生大学 医学部総合医科学研究所藤田記念生薬研究塾研究部門 助手
 
1989年4月
 - 
1995年9月
 藤田保健衛生大学 医学部総合医科学研究所新生物研究部門 助手
 
1986年4月
 - 
1989年3月
 藤田学園保健衛生大学 医学部総合医科学研究所新生物研究部門 研究技術員
 

学歴

 
 
 - 
1986年
藤田学園保健衛生大学 衛生学部 衛生技術学科
 

受賞

 
2015年11月
日本学術振興会 「科学研究助成費」審査委員表彰
 

論文

 
A clinical study on administration of opioid antagonists in terminal cancer patients: 7 patients receiving opioid antagonists following opioids among 2443 terminal cancer patients receiving opioids.
Yoshihiro Uekuzu, Takashi Higashiguchi, Akihiko Futamura, Akihiro Ito, Naoharu Mori, Miyo Murai, Hiroshi Ohara, Hiroko Awa , Takeshi Chihara
Biological and Pharmaceutical Bulletin   40(3) 278-283   2017年   [査読有り]
Effects of combined treatment with branched-chain amino acids, citric acid, L-carnitine, coenzyme Q10, zinc, and various vitamins in tumor-bearing mice.
Hiroko Awa, Akihiko Futamura, Takashi Higashiguchi, Akihiro Ito, Naoharu Mori, Miyo Murai, Hiroshi Ohara, Takeshi Chihara, Takaaki Kaneko
Biological and Pharmaceutical Bulletin   40(3) 266-271   2017年   [査読有り]
Reliability of stiffness measurement device during passive isokinetic spastic wrist movements of healthy subjects and hemiplegics.
Abbas Orand, Hiroyuki Miyasaka, Kotaro Takeda, Genichi Tanino, Takeshi Chihara, Hidehiko Beoou, Shigeru Sonoda
Biocybernetics and Biomedical Engineering   37 114-123   2017年   [査読有り]
Effects of exercise and bryostatin-1 after cerebral infarction on serotonin dynamics
Kenmei Mizutani, Shigeru Sonoda, Hideaki Wakita, Hideto Okazaki, Yoshimitsu Katoh, Takeshi Chihara, Kan Shimpo
Neuroreport   27(9) 659-664   2016年5月   [査読有り]
Inhibitory effects of emodin on intestinal tumor development in Min mice
Kan Shimpo, Takeshi Chihara, Hidehiko Beppu, Takaaki Kaneko, Masanori Shinzato, Kazumasa Wakamatsu, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda
薬理と臨床   26(2) 45-54   2016年
Erythrocyte polyamine levels are greater than triglyceride levels as markers of intestinal polyp formation in Min mice
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Takaaki Kaneko, Hidehiko Beppu, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda
International Journal of Analytical Bio-Science   4 13-19   2016年   [査読有り]
Inhibition of azoxymethane-induced colorectal aberrant crypt foci in mice fed a high-fat diet by Pleurotus eryngii (Eringi) and Hypsizygus marmoreus (Bunashimeji).
Takaaki Kaneko, Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,   16(9) 3881-3885   2015年   [査読有り]
Effects of Aloe-emodin and Emodin on proliferation of the human gastric cancer cell line MKN45
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Naoki Yamamoto, Takaaki Kaneko, Kazumasa Wakamatsu, Shigeru Sonoda
16(9) 3887-3891   2015年   [査読有り]
Dietary Aloe vera gel powder and extract inhibit azoxymethane-induced colorectal aberrant crypt foci in mice fed a high-fat diet.
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Takaaki Kaneko, Hidehiko Beppu, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda, Miyuki Tanaka, Muneo Yamada, Fumiaki Abe
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention   16(2) 683-687   2015年   [査読有り]
Dietary administration of Aloe vera gel extract inhibits intestinal polyp formation in Min fed a high-fat diet.
Takesi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Takaaki Kaneko, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda, Miyuki Tanaka, Muneo Yamada, Fumiaki Abe
Pharmaceutica Analytica Acta   6 1000340   2015年   [査読有り]

