池内 靖子

おとなりの研究者
削除

池内 靖子

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/20 10:47
 
アバター
研究者氏名
池内 靖子
 
イケウチ ヤスコ
学位
文学修士(奈良女子大学)
その他の所属
立命館大学

経歴

 
 
   
 
立命館大学 産業社会学部現代社会学科 教授
 
1969年4月
 - 
1973年3月
大阪女子学院短期大学 英語非常勤講師
 
1973年4月
 - 
1976年3月
嵯峨美術短期大学 英語非常勤講師
 
1974年4月
 - 
1978年3月
立命館大学産業社会学部 英語非常勤講師
 
1976年4月
 - 
1978年3月
同志社大学 英語非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1969年3月
奈良女子大学 文学部 英語英文学科
 
 
 - 
1971年3月
奈良女子大学大学院 文学研究科 英語英文学専攻
 

論文

 
他者の言語、異境の身体--『ディクテ』を読む/観る
『舞台芸術』京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター出版   15 4-31   2009年3月
「アイデンティティ(脱)構築の迷路―寺山修司の『田園に死す』を中心に」
『立命館言語文化研究』立命館大学国際言語文化研究所   18(2) 31-43   2006年11月
『糸地獄』における対抗的語りと身体性―「母殺し」を超えて
『シアターアーツ』(発行:AICT[国際演劇評論家協会]日本センター、発売:晩成書房)   28 58-63   2006年10月
"'The Uncanny, Displaced Triangles' in Memories of Murder" (韓国語版), Memories of Murder(New Wave of Korea Cinema series, 2006)
発行者: Institute of Media & Art in Yonsei University, 出版社: SaeMulKyul, Seoul, Korea   81-126   2006年8月
「『殺人の追憶』における「不気味な,置き換えられた三角形」」
『アート・リサーチ』立命館大学アート・リサーチセンター   16 81-102   2006年6月

書籍等出版物

 
BODY SPACES "Counter-Narrativity and Corporeality in Kishida Rio's Ito Jigoku"
Markus Hallensleben(ed)
Rodopi   2010年11月   
ジェンダーと社会 :男性史・軍隊・セクシュアリティ 『セクシュアリティの変容?―エイリアン的他者から善良なゲイ市民へ』
木本喜美子・貴堂嘉之編
旬報社   2010年6月   
残傷の音―「アジア・政治・アート」の未来へ『彼女の語りと身体ー琴仙姫の映像作品をめぐって』
李 静和 (編)
岩波書店   2009年6月   
女優の誕生と終焉 パフォーマンスとジェンダー
平凡社   2008年3月   
Performances of Masculinity in Angura Theatre: Suzuki Tadashi on the Actress and Sato Makoto's Abe Sada's Dogs( Edward Scheer and Peter Eckersall (eds.), The End of the 60s: Performance, Media and Contemporary Culture, Selected Essays from Perfo
Published by Faculty of Arts and Social Sciences, UNSW and Performance Paradigm   2006年8月   

講演・口頭発表等

 
「パフォーマンスにおける身体・映像・言語――琴仙姫の作品を中心に」
日本演劇学会近現代演劇研究会京都集会   2010年3月21日   
『ディクテ』公演とシンポジウム「他者の言語、異境の身体--『ディクテ』上演をめぐって」
2008年9月   
Feminist Aesthetics in Kishida Rio's Theatre Texts: On Shintokumaru (Poison Boy) and Ito Jigoku (Thread Hell),
International Conference on 'Body Spaces: Corporeal Topographies in Literature, Theatre, Dance, and Visual Arts,'   2008年3月14日   
"Corporeal Expression in Performance Works by Gekidan TAIHEN:Questioning the Body as a Modern Institution"
第13回国際パフォーマンス研究学会   2007年11月7日   
「帝国のロマンス『三態』―『マダム・バタフライ』『M.バタフライ』『ミス・サイゴン』」
日韓シンポジウム「文化表象の政治学―日韓女性史の再解釈」   2007年8月29日   

担当経験のある科目

 

Works

 
トーク「Orientity展」コリアン・ディアスポラ・アーティスト作品展覧会に関連するトーク
その他   2004年9月
パム・ジェムズのフェミニズム
その他   1995年
アメリカで出会ったフガード
その他   1986年