PEATY David

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 02:52
 
アバター
研究者氏名
PEATY David
 
ピーティ デイビッド
所属
立命館大学
部署
文学部コミュニケーション学域
職名
教授
学位
教育学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
1982年3月
ブリティッシュ・カウンシル 講師
 
1979年4月
 - 
1992年3月
立命館大学 非常勤講師
 
1981年4月
 - 
1992年3月
京都府立大学 英文学科 非常勤講師
 
1986年4月
 - 
1992年3月
京都外国語大学 非常勤講師
 
1987年4月
 - 
1986年3月
大阪成蹊女子短期大学 観光学科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1972年8月
Bournemouth College(University of London External Program)  経済・法律・フランス語
 
 
 - 
1990年
[USA] Temple University大学院  TESOL
 

論文

 
Kilimanjaro Tourism and What It Means for Local Porters and for the Local Enviroment
David PEATY
Journal of Ritsumeikan Social Sciences and Humanities   (4)    2012年4月
Sacred Sites,Conservation and Tourism
David Peaty
立命館大学 政策科学   18(3) 193-199   2011年3月
Dilemmas for the Responsible Tourist
デイビッド ピーティ
立命館文学   (620) 124-133   2011年2月
Community-Based Tourism in the Indian Himalaya:Homestays and Lodges
David Peaty
Journal of Ritsumeikan Social Science and Humanities   (2010-2) 25-44   2010年3月
Community-based Tourism and its Contribution to the Alleviation of Poverty inEcuador,Peru and Bolivia
PEATY David
社会的弱者の自立と観光のグローバライゼーションに関する地域間比較研究 平成18年度~20年度科学研究費補助金[基盤研究A]研究成果報告書   19-46   2009年3月

書籍等出版物

 
What's Going On in the World?
Kahori Kobayashi
Seibido   2017年1月   ISBN:978-4-7919-6027-9
貧困の超克とツーリズム
江口信清・藤巻正己
明石書店   2010年3月   ISBN:978-4-7503-3169-0
グローバル化とアジアの観光
藤巻正己、江口信清 他
ナカニシヤ出版   2009年5月   
Confronting the Issues
Kinseido   2008年4月   
Good News Two
Longman Kirihara   2007年12月   

講演・口頭発表等

 
Homestays in the Indian Himalaya
アジアにおけるツーリズム空間の生産と地元民ー外国人労働者ー外国人ツーリストが織り成すインターフェース   2009年11月7日   
Community Based Ecotourism in Ecuador, Peru and Bolivia
The Socially Deprived and Self Reliance through Tourism   2008年11月1日   
Global Issues in Language Classroom
全国語学教育学会(JALT)国際会議   2007年11月24日   
Ethical Consumerism and the EFL Classroom
全国語学教育学会(JALT)国際会議   2007年11月24日   
Community-based Ecotourism in Ecuador and its Contribution to the Alleviation of Poverty
立命館大学 土曜講座   2007年9月15日   

担当経験のある科目