林田 明

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/14 02:59
 
アバター
研究者氏名
林田 明
 
ハヤシダ アキラ
所属
同志社大学
部署
理工学部環境システム学科
職名
博士後期課程教授
学位
理学博士(京都大学), 理学修士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
京都大学 理学研究科 地質学鉱物学専攻
 
 
 - 
1978年
京都大学 理学研究科 地質学鉱物学専攻
 
 
 - 
1976年
京都大学 理学部 
 

受賞

 
1996年
日本地質学会論文賞
 

Misc

 
E Mbua, S Kusaka, Y Kunimatsu, D Geraads, Y Sawada, F H Brown, T Sakai, J-R Boisserie, M Saneyoshi, C Omuombo, S Muteti, T Hirata, A Hayashida, H Iwano, T Danhara, R Bobe, B Jicha, M Nakatsukasa
Journal of Human Evolution   94 28-77   2016年
Hayashida, A., Nakano, R., Nagashima, A., Seto, K., Yamada, K., Yonenobu, H.
Earth, Planets and Space   67 171   2015年
T. Ajioka, M. Yamamoto, K. Takemura, A. Hayashida, and H. Kitagawa
Climate of the Past   10 1843-1855   2014年
F. Ohira, M. Yamamoto, M., K. Takemura and A. Hayashida
Quaternary International   349 59-67   2014年
湖沼掘削—琵琶湖と水月湖を中心に—
林田 明, 竹村恵二, 中川 毅
月刊地球   36(3) 181-186   2014年

書籍等出版物

 
東アジアの風成堆積物の磁気特性 ―古地磁気編年と環境復元をめざして―
『東アジアのレス-古土壌と旧石器編年』, 雄山閣   2008年   
古地磁気編年と環境磁気学
『環境考古学ハンドブック』,朝倉書店   2004年   
『新版地学事典』
平凡社   1996年   
講座「文明と環境」第1巻「地球と文明の周期」第3章 地磁気の変動と地球環境
朝倉書店   1995年   
Magnetisierungsmessungen an Bohrkernen von Sedimenten aus dem Untergrund des Biwa-Sees, "Die Geschichte des Biwa-See in Japan: seine Entwicklung, dargestellt anhand eines 1400 m langen Tiefbohrkerns"
Wagner, Insbruck   1991年   

Works

 
熱帯新大陸における広鼻猿類の種分化に関する研究(ボリビア・コロンビア)
1982年
深海掘削計画第117次航海.ネオジーン・パッケージ(北西アラビア海)
1987年
カナダ・スペリオル地域の地殻形成に関する調査(カナダ)
1990年
深海掘削計画第167次航海:カリフォルニア・マージン
1996年

競争的資金等の研究課題

 
新生代堆積物の古地磁気学的研究と構造運動の解析への応用
後期新生代堆積物の磁気層序学的研究
第四紀堆積物の環境磁気学