笠井 キミ子

J-GLOBALへ         更新日: 13/11/15 15:32
 
アバター
研究者氏名
笠井 キミ子
 
カサイ キミコ
所属
中村学園大学短期大学部
部署
幼児保育学科
職名
教授

プロフィール

①声楽曲演奏
演奏では多くの声楽曲を鑑賞、音楽の歴史的背景等を文献研究また楽譜の分析により、また、テクニック維持として特に発声法、演奏法についてレッスン受講を継続しながら、その成果として、ソプラノリサイタルでまた所属の会などで演奏発表をしている。
②保育者養成での歌唱指導の研究。
保育者養成での歌唱指導の視点から、子どもの歌の選択と歌唱指導研究を継続している。そして実践を通したアンケ-ト調査、実践指導見学を実施し、歌唱指導に関する論文を作成している。その結果に基づき養成校での歌唱指導にあたっている。。
ひびきの会会員、EIの会会員、九州公私立大学学会会員、日本声楽発声学会会員、国際幼児教育学会会員、日本演奏連盟会員。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 
  • 芸術学 / 芸術一般 / 声楽・音楽教育・文学

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
九州公私立大学音楽学会  理事
 

論文

 
保育者養成における歌唱指導『コ-ルユ-ブンゲン』修得過程の一考察
笠井 キミ子
中村学園大学・短期大学部   (45号) 1-8   2013年3月   [査読有り]
保育者養成での歌唱力育成についての一考察
笠井 キミ子
中村学園大学・短期大学部   (43号) 19-23   2012年3月   [査読有り]
保育者養成における歌唱指導についての一考察 『コ-ルユ-ブンゲン』指導の調査・分析
笠井 キミ子
中村学園大学・短期大学部   (44号) 9-17   2012年3月   [査読有り]
保育者における歌唱教材「オペレッタ」についての一考察
笠井 キミ子
中村学園大学・短期大学部   (43号) 1-11   2011年3月   [査読有り]
日本で歌い継がれた歌についての一考察-保育者志望学生への調査をもとに-
笠井 キミ子
中村学園大学・短期大学部紀要   (第42号) 15-25   2010年3月
日本における幼稚園歌唱教材についての研究
笠井 キミ子
国際幼児教育学会研究   (10) 33-40   2004年3月   [査読有り]

Misc

 
『君が姿をめぐりて・昔の歌によせて』チェスティ・レスピ-ギ作曲
笠井 キミ子
九州公私立大学音楽学会佐賀大会   (44) 40-42   2012年10月
『しぐれに寄する抒情』平井康三郎・大中恩・團伊玖磨作曲
笠井 キミ子
九州公私立大学音楽学会鹿児島大会   (43) 23-25   2011年10月
『くちなし』平井康三郎・高田三郎・溝上日出夫・伊藤康英作曲
笠井 キミ子
九州公私立大学音楽学会熊本大会   (42) 52-54   2010年10月
『セレナ-タ』シュ--ベルト・グノ-・ドリゴ作曲
笠井 キミ子
九州公私立大学音楽学会長崎大会   (41) 48-51   2009年10月
『オセロ』より『デズデモ-ナの歌』ロッシ-ニ・レ-ヴェ作曲
笠井 キミ子
九州公私立大学音楽学会佐賀大会   (38) 36-38   2006年10月

書籍等出版物

 
幼稚園教諭・保育士養成 歌唱指導のための音楽理論
笠井 キミ子
櫂歌書房   2010年4月   
こどもといっしょに 保育者養成のため歌唱教材集
笠井 キミ子
櫂歌書房   2000年4月   

Works

 
笠井キミ子ソプラノリサイタル 平成25年度福岡市芸術祭参事業 日本歌曲・ロシア・イタリア作曲家の歌曲・オペラアリア ピアノ・ヴァイオリンによる演奏
笠井 キミ子   芸術活動   2013年10月
ひびきの会第52回カジュアルなクラシックコンサ-ト
笠井 キミ子   芸術活動   2012年5月
笠井キミ子ソプラノリサイタルバレエとのコラボレ-ション演奏オペラ蝶々夫人より等(社団法 人日本演奏連盟/山田康子奨励・助成コンサ-ト)
笠井 キミ子   芸術活動   2009年12月
EIの会20周年記念コンサ-ト-16名の会員による
笠井 キミ子   芸術活動   2009年6月
日本歌曲を歌うソプラノジョイントコンサ-ト
笠井 キミ子   芸術活動   2008年3月