Misc

 
大腸発がんに対する黒ニンニク(高温高圧処理ニンニク)の抑制効果
新保 寛、千原 猛、金児孝晃、別府秀彦
薬理と臨床   23(3) 97-104   2016年
アロエベラゲル抽出物(アロエステロール濃縮抽出物)による高脂肪食飼育Minマウスの腸ポリープ形成の抑制効果
新保 寛、千原 猛、別府秀彦、金児孝晃、東口髙志、園田 茂、田中美順、山田宗夫、阿部文明
薬理と臨床   25(3) 117-127   2015年8月
改良型高温高圧処理ニンニク(HG-60)によるDMH誘発ラット大腸前がん病変(粘液枯渇巣)の軽減効果
金児孝晃、新保 寛、千原 猛、別府秀彦、園田 茂、東口髙志
機能性食品と薬理栄養   8(2) 167-171   2014年6月   [査読有り]
千原 猛、新保 寛、金児孝晃、別府秀彦、戸松亜希子、東口髙志、園田 茂
日本食品科学工学会誌   58(3) 131-135   2011年
アホエン含有の油浸漬ニンニク溶出物カプセル摂取が成人男女の血圧および脂質代謝に及ぼす影響
別府秀彦、松本美富士、藤野槌美、菊池基雄、井谷功典、角藤年昭、東口髙志、鈴木康司、千原 猛、山口久美子、園田 茂、新保 寛
日本食品素材研究会誌   13(2) 43-54   2010年
マウス大腸粘膜の細胞増殖能に対するアロエエモジン5週間混餌投与の影響
新保 寛、金児孝晃、千原 猛、別府秀彦、新里昌功、若松一雅、園田 茂
医学と生物学   153(6) 218-224   2009年
Glitamine-Fiber-Oligosaccharide(GFO) enteral formulaの経静脈栄養実施時における腸粘膜の形態的・機能的変化に対する効果の実験的研究
東口髙志、伊藤彰博、二村昭彦、児玉佳之、定本哲郎、村井美代、柴田賢三、金児孝晃、戸松亜希子、千原 猛、新保 寛、三木新也、山口真理、日野和夫、近藤康得
外科と代謝・栄養   43(4) 51-60   2009年
キダチアロエ全葉凍結乾燥粉末のF344雄ラットにおける35週間混餌投与試験
新保 寛、別府秀彦、千原 猛、金児孝晃、井田千賀子、井谷功典、園田 茂
Food Function   3(1) 27-33   2007年
脳梗塞ラットにおける新しい麻痺評価法
水谷謙明、園田 茂、千原 猛、新保 寛、才藤栄一
総合リハビリテーション   35(11) 1359-1362   2007年
アロエエモジンをICR雄性マウスに5週間混餌投与した際の各種バイオマーカーに及ぼす影響
千原 猛、井田千賀子、金児孝晃、別府秀彦、若松一雅、園田 茂、新保 寛
藤田学園医学会誌   31(2) 209-213   2007年

