福沢嘉孝

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
福沢嘉孝
 
フクザワ ヨシタカ
URL
http://www.aichi-med-u.ac.jp/hospital/
所属
愛知医科大学
部署
愛知医科大学大学院医学研究科(戦略的先制統合医療・健康強化推進学) 愛知医科大学病院 先制・統合医療包括センター(AMPIMEC)
職名
センター教授兼センター部長
学位
医学博士(愛知医科大学)
その他の所属
愛知医科大学病院 消化器内科(肝胆膵内科)兼務ミュンヘン大学(Ludwig Maximilians University of Munich, LMU)医学部 客員教授

研究分野

 
 

経歴

 
1984年6月
 - 
1989年6月
愛知医科大学附属病院・中部労災病院 愛知医科大学医学部附属病院(第1内科)臨床研修医・労働福祉事業団中部労災病院臨床研修医・中部労災病院内科医員
 
1989年7月
 - 
2006年10月
愛知医科大学医学部内科学第1講座 助手(1991年2月〜1996年12月)・講師(1996年12月〜1999年3月)・助教授(1999年3月〜2001年3月)・内科学講座臓器別診療科:消化器内科助教授(2001年4月〜2006年10月15日:Associate Prof.)・大学院担当助教授(2003年10月〜2006年10月15日:Associate Prof.)
 
2006年10月
 - 
2015年3月
愛知医科大学大学院医学研究科(医学・医療教育学)医学教育センター(AMEC) センター教授(2009年7月〜Prof.)兼センター長(2009年10月〜Director)
 
2010年3月
 - 
2010年3月
米国:南イリノイ大学(SIU)医学部:研修
 
2014年7月
 - 
現在
独逸:ミュンヘン大学(Ludwig Maximilians University of Munich, LMU)医学部 客員教授(Visiting Prof.);LMUサイト:http://www.uni-muenchen.de/index.html,LMU世界ランキング:https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2014/subject-ranking/clinical-pre-clinical-health#!/page/1/length/25
 
2015年4月
 - 
現在
愛知医科大学大学院医学研究科(戦略的先制統合医療・健康強化推進学)愛知医科大学病院 先制・統合医療包括センター(AMPIMEC) センター教授兼センター部長(Prof. & Chairman/Director)
 

学歴

 
1978年4月
 - 
現在
愛知医科大学 医学部 医学科入学  
 
1984年3月
 - 
現在
愛知医科大学 医学部 医学科卒業  
 
1984年6月
 - 
現在
第77回医師国家試験合格・医籍登録(医籍登録番号:287008号)  
 
1984年7月
 - 
1994年12月
愛知医科大学大学院研究生  
 
1995年12月
 - 
現在
愛知医科大学  医学博士(肝臓病学)
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
日本統合医療学会:  ガイドライン委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本統合医療学会:  100人委員会委員
 
2017年1月
 - 
現在
Acta Histochemica et Cytochemica (AHC);  AHC Editorial Board Member
 
2016年9月
 - 
現在
世界中医薬学会・連合会(WFCMS):  理事(Council Member of the 1st. Board of Specialty Committee of WFCMS)
 
2016年8月
 - 
現在
中国;河南省:中医薬大学医学部:客員教授  (Henan University of Traditional Chinese Medicine:Visiting Prof.)
 
2016年6月
 - 
現在
General Oncology: Clinics in Oncology(Remedy Publications LLC 820 EL Camino Real Belmont, CA 94002, USA)  Editorial/Reviewer Board Member
 
2014年7月
 - 
現在
独:ミュンヘン大学(LMU)医学部:  客員教授(Visiting Prof.)  http://www.uni-muenchen.de/index.html,            https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2014/subject-ranking/clinical-pre-clinical-health#!/page/1/length/25
 
 
 - 
現在
一般社団法人 愛知医科大学同窓会(愛橘会):  理事・学術委員会委員長・副理事長(2017年5月〜)
 
 
 - 
現在
一般社団法人 愛知医科大学医師会:  理事
 
 
 - 
現在
文部科学省:  戦略連携;PBLチュートリアル教育分科会委員
 
 
 - 
現在
文部科学省:  漢方教育E-ラーニング作成委員
 
 
 - 
現在
愛知県医師会:  男女共同参画委員 (〜2012年3月任期満了)・代議員(2016年5月〜)・勤務医部会幹事(2016年6月〜)
 
 
 - 
現在
日本健康医学会:  理事・第25回日本健康医学会総会:大会長(愛知医科大学医学部:医学部本館・橘ホール, 2015.11.21., 愛知医科大学,長久手市)
 
 
 - 
現在
日本健康促進医学会:  理事;副理事長(2016年4月〜)
 
 
 - 
現在
臨床ゲノム医療学会:  理事・第2回臨床ゲノム医療学会大会長(ミッドランドホール, 2012.12.16.,名古屋市)・東海地区責任者・認定ゲノムドクター・認定ゲノム指導博士・学会事業委員会委員長・副理事長(2017年5月〜)
 
 
 - 
現在
国際個別化医療学会:  理事・Editorial Board Member
 
 
 - 
現在
日本医学英語教育学会:  理事・第20回日本医学英語教育学会学術総会:大会長(ウインクあいち, 2017.07.予定)・医学英語教育ガイドライン作成委員会委員長・テキスト編集委員会委員・日本医学英語検定試験:3・4級主任監督官(中部施設会場)
 
 
 - 
現在
分子病理研究会:  世話人
 
 
 - 
現在
亜鉛栄養治療研究会(旧:近畿亜鉛治療研究会):  世話人(〜2016年3月)・顧問(2016年4月〜)・三重愛知県支部副支部長
 
 
 - 
現在
癌先進補完医療研究会:  理事(2011〜2016年3月:任期満了)
 
 
 - 
現在
日本総合診断医療研究会:  理事長・倫理委員会委員長・学術教育委員長
 
 
 - 
現在
日本医学教育学会:  代議員(〜2015年7月):教員業績評価委員(〜2012年6月)・生涯教育委員(2012年7月〜)・学会認定:医学教育専門家(2015年度合格), 公益財団法人:大学基準協会による愛知医科大学医学部: 医学教育の評価公開(2014.03.24.:2007〜2014年:7年間): http://www.juaa.or.jp/accreditation/university/result_2013.html
 
 
 - 
現在
日本内科学会:  支部評議員・指導医・総合内科専門医(FJSIM)・認定医/専門医 研修カリキュラム作成委員(肝臓分野責任者)・認定医&専門医試験問題作成委員(肝臓分野,〜2013年)・セルフトレーニング問題作成委員(〜2012年)・病歴要約評価委員・東海支部本部:幹事会・運営協議会委員・専門医部会東海支部部会:会長・教育セミナー責任者(総合司会)・新内科専門医研修カリキュラム改訂委員会委員(肝臓分野責任者)・東海支部幹事・運営協議会メンバー
 
 
 - 
現在
日本消化器病学会:  財団評議員・指導医・専門医・卒後教育委員・専門医カリキュラム改訂委員(肝臓分野責任者)・カリキュラム作成WG委員(肝臓分野責任者)・新専門医制度対策ワーキンググループ委員(肝臓分野責任者)・新専門医研修プログラム整備基準作成委員(肝臓分野責任者)・新専門医制度対策チーム(2017年6月〜)
 
 
 - 
現在
日本肝臓学会:  本部評議員(〜2012年)・評議員(西部会)・指導医・専門医
 
 
 - 
現在
日本消化器内視鏡学会:  支部評議員・指導医・専門医
 
 
 - 
現在
日本消化管学会:  指導医・専門医・認定医
 
 
 - 
現在
日本門脈圧亢進症学会:  評議員
 
 
 - 
現在
日本東洋医学会:  文科省;漢方教育E-ラーニング作成委員・指導医(施設責任者)・専門医・漢方専門医(厚労省)・学術教育委員・愛知県部会役員・日本漢方医学教育協議会幹事(世話人:基盤カリキュラム作成)・東海7大学漢方医学教育連絡協議会:世話人・東海支部幹事(2017年6月〜)
 
 
 - 
現在
日本統合医療学会:  代議員・愛知県支部:支部長・第1・2回愛知県支部例会・会長(マグナリゾートホテル:第1回KIARA:2015.10.11,第2回ミコノス:2016.11.27., 浜松市)・100人委員会委員(2017年4月〜)・ガイドライン委員会委員(2017年5月〜)
 
 
 - 
現在
日本アロマセラピー学会:  理事(2017年5月〜)・評議員・北陸中部地方会部会長・第1・2回中部支部例会会長(第1回中部地方会:ウインクあいち, 2014.4.27., 第2回北陸・中部地方会:2016.12.11., 名古屋市)・学術委員会委員長(2017年6月〜)
 
 
 - 
現在
日本静脈経腸栄養学会:  代議員・学術評議員・指導責任者(認定教育施設)・認定医・TNT研修会世話人(東海地区:講師)・東海支部世話人・教育委員会委員・臨床栄養セミナー講師(2016年4月〜)
 
 
 - 
現在
日本病態栄養学会:  学術評議員・代表指導医(認定施設)・専門医・NSTコーディネーター
 
 
 - 
現在
日本化学療法学会:  ICD
 
 
 - 
現在
日本組織細胞化学会:  評議員・学会誌編集委員会委員
 
 
 - 
現在
日本臨床分子形態学会:  評議員・第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会プログラム編集委員(長崎大学医学部:小路武彦大会長:2015.9.18-9.19.)
 
 
 - 
現在
米国内科学会会員:ACP(American College of Physicians) Member:  H&PPC Member(2011年7月〜2012年6月)・LNC Member(2012年7月〜2013年6月)
 
 
 - 
2014年3月
厚生労働省:  肝炎等克服緊急対策研究事業 (森脇班)(2011年4月〜2014年3月)
 
 
 - 
2012年7月
中部血管バイオニクス研究会:  世話人(東北大震災影響下,2012年閉会)
 
 
 - 
2012年3月
厚生労働省:  医師国家試験出題委員(第105,106回) 
 

受賞

 
2016年
愛知医科大学同窓会(愛橘会): 第4回愛橘医学奨励賞(共著)
 
2015年
臨床ゲノム医療学会:第5回東京学術大会: 功労賞 (伊藤謝恩ホール,東京大学)(筆頭)
 
2015年
愛知医科大学同窓会(愛橘会): 第3回愛橘医学奨励賞(共著)
 
2014年
愛知医科大学同窓会(愛橘会): 第2回愛橘医学奨励賞(共著)
 
2014年
Best Doctors, Inc. Boston, MA, USA; Best Doctors in Japan (2014-2015) 選出(筆頭)
 
2013年
第5回国際O-CHA学術会議(5th. ICOS) ベストポスター賞(健康機能部門)(共著)
 
2010年
Best Doctors, Inc. Boston, MA, USA; Best Doctors in Japan (2010-2011) 選出(筆頭)
 
2007年
愛知医科大学同窓会:医学学術振興奨励賞(筆頭)
 
2006年
Best Doctors, Inc. Boston, MA, USA; Best Doctors in Japan (2006-2007) 選出(筆頭)
 
2006年
愛知医科大学同窓会:医学学術振興奨励賞(筆頭)
 
2005年
第19回日本静脈経腸栄養学会リサーチ・フェローシップ賞(RFS)(筆頭)
 
2002年
第15回日本消化器病学会奨励賞(筆頭)
 

論文

 
ナラタケと統合医療
福沢嘉孝,静 貴生
日本統合医療学会(IMJ);会報誌   25(1) 3-4   2017年4月   [査読有り]
Impact of partially hydrolyzed guar gum (PHGG) on constipation prevention: A systematic review and meta-analysis
Mahendra P. Kapoor, Masaaki Sugita, Yoshitaka Fukuzawa, Tsutomu Okubo
Journal of Functional Foods   33(3) 52-66   2017年3月   [査読有り]
内科疾患と栄養療法(第22回日本内科学会;専門医部会東海支部教育セミナーまとめ・報告書)
福沢嘉孝,吉富淳,春田純一,他
日本内科学会雑誌   106(1) 133-142   2017年1月   [査読有り]
Physiological Effects of Epigallocatechin-3-gallate (EGCG) on Energy Expenditure for Prospective Fat Oxidation in Humans: A Systematic Review and Meta-analysis
Mahendra Parkash Kapoor, Masaaki Sugita, Yoshitaka Fukuzawa, Tsutomu Okubo
Journal of Nutritional Biochemistry (JNB)   43(10) 1-10   2016年10月   [査読有り]
JASMEE now and in the future; A novel textbool based on JASMEE Medical English education guidelines
Masahito Hitosugi, Yoshitaka Fukuzawa, Chiharu Ando, Shigeru Mori, Timothy Minton, and Clive Langham
15(3) 88-89   2016年10月   [査読有り]
総説『カイジと肝臓癌』(Trametes Robiniphila Murr. and Hepatocellular Carcinoma)
芻 歩浩,福沢嘉孝,阿部哲朗,他
日本補完代替医療学会誌   13(2) 35-41   2016年9月   [査読有り]
Glucagon-like peptide-1 analogue prevents nonalcoholic steatohepatitis in non-obese mice
福沢嘉孝
World Journal of Gastroenterology (WJG)   28(8) 2512-2523   2016年8月   [査読有り]
未病の段階からのセルフメディケーション;先制医療による(超)早期診断と健康寿命延伸の秘策ー大学病院における国内外初のマーナ(mRNA)健康外来設立ー
福沢嘉孝
日本健康医学会雑誌   25(2) 80-83   2016年7月   [査読有り]
The audience response system may help short- and long-term knowledge gain in large classrooms
Akihiro Ito, Koji Tsunekawa, Yoshitaka Fukuzawa
MedEdPublish:http://www.mededpublish.org/manuscripts/463/v1   1-14   2016年7月   [査読有り]
臨床実習前教育における自己学習時の動画付き臨床手技データベース導入の試み
加藤智大,恒川幸司,福山俊彦,福沢嘉孝
日本シミュレーション医療教育学会雑誌(Journal of Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals)   4: 48-53   2016年6月   [査読有り]
『クロモジのハンドトリートメント』
宮里文子, 神保太樹, 福沢嘉孝, 大門美智子
日本アロマセラピー学会誌   15(2) 89-89   2016年4月   [査読有り]
新内科専門医による地域医療の実践ー地域包括ケア実現に向かう地域社会へのコミットメントー(第21回日本内科学会;専門医部会東海支部教育セミナー報告書)
福沢嘉孝,吉富淳,大生定義,他
日本内科学会雑誌   105(1) 1-7   2016年   [査読有り]
評価シートを作成して:WS-3(寄稿):編集 岐阜大学医学教育開発研究センター(MEDC)新しい医学教育の流れ:14冬
恒川幸司,福沢嘉孝
第51回医学教育セミナーとワークショップの記録(Trends in Medical Education-2014 Winter)      2015年1月   [査読有り]
Vitamin E has a beneficial effect on nonalcoholic fatty liver disease: a meta-analysis of randomized controlled trials.
Ken Sato, Masahiko Gosho, Takaya Yamamoto, Yuji Kobayashi, Norimitsu Ishii,Tomohiko Ohashi, Yukiomi Nakade, Kiyoaki Ito, Yoshitaka Fukuzawa, Masashi Yoneda.
Nutrition   31(7-8) 923-930   2015年   [査読有り]
Medical English education guidelines corresponding to the Global Standards for Medical Education:(Final report, English version)
Yoshitaka Fukuzawa, et al.Japan Society for Medical English Education:The Guidelines Committee
Japan Society for Medical English Education, on line   1 1-11   2015年   [査読有り]
「医学教育のグローバルスタンダードに対応するための医学英語教育ガイドライン」:(最終報告,日本版)
福沢嘉孝 他,日本医学英語教育学会ガイドライン委員会
日本医学英語教育学会電子版掲載   1 1-11   2015年   [査読有り]
内科疾患と臨床推論(第19回専門医部会東海支部教育セミナー報告書)
福沢嘉孝,吉富淳,他
日本内科学会雑誌   104(8) 1672-1679   2015年   [査読有り]
内科医が遭遇する救急疾患(第20回専門医部会東海支部教育セミナー報告書)
福沢嘉孝,吉富淳,他
日本内科学会雑誌   104(11) 2436--2444   2015年   [査読有り]
Vitamin E has a beneficial effect on nonalcoholic fatty liver disease: a meta-analysis of randomized controlled trials:Epub
Ken Sato, Masahiko Gosho, Takaya Yamamoto, Yuji Kobayashi, Norimitsu Ishii,Tomohiko Ohashi, Yukiomi Nakade, Kiyoaki Ito, Yoshitaka Fukuzawa, Masashi Yoneda
Nutrition   31(7-8) 923-930   2014年   [査読有り]
Medical English education guidelines correspondingto the Global Standards for Medical Education(Interim report, English version)
Yoshitaka Fukuzawa, et al.Japan Society for Med
Japan Society for Medical   1 1-11   2014年   [査読有り]
炎症性疾患:第18回日本内科学会専門医部会東海支部教育セミナー(報告書)
石塚達夫,福沢嘉孝,他
日本内科学会雑誌   (103) 1195-1202   2014年   [査読有り]
医学教育のグローバルスタンダードに対応するための医学英語教育ガイドライン:(中間報告,日本版)
福沢嘉孝 他,日本医学英語教育学会:ガイドライン委員会
日本医学英語教育学会電子版掲載   1 1-11   2014年   [査読有り]
厚生労働科研費;肝炎等克服緊急対策研究事業:ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書(平成26年3月報告)レボカルニチン製剤投与中のC型肝硬変(LC-C)患者に対する運動療法の 有用性の検討(アウトカム解析・評価)
福沢嘉孝,長谷川共美,池本竜則
   2014年   [査読有り]
医学教育の現状と今後の方向性:愛知県下4大学医学部を中心に(座談会・報告論文)
宮治眞,植村和正,早野順一郎,松井俊和,福沢嘉孝
現代医学(「現代医学」誌編集委員会)   (62) 49-81   2014年   [査読有り]
ウイルス学的解析が可能であったHBs抗原陰性B型急性肝不全の1例.
近藤力,伊藤清顕,中出幸臣,山本高也,小林佑次,大橋友彦,石井紀光,佐藤顕,中尾春壽,福沢嘉孝,米田政志
肝臓   (178) 18-22   2014年   [査読有り]
リハビリテーション医に必要な薬の上手な使い方-消化器疾患(特集)
福沢嘉孝
MEDICAL REHABILITATION   (178) 18-22   2014年   [査読有り]
A rare congenital extrahepatic portsystemic shunt affecting the inferiormesenteric vein, inferior vena cava, and left ovarian vein.
Hajime Takeuchi, Yoko Takeda, Miyo Takahashi, Shogo Hayashi, Yoshitaka Fukuzawa, Takashi Nakano
Surg Radiol Anat   (36) 729-733   2014年   [査読有り]
Effect of green tea catechins on nonalcoholic steatohepatitis (NASH)patients.
Yoshitaka Fukuzawa, Mahendra P. Kapoor, Koji Yamasaki, Tsutom Okubo, Yoshihiro Hotta, Lekh Raj Juneja.
Journal of Functional Foods   (9) 48-59   2014年   [査読有り]
Nutritional status and quality of life in current patients with liver cirrhosis as assessed in 2007–2011
Makoto Shiraki, Shuhei Nishiguchi, Saito, Yoshitaka Fukuzawa, and Hisataka Moriwaki,..et al
Hepatology Research   43 106-112   2013年3月   [査読有り]
Comparison of tutored group with tutorless group in problem-based mixed learning sessions: a randomized cross-matched study.
Shogo Hayashi, Koji Tsunekawa, Chikako Inoue, Yoshitaka Fukuzawa.
BMC Medical Education   (13) 158-164   2013年   [査読有り]
Proposal for a new classification of variations in the iliac venous system based on internal iliac veins: a case series and review of double and lef inferior vena cava. t
Shogo Hayashi, Yoshitaka Fukuzawa, Takashi Nakano
Anat Sci Int   (88) 183-188   2013年   [査読有り]
Influence of developing ligaments on the muscle in contact with them:A study of the annular ligament of the radius and the sacrospinous ligament in mid-term human fetuses.
Shogo Hayashi, Yoshitaka Fukuzawa, Takashi Nakano
Anatomy & Cell Biology(Anat Cell Biol)   149-156   2013年   [査読有り]
What kind of physician will finally be raised through medical english education?
Yoshitaka Fukuzawa
Journal of Medical English Education (Offical Journal of JASMEE)   (12) 74-78   2013年   [査読有り]
各種慢性疾患における主な微量元素(亜鉛・鉄・銅)解析とその臨床的意義
福沢嘉孝,恒川幸司
亜鉛栄養治療   (3) 53-61   2013年   [査読有り]
消化器病専門医研修カリキュラム改訂:肝臓
福沢嘉孝,岩崎信二,吉治仁志,長谷川潔,正木勉
日本消化器病学会雑誌   (110) 812-819   2013年   [査読有り]
日本消化器病学会専門医カリキュラムの改訂
石橋大海,滝川一,中尾昭公,渡辺守,丹羽康正,中村哲也,穂刈量太,福沢嘉孝,元雄良治,森實敏夫,菅野健太郎
日本消化器病学会雑誌   (110) 788-795   2013年   [査読有り]
インフォームドコンセントの意味と説明・面談
福沢嘉孝
日本医事新報    (4645) 84-85   2013年   [査読有り]
腫瘍と内科疾患 第17回日本内科学会専門医部会東海支部教育セミナー(報告書)
石塚達夫,福沢嘉孝,加藤義郎
日本内科学会雑誌   (102) 2998-3006   2013年   [査読有り]
内科疾患における遺伝子異常 第16回日本内科学会専門医部会東海支部教育セミナー(報告書)
石塚達夫,福沢嘉孝,田中章景
日本内科学会雑誌   (102) 1001-1009   2013年   [査読有り]
第2回臨床ゲノム医療学会愛知大会を終えて(生活習慣病ゲノム検査の課題と展望)
福沢嘉孝
JMS(Japan Medical Society)   (194) 28-32   2013年   [査読有り]
厚生労働科研費;肝炎等克服緊急対策研究事業:ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書(平成25年3月報告) レボカルニチン製剤投与中のC型肝硬変(LC-C)患者に対する運動療法の有用性の予備的検討(アウトカム解析・評価)
福沢嘉孝,長谷川共美,池本竜則
   2013年   [査読有り]
腎臓病治療に注目を浴びる漢方;カイジ製品(寄稿)
福沢嘉孝,鄒歩浩
日本統合医療学会 会報(IMJニュース)   (11) 4-6   2013年   [査読有り]
卒前教育の課題とその方策を考える 新しい医学教育の流れ2013夏
恒川幸司,福沢嘉孝
岐阜大学医学教育開発研究センター:MEDC編集   2013:WS-2 26-28   2013年   [査読有り]
厚生労働科研費;肝炎等克服緊急対策研究事業:ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究 肝硬変患者の栄養状態とQOLについて(共同研究報告)−
森脇久隆,西口修平,村上啓雄,加藤昌彦,福沢嘉孝,水田敏彦,海堀昌樹,清水雅仁,白木亮,永田知里,岡本康子 
5-9   2012年3月   [査読有り]
厚生労働科研費;肝炎等克服緊急対策研究事業: ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者;森脇久隆)食事・運動療法のアウトカム評価(総括研究報告)
森脇久隆,西口修平,村上啓雄,加藤昌彦,福沢嘉孝,水田敏彦,海堀昌樹,清水雅仁,白木亮,永田知里,岡本康子 
1-4   2012年3月   [査読有り]
厚生労働科研費;肝炎等克服緊急対策研究事業: ウイルス性肝疾患患者の食事・運動療法とアウトカム評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者;森脇久隆) C型肝硬変(LC-C)患者に対するレボカルニチン製剤投与の有用性に関する研究
福沢嘉孝
31-34   2012年3月   [査読有り]
教育実践研究−解剖学の実習試験成績と筆記試験成績との相関
西岡和昭,伊藤正裕,林省吾,平井宗一,福沢嘉孝,大滝純司
医学教育   43 199-204   2012年   [査読有り]
第13回東海支部教育セミナー『免疫異常による内科疾患』のまとめ
福沢嘉孝
日本内科学会雑誌(日内会誌)   (101) 1434-1442   2012年   [査読有り]
国内医科大学視察と討論の会(報告書)
福沢嘉孝
財団法人 医学教育振興財団      2011年   [査読有り]
最近の消化器内科的がん戦略(肝がんの治療戦略を中心に)
福沢嘉孝
第1回癌先進補完医療研究会主催講演会特集   (11) 15-17   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
『先端治療技術』;先端治療技術の実用化と開発戦略(核酸医薬,免疫療法,遺伝子治療,細胞医薬品)
福沢嘉孝(分担共著) (担当:共著, 範囲:第8章;その他の疾患での医療技術(核酸医薬,免疫療法,遺伝子治療,細胞医薬品)開発への課題:3節:生活習慣病における遺伝子検査・治療の現状と課題:執筆担当:466-470頁)
技術情報協会   2017年4月   
内科専門医制度;内科専門研修カリキュラム(2017年度版)
福沢嘉孝 (担当:共著, 範囲:消化器;肝臓分野責任者)
日本内科学会認定医制度審議会:内科専門研修カリキュラム作成委員会(編集)【発行:日本内科学,印刷:株式会社 杏林舎】   2017年1月   
医学・医療系学生のための総合医学英語テキスト;Step1(English Medical Purposes, Step 1/ JASMEE):『医学英語教育ガイドライン』のMinimum Requirementsに対応.
一杉正仁,福沢嘉孝,森 茂,安藤千春,Clive Langham, Timothy Minton, 他. (担当:共著)
日本医学英語教育学会編,MEDICAL VIEW社,東京.   2016年7月   
『こわい病気にかからない生活習慣』(初版・発刊)
福沢嘉孝(単著)
発行元:KADOKAWA(角川書店)   2016年2月   ISBN:978-4-04-894754-1
『今日の診断指針』(第7版)
福沢嘉孝(分担共著) 総編集者:金澤一郎・永井良三 (担当:共著, 範囲:消化器疾患:腹膜炎;Peritonitis:776〜777頁)
医学書院   2015年3月   
遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発
福沢嘉孝(分担共著) (担当:共著, 範囲:第7章;各種疾患における遺伝子治療,遺伝子診断の現状と 今後有望な開発ターゲットの考察:7節;生活習慣病に対する遺伝子診断の現状,課題と展望)
技術情報協会   2014年5月   
『重要なのは学生:大学教育の報酬』(J・ケビンドーシー, P・K・ランガシャ著)
石川直久,福沢嘉孝(翻訳:総監修) (担当:共著)
出版発行者:学校法人 愛知医科大学   2014年3月   ISBN:10:0615629202
消化器専門医研修カリキュラム2013(日本消化器病学会)
福沢嘉孝(分担共著) (担当:共著, 範囲:肝疾患責任者;III.肝疾患;85ー106頁)
編集・発行:日本消化器病学会・制作:東洋図書出版(株)   2013年9月   
内科研修カリキュラム2011(日本内科学会)
福沢嘉孝(分担共著) (担当:共著, 範囲:肝疾患:肝臓分野責任者;消化器疾患:55-103頁:肝疾患;87-95頁)
編集・発行:日本内科学会   2011年11月   
PEG造設前のCTは不要ですよね?(Q34)胃ろう(PEG)管理(徹底ガイドQ&A)
福沢嘉孝(分担共著)
総合医学社   2011年   
GENOME DOCTOR BOOK FOR MEDICAL SPECIALIST(ゲノムドクター&キャスター認定セミナー公式テキスト);臨床ゲノム診断の基礎と応用(総監修)
福沢嘉孝
2010年   
ガイトン生理学 Textbook of Medical Physiology,11th Edition(肝臓分野:翻訳責任者)
福沢嘉孝(分担共著);御手洗玄洋総監修・菅屋潤壷編集 (担当:共訳, 範囲:肝臓分野;翻訳責任者;The Liver as an Organ :Chapter 70)
エルゼビア・ジャパン   2010年   
慢性肝炎診療のためのガイドライン(平成19年度)
福沢嘉孝 (担当:共著)
日本肝臓学会   2007年   
精密な化学工場,肝臓が誇るハイテクノロジー からだと病気とミクロのはなし
福沢嘉孝 (担当:共著)
医学書院   2007年   
からだと病気とミクロのはなし.精密な化学工場,肝臓が誇るハイテクノロジー(宮澤七郎監修・医学生物学電子顕微鏡学会編集)
福沢嘉孝,尾関教生 (担当:共著)
医学書院   2007年   
愛知医科大学病院での取り組み わが病院の感染対策(木村哲監修・編集)
福沢嘉孝,伊藤卓也,市川光生,池田洋,中野隆,各務伸一,佐藤啓二 (担当:共著)
医薬ジャーナル社   2006年   
新・見る生活習慣病;肝機能障害(目で見る実態).
福沢嘉孝 (担当:共著)
研友企画出版   2006年   
肝硬変 (LC)・肝癌 (HCC)新臨床研修医指導ガイドライン2005(試行版)(厚生労働省・日本内科学会監修)
福沢嘉孝 (担当:共著)
2005年   
第9回MEDC医学教育セミナーとワークショップに参加して~特に地域医療における卒前・卒後医学教育に関連して~.
福沢嘉孝 (担当:共著)
三恵社   2004年   
B型慢性肝炎. 泉考英編. ガイドライン外来診療2003.
福沢嘉孝 (担当:共著)
日経メデイカル開発   2003年   
妊娠時の重症肝障害− HELLP症候群を中心に臨床肝臓病(第3版)(市田文弘・市田隆文監修・編集) 
福沢嘉孝,各務伸一,澤口啓造 (担当:共著)
日本メディカルセンター   2001年   
慢性肝炎診療のためのガイドライン(平成12年度)(日本肝臓学会監修・編集)
各務伸一,福沢嘉孝 (担当:共著, 範囲:肝炎ウイルスの感染予防)
日本肝臓学会   2000年   
肝疾患の診断と治療の進め方−慢性ウイルス肝炎:B型肝炎−肝疾患診療マニュアル(石井裕正, 井廻道夫, 沖田極監修・編集)
各務伸一,福沢嘉孝 (担当:共著)
日本医師会   1999年   
治療法別ポイント(その他一般療法)慢性肝疾患を診る(各務伸一監修・編集)
福沢嘉孝,吉岡健太郎,奥村明彦,各務伸一 (担当:共著)
ヴァンメディカル   1998年   
症候から何を疑うか(腹水)
福沢嘉孝,多賀谷恒明,石川哲也 (担当:共著)
ヴァンメディカル   1998年   
症候から何を疑うか(黄疸) 慢性肝疾患を診る(各務伸一監修・編集)
福沢嘉孝,多賀谷恒明,石川哲也 (担当:共著)
ヴァンメディカル   1998年   
肝癌 慢性肝疾患を診る(各務伸一監修・編集)
各務伸一,福沢嘉孝,石川哲也,矢部元義,奥村明彦,多賀谷恒明,吉岡健太郎 (担当:共著)
ヴァンメディカル   1998年   
腹水 慢性肝疾患の治療マニュアル(各務伸一監修・永井忠雄編集)
各務伸一,福沢嘉孝 (担当:共著)
永井書店   1997年   

講演・口頭発表等

 
『こわい病気にかからない生活習慣』〜現在のあなたの健康状態を“見える化”した最先端医療外来〜(特別講演) [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2017年5月27日   
『‘ガンとの共存’の時代到来!』〜ガンと共に“生き生き・はつらつ”暮らす術〜(特別講演会)
福沢嘉孝
いずみの会(NPO法人);患者講演会   2017年4月1日   
『こわい病気にかからない生活習慣』“健康寿命延伸”に寄与する最先端の未病外来〜「たった2.5mlの採血で分かるあなたの現在の健康状態」〜(特別講演) [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2017年3月18日   
“健康寿命延伸の秘策=WA”(いつまでも元気ではつらつと)ーPart 2;春日井市連携講座(特別講演) [招待有り]
福沢嘉孝
愛知医科大学・連携講座   2017年3月1日   
2017年度 JSA 関東地方会;教育講演:『こわい病気にかからない生活習慣〜先制・統合医療の今後の課題と展望』(特別講演) [招待有り]
福沢嘉孝
2017年2月26日   
『愛知医科大学における最先端研究・医療』;≪健康寿命延伸に貢献する最先端の健康外来≫-ほんの2.5mlの採血で分かるあなたの現在の健康状態ー:市民大学公開講演会(共催:愛知医科大学・名古屋市教育委員会)(特別講演)
福沢嘉孝
2017年2月25日   
“健康寿命延伸の秘策=WA”(いつまでも元気ではつらつと)ーPart 1;春日井市連携講座(特別講演) [招待有り]
福沢嘉孝
愛知医科大学・連携講座   2017年2月15日   
C型慢性肝炎におけるIFNフリー新規経口治療薬の副作用と漢方治療:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
第2回中日臨床治療経験国際交流会議 in 東京   2017年2月4日   
『こわい病気にかからない生活習慣』-食生活と健康寿命延伸〜デザイナーフーズとの関連〜:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2017年1月21日   
非線形解析システム(NLS)バイオスキャンによる総合的医療診断および治療への応用:要望演題
原 豊,飛永芳一,秋山伸一郎,福沢嘉孝(共同演者)
第20回日本統合医療学会;支部セッション2(BS02):愛知県支部/統合医療に科学・EBMの光を支部から   2016年12月24日   
匂い成分を用いた診断アプローチの最新動向:要望演題
神保太樹,鳥居伸一郎,福沢嘉孝(共同演者)
第20回日本統合医療学会;支部セッション2(BS02):愛知県支部/統合医療に科学・EBMの光を支部から   2016年12月24日   
日本統合医療学会:全国支部報告会(愛知県支部):ワークショップ(WS02)
福沢嘉孝
第20回日本統合医療学会   2016年12月24日   
《mRNA検査の意義・取組み》:『マーナ (mRNA) 検査の臨床的意義とマーナ健康外来の取組み(創設・進展)』:シンポジウム
福沢嘉孝
第6回臨床ゲノム医療学会(神奈川大会)   2016年12月17日   
先制・統合医療包括センターにおける先制・統合医療の今後の課題と展望:会長基調講演
福沢嘉孝
2016年度 日本アロマセラピー学会;北陸・中部地方会   2016年12月11日   
『こわい病気にかからない生活習慣』-日本統合医療学会推奨漢方治療薬の有用性とその活用法:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2016年11月19日   
『健康寿命延伸のための最先端の健康外来』:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
長久手市シニアクラブ連合会:創立50周年記念式典   2016年9月30日   
『こわい病気にかからない生活習慣』-周波数測定機器の有用性とその活用法:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2016年9月17日   
『こわい病気にかからない生活習慣』:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
NPO法人:統合医療利用者ネットワーク会議   2016年8月27日   
愛知医科大学病院:マーナ(mRNA)健康外来設立の経緯と進展:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
中国河南省:中医薬大学医学部・第一附属病院;国際交流会議(招聘・特別講演)   2016年8月3日   
愛知医科大学病院:マーナ(mRNA)健康外来と企業向け団体検診の連携・協力体制の進展(新規体制構築:9月〜):特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2016年7月23日   
Unique approach of Orion Bioscan (Non-Linear Analizing System-NLS) for comprehensive diagnosis and treatment:Special Lecture
Yutaka Hara, Yoshikazu Tobinaga, Shinichiro Akiyama, Yoshitaka Fukuzawa
International Pharmacy Conference (July 14-15, 2016. Philadelphia, USA)   2016年7月14日   
『こわい病気にかからない生活習慣』−マーナ(mRNA)健康外来との連携・協力による企業向け団体検診・分院外来新設(3月〜):特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2016年5月28日   
『こわい病気にかからない生活習慣−長寿遺伝子mRNA&がん関連遺伝子mRNA!?:採血で分かる現在の健康状態〜いつまでも元気はつらつと〜』:特別講演
福沢嘉孝
患者セミナー   2016年4月1日   
出版記念講演(KADOKAWA):『こわい病気にかからない生活習慣』:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
WellA・健康スペシャルセミナー   2016年3月19日   
『医学英語論文作成のKNOW-HOW:Tips』-日本医学英語教育学会(JASMEE)ガイドラインと関連して-:特別講演 [招待有り]
福沢嘉孝
平成27年度金沢医科大学大学院・教育懇談会   2016年2月26日   
『いつでもどこでもWellA (Well Aging) な私』:特別講演
福沢嘉孝
第3回マグナ・リゾート・スペシャルセミナー   2016年1月23日   
日本統合医療学会:設立記念ー第1回愛知県支部例会開催報告~地方からの新たな息吹~(WS-2): 要望演題
福沢嘉孝
第19回日本統合医療学会(山口大会)   2015年12月12日   
《未病の段階からのセルフメディケーション》先制医療による(超)早期診断と健康寿命延伸の秘策−乳ガン患者さんとのお喋り勉強会−:特別講演
福沢嘉孝
愛知医科大学病院:患者勉強会:お喋り会(特別講演)   2015年11月26日   
《未病の段階からのセルフメディケーション》先制医療による(超)早期診断と健康寿命延伸の秘策−大学病院における世界初のmRNA (マーナ)健康外来設立−:シンポジウム;学会長講演
福沢嘉孝
第25回日本健康医学会総会   2015年11月21日   
《未病の段階からのセルフメディケーション》先制医療による(超)早期診断と健康寿命延伸の秘策−大学病院における世界初のmRNA (マーナ)健康外来創設−:『功労賞』受賞記念講演
福沢嘉孝
第5回臨床ゲノム医療学会:東京学術集会(東京大会)   2015年11月3日   
先制医療・統合医療へのパラダイムシフト−先手必勝の積極的な予防医療は我が国の健康寿命延伸に寄与する!?−:シンポジウム;特別講演
福沢嘉孝
JACシンポジウム2015   2015年11月1日   
過体重C型肝硬変患者における継続的運動療法の試み:1症例報告:一般演題
共同演者
第36回日本肥満学会   2015年10月3日   
レボカルニチン製剤投与中の外来C型肝硬変(LC-C)患者における運動併用療法の有用性の検討:特別講演
福沢嘉孝
第19回R24肝臓カンファレンス   2015年9月26日   
仮想模擬患者を利用した臨床診断推論学習における鑑別診断の検討:一般演題
共同演者
第47回日本医学教育学会大会   2015年7月25日   
Procedures Consult の OSCE に対する有用性の検討:一般演題
共同演者
第47回日本医学教育学会大会   2015年7月25日   
医学教育のグローバルスタンダードに対応するための医学英語教育ガイドライン作成(最終報告)Medical English Education Guidelines In Accordance with the Medical Education Global Standards (Final Report):特別講演
福沢嘉孝
第18回日本医学英語教育学会   2015年7月19日   
亜鉛をめぐる臨床的諸問題 各種慢性肝疾患における主な微量元素(亜鉛・鉄・銅)解析とその臨床的意義:シンポジウム;特別講演
福沢嘉孝
日本微量元素学会   2015年7月4日   
Well Aging:WellA な生活習慣−地域住民の“健康寿命延伸”のための愛知医科大学病院(AMU-Hp)の新たな取り組みとその秘策−:特別講演
福沢嘉孝
第2回マグナ・リゾート・スペシャルセミナー   2015年7月2日   
ガンの最新遺伝子診断〜治療−意識付け・行動変容−AMUの取り組み−:特別講演
福沢嘉孝
第1回船戸クリニック統合医療センター講演会   2015年5月28日   
自分で守ろう自分の健康−意識付け・行動変容の秘策−:特別講演
福沢嘉孝
第1回日本珪素医科学学会   2015年5月17日   
腸瘻挿入法の変更による合併症減少に関する検討:一般演題
共同演者
第30回日本静脈経腸栄養学会   2015年2月12日   
今ここでNST活動の形を再考する:医師の意識調査からみた大学病院におけるNSTの在り方:   シンポジウム
共同演者
第30回日本静脈経腸栄養学会   2015年2月12日   
消化器外科病棟における病棟NSTラウンドの有効性についての検討:一般演題
共同演者
第30回日本静脈経腸栄養学会   2015年2月12日   
病院実習に来た薬学部5年生にNSTラウンドが与える影響についての検討:一般演題
共同演者
第30回日本静脈経腸栄養学会   2015年2月12日   
意識付けと行動変容を考慮したゲノム外来・検診システムの構築!:特別講演
福沢嘉孝
第4回臨床ゲノム医療学会:東京水道橋大会   2014年11月30日   
レボカルニチン製剤投与中の外来C型肝硬変患者における運動療法併用の有用性の検討:一般演題
福沢嘉孝
2014JDDW(第18回日本肝臓学会大会)   2014年10月24日   
意識付けと行動変容を考慮したゲノム検診システムの構築:特別講演
福沢嘉孝
第2回国民ゲノムセミナー   2014年9月27日   
C型肝硬変患者における継続的運動療法の試み:段階的に運動量を増加した2症例:一般演題
共同演者
第69回日本体力医学会大会   2014年9月19日   
自分で守ろう,自分の健康!意識付けの秘策:特別講演
福沢嘉孝
第1回マグナリゾートホテル記念:特別講演会   2014年8月24日   
医学教育のグローバルスタンダードに対応するための医学英語教育ガイドライン作成(中間報告):特別講演
福沢嘉孝
第17回日本医学英語教育学会:学術集会   2014年7月20日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
愛知医科大学:教員FD用教材(医学教育用語集)
福沢嘉孝,他   教材   2007年4月 - 2015年3月
GENOME DOCTOR BOOK FOR MEDICAL SPECIALIST(ゲノムドクター&キャスター認定セミナー公式テキスト);臨床ゲノム診断の基礎と応用(総監修)
福沢嘉孝,他   教材   2010年4月

競争的資金等の研究課題

 
慢性肝疾患における栄養療法・運動療法のアウトカムに関する研究
研究期間: 2015年10月 - 2017年9月    代表者: 福沢嘉孝
慢性肝疾患におけるレボカルニチン製剤の効果に関する研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年10月    代表者: 福沢嘉孝
慢性肝疾患(特にC型肝硬変)と栄養・運動療法: 厚労科研(分担)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 福沢 嘉孝
各種肝疾患とP-glycoprotein (P-gp)
肝細胞癌 (HCC) とoncogene 及びその産物 (products)
肝細胞癌 (HCC) と Apoptosis
各種肝疾患と活性酵素
生活習慣病と肝疾患(NAFLD, NASH, ALD)

社会貢献活動

 
『医療ルネサンス』いのちの値段;新技術の行方:先制医療 リスクを知る(12S:くらし24 掲載)
【コメンテーター, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞東京本社:医療部  2017年4月4日
『最先端医療検査と健康寿命延伸』:「がん」は予防する時代へ
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  健康ジャーナル  2017年3月23日
医療連載『医療ルネサンス』;「いのちの値段」ー≪先制医療≫:受診者の視点から見た先制医療
【取材協力, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援】  読売新聞東京本社:医療部  2017年3月18日
あしたのためのカルテ〜がん検診〜『イマドキのがん検診』ー「小さじ半分の血液だけ!?あっという間の遺伝子検査」
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演】  東海テレビ  2017年3月8日
連載:『健康寿命延伸を目指して;病気と医療のウソ?ホント?』
【コメンテーター, 助言・指導, 情報提供, 報告書執筆, 寄稿】  株)サイゾー;BJ:ビジネス・ジャーナル/Business Journal  2016年6月 - 2017年3月
医療連載『医療ルネサンス』;「いのちの値段」ー≪先制医療≫:医師の視点から見た先制医療
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  医療連載『医療ルネサンス』:読売新聞東京本社:医療部  2017年2月16日
日本アロマセラピー学会:北陸中部地方会・大会長(名古屋市)
【司会, 情報提供, 企画, 運営参加・支援】  日本アロマセラピー学会  2016年12月11日 - 2016年12月11日
日本統合医療学会;第2回愛知県支部例会・大会長(浜松市)
【司会, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  日本統合医療学会  2016年11月27日 - 2016年11月27日
亜鉛栄養治療研究会雑誌;『亜鉛栄養治療』:寄稿
【助言・指導, 情報提供, 寄稿】  亜鉛栄養治療研究会;会員通信  2016年10月20日
世界中医薬学会・連合会(WFCMS):理事
【助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援】  WFCMS  2016年9月3日
中国河南省;中医薬大学医学部:客員教授
【パネリスト, 講師】  中国河南省;中医薬大学医学部・第一附属病院  国際交流会議(招聘・特別講演)  2016年8月3日
Topic:最新のがん検診:『①がん受診者のデータ・レジストリ収集・解析の構築とそのスキル,②その関連受診者の疾患レジストリ作製』
【インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  Third Bridge(サードブリッジ)  2016年7月9日
Topic:最新のがん検診:『①現況と今後の課題・展望,②受診者への健康寄与度』
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  Third Bridge(サードブリッジ)  2016年7月1日
『長寿遺伝子mRNA・がん遺伝子mRNA!?』採血で分かる現在の健康状態-いつでも元気はつらつと-(講演会)
【編集, 講師, 助言・指導, 情報提供, 実演】  愛知医科大学病院:健康情報室  2016年4月1日
東北大学革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM,文科省・科学技術振興機構)取材:『モチベーション向上社会:先制・予防医療・健康支援の取組み』
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演, その他】  東北大学革新的イノベーション研究機構(COI機構)  東北大学COI機構内調査報告書  2016年3月7日
東海地方の重要なニュース:特集:地域住民の“健康寿命延伸”に貢献するマーナ(mRNA)健康外来:追跡取材
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演】  グリーンシティー・ケーブルテレビ  2016年3月4日
東海地方の重要なニュース:特集(特番):ゲノム外来の展開・追跡取材
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演】  CBCテレビ  -いっぽう-(特集番組)  2016年1月5日
東海地方の重要なニュース:その5:ゲノム専門外来の展開ーフォローアップ
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  CBCテレビ  2015年11月26日
第25回日本健康医学会総会・大会長(長久手市,愛知医科大学)
【司会, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆, 寄稿】  日本健康医学会  2015年11月21日 - 2015年11月21日
東海地方の重要なニュース:その4:ゲノム専門外来の展開
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  CBCテレビ  2015年10月22日
日本統合医療学会;第1回愛知県支部例会・大会長(浜松市)
【司会, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  2015年10月11日 - 2015年10月11日
グッド!モーニング:その2:川島なお美さん御逝去:肝内胆管癌
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  テレビ朝日  2015年9月25日
長久手市長(吉田一平氏)との対談(先制・統合医療の導入活用による健康寿命延伸への寄与)
【インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 寄稿】  愛知医科大学・長久手市:  学報  2015年9月11日
グッド!モーニング:その1:川島なお美さん:肝内胆管癌
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  テレビ朝日  2015年9月10日
ミュンヘン大学(LMU)医学部 客員教授就任報告
【取材協力, 情報提供, 報告書執筆, 寄稿】  愛知医科大学同窓会(愛橘会):会報  2015年7月21日
ゲノム:マーナ(mRNA)健康外来の創設(2015年5月14日〜)
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  ガンの辞典  ガンの辞典  2015年6月
東海地方の重要なニュース:ゲノム専門外来の設立と課題・展望
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  グリーンシティー・ケーブルテレビ  そらまめ通信(6月3日放送)  2015年5月28日
東海地方の重要なニュース:その2:ゲノム専門外来設置
【出演, インタビュイー, 取材協力, 情報提供, 実演】  CBCテレビ  2015年5月14日
東海地方の重要なニュース:その1:ゲノム専門外来設置
【出演, インタビュイー, 取材協力, 情報提供, 実演】  東海テレビ  2015年5月14日
東海地方の重要なニュース:その3:ゲノム専門外来設置
【出演, インタビュイー, 取材協力, 情報提供, 実演】  名古屋テレビ  2015年5月14日
東海地方の重要なニュース(第1面):ゲノム専門外来設置
【インタビュイー, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, その他】  中日新聞  2015年5月13日
ミュンヘン大学(LMU)医学部 客員教授就任報告
【取材協力, 情報提供, 報告書執筆, 寄稿】  愛知医科大学 学報  2015年3月
ガンの専門家100人への取材
【出演, コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  日本テレビ  2014年7月10日
中居正広の金曜日のスマたちへ(肝内胆管癌/胆管細胞癌:特集)
【コメンテーター, インタビュイー, 取材協力, 情報提供, 実演】  TBS(中居正広の金曜日のスマたちへ)  2014年7月4日 - 2014年7月4日
主治医が見つかる診療所(遺伝子診断:特集)
【出演, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演】  テレビ東京  2014年6月16日 - 2014年6月16日
第1回日本アロマセラピー学会:中部地方会・大会長(名古屋市)
【司会, 企画】  2014年4月27日 - 2014年4月27日
第2回臨床ゲノム医療学会・大会長(名古屋市)報告
【情報提供, 報告書執筆】  JMS(Japan Medical Society)  月刊JMS(2013年2月号)  2013年2月
第2回臨床ゲノム医療学会・大会長(名古屋市)
【司会, 取材協力, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆, 寄稿】  臨床ゲノム医療学会  中日新聞  2012年12月16日 - 2012年12月16日
その他:C型慢性肝疾患(肝炎・肝硬変)・肝臓癌・脂肪肝・NAFLD/NASH・栄養療法・運動療法 等の話題で多数(朝日/読売/中日/日経新聞等・種々雑誌・インターネット等))
【出演, パネリスト, コメンテーター, 司会, インタビュイー, 取材協力, 講師, 情報提供, 運営参加・支援, 報告書執筆, 寄稿】

