諫早 勇一

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/27 11:09
 
アバター
研究者氏名
諫早 勇一
 
イサハヤ ユウイチ
URL
http://www.kinet-tv.ne.jp/~yisahaya/
学位
文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
同志社大学 言語文化教育研究センター 教授
 
1974年
   
 
-79 東京大学文学部 助手
 
1979年
   
 
-91 信州大学人文学部 助教授
 
1991年
   
 
-93 同志社大学法学部 教授
 
1993年
   
 
- 同志社大学言語文化教育研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東京大学 人文科学研究科 比較文学比較文化専修課程
 
 
 - 
1973年
東京大学 人文科学研究科 比較文学比較文化専修課程
 
 
 - 
1971年
東京大学 教養学部 教養学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2013年
日本ナボコフ協会  会計監査
 
2009年
 - 
2013年
日本ロシア文学会  副会長
 

Misc

 
亡命作家の誕生 ナボコフ小説-アメリカ移住まで
諫早 勇一
ユリイカ   23(11)    1991年
「賜物」とゴーゴリ
諫早 勇一
RUSISTIKA.   (10) 117-127   1993年
知られざるゴーゴリ
諫早 勇一
新日本文学   382    1979年
二葉亭とロシア文学-ゴーゴリを中心に-
諫早 勇一
人文科学論集(信州大学)   16    1982年
芸術家小説の一側面-『金閣寺』と『絶望』
諫早 勇一
人文科学論集(信州大学)   18    1984年

書籍等出版物

 
亡命と文学―第一次ロシア亡命文学をめぐって
「講座スラブの世界1 スラブの文化」弘文堂   1996年   
分身の現在-ドストエフスキイの『分身』と現代の分身たち-
江川卓 亀山郁夫共編「ドストエフスキーの現在」JCA出版   1985年   
「影」たちの自立-『マーシェンカ』をめぐって
「ロシア・西欧・日本」朝日出版社   1976年   
ナボコフ短篇全集Ⅰ
作品社   2000年   
ナボコフ短篇全集Ⅱ
作品社   2001年   

講演・口頭発表等

 
В.В. Набоков в Японии.
The Second International Nabokov Conference of Nabokov Foundation   1994年   
Огни и темнота в романе "Подвиг" Набокова.
The International Nabokov Centennial Seminar   1999年   
Nabokov and Georgiy Ivanov - Two Conflicting Petersburgs.
International Vladimir Nabokov Symposium   2002年   
Набоков и молодые пражские поэты.
The Fourth International Vladimir Nabokov Conference   2009年   
Гражданская война и исход с точки зрения писателя-эмигранта Набокова.
亡命と芸術―異境のロシア文化:科学研究費補助金による合同国際シンポジウム   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
ウラジーミル・ナボコフの文学
亡命ロシア文化