書籍等出版物

 
PEGを用いた栄養管理は、どうするの? エネルギーはどう決めるの?(共著)/胃ろう(PEG)管理Q&A
総合医学社   2011年   ISBN:978-4-88378-437-0
必要なエネルギーはどう決める?(共著)/重症患者と栄養管理Q&A(改訂版)
総合医学社   2010年   ISBN:978-4-88378-397-7
検査総合管理学(臨床検査総論)/医学領域における臨床検査学入門・第2版(共著)
KTC中央出版   2009年   ISBN:978-4-87758-361-3
必要なエネルギーはどう決める?(共著)/重症患者と栄養管理Q&A-ICUにNSTがやってきた-救急・集中治療
総合医学社   2007年   ISBN:978-4-88378-284-0
生物化学分析検査学(臨床検査総論)/医学領域における臨床検査学入門(共著)
KTC中央出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
高脂肪食飼育下のMinマウスの腸管ポリープ形成に対するアロエベラゲル超臨界抽出物の修飾作用
千原 猛、新保 寛、別府秀彦、金児孝晃、東口髙志、園田 茂、田中美順、山田宗夫、阿部文明
第50回日本実験動物技術者協会総会   2016年10月1日   
終末期がん患者における中心静脈カテーテル閉塞例の検討
二村昭彦、東口髙志、伊藤彰博、大原寛之、都築則正、中川理子、阿波宏子、前川ゆか、千原 猛、新保 寛
第9回日本緩和医療学会学術大会   2016年6月19日   
糖加アミノ酸輸液製剤とミダゾラム注射液の配合変化を回避する投与法の検討
二村昭彦、東口髙志、伊藤彰博、前川ゆか、千原 猛、伊東知美、上葛義浩、吉岡京子、最上恵子、新保 寛
第31回日本静脈経腸栄養学会   2016年2月26日   
小脳失調マウスに対するD型・L型セリンの抗運動失調作用の検討
別府秀彦,水谷謙明,新里昌功 ,玉井育子,千原猛,新保寛,高橋久英,園田茂
第26回生物試料分析科学会   2016年2月20日   
運動失調マウスB6-wob/t(wob/t)への腹腔内投与セリンがRota-rod試験に及ぼす影響
別府秀彦、水谷謙明、新里昌功、玉井育子、千原 猛 、新保 寛、園田 茂、高橋久英
形態機能学会第14回学術集会   2015年9月26日   
Investigation of central venous catheter occlusion.
Akihiko Futamura, Takashi Higashiguchi, Naoharu Mori, Akihiro Ito, Yuka Maegawa, Kyoko Yoshioka, Yoshihiro Uekuzu, Tomomi Ito, Takeshi Chihara, Kan Shimpo
The 16th PENSA (Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia)   2015年7月24日   
Aloe vera gel extract attenuates intestinal polyp growth in Min mice fed a high-fat diet.
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Takaaki Kaneko, Takashi HIgashiguchi, Shigeru Sonoda, Miyuki Tanaka, Muneo Yamada, Fumiaki Abe
The 16th PENSA (Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia) Congress   2015年7月24日   
CConsideration of the reaction between midazolam injection and a parenteral nutrition which assumed to use palliative care.onsideration of the reaction between midazolam injection and a parenteral nutrition which assumed to use palliative care.
Y. Maegawa, A. Futamura, K. Yoshioka, Y. Uekuzu, T. Ito, K. Mogami, H. Iwasa, T. Chihara, K. Shimpo, M. Hanya, H. Kamei
The 15th Asian Conference on Clinical Pharmacy   2015年6月23日   
アロエベラ及びアロエステロールの生理機能について
千原 猛
第114回日本皮膚科学会総会   2015年5月29日   
Aloe vera gel powder and extract inhibit intestinal carcinogenesis in Min and wild-type mice fed a high-fat diet
Takeshi Chihara, Kan Shimpo, Hidehiko Beppu, Takaaki Kaneko, Takashi Higashiguchi, Shigeru Sonoda, Miyuki Tanaka, Muneo Yamada, Fumiaki Abe
12th Asian Congress of Nutrition   2015年5月14日   

競争的資金等の研究課題

 
経口栄養食品素材のがん悪液質症状に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 千原 猛
がん悪液質症状に対するn-3系およびn-6系不飽和脂肪酸の修飾作用
公益財団法人 岡三加藤文化振興財団: 研究助成金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 千原 猛
炎症関連Minマウス大腸発がんに対するロイシン代謝物、β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸の修飾作用
公益財団法人 ホクト生物科学振興財団: 研究奨励金
研究期間: 2014年3月 - 2015年4月    代表者: 千原 猛
経口栄養食品と健康食品素材の混合による炎症性腸疾患に対する修飾作用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 千原 猛
炎症性腸疾患に対する経口栄養食品の修飾作用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 千原 猛
大腸環境改善による大腸発癌予防
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 萌芽研究
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 千原 猛