その他

 
2017年10月   第25回日本内科学会;専門医部会:東海支部教育セミナー:総合司会(予定)
2017年9月   日本総合診断医療研究会(予定)
2017年7月   第25回日本医学英語教育学会;学術集会:大会長(予定)
2017年7月   第4回日本健康促進医学会(共同国際会議 2017 in 福岡)):座長
2017年6月   日本東洋医学会;東海支部:幹事
2017年6月   第24回日本内科学会;専門医部会東海支部教育セミナー:総合司会
2017年6月   第68回日本東洋医学会・学術総会:座長
2017年5月   臨床ゲノム医療学会;副理事長
2017年4月   日本フェロトーシス研究会;幹事
2017年4月   日本先端医療臨床応用学会;副理事長・検査部門部門長
2017年2月   第32回日本静脈経腸栄養学会:座長
2017年1月   愛知医科大学病院;VIP専用ドック委員会・委員長
2017年1月〜VIP専用宿泊型人間ドック(1泊2日)運用開始
2016年12月   日本アロマセラピー学会;第2回北陸・中部地方会:大会長
基調講演
2016年12月   第20回日本統合医療学会:座長
2016年11月   第26回日本健康医学会:座長
2016年11月   日本統合医療学会;第2回愛知県支部例会:大会長・座長
2016年11月   Integrative Medical Therapies Conference Osaka, Japan 2016(先進医療国際カンファレンス大阪 2016): 座長
2016年10月   第23回日本内科学会;専門医部会:東海支部教育セミナー:総合司会
2016年8月   第13回亜鉛栄養治療研究会:座長
2016年6月   第22回日本内科学会;専門医部会:東海支部教育セミナー:総合司会
2016年4月   第3回日本健康促進医学会学術総会:International Joint Congress 2016 in OMIYA(共同国際会議2016 in 大宮):座長
2016年4月   日本健康促進医学会;副理事長
2016年2月   APASL 2016: 25th APASL CONGRESS(Asian Pacific Association For the Study of the Liver:第25回アジア太平洋肝臓学会議):座長
2015年12月   日本内科学会東海支部:幹事会・運営協議会メンバー
(内科専門医部会東海支部:部会会長として連携・協力参加)
2015年11月   第25回日本健康医学会総会;大会長
愛知医科大学本館,長久手市
2015年10月   日本統合医療学会;第1回愛知県支部例会:大会長・座長
2015年10月   第21回日本内科学会;専門医部会:東海支部教育セミナー:総合司会
2015年7月   PENSA 2015: 16th PENSA CONGRESS (Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia:第16回アジア静脈経腸栄養学会学術大会):座長
2015年7月   第47回日本臨床分子形態学会総会・学術集会:シンポジウム座長
2015年7月   第18回日本医学英語教育学会・学術集会:座長
2015年6月   第20回日本内科学会;専門医部会:東海支部教育セミナー:総合司会
2015年4月   愛知医科大学大学院医学研究科:(戦略的先制統合医療・健康強化推進学) / (医学・医療教育学) 教授 兼務
医学研究科大学院生:学位指導
2015年4月   第101回日本消化器病学会総会:座長
2015年4月   第29回医学会総会サテライトシンポジウム;第12回近畿亜鉛栄養治療研究会:座長
2014年11月   日本内科学会:専門医部会:東海支部/部会会長・東海支部教育セミナー責任者・総合司会(第19回)
2014年2月   日本珪素医科学学会
理事(2014年2月〜)・珪素医学療法士資格認定委員会:委員長(2015年11月〜)
2013年9月   26〜27日受審:2014年3月24日公開;公益財団法人:大学基準協会による愛知医科大学医学部の医学教育評価:HP公開サイト:http://www.aichi-med-u.ac.jp/files/soumu/H25ninsyou-hyouka.pdf
2007〜2014年:医学教育センター(AMEC:センター長・主任教授:福沢嘉孝)の大学基準協会評価(7年間):高評価取得→大学基準協会:HP公開(2014年3月24日).
2013年9月   〜学長候補者選挙管理委員会委員(〜2014年3月)
2013年4月   〜新病院建設に伴うCD病棟活性化WG委員(〜2015年3月)
2013年4月   〜現在至:ヒトゲノム解析専門委員会委員
ヒトゲノム関連研究:倫理審査等
2012年12月   第2回臨床ゲノム医療学会大会長
ウインクあいち,名古屋市
2012年4月   〜第2教育関連病院検討委員会委員(〜2013年3月)
2012年4月   〜医学教育強化推進委員会委員(〜2015年3月)(旧;中長期医学教育WG委員)
医学部:医学教育の改善・改革・強化推進
2011年4月   〜中長期医学教育WG委員(〜2012年3月)
医学部:医学教育の改善・改革
2010年4月   〜卒後臨床研修センター教員(兼務)・卒前/卒後の一貫した教育ワーキンググループ委員(〜2015年3月)
2010年4月   〜現在至:教員業績評価委員会&作業部会ワーキンググループ(WG)委員
2010年4月   〜医学部:入学試験委員会委員(〜2012年3月)
入学試験関連業務
2009年4月   〜現在至:学術国際交流委員会委員(医学部・大学)
海外医学部との国際交流・協定締結・交換留学等
2007年4月   〜現在至:愛知漢方勉強会(愛漢)顧問・企画/運営:毎月第3水曜日:18時開催〜20時終了
2007年4月   〜現在至:愛知医科大学医学部(1〜6年生);ACSIS:顧問