長岡 直人

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/14 02:57
 
アバター
研究者氏名
長岡 直人
 
ナガオカ ナオト
所属
同志社大学
部署
理工学部電気工学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(工学)(同志社大学), 工学修士(同志社大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
   
 
- 同志社大学工学部助手
 
1988年
   
 
- 同志社大学工学部専任講師
 
1992年
   
 
- 同志社大学工学部助教授
 
1995年
   
 
- 同志社大学大学院工学研究科担当委嘱
 
1996年
   
 
- 同志社大学大学院工学研究科博士前期課程助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
同志社大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1982年
同志社大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1980年
同志社大学 工学部 電子工学科
 

受賞

 
1992年
電気関係学会関西支部連合大会奨励賞
 
1993年
電気設備学会論文賞
 
1996年
照明学会論文賞
 
2004年
UPEC 最優秀技術論文賞(UPEC Best Technical Paper Prize)
 

Misc

 
A Development of a Generalized Frequency -Domain Transient Program -FTP
長岡 直人
IEEE Trans. on Power Delivery   3(4) 1996-2004   1988年
Transient Analysis of a Crossbonded Cable System Underneath a Bridge
長岡 直人
IEEE Trans. on Power Delirery   5(2) 527-532   1990年
クリートを考慮したケーブルシースサージ計算法
長岡 直人
電気学会論文誌B   113-B(10) 1113-1119   1993年
Transient Calculations on Cossbonded Cables
長岡 直人
IEEE Trans. on Power Apparatus and Systems   102(4) 779-787   1983年
周波数変換法による非線形回路過渡現象の解析
長岡 直人
電気学会論文誌   104_B(12) 817-824   1984年

書籍等出版物

 
電気・電子回路解析プログラムEMTP入門(第4章EMTPとTACS/MODELS)
電気学会   2000年   

Works

 
変電所侵入雷サージ波形計算手法に関する研究
1989年 - 1991年
インバータによる高調波抑制方式の研究
1990年 - 1992年
塔脚接地インピーダンスのモデルの開発
1991年 - 1995年
変電所接地における衝撃大電流特性の検証試験研究
1995年 - 1996年
三菱重工横浜ビル高調波解析
1991年 - 1992年

競争的資金等の研究課題

 
電力系統解析
研究期間: 1985年   
数値モデル
研究期間: 1985年   
高調波解析
研究期間: 1992年   

特許

 
高調波測定システム、および背後インダクタンス測定方法
特願2004-257281
太陽電池によるコンデンサの充電装置
特願2004